旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱・ランサー(LNHG/LKHG型他) 

140203a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140203a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140203a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140203a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140203a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140203a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1988年に三菱から発売された3代目ランサー(LNHG/LKHG型他)です。カタログで『新セダン類。』と表現されている通り、通常の独立したトランクを持つ4ドアセダンではなく、アテンザスポーツのような5ドアハッチのボディが採用されたクルマです。当時のギャラン同様、精悍な顔つきのなかなかカッコいいクルマでしたね。

 さて、このランサー、実は昔、転勤になってクルマが必要となったときに、事務所の先輩からタダであげてもいいと言われていたクルマです。なんでもクルマを買い替えるので下取り査定をしてもらったが、ほとんど値が付かなかったからとか。当時、それほど年数が経っているわけでもないのでおかしいなぁと思っていましたが、実車を見て納得しました。

 奥様がかなり運転のお上手な方だそうで、ボディのそこらじゅうが波打っています。それも不思議なことに、ボディの右側のほうに多く勲章が付いていたんです。「対向車とこすったんですか?」と先輩に尋ねたところ、なんと数々の勲章は「車庫入れ」で付いたもの。先輩も笑いながら「普通車庫入れでこするのなら左側だよね?どういうシチュエーションでこの傷が付いたのかは俺もわからん。」とのこと。世の中いろいろな才能をお持ちの方がおられるものだと感心した覚えがあります。たまに街中で両サイドにコーナーポールを立てているクルマを見かけますが、きっと先輩の奥様と同じような才能の持ち主が乗られているんでしょうね。せっかくの先輩のご厚意でしたが、このランサーは諦めました。

 ちなみにうちのデミオ、家族の要望で左端にコーナーポールを取り付けていますが、なんと右のドアにうっすらと縞模様が付いています。縞模様の相手はうちの車庫の柱。運転席ドアを柱が押さえつけている状態でSOSが入り、行ってみるとさらに柱に車体を押し付けるようなハンドル捌きをしています。すぐに運転を変わって何とか塗装面に擦り傷が付いただけで済みましたが、おそらくあと5分も悪戦苦闘していれば板金修理コースになっていたと思います。

 デミオの状態を見て、先輩の奥様がランサーをどのように操作していたのかがだいたい理解できました。その手の才能の持ち主は、パニックになるとさらに傷を大きくするように行動してしまうという特徴があるようです。晩飯のときに、ピンチになったらそれ以上クルマを動かさない、という取り決めをしましたが、果たしてどうなることやら。カッコ悪いけどうちも「両側コーナーポール仕様」にしないといけないのかなぁ~。

ランサー・SX SALOON(LNHG型)
全長×全幅×全高 : 4235×1670×1405mm
ホイールベース : 2455mm
車両重量 : 970kg
エンジン : 直4SOHC 1468cc 73PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/02/03 16:36 ] 1980年代三菱 | TB(0) | CM(8)
 まず最初にお断りしておきますが、私は「男尊女卑」主義者でも「女は黙って付いて来い」という考えの人間でもありません。
 だけど、クルマの運転って人間の性格が出ますよね。私の経験から運転が非常に上手な方は(反対に下手な方も)、男女の区別無くいます。
 でも、クルマに対する考え方では、女性のほうが大陸的な考えの方が多いのは私の偏見でしょうか。
 車がピカピカに光っているのは圧倒的に男性ドライバーの方が多いですし、小さな傷が車体に付いたとき、いつまでも気になってすぐに修理するのも男性の方が多いような気がします。

 近所の車で、やはり傷だらけの車がありますが、そこの奥方は「車は足」のようなアメリカンな考えでいつ直すのか首をかしげてしまいます。多分直る前に新しい車かな?
[ 2014/02/06 18:21 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、クルマの運転はその人の性格がよく出ますよね。昔、会社の人事部の方が社員を採用するときには面接や筆記試験よりもクルマの運転を見たほうがその人のことをよく知ることができる、なんて言っていたことを思い出しました。
よくよく考えてみれば、瞬時の状況判断力や煽られたときの対応の仕方等、運転中には人事部の方がチェックしたい項目がたくさんありますね。
男性のほうがクルマをピカピカにしているケースが多いのは、やはりクルマを趣味の対象として見ている方が男性には多いからでしょうね。うちのデミオ、小傷が多くていつも汚いですが、玄関に飾ってある花はいつも綺麗です。
[ 2014/02/07 10:58 ] [ 編集 ]
出ました、「ミニギャラン」!

当時は6代目ギャランをまさに「コンパクト」に凝縮したようで、これはこれでカッコよいと思ってました。この5ドアがラインナップにあったのはすっかり忘れてましたが(笑)、当時は「セダン」という概念で5ドアというのは、なかなか日本では定着しませんでしたね。
プリメーラやブルーバードなどで、海外ではごく普通の「5ドア」モデルを日本に投入しても、イマイチ人気出ませんでしたし・・・

そういえば、先週我が家のラフェスタがスロットルに関する不具合が
あるということで、日産に無償修理をしてもらったのですが、出かける用事があったので「代車」を依頼しました。

事情が事情なので快く受けてもらい、ティーダのセダンを用意すると連絡がありました。「あっ、あの4ドア」かと思い日産に持っていきましたが、そこで渡された代車は4ドアでなく「5ドアハッチバック」!

