旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・スプリンター(E70型) 

140107a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140107a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140107a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140107a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140107a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140107a06.jpg
(画像クリックで拡大)

   - - - - - 

 あけましておめでとうございます。本年も細々とブログを続けていくつもりですので、何卒よろしくお願い申し上げます。

   - - - - - 

 1979年にトヨタから発売された4代目スプリンター(E70型)です。このカタログはハードトップとクーペのもの、他のボディタイプとしてはセダンとリフトバックがあり、姉妹車のカローラ同様、多様なラインナップが揃っていましたね。基本的にはカローラと同じクルマですが、スラントノーズが採用されていることもあり、いくぶんカローラよりもスポーティなイメージがありました。

 さて、この4代目スプリンター、当時は特にカッコいいとは思わず、ごくごく普通のクルマの1台という印象でしたが、現在の目で見ると、表紙に写っているクーペの画像や運転席周り等、異様にスポーティに見えます。まるでラリー競技車のベース車両のようにも思えてしまいます。まさに鍛え抜かれた短距離選手(スプリンター)の肉体のごとく、余分な贅肉のない筋肉質のスポーツカーのようですね。

 当時はそう感じなかったのに現在はそう感じてしまう、ということは、目が外見、インテリアともに贅肉だらけのクルマに慣れてしまっていたからなのかもしれません。このスプリンター、ヘッドライトやグリル、バンパー、フェンダーミラー、ウインカーといった外見上の各要素及びボディラインがとてもはっきりしています。そして運転席周りもシンプルではありますが必要なものは一応揃っています。もし現在の5人乗り乗用車に乗られている方が、愛車の車検時にこのスプリンターを代車としてあてがわれても、特に困ることはないと思います。私の記憶では、燃費についても現在のガソリン乗用車と同じようなものだった気がします。

 もちろん安全性も快適性も走行性能も現在のクルマのほうが格段に上であることは当然ですが、だからといって当時のクルマが実用的に使用できないわけではありません。各メーカーから魅力的な新型車が次々に出され、その度に旧型車は見劣りする存在となります。納車されたときには息を吹きかけて磨いていた愛車もやがて洗車の頻度が少なくなり、洗車しなくなり、ちょっと擦り傷が付いても気にならなくなり、そのうちに次の新型車が納車されるまでの「つなぎのクルマ」になってしまいます。

 昨年末、ある自動車メーカーの会長さんが軽自動車税の増税について、「どっかで恨みを晴らしてやる」とおっしゃっていました。誰の、どういう恨みを、誰に対して晴らすのかは分かりませんが、我々は誰かの恨みを晴らすためにクルマを買っているわけではありませんし、恨みを晴らすためのクルマに乗りたいとも思いません。メーカー側が「どんな逆境にあってもそれに負けずにどんどん売れる素晴らしいクルマを開発してやる」という気持ちでいてくれることは素晴らしいことだと思います。願わくば、現在は少し「買ってもらうこと」に傾きすぎている各メーカーの姿勢の中に、「乗り続けてもらうこと」も付け加えてほしいですね。

 ちょっと話がずれてしまいましたが、そんなことを考えながら新型車を見ていると、そのクルマの売りは贅肉の部分なのか筋肉の部分なのか、とても楽しく見ることができます。あまりに贅肉が多いと、脂肪吸引手術をしたくなっちゃいますね。

スプリンター・ハードトップ・1600GT(TE71型)
全長×全幅×全高 : 4255×1625×1330mm
ホイールベース : 2400mm
車両重量 : 955kg
エンジン : 直4DOHC 1588cc 115PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/01/07 11:58 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(12)
初コメントです。今年も宜しくお願いします。
直線大好き人間としては、このスタイル好きですね。私は、現在の車が軽貨物なので、代車としてこの車が来てもむしろ嬉しいくらいです。ただ、今度増車したのは軽乗用車なので、もしこれが代車で来たら、物足りなさを感じるかもしれません。なんせ今度の車は電動スライドドアまで付いているのですから。人間て贅沢ですね。
さて、またまた車と関係ない話題で恐縮ですが、このカタログの小道具として使われている助手席のカメラ。メーカーは特定できませんが、この時代であればフィルムカメラでしょう。と言う事は、本体の下に付いているのはモータードライブとなります。モータードライブと言えば、連続撮影をするための装置ですが、フィルムなので数秒で終了してしまいます。報道関係者ならともかく、わたしたちの時代にはとても恐ろしくて、買えたとしても使わなかったでしょう。ただ今でも時々デジタル1眼レフに縦型バッテリーパックを付けていると、これ中にモーターが入っているの?と年輩の方に聞かれる事があります。それくらいあの時代のモータードライブは憧れだったんですね。今では、コンパクトデジカメ、いやスマホでさえ連続撮影ができるようになるとは。
[ 2014/01/07 13:04 ] [ 編集 ]
カルロス様

あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。
小道具のカメラ、「CONTAX」と書いてあります。恥ずかしながら私は以前のスキー同様、カメラにも疎いので「CONTAX」がどこのカメラなのかはわかりません。
カメラといえば、昨年の暮れ、デジカメを買いました。「CONTAX」ではなく、「PENTAX」のX-5というものです。非常に安価なカメラでしたが、望遠レンズも付いていて見た目はなんとなくデジタル一眼風、バッテリーは単三4本なのでエネループを使っています。購入後、400枚ほど撮影しましたがまだバッテリーの目盛は半分以上残っているようなので、電池の持ちはかなり良いようです。今のデジカメってすごいですね。
しかしながら、スマホやデジカメの性能向上はそれこそすさまじいものですが、それらがいくら高性能になっても、フィルムカメラがなくなることはないと思います。昨今、アナログのLPレコードがちょっとずつブームになっているようですが、それと同様、写真の世界でも「簡単で鮮明」ではなく、「面倒で曖昧」でないと「鮮明な記録」が残せないこともあるそうです。
超高性能なデジカメが作る「ボケ」よりも、やっぱり紅白で司会をされた昨年の大河の主人公のような「ボケ」のほうが時代を上手く残すことができるのかもしれませんね。
[ 2014/01/07 20:44 ] [ 編集 ]
コンタックスでしたか。この時代であれば、ニコン、キャノン、ペンタックス、オリンパス等多数のメーカーが自社ブランドで生産していた時代なのに、コンタックスを持ってくるとは。このカタログを作った人にこだわりを感じますね。。kurumamaniacs さんは最近カメラを購入されたとの事。私は高校時代写真部に所属しており、その時に使っていたカメラがペンタックスでした。勿論今のようにオートフォーカスなんてなく、露出も手動でした。使用する事はありませんが、今でも大切に保管しています。
そう言えば、私は音響の仕事を時々する事があるのですが、いまだにカセットテープはバリバリの現役です。踊りの発表やカラオケで使われる事が多いのですが、お年寄りには絶大な信頼があります。確かに、CDやMDのようにスロットインして回っているかどうかもわからないより、テープの動きが見えるのは安心感があります。kurumamaniacs さんのおっしゃる「ボケ」もあります。さすがにこの世界ではレーコードを持ち込む事は無くなりましたが。
[ 2014/01/08 12:51 ] [ 編集 ]
 確かこのような題名のCMが流れていたのは、この代のスプリンターだったと思います。
 車の設計に関しては、まるでズブの素人の私ですが、昨今の車の設計は当然CGが中心ですよね。でも、この当時はモックアップで車体のディティールを造り、小細工を施していくというやり方だったんでしょうか。私は、この頃のトヨタ車が一番好きです。やはり、免許を取ったら「レビン」か「トレノ」か真剣に悩みましたもの
(その悩みをもう少し勉学に回せなかったのかと、今なら当時の私に言ってやりたいですが。)

 車検時にこの「スプリンター」を代車にあてがってもらったら、大歓迎です。当然、MT車で。もしかしたらズリガエしてくれって頼み込むかも!
[ 2014/01/08 18:35 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
写真部に所属されていたとのことですので、カメラにもお詳しそうですね。カメラの世界も奥が深いようで、購入するにあたってちょっと調べましたが、上を見たらきりがないですね。
ただ現在のデジカメの世界は下もきりがないようで、1万ちょっと出せば信じられないようなカメラが購入できてしまいます。庭をうろついていた野良猫をズームアップして狙っていたら、猫の顔の辺りに四角い枠が出てきて、自動でシャッターが押されたときにはびっくりしました。
クルマ同様、カメラにもマニュアルモードが用意されている意味がなんとなくわかったような気がします。
カメラにしても音響機器にしてもクルマにしても、どんな新型が出てこようとも、旧来のものも共存し続けそうですね。
[ 2014/01/09 10:02 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
現在の設計はもちろんCADが使われていますが、実際の手による繊細なモデルの試作も従来と変わらず重要な位置付けだそうですよ。今後、3Dプリンターの技術がどんどん進化したら設計の過程は変わるかもしれませんが、人間の手による微細な調整がなくなることはないと思います。
車検の代車という例え話を書きましたが、現実にはこのスプリンターが代車にあてがわれることはないでしょうね。もし実動状態で実車があったとしたら欲しがる方ばかりでしょうから。
[ 2014/01/09 10:14 ] [ 編集 ]
やはり「直線基調」って、カッコよいですね。
特にエクステリア以外にも、インパネもここまで直線的な造りって、今のクルマではほぼ皆無でしょう。シンプルに全ての機能を網羅していてグッドです。

