旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱・エメロード(TNXW/TRXW型他) 

140117a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140117a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140117a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140117a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140117a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140117a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年に三菱から発売されたエメロード(TNXW/TRXW型他)です。ダイヤモンドのディアマンテに引き続き、エメラルドのエメロードという宝石シリーズ第二弾として、ギャランベースの流麗な4ドアハードトップが世に出されました。しかしながらバブルも既に崩壊し、ディアマンテのように成功することなく、どちらかというと不人気車で影が薄かったですね。

 さて、このエメロード、当時知人がイメージカラーである緑色のV6モデルに乗っていました。外見から想像される通り、確かに天井の低い室内は少々圧迫感がありましたが、走りも良く、車体もしっかりしていてクルマとしてはなかなか良かったと思います。緑色なんて自衛隊車両の色だと思っていましたが、このエメロードの緑色は高級感があってなかなか良い色でした。不人気車であまり売れていなかったことが幸いし、宝石同様希少性がありましたから余計にエメロードの緑色が美しく見えたのかもしれませんね。

 エメロードが売れなかったので宝石シリーズは打ち止めになってしまいましたが、もしもエメロードがヒットしてさらに第三弾が出ていたとするなら、誕生石の順番から言って次はパールになるはずです(4月・ダイヤモンド、5月・エメラルド、6月・パール)。ランサーベースの真珠も見てみたかったような気がしますね。想像するだけでエメロード以上の希少性を発売後すぐに確保できるようなクルマが誕生しそうで面白そうです。

 ところで、この「宝石」というもの、個人的にはまったく関心がないので私が持っている「宝石」はガラス切りの先っぽについているダイヤモンドの欠片ぐらいですが、時代に関係なく多くの方が欲しがる不思議な存在ですね。古代ローマの時代でも現代でもダイヤモンドやエメラルドは「宝石」であり、富の象徴です。デパートのジュエリー売り場ではちっちゃなガラス玉のようなものに信じられない値段が付いています。価値の分からない私には文字通り「豚に真珠」。幸いなことにうちは家族全員が「豚に真珠」状態なのでいろんな意味で助かっていますが・・・。

 個人的には三菱のエメロードのほうが宝石のエメラルドよりもずっと美しいと思っていましたが、今では街で見かけることもほとんどなく、おそらく大部分のエメロードが既に鉄くずになってしまっていると思います。エメロードに限らず、何かの縁で付き合うことになった愛車ですから、石ころでは出すことのできない美しい光沢をできる限り長く保ち続けるようにしてあげたいものですね。

エメロード・スーパーツーリング-R(TNXW型)
全長×全幅×全高 : 4610×1730×1370mm
ホイールベース : 2635mm
車両重量 : 1310kg
エンジン : V6DOHC 1998cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



----- 以下、雑談 -----

140117a07.jpg
(画像クリックで拡大)

 この写真、私にとっての「宝石」です。ペットとしての飼い猫ではなく、うちの周辺をうろついている野良猫です。よく庭で昼寝しており、カメラを持って近づいていくといつもポーズを取ってくれます。餌をやったことはないので何を食べて生きているのかはわかりませんが、常に数匹うろついています。

 よく似た模様の猫が昔からいますが大きさがちょくちょく変わっています。結構代替わりしているんでしょうね。ちなみに私が子供の頃からいました。昔の家は隙間だらけでしたのでコタツで寝ていたら知らないうちに隣で寝ていたこともしばしば。ご先祖様の頃からずうずうしいDNAがずっと続いているんだと思います。

 相変わらず世間では「成長戦略」とか「デフレ脱却」とか、「誰もが収入アップ」とか叫んでいますが、ダイヤモンドやエメラルドを「宝石」と思っている限り、「成長してデフレ脱却して誰もが収入アップ」しても誰も幸せにはならないと思います。より大きく美しい「宝石」を求めるだけですから。

