旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今更ながら『DREAMS COME TRUE』 

140125a.jpg

140125b.jpg

 クルマとは全然関係のない話で申し訳ありません。昨年末の紅白でドリームズ・カム・トゥルーというバンドが演奏しているところを初めて見て、なかなか良いバンドだと思ったので近所のブックオフでCDを買ってきました。お店へ行く前に下調べしてアルバム名をメモしておきましたが、幸いその全てが100円前後で売っていましたので、全部買ってきました。

 よくドラマのテーマ曲等で使われていますのでドリカムというバンドの存在はずっと前から知っていましたが、賀来千香子さんのような美人が歌っていたんですね。歌声も綺麗なら顔も綺麗と、やっぱり天は二物を与えるんですね。一人で歌ってくれていれば顔も覚えられますが、48人で歌っていると誰一人として記憶に残りません。昨年の紅白には48人シリーズが3つも出ていましたので、それだけで144人。近所の小学校の一学年とほぼ同じです。教師でも顔を覚えるのが大変そうな人数ですね。

 さて、CDをじっくり聴いていてふと思ったことがあります。私のCD再生装置はソニーのディスクマンとパナソニックのCDラジカセ、どちらもかなり年代物ではありますが、なんとなくアイポッドタッチよりもそれらのほうが音が良いように感じます。同じヘッドホンを使ってもそんな気がしますので、データ圧縮の関係で微妙に音が変わっているのかもしれませんね。アイポッドタッチは便利ですが、ジャケットの歌詞を見ながら曲を聴くときにはディスクマンやラジカセのほうが良い雰囲気で聴くことができますね。

 ディスクマンにしてもCDラジカセにしても、おそらく世間ではゴミ同様の代物でしょうが、そのゴミで聴いたほうが最新のアイポッドタッチよりも豊かな気持ちになれるというのは不思議なものですね。ゴミ同様の機械でゴミ同様にワゴンで叩き売られていたCDを聴いているにも関わらずとても豊かな気持ちになり、「これぞDreams come true(夢が実現する)状態!」なんて悦に浸っている自分自身になんだか笑えてしまいます。

 「好循環実現国会」で「経済対策により持続的な経済成長を確保」した社会とは、こんな年代物の機械でCDを聴く人間がいなくなるような社会なんでしょうかね?全国津々浦々の全ての家庭が4Kテレビでワールドカップやオリンピックを観戦し、最新のコンポで音楽を聴き、最新のエコカーで次々に発売される最新機器を次々に買いに行き、家の中は常に最新機器ばかり。いつになったら「Dreams come true」になるんでしょうね。なんだか根本的な部分でボタンを掛け違えているような気がしてなりません。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/01/25 16:47 ] その他 | TB(0) | CM(7)
ようこそドリカムの世界へ!
と言っても、生粋のドリカムファンではありませんが(笑)

私は学生の頃からバンドをやっていて、未だに「オヤジバンド」結成したりして、時々ライブハウスで演奏しています。

ドリカムとは同年代で、デビューした頃にいくつかライブを観に行ったりしてました。当時はあまり興味が湧くバンドではなかったのですが、やはり流行に左右されず音楽を貫く姿勢が、今ではいいバンドだなってそう思えてしまいます。昨年の紅白の小学校(?)の体育館での中継、私も見ていましたが、メッセージをシチュエーションにあわせて音に載せる感覚、勉強になります!

私は、気に入ったアーティストのアルバムは未だに「CD」で購入します。
今ではネットで音源を曲単位で購入できたりしますが、
音質含めて、やっぱり好きな曲を聴くのは、なんかCDでないとダメなんですよね・・・