ところで最近のクルマは、時計がナビやオーディオに組み込まれることが多くて、もはや独立した「機能」ではないようですね。

私は性格的に、クルマに乗っていないときも頻繁に時計を見る「クセ」があるらしいのですが(笑)、特にナビの時計は、情報が多い画面の片隅にちょっと表示されていて、すごく見辛いんですよね・・・

この頃はカタログのスペックに、時計が「アナログ」か「デジタル」か示されていて、なんかデジタルは「グレードが高い証拠」だと、勝手に決め付けていました、小学生でしたから(笑)
[ 2014/01/12 16:51 ] [ 編集 ]
アナログなシンプルさを湛えた70型カローラ/スプリンター.....デビュー時は特にどうとも感じませんでしたが、今では直線基調のフォルムといい、シンプルなメカニズム故の使いやすさといい、程よいプリミティブさ故の人車一体感やメカの鼓動が体で感じられる点など「一つのスタンダードを作った存在」としてある種の貫禄が感じられる次第です。
おかげで今乗っている2004年式ヴィッツ1300U-L/117015km走行の代車に70カローラ/スプリンターが出されても1980年代と言う「今と一つながりの過去」を味わえて案外ハッピーかも.....1500SEの3速ATなど実際の動力性能は軽自動車ダイハツミライースより遅かったりして、それでいて乗り手の緊張感や反射神経が養われる点など「クルマとは一体何か」の普遍性ある真理を考えさせてくれる一台であることさえ期待できないではありませんが管理人様は如何でしょうか。
[ 2014/01/12 22:27 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
クルマに限らず、現在の我々の生活では身の回りに「デジタル時計」が溢れていますね。パソコン、アイポッド、携帯電話、デジカメ、炊飯器、ラジカセ、エアコンのリモコン・・・、時計機能が付いていない家電製品を探すほうが難しいぐらいです。
どの機器もプログラムによる電子制御を大なり小なりしているので、制御用のCPUが組み込まれています。従って、表示の有無は別として必然的に「時計」が備わってしまうんでしょうね。
それぞれのCPUが時を刻みながら自分の役割をこなしていますから、1台のクルマというのはいったいいくつの時計が同時に動いているんでしょうね。こんなことを考えながら運転すると事故ってしまいますから考えないほうがよさそうですね。
[ 2014/01/13 13:55 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
乗り比べれば様々な部分で現在のクルマに劣ることは当然だと思いますが、おそらく5分も乗れば慣れてしまう程度で、普通に走っている限りは劇的に劣っているというような部分はそれほどないと思います。
ただエアバッグがないのでぶつかった時の危険度はかなり高いですし、ABSもないのでスピンの可能性も高そうですね。
そういう意味では今のクルマよりも運転中の緊張感は養われるかもしれませんね。
[ 2014/01/13 14:18 ] [ 編集 ]
お久し振りです。自動車ニュースのゆうすけです。

車のデザインについて考えてみると、現在の流線型なものもいいですが、昔の直線基調のデザインもかっこいいですね。なんか折り紙と通じるものがあると言うか(うろ覚えですが、MR2の初代は折り紙をイメージしたみたいです)。

そういえば86は復活しましたが、トレノとレビンはいつの間にか消滅してしまいましたね(トレノに至ってはスプリンター自体が無くなりました)。例外的に売れているモデルがあるとは言え、セダンはやっぱりキビしいんですかね?
[ 2014/01/15 19:35 ] [ 編集 ]
ゆうすけ様

コメント、ありがとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
直線的なデザインと曲線を強調したデザインは過去の流れを見ていると定期的に繰り返されているようですね。その時々によって受けるデザインがあり、それを少しずつ変更していくことによって新型車には新鮮さを、旧型車には時代遅れ感を演出しているんでしょうね。
ちょっと古いと古さを感じますが、思いっきり古いと古さを通り越して新鮮さを感じてしまいます。人間の感覚って不思議なものですね。
[ 2014/01/16 13:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。