 ダイヤモンドやエメラルドよりも美しい「宝石」って、意外と身の回りにたくさんあるような気がします。そんな「宝石」に囲まれて毎日を過ごすのもなかなかいいものですよ。

----- 雑談、終わり -----

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/01/17 13:59 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(8)
 今回は、「エメロード」をUPされているにもかかわらず、このようなコメントで申し訳ありません。

 実はうちに一匹いるんですよ「猫」が、これが少々悩みの種で。
 私、動物は嫌いではないのですが、面倒がどうも。うちにいる猫は屋内飼育で17年も飼育しているのですが、娘はただ「猫かわいがり」をするだけ、妻は餌を与えはするが、これまた可愛がるだけ。
 当然「動物」ですから、排泄物が出ますが、私はその排泄物処理係なのです。だって誰もしないんですから。
 夜になれば、『ギャー』と鳴き、安眠を妨げられるは、排泄物を処理しないと「早く片付けろ」とばかりに、これまた『ギャー』と鳴きシャベルとビニール袋を持って処理させられるのです。
 奴は私のところを「糞便処理男」と思っているだけで、確実に自分より目下にみていると思います。

 この猫、名前は「もも」というのですが、私は今まで名前で呼んだことはありません。「猫」なのです。以前、実家で飼っていた犬も名前では呼ばず「犬」と呼んでいました。
 岡本太郎画伯ではありませんが、私は「犬は犬。猫は猫」なのです。
 でも、そうしたらクルマの場合は「三菱のクルマ」「ダイハツのクルマ」になってしまうか?
[ 2014/01/18 14:09 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
猫ネタのコメント、大歓迎です。私は猫好きなので猫の顔を見ているだけで幸せになってしまいます。
とはいえ、お嬢様と同様、「猫かわいがり」をするだけです。排泄物処理どころか餌も与えません。基本的には猫一家とうちは対等というスタンスでいます。彼らは彼らの生活を自分達で営み、うちはうちで自分達の生活を営み、お互いに接点があれば仲良くしましょう、という感じですね。
野良猫が何を食べて、どこで寝ているのかを私は知りませんし、彼らもうちの家族が何を食べているのかは知らないと思います。それでも何十年もお互いの生活が成り立っていますから、きっとこの辺りでの生態系のバランスが取れているんだと思います。
猫だけでなく、イタチ、キジ、ヌートリア、蛇等、いろいろな動物がうろついていますが、シャッターチャンスを与えてくれるのは猫だけです。なぜか猫だけはもっとも日当たりが良くて目立つところで寝ているんですよね。よくあれで生きていけるなぁといつも感心しています。
[ 2014/01/18 21:09 ] [ 編集 ]
このエメロード、ぱっと見は6つ目ライトに見えるのですが、役割がそれぞれあるんですかね。
さてと、私も得意の横道で・・・・。我が家も新築する前に猫がいました。ペットとして飼っていたのは、1匹だけだったのですが、田舎の農家なので同じくどこからでも野良猫が出入り自由。冬にコタツが出ると家族の留守の間に、豆炭コタツだったのでその中でヌクヌク。知らずに帰ってきて、コタツに足を入れると、体の上を猛ダッシュで逃げて行き、びっくりしました。あげくの果てに、我が家の猫の餌まで横取りする始末。しかも親子で。
現在我が家には犬(ミニチュアダックスフント)がいます。そもそも、長女がどうしても欲しいという事で、中学生のころに購入したのですが、しつけは全くせず、あっちこっちにオシッコとウンチ。しかも、本人はさっさと嫁に行き、彼は置いてきぼり。妻はブツブツ言いながら排泄物の処理をしていますが、その娘の連れてくる孫なるものを宝物のように可愛がっています。複雑です・・・。
[ 2014/01/20 12:58 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
エメロードのライト、カタログでは「マルチパラボラタイプハロゲンヘッドランプ(フォグランプ内蔵)」と書かれていますので、おそらく一対はフォグランプだと思います。
コタツに野良猫が入ってくるのはうちだけではなかったことがわかり、なんだかとても嬉しい気分です。うちは電気のコタツでしたが、コーラ瓶のようなヒーターが付いていました。ヒーターの真下は結構熱いので、斜めにコタツに入って寝ていました。うちに出入りしていた野良猫は、私に気付いても一瞬目を合わせるだけで、またその場で寝てしまっていたので、私もその場でそのまま寝てしまっていました。
コタツは電気でしたが、お風呂はオガライト。今考えると、結構災害に強い家だったような気がします。
先日(成人式の日)、ラジオで「大人になったと思う瞬間」というテーマの放送がされていました。個人的には、「お金では宝物が買えないとわかった瞬間」ではないかと思っています。
まだ孫はいませんので孫のかわいさはわかりませんが、初めての女の子の赤ちゃんである姪っ子には魂を抜かれています。「うっとうしいおじちゃん」にならないように気をつけねば・・・。
[ 2014/01/20 21:15 ] [ 編集 ]
続けてのコメント申し訳ありません。
kurumamaniacs さんの所は、電気コタツでしたか。私の所は経済的理由から長らく豆炭コタツでした。つい最近まで現役でしたが、家族が少なくなって物置に置かれています。この豆炭コタツがくせもので、炭を燃やして密閉されている空間ですから、悪いガスが充満します。中にいる猫は暫くすると、さすがにヤバイと思い、フラフラしながらコタツから出てきて、畳の上で横になっていました。
ところで、オガライトってなんですか。私の家の風呂はマキ→灯油→ガスと替わっていったので、オガライトなるものはしりません。周りの家でも使った事は無いでしょう。
あ、またまた車とは関係ない話題でしたね。すみません。
[ 2014/01/21 13:00 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
オガライトというのは、おがくずを固めた薪みたいなものです。イメージとしては、大根ぐらいの大きさで、芯が空洞となった鉛筆のような形、というものです。あっ、大根ぐらいの大きさの竹輪といったほうがイメージがわきやすいかもしれませんが、外見は竹輪のようにしわしわではなく、鉛筆のようにまっすぐ整った物体です。
まあ、簡単に言えば、燃えやすく、形の整った加工薪ですね。
当時は不便どころか、恥ずかしいとさえ思っていたオガライトでしたが、今はその前身である“薪”に興味を持っており、庭木を剪定した後の枝木は処分場へ持っていかず、畑の片隅に積んであります。人間の感覚って不思議なものですね。
[ 2014/01/21 20:43 ] [ 編集 ]
エメロード・・・

