旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クルマ好きの人って 

090212z01.jpg

 また旧車と関係ないことを書きます。写真のRX-8、私の愛車です。もちろんこれは実車ではなく、オートアートという会社の1/18ミニカー。後ろに写っているのはRX-8のカタログ。
 お金も駐車場も無尽蔵にあって実車をコレクションできれば理想ですが、庶民にはなかなかそんなことはできません。たまにテレビでスーパーセレブが地下駐車場の名車コレクションをさりげなく自慢げに披露している映像に出くわすことがありますが、羨ましい限りですね。
 さてクルマ好きにもいろいろあって、超お金持ちで実車をコレクションする人、ランエボをカリカリチューンして走りを極める人、何十年も前の錆だらけになった旧車をレストアすることに生きがいを感じている人、また実車ではなく、プラモデルをとことんディテールアップして製作することが好きな人、壁一面のコレクションケースにミニカーをずらり並べて悦にひたる人、カッコいい車を見たらそれだけで満足してしまう人・・・。楽しみ方は人それぞれ、みんなすばらしいことだと思います。
 様々な楽しみ方がある中で、私が一番好きなのは「カタログを見て楽しむこと」です。一番好きといえば聞こえはいいですが、実際はそれしかできないからなんですけどね。なんといってもカタログはディーラーへ行けばタダでもらえます。今なんて自動車メーカーのHPから請求すればディーラーへ行かなくても入手することが可能ですね。
 ミニカーはとても精巧にできていて大人でも充分満足できるものなのですが、かなり高価です。庶民の私はミニカーすらコレクションすることができません。
 ここでミニカーについて少し。実車の世界で最近もっとも話題になった新型車といえば日産・GT-Rですね。このGT-R発売という出来事は実車の世界だけではなく模型の世界でももっとも大きな話題だったらしいんです。ミニカー、ラジコン、プラモデルと模型メーカーはこぞってGT-Rの新製品を発表しました。模型の世界だけでなく、TVゲームの世界でもソニーのプレイステーション用ソフトなどは自動車雑誌にも特集されてたぐらいですね。
 こう考えてくると自動車産業というのはとてつもなく裾野が広い産業です。電装品・部品メーカーといった実車製造にかかわる分野、ガソリンスタンドや修理工場を始めとする運用にかかわる分野、また模型会社やゲームソフト会社などクルマをテーマにした製品を販売する会社、もちろん自動車雑誌を発行する出版社、カタログを印刷してくれる印刷会社、広告会社もですね。
 日産GT-Rのような強烈な個性をもったクルマが世に出ると自動車とは直接かかわりのない産業も大いに元気になります。結局いつもと同じ話題になってしまいました。自動車メーカーさん、がんばってカッコいいクルマを出してください。

にほんブログ村 車ブログへ


[ 2009/02/12 19:18 ] その他 | TB(0) | CM(2)
この価格でこの特殊性、他にないですね。
私にとってGT-R、スーパーカーの域。
その点、RX-8は無理やりなんとか手に届きそうなスポーツカーの域。
現在無理しまくりで3台目。だったらGT-Rが買えるって? そんなのカンケーねー。
もちろんRX-8の進化、肌身に感じています。
MC後は全く別物。もしかして4人乗りロードスターロータリー想定!?ぐらいの感。
さらなる進化に期待。そしてマツダに微力ながら貢献。
[ 2009/02/12 21:16 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
RX-8、3台目ですか。すごいですね。
日産GT-Rはもちろんスーパーカーだと思いますが、RX-8だって世界中でスーパーカーとして見られていると思いますよ。

中国のマツダ・RX-8のサイト(http://www.rx8.com.cn/)を見ると、ロータリーとZoom-Zoomは世界中に浸透しているのだと実感します。
中国語の「ズーン、ズーン、ズン」もちょっと新鮮!なんて言っているのかまったく分かりませんが。


[ 2009/02/13 10:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。