旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱・シャリオ(D02/3/5/8W型) 

131230a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131230a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131230a03.jpg
(画像クリックで拡大)

131230a04.jpg
(画像クリックで拡大)

131230a05.jpg
(画像クリックで拡大)

131230a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年に三菱から発売された初代シャリオ(D02/3/5/8型)です。トレディアのシャシーを流用して造られた3列シートのRVで、パッと見の印象は着膨れした初代ミラージュのようなクルマでした。その成り立ちからも明らかなように、現在でもたまに見かける後のシャリオ・グランディスよりも一回り小さなクルマでしたね。

 さて、この初代シャリオ、前年に発売された日産プレーリーとともに乗用車感覚ミニバンの先駆けとされていますね。プレーリーのほうが1年早く発売されていますが、シャリオは1979年にモーターショーで発表されていました。ちょうどこんなタイプのクルマが世に出る時期だったんでしょうね。30年前の当時では画期的であった乗用車の車体をストレッチして3列ミニバンにするというこの手法も、初代オデッセイを初め同様の手法で大ヒットした数々のクルマ達により現在ではごく普通の存在となり、街にはこの流れを汲む形状のクルマが溢れています。HVもEVも画期的であったものが一般的となり、着せ替え自動車や自動運転車も世に出ようとしています。クルマの世界において、だんだん“画期的”の余地が少なくなってしまうのかもしれませんね。

 それが理由かどうかはわかりませんが、本日付の中日新聞の一面はトヨタが開発しているリハビリ支援ロボットに関する記事でした。何でも2015年に発売予定で、将来的には医療・介護分野での支援ロボットを自動車に次ぐ中心事業に育てたいとのこと。車輪が付いているかどうかに関わらず、“移動の足”という点ではとても筋が通っていますね。うちも介護で苦労した時期がありましたので、これらの技術の動向にはとても興味があります。介護する側も大変ですが、やがて私自身が介護される側になるでしょうから、その時には“自分の足”ぐらい確保しておきたいですものね。

 現在、自動車業界は一時期の危機的状況を脱し、かなり元気になってきているようです。魅力的な新型車も各社から発売され、納期が何ヶ月待ち、という車種もちょくちょく見かけるようになりました。クルマが世の中で必要とされなくなるような時代はそうそう来ないと思いますから、各メーカーには今以上に魅力的な新型車をどんどん世に出してほしいと思います。同時に、クルマ生産で培った技術を応用してクルマ以外の“画期的な足”もどんどん世に出して欲しいですね。

 ちなみに私の知人に、初代シャリオに今も乗られている方がいます。ボディに艶はほとんどありませんが、現在も普通に走っているようです。便利だけどなくてもあまり困らない“画期的”と、ないと困る“画期的”、クルマの世界では徐々に前者が増えてきているので、各社とも後者への移行を模索しているのかもしれませんね。

シャリオ・MT(D08W型)
全長×全幅×全高 : 4445×1640×1570mm
ホイールベース : 2630mm
車両重量 : 1230kg
エンジン : 直4OHC 1997cc 110PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/12/30 14:15 ] 1980年代三菱 | TB(0) | CM(12)
プレイリーやシャリオのように、この時代は遊びを意識した車両が多くありましたね。装備にしても、購入意欲をそそるために結構無駄なものがあったりして。
さて、先日このブログで我が家の増車をお知らせしたところですが、車を買うときに現在のメーカー事情が垣間見えます。最近何かと流行りのSA(スマートアシスト)このメーカーではこれを装着したグレードは5万円アップになるのですが、その分を5万円分のメーカーオプションでサービスしてくれます。つまり、実質的に5万円以上のオプションをつければ、SAはタダ。セールスマン曰く、メーカーとしてもSAの普及率が悪いので苦肉の策とのこと。更に、この程度のSAだと、西日、着雪等々作動しない条件が多々あるとのことでした。んー、まあ、保険程度ですね。
今年もあと少しで終わろうとしています。この1年昼休みの時間はこのブログのチェック時間となり、楽しい1年でした。来年も楽しく、辛口のコメントを期待しております。良いお年をお迎え下さい。
[ 2013/12/31 17:22 ] [ 編集 ]
カルロス様

あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

スマートアシストのような機能はとても素晴らしいと思いますので、どんどん普及すればよいと思いますが、機能の性質上、前面に出してPRするのではなく、“実は自分のクルマにも付いていた”という状態がもっとも良いのかもしれませんね。
エアバッグ同様、その機能を一度も体験しないことがもっとも好ましいですからね。
カタログの隅っこに小さな文字で書いてある程度にしておけば、マツダディーラーで起きたような“自動ブレーキ体験のはずがエアバッグ体験”という笑えない事故も避けられると思います。なんでもあの事故、アクセル全開で突っ込んだそうですからね。
[ 2014/01/01 12:17 ] [ 編集 ]
kurumamaniacs さま、そしてこのブログに集いし皆さま

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

さてこのシャリオ、なんとなくデリカで培われた当時の三菱の4WDの「こだわり」がそこかしこに感じられますね。そして仰る通り、3列ミニバンが当たり前の当世ですが、ワンボックスでなく乗用ベースの7人乗りは、当時は画期的でしたね・・・

さて、今年はどんな1年になるんでしょうかね?