当時初代プレセア購入した時に、思いっきり比較対象車でした!
ただ、予算の関係で敢え無く断念しましたが(笑)

プレセア同様、「宝石」をクルマにイメージしたのは当時のバブリーな背景そのものですね。私が乗っていたプレセアのカラーネームは「アメジストパープル」、カラーにも宝石の名前が与えられていました。

どちらも「見た目重視」のクルマでしたが、実はご指摘にある通り、プレセアもそのエクステリアとは裏腹に、意外と「走る」クルマでした。決して居住性は求められませんでしたが(笑)、やっぱりトレンドでにわかに造られた軽い「4ドア」としては、そのコンセプトの想定外の利点だったのでしょうか??

うちも「家猫」いますよ!
アップ頂いた右側の猫ちゃんに似ている、キジトラのオスです。
拾い猫でしたが、あまりにも人懐こく結局引き取ってかれこれ10年近く、今ではすっかり家族の「一員」です。

動物病院の見立てからもうかなりの老猫ですが、この世を全うする日が来たら、会社休んででもそばに居てあげたいと思います。
[ 2014/01/26 18:27 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
ボディカラーの名前も改めて意識すると面白いものが多いですね。うちのデミオはプラチナムシルバー、つまり白金の銀、ちょっと意味わかりませんね。
この猫、キジトラと言うんですね。うちにいる猫がオスなのかメスなのかはわかりませんが、おそらく親子だと思います。小さいほうは丸まって寝ていると手のひらに載りそうな大きさです。
この模様の猫は日本全国、人懐こい性格の子が多いのかもしれませんね。
[ 2014/01/27 11:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。