このパナのCDラジカセを見てあらためて思ったのですが、音楽をヘッドフォンでなく「二つのスピーカー」でじっくり聴く機会って、今ほとんどないですね・・・ヘッドフォンの音では味わえない、スピーカーでしか奏でられない音の「厚みとふくよかさ」って、絶対にあるのですが・・・
[ 2014/01/26 18:55 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
バンドで演奏されているなんてすごいですね。私は高校では音楽を選択しませんでしたので、義務教育終了後、楽器に触れたことがありません。おそらく今オルガンの鍵盤を見てもどれが「ド」かわからないと思います。
アイポッドタッチにしてもスマホにしてもCDを何十枚、何百枚分と入れることができるそうですが、意外と入れても聴かないものですね。
音楽だけでなく映画も書籍も今やネット経由でどんどん手元にデータを蓄積することが可能となりました。また、最近の電子辞書は百科事典だけでなくNHKの英語講座1年分や何千冊という文学作品まで入っているそうです。
これだけ恵まれた環境なら誰でも東大へ入れそうな気がしますが、現実は違います。情報に恵まれてはいても、その情報を「じっくりと」吸収していないんでしょうね。
[ 2014/01/27 12:05 ] [ 編集 ]
そうですか、ドリカムにたどり着きましたか。私も熱烈なドリカムファンというわけではありませんが、ボーカルの吉田美和(漢字が違うかも)さんの歌唱力には圧倒されます。それこそ48人シリーズが何組束になってかかっても、彼女の声量にはかなわないでしょう。
さて、以前の書き込みで時々音響の仕事をすると書き込みましたが、まさにこの状況が顕著に現れます。普段ヘッドフォーンやラジカセで練習したり、聞いたりしている音源をPA(パブリック・アドレス、業務用音響とでも訳せばよいでしょうか)で再生すると音の荒がでて、使い物にならない事があります。アナログでも良い音は良い音でしっかり再生してくれます。いわゆるダイナミックレンジというやつですね。圧縮技術が進化して、聞こえない周波数帯の音はカットする手法が取られていますが、人間の耳はごまかせませんね。
[ 2014/01/27 12:42 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
やっぱり音はちょっと違っていたようですね。本職の方からこのようなコメントを頂き、安心しました。それにしても、私のようなど素人でもアイポッドとディスクマンの音の違いに気付くということは、本当に音楽に造詣の深い方はCDに対しても疑問を持っておられるかもしれませんね。LPレコードが最近ちょっとブームになっているという現象もなんとなくわかるような気がします。
そもそも「デジタルとアナログ」、アナログの波を2分割で表現していたものが4分割となり、それが8となり16となり32となり・・・、限りなく細分化してアナログの波に近づけるように進化してきましたが、目指すところは「アナログの波」です。
現在目覚しく進歩しているデジタル技術の目指す先が「アナログの波」なのですから、「アナログの波」で音楽を聴くのが一番理想的なのは当然ですね。
そう考えると、デジタル技術が存在する前の体験を記憶している世代というのは貴重ですね。なんといっても、現在の最先端企業が目指す目標を生で体験していたのですから。
[ 2014/01/27 21:11 ] [ 編集 ]
カルロスさまのコメント、ためになります。

以前、CDの次世代メディアとして「MD」というものがありましたよね。CDをさらにコンパクト化し、今ではデジタル情報書き込みなんて当たり前ですが、当時は「高度」な技術だったデジタル媒体への手軽な書き込み可能アイテムとして、個人的には結構気に入っていました。当時乗っていたR33の「カセット」に、カセット型のMDプレーヤー「変換アダプタ」を挿し込んで、クルマのなかでも再生可能にしてましたっけ!

とは言え、MDはやっぱり音を「圧縮」している媒体なので、家のオーディオやヘッドフォンで再生するとちょっと物足りなさを感じてましたが、カーオーディオとして聞く分には十分だったと思います。

確かにカセットみたいな「テープ」媒体は、データの保存領域と再生領域のダイナミックレンジが、デジタル媒体とは異なるんでしょうか・・・

脱線&知ったかぶりネタにて大変失礼しました!
[ 2014/01/28 23:40 ] [ 編集 ]
お父さん様、私のコメントに反応していただきありがとうございます。
MD、確かに今は車や家庭のオーディオでは見かけなくなりましたが、PAの世界ではまだまだ現役です。何しろ、カセットテープのようにアナログピンケーブルから直接録音できて、しかもCDのように頭出しが瞬時にできる。音源の消去も瞬時で、編集も簡単。まるで、今の車のハイブリット・・・いやいやPHVのようにいいとこどりなんですから。
[ 2014/01/29 12:39 ] [ 編集 ]
お父さん様、カルロス様

コメント、ありがとうございます。
MDなるもの、結局私は一度も触ったことがないうちに市場から消え去ってしまったようです。カセット型変換アダプターなんてものまであったんですね。この手のデジタル技術は移り変わりが激しいので10年も経てばすぐに浦島太郎状態になってしまいますね。
そういえば20年ちょっと前ぐらいだったと思いますが、当時英語やドイツ語の文献を翻訳する機会が多く、ソニーから新しく発売されたデータディスクマンというものを購入しました。電子ブックという、小さなCD-ROMがカセットになったものです。動作は遅いし電池はすぐになくなるし、おまけにソニータイマーが発動してすぐに使えなくなったので、全然役に立ちませんでした。案の定、数年でこの手の機械はなくなり、現在はずっと高性能な電子辞書が主流になりました。
オーディオに限らずですが、技術の進歩はとても早いので、ある程度「枯れた技術」になった頃に手を出すのが一番ですね。クルマに対しても、いつもそんな目で見てしまいます。

カルロス様、お気遣い、恐縮です。
[ 2014/01/29 16:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。