私の仕事(販売)は、消費税率アップ対策とパソコンのXP買い替え需要にて、3月までは繁忙期になりそうです(泣)。会社も4月以降の売り上げダウンは必至と明言してますし(転じて笑)

クルマ業界もなんとなく活発になっている雰囲気、私も感じます。
今日すれ違った現行86(正確にはBRZでしたが・・・)、オジサンでなく20代くらいの若者がハンドルを握っていて、ちょっと嬉しかったかも!
(でも実は親父のクルマだったりして?!)

[ 2014/01/01 20:55 ] [ 編集 ]
お父さん様

あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。
当時は三菱らしい「こだわり」が随所に見られるクルマが多くありましたが、最近のラインナップからはそのようなクルマがめっきり減ってしまいましたね。今や販売台数も国内最下位、ちょっと寂しいですね。

今年はどんな年になるのかはわかりませんが、みんなが楽しく笑って過ごせる年になるといいですね。
消費税アップやら値上げラッシュやらいろいろと言われていますが、隣の芝生と比較して自身の不幸アピールを叫びながら毎日を過ごすより、そこそこ働いて、そこそこ美味しいものを食べて、毎日のんびり楽しく過ごしていきたいものですね。
[ 2014/01/02 16:33 ] [ 編集 ]
 kurumamaniacs様ならびに諸兄の皆様、あけましておめでとうございます。
 シャリオの感想ですが、当時は「不細工な車やなー。」というのが正直な感想です。三菱というメーカーはかっこいい車はカッコいいのですが、そうでない車。例えばディオンとかトッポなど実用重視の車ほどなぜかかっこ悪く思えるのは私だけでしょうか?
 昨日まで帰省していましたが、今回は新幹線を使いました。が、有楽町で発生した火災でひどい目に遭いました。
 名古屋駅では復旧はいつになるか分からないとだけ繰り返すアナウンスで状況が分からず在来線の東海道本線に乗りひたすら東京を目指しましたが、静岡県の三島で再開した新幹線に乗り3時間遅れで帰ってきました。
 3時間遅れで帰れたのはラッキーだったのかも知れませんが、東京駅ではごった返す人並みで、恐怖さえ感じました。
 完璧とさえいわれる日本の鉄道システムでさえ人災には勝てないのですからSAも信用してはいけないと思うのは、これまた私だけでしょうか?
[ 2014/01/04 15:53 ] [ 編集 ]
横からすみません。

nishiyanさま、大変でしたね。
それでも在来線乗り継ぐ判断は賢明でした。とりあえず「先へ」行く他の手段を選ぶのは、待つこととの「賭け」ですが、今回は大当たりですね。日本の交通システムは世界一優秀だと思ってますが、今回のような「不測の事態」まではさすがにプログラム外でしょうか・・・

有楽町の火災ですが、あの現場、実は私、しょっちゅう通っている所なんです。再開発が進んであの周囲は綺麗な景観に整備されましたが、今回火災が起きたあの「一角」だけは、なぜか旧年来の古い「商店街」、映像で映し出された中華料理屋は、私が就職した「新人歓迎会」の二次会で使われたお店で、年末もあの店で飲んでました・・・

普段の通勤時も、よく「沿線火災で運転見合わせ・・・」というシチュエーションに遭遇します。東京は線路沿いに建物が密集していますが、こればかりは優秀な運行システムでもリカバーできないのが歯がゆいです・・・
[ 2014/01/04 19:14 ] [ 編集 ]
nishiyan様

あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。
ディオンはミラージュベースですから成り立ちからしてこの初代シャリオと同じですね。不細工かどうかは別として、考え方が同じクルマは同じようなイメージに自然となってしまうんでしょうね。

帰省でのアクシデント、お疲れ様です。有楽町の火災の影響はずいぶん大変だったようですね。
日本の鉄道システムは確かに素晴らしいと思いますが、東京を初めとする都市部はやはり過密になりすぎていると思います。震災のときに「帰宅難民」が問題となりましたから、本来なら過密を解消してバッファー部分をもっと確保すべきだと個人的には考えていますが、世の中はさらにリニアや高速道路の自動交通システムを追加する方向へ進んでいるようです。