別にクルマとしては全く不満もなく、普通に使わせてもらったのですが、個人的にはティーダの5ドアを「セダン」と表現されたのが、ちょっと違和感を覚えました・・・私のセダンに対する概念が狭すぎなのでしょうか(笑)
[ 2014/02/08 18:38 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
姉妹車のミラージュにはいろいろなボディタイプがありましたが、ランサーにはこの5ドアしかラインナップがありませんでした。この型のランサーとミラージュはとてもよく似ていましたので、ランサーにもいろいろなボディタイプがあったように感じられたのかもしれませんね。
ボディタイプの概念なんていい加減なもので、最近では「セダン=乗用車」という意味で使われるケースもありますね。交通事故のニュースなどを聞いていると、「乗用車」と「ワゴン車」は分けて報道されているようですが、この場合、ステーションワゴンはおそらく「乗用車」に入っていると思われます。「ワゴン車」はワンボックス車のことを指しているようですね。
このランサーにしても、カタログではあくまで「セダン」と表現されていますしね。
[ 2014/02/09 13:27 ] [ 編集 ]
はじめまして。
88年生まれの、80カー好きな20代です。

この60/70系ランサーですが、かつて日本では異質と見られがちだった5ドアハッチで、販売成績は兄弟車30/50系ミラージュにくらべパッとしなかったものの、地域によってはそこそこの売り上げを記録し、まだ数台現存しているところがあるようです。ミラージュとの販売店の違いやボディタイプの選択肢が絞られていたことと、ラリーにおける伝統的な「ランサーの活躍」による知名度の高さが要因のようです。
あまり知られていないのですが、実は80世代5ドア車の中では同期他社のスプリンターシエロやコンチェルトなどを差し置き、一番の販売成績だったそうです。他社が一様に苦戦する中で、この車に限っていえば当時としては大健闘だったのではないでしょうか。
もっとも知られていないとしても無理はないもので、"5ドアの既存概念"にとらわれていただけなのかもしれませんが………。

近所に見られるメジャーやはたまた珍しい旧車を探訪しておられる方のページにて、その姿を見ることができます。
しかし、それらネット上で見られるものは高級志向の「SXサルーンX」や、後期から登場したお買い得仕様車の「エリナ」ばかりです。
CMには前期・後期通してイメージリーダーの「GSR」が登場しましたが、同じスポーツ志向グレードである1つ下の「SR」も含め、実際にはどれだけ売れたのでしょうか。
おそらくごくごくわずかに売れたものの、いずれも廃車時期がSX系やエリナにくらべて早かったのか、現存車は奇跡か魔法でもない限り会える機会はほぼなさそうです。

余談ですが、前期CMでは「THE LANCER」という独特の字体・表現の車名ロゴを使っていましたが(本来のロゴそのものは画面右下隅に小さく出てはいたのですが)、賀来 千賀子さん出演の後期CMではTHEがなくなり、本来の字体で「新型 LANCER」となっていました。
また、前期ではスポーティーマスクながらCM曲のせいでラグジュアルな印象だったのが、後期では同期の30系ギャランをイメージさせる精悍なマスクになり、CM曲も一新されたことで、「カミング・ニュー」のキャッチコピーが示すように、車体以外はかすかながら本来のランサーのイメージに戻った感じがあります。
こうして見ると60/70系は、後期の姿こそむしろ「ランサー」として至高であり、様になるのではないかと思いました。
[ 2014/02/16 23:45 ] [ 編集 ]
DRIVE!80カー様

コメント、ありがとうございます。
このランサー、オーナーの多くはおそらく5ドアハッチのクルマという認識ではなく4ドアセダンという認識で乗られていたと思います。カタログでも「セダン」と紹介されていますしね。
ランサーのスポーティグレードがどれぐらい売れていたのかはわかりませんが、個人的にはこの代はミラージュのサイボーグのほうが印象に残っています。そもそもこの代のランサー、販売されていた期間も他の代よりかなり短かったようですね。お目にかかる機会がなかなかないのはその辺りのことも関係しているのかも知れませんね。
[ 2014/02/17 17:38 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。


そうなると、5ドアでも「セダン」という認識を持たれている方もいらっしゃるということですね。ある意味、大変喜ばしいことです。
ミラージュサイボーグは「ゴリラ警視庁捜査第8班」で特殊車両として1度登場しましたが、8班の活動方針(作品そのものの方向性)の変更もあってそれきりにとどまりましたね。
後釜に登場したのは、田中 美奈子さんが乗るガルウィングのエクリプスでした。
他の車が軒並み保存されている中、情報分析車のミニカウォークスルーとともに処分されたのか、現在は放映前の資料が残るのみとなっています。


ところで、このランサー前期・後期のうち、"あえて"おっしゃるならどちらのデザインがお好みでしょうか。
自分は先に申し上げた通り、エンジン性能を向上しただけでなく、30系ギャランを彷彿させるさらに精悍なフロントマスクを得た後期(カミング・ニュー。)が好きです。前期と違い、CMで「THE LANCER」の独特のロゴを用いず、本来の「LANCER」のロゴに変えている点も評価に値します。バランスが悪いとよく言われた横方向からのスタイリングも、前期発売時の新車情報で見ましたがはっきり言ってさほどの醜悪さは感じず、むしろ前衛的デザインだと思ったほどです。
[ 2014/02/18 00:47 ] [ 編集 ]
DRIVE!80カー様

コメント、ありがとうございます。
“あえて”とのことですので・・・。歳を重ねてくると性格が大雑把になってしまうからかもしれませんが、私にはグリルの樹脂パーツの形がほんの少し変わっただけにしか見えませんでした。後のランサーセディアの時ぐらいガラッと雰囲気が変わると好みの違いも出てきますが、正直なところ、この代のランサーについてはデザインの好みに差が出るほど変更があったようには思えませんでした。
もう10年ほど前に、各メーカーのクルマが一斉に丸目から角目ライトへ変更になった時期がありましたが、オヤジ世代はそれぐらい印象が変わらないと前期型と後期型の区別が付かないんですよね。まったく恥ずかしい限りです。
[ 2014/02/18 10:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。