旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・ガゼール(S12型) 

140214a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140214a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140214a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140214a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140214a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140214a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年に日産から発売された2代目ガゼール(S12型)です。姉妹車のシルビア同様、2ドアクーペと3ドアハッチバックの2つのボディタイプからなるスポーティーカーでした。初代は西部警察で裕ちゃんが乗られていたこともあり、それなりに存在感があったのですが、この2代目はいまいち印象が薄かったですね。祐ちゃんが入院され、そして亡くなられてしまったことが関係しているのかどうかはわかりませんが、シルビア/ガゼールが次の代にモデルチェンジする前に、ガゼールのみが消滅してしまいました。

 さて、この2代目ガゼール、クルマとしての売りはもちろん高性能ターボエンジン搭載による走りの良さなのですが、それ以外にも面白いセールスポイントがたくさんあります。まずヘッドライト、カタログによると、「フルリトラクタブルヘッドランプにワイパーがついたのは世界初」とのことです。ガゼールが世界初なら、世界2番目、3番目はどんなクルマだったんでしょう。少なくとも国産車では存在しなかったような気がします。2番目、3番目がない「世界初」って、セールスポイントになるのかどうかちょっと疑問ですね。とはいえ、ピョコっと上がったヘッドランプを小さなワイパーがシュッシュッと拭き取る様は鳩時計みたいで面白そうですね。

 さらにキーレスエントリーシステムは、「マイクロコンピューター技術による日本初の先進装備」だそうです。このガゼールのキーレスエントリーは、パワーウインドウの下降やトランクオープンまでできるようです。カタログ写真によると、運転席のドアノブ部分にいろいろなボタンが付いており、それによって操作するようなので、現在のキーレスエントリーシステムとはちょっと雰囲気が違いますね。今ではほとんどのクルマに付いているキーレスエントリーですが、日本初はこのガゼール、このような「日本初」が本当の意味でのセールスポイントのような気がしますね。

 それにしても最近の日産のラインナップはずいぶん様変わりして、ボディタイプ云々を別としてもかつてメインであった1.5から2Lぐらいのクルマがごそっとなくなっているんですよね。いわゆるCセグメントと呼ばれるクラスのクルマ、現行ではシルフィが相当すると思いますが、どう見ても力を入れているようには思えませんね。なんだかマグロの握りがないお寿司屋さんのような気がしてしまいます。

ガゼール・クーペ・ターボRS-X(US12型)
全長×全幅×全高 : 4430×1660×1330mm
ホイールベース : 2425mm
車両重量 : 1170kg
エンジン : 直4DOHCターボ 1990cc 190PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/02/14 15:26 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(6)
セダン好きとしては、この「ノッチバックスタイル」の2ドアクーペ、
直線基調で好きですね。大学時代の友人が、中古で購入して乗ってましたっけ。

そう言えば最近のクルマに疎いので(笑)大変お恥ずかしい話しですが、このシルビア/ガゼールのような「姉妹車種」モデル、現行ラインナップでどれだけあるんでしょうか・・・

今思いつくのはトヨタのノア/BOXYや、アルファード/ベルファイアくらいですが、昔は各メーカーにも多数存在してましたよね。

まぁ、最近はメーカー間のOEM供給も進んでるので、違った意味での
メーカーを超えた「姉妹車種」は多数存在しそうですが!

ちなみに、私が子供の頃「クルマ好き」になったルーツは、なんと言っても
「セド/グロ」です(笑)





[ 2014/02/15 18:06 ] [ 編集 ]
お久し振りです。

某自動車整備系短大に通っていた頃、同級生がクーペのターボRS-Xに乗っていましたね。
同時、私は通学時に父親のスカイライン・ターボRS-Xを借りて通学していたことがあり、(普段はバイク通学でした。)それを見た同級生がスカイラインを買おうとしたのですが、同じエンジンを搭載するシルビアの方が断然安かったので、シルビアを選んだそうです。

一見シルビアの方が軽くて速そうですが、ボンネットにシリンダヘッドを収めるためのパワーバルジを設けないといけないほどのエンジンルームが狭いので、排気系の取り回しに無理があり、後輪出力はスカイラインほどのパワーが出ない為、スカイラインより遅いのだそうです。

このS12型ガゼール、MCでシルビアと統合されてしまい、MC後のRS-XはFJ20E/ET(FJ20Eはシルビアのみ搭載されていました。)が廃止され、CA18DET搭載車になってしまったのを知った時「RS-Xじゃなくて、『ツインカムターボR-X』と名乗るべきじゃないのか?」と思いました。

やっぱり『RS(レーシングスポーツ)』の称号はFJ型エンジンだけのものですよね。
[ 2014/02/15 21:34 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
姉妹車、トヨタにはもう少しあるようですが、以前に比べればずいぶん減りましたね。製造側も販売側も合理化が進みましたので、おそらく名前の異なる姉妹車をメーカー内で準備する理由がなくなってきたのだと思います。
ノア/BOXYやアルファード/ヴェルファイアにしても、セド/グロやシルビア/ガゼールよりもずっと姉妹車間に大きな雰囲気の違いが与えられているようですしね。
商用車系の姉妹車は相変わらず違いが全然わかりませんね。
[ 2014/02/16 10:57 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
当時はまだ若者でも「買おうと思う」位置にスカイラインがあったということが今考えるとなんだか不思議な感覚ですね。500万円コースとなった現在のスカイラインに対しては、若者でない私でも「買おうと思う」気持ちがまったくわきません。
このカタログの写真を見ると、現在の感覚では決して大きくない195/60R15のタイヤがとても大きく感じます。それだけ車体が引き締まっているんでしょうね。エンジンルームが狭い、室内が狭い、トランクが狭いと、いろいろと欠点もあるでしょうが、ボテッとした車体を見慣れた今となってはとても新鮮に感じます。
「RS」の称号も、現在は体育会系の「RS」ではなく同好会系の「RS(ロードセイリング)」が主流になってしまったようですね。
[ 2014/02/16 11:17 ] [ 編集 ]
はじめまして。。。

ウチが19歳の頃
ガゼールRX-Gに乗ってました。
子供の頃、サファリラリーに出ているのを観て
(出てたのは240SXでしたが…)
それから憧れて。。。
ホントはRS-Xが欲しかったのですが
完全に予算オーバー。。。
それでもカタチは同じ。。。
(少し違いますけど。。。)
心躍りながら意味もなく
あちこちを走ってた頃を思い出しました。。。





[ 2014/11/28 00:41 ] [ 編集 ]
cozy様

コメント、ありがとうございます。
華やかなレースで活躍しているクルマというのはやっぱり自分も乗ってみたくなるものですよね。最近ではランエボやインプレッサがそんな位置付けでしたね。ランサーやインプレッサのノーマルグレードでも雰囲気はWRCというクルマをよく見かけました。
今は「心躍りながら意味もなくあちこちを走って」くれる若者がすっかり減ってしまったから自動車メーカーもいろいろと苦労しているんでしょうね。
[ 2014/11/28 17:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。