天災、人災ならぬ、ねずみ一匹が引き起こした『日本沈没』なんて映画がそのうちに公開されるかもしれませんね。
[ 2014/01/05 12:11 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
東京はずいぶんご無沙汰なので記憶が曖昧ですが、数寄屋橋交差点から有楽町駅へ行く道中にあんなようなところがあったような・・・。マリオンの裏あたりじゃないですかね?
再開発が進んでいるのなら、今もし私が東京へ行ったらきっと迷子になってしまいますね。
当時勤めていた会社の窓からは新幹線、JR、私鉄、首都高、幹線道路等、地上を走っている交通システムは全て見えました。その下に地下街があり、地下鉄があり、地下駐車場があり・・・、そんな景色を眺めていると、当時ですら明らかに無理があるように感じていました。
今度さらに大深度地下というものも追加するようですので、いったいどんな街になるんでしょうね。あまりに度が過ぎると東京を訪ねても誰も「おもてなし」を感じなくなってしまうかもしれませんね。
今回ほどではないにせよ、「沿線火災」「人身事故」「信号機故障」で優秀な運行システムも結構日常的に止まっていますからね。
[ 2014/01/05 12:51 ] [ 編集 ]
 kurumamaniacs様並びにお父さん様への返信です。
 実は帰宅するまでがちょっとしたことがありまして・・・。
 名古屋から東海道本線の上りに飛び乗ったのはよいのですが、豊橋、掛川と乗り換えるたびに物凄い混雑で、中二の娘はスマホに夢中で、それはよかったのですが、問題は妻と小二の息子。昼食もままならず、息子「まだなの?疲れた。座りたい!」妻「・・・。」運悪く横を運転再開した新幹線が追い抜いてゆきます。重ーい空気の中妻が「名古屋で待っていたら、もう東京に着いていたかも知れないのに(怒)」私「どこかで駅弁でも買うか?」妻「いい!(怒×2)」
私『お前らが新幹線がいいって言うたんやろ!俺は車で帰ろうって言ったのに!』と言いたいのをグッとこらえて、ほうほうの体で東京駅にたどり着きました。
 東京駅で駅弁の特上うな重3個とお茶、そしてビールを買って東北新幹線に乗り込んだ次第ですが、私は年末年始の暴飲暴食がたたり、ペットの水120円也。あっ!そういえば私の経験から、空腹のライオンと空腹の人間の女♀には要注意ということをすっかり忘れていました。やっと妻がしゃべってくれたのは、荒川を渡り、もうすぐ大宮に着くあたりでした。
 ところでこの火災、電気配線のショートが原因だったらしいですが、都市の機能をストップさせることって以外に簡単なんですね。ねずみで日本沈没どころか、ごきぶり一匹で世界消滅だったりして?
[ 2014/01/05 14:19 ] [ 編集 ]
新年早々、連投度々すみません。

nishiyanさまのアナザーストーリー、恐れいりました。
想定外のシチュエーションに出くわすと、人間って「感情」でますよね・・・でもきっと奥様も息子様も、「あの時あんなことあったわ!」って、いつか笑い話になるはず・・・でないとやってられませんしね(笑)

火災現場は、kurumamaniacsさまのご記憶通り、まさに「マリオンの裏手」に位置する一角です。ご記憶の頃は周りもゴチャゴチャの密集した商店街だったはずですが、なぜかあの一角だけ、不思議と昔のままなのです。

どんなに「便利」に都市整備されても、たった僅かのきっかけで一転して「不便」になってしまう首都圏、そこで生活する者としてはあらゆるリスクを想定しないといけませんね・・・
[ 2014/01/05 17:22 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
家族揃って長距離を移動するのは大変ですね。トラブルがなくても大変なのに今回は大幅にダイヤが乱れたようですので、テレビでインタビューを受けていた乗客の方々も皆お疲れのようでしたね。
交通機関が発達して帰省だけでなく毎日の通勤通学も信じられないような長距離を移動されている方も多いですが、やはり本来は誰もが自転車で移動できる範囲程度が自然ですよね。
学生時代、都内の大学へ土浦から通っている友人がいました。隣の県どころか、県をふたつ超えて通学しているということにカルチャーショックを受けたものです。距離は違いますが名古屋から東京も県をふたつ越えているだけなんですよね。
今後さらに交通機関が発達して時間的な距離はどんどん短縮されていくと思いますが、本来の地理的距離をわきまえたうえでそれらを活用していきたいものですね。
[ 2014/01/06 16:50 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
東京に限らず、都市部はもっとゆとりを持って整備してほしいですね。名古屋の中心部でクルマを運転していると、急にトイレへ行きたくなった時などはクルマを止める場所がないのでとても困ります。郊外だと当たり前のようにコンビニには大きな駐車場がありますが、都市部のコンビニには駐車場がありません。ドライバーにとって都市部のコンビニは全然コンビニエンスではないんですよね。
震災後、首都直下型地震への備えが叫ばれるようになりましたが、素人が考えても次から次へとリスクが頭に浮かんできます。人間の「想定」ってかなり楽観的になってしまうようですね。
[ 2014/01/06 17:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。