旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・ローレル(C34型) 

131128a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131128a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131128a03.jpg
(画像クリックで拡大)

131128a04.jpg
(画像クリックで拡大)

131128a05.jpg
(画像クリックで拡大)

131128a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1993年に日産から発売された7代目ローレル(C34型)です。高級感を前面に出したメダリスト系とスポーティなクラブS系の2本立てで登場し、メダリスト系には現在の感覚ではレクサスマークにしか見えない立派なL字オーナメントがフードマスコットとして光り輝いていました。ローレルの誇らしげなL字マークを見ると、最近話題になったスカイラインにインフィニティバッジがどうのこうのという問題なんてほんの些細なことに感じてしまいますね。なんといっても日産ローレルにはメーカーの枠を超えて高級感溢れる「レクサスバッジ」が付いていたのですから。

 さて、この7代目ローレル、全体的に控えめなスタイルではありましたが、走りは結構強烈でしたね。とはいえ、その気持ちのよい走りと引き換えに燃費の悪さはかなりのものでしたが・・・。昔このローレルに乗られていた知人がリッター6km、7kmという実燃費をずいぶん嘆いていました。よく彼の運転するローレルに乗せていただいたことがありましたが、燃費の悪さは彼の運転方法にも関係しているのではないか?と常々思いつつ、仕事の関係があった方なのいつも彼の運転及びローレルを褒めまくっていました。

 当時、シーマやセルシオが既に存在していた時期だったとはいえ、ローレルは立派な高級車。私自身、買おうと考えたことすらない手の届かない“大きなクルマ”でしたが、最近街で塗装の剥げかけたC34型ローレルを見ると、とても平べったい小さなクルマに見えてしまいます。このローレル、3ナンバーサイズになったとはいえ、全長で1cm、全幅で2cm5ナンバー枠からはみ出ているだけなんですよね。ほんの20年ほどの間で人間の感覚ってずいぶん変わってしまうものだと改めて実感してしまいます。

 同様に、これからの20年でもずいぶん感覚が変わるんでしょうね。東京モーターショーではまた新たなコンセプトカーがたくさん発表されました。燃料電池車や自動運転車が珍しくない存在となり、前1人、後ろ2人レイアウトのグライダーやハンドルのない電動コミューターが街中を走っている時代、きっとクルマやバイクだけでなく鉄道、自転車、徒歩も含めて、道路自体が高度で複雑な『交通システム』になっているんでしょうね。もしそのような時代になっても私の体が健康な状態であるならば、そんな『交通システム』の中をジャガイモをいっぱい積んだ一輪車(これも自転車と同じく“軽車両”です)を押しながら泥だらけの長靴で歩いてみたいものです。

ローレル・25メダリストVターボ(GC34型)
全長×全幅×全高 : 4710×1720×1380mm
ホイールベース : 2720mm
車両重量 : 1410kg
エンジン : 直6DOHCツインカムターボ 2498cc 235PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/11/28 15:53 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(10)
このローレルのエンジンスペックを見て、ピーンと来ました。もしや私が以前乗っていた初代ステージアと同じエンジンでは・・・・?やはりRB25DET知人はさぞかし運転に気を使っていたのでしょうね。更にカタログを見ると、このローレルにはターボと4WDの組み合わせは無いようなので、燃費の悪さに関しては私の勝ちです(笑)。そういえば年代的にも同じなので、プラットホームも一緒なのかな。
[ 2013/11/29 13:00 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
カルロス様のコメントを拝見し、改めてステージアのカタログを見てみたら4WDターボのカタログ燃費は7.7km/l。今流行のホテル社長でなくとも『誤表示』と言いたくなってしまうような数値ですね。実燃費を考えると恐ろしくなってしまいます。
この時期のローレル/スカイライン/ステージアは同じプラットホームの兄弟車だったと思います。ホイールベースも全て同じですしね。高性能な6気筒エンジンを積んだクルマが2ドアクーペからステーションワゴンまで揃っていたのですから、ある意味、とても選択肢が多かった時代ですね。
[ 2013/11/29 20:25 ] [ 編集 ]
最近はこの型式はほとんど見なくなりましが
子供のころ、このローレルのリアがマーク2三兄弟(90系)のリアに似てるなぁと思って眺めていた記憶があります。
私だけかもしれませんが(笑)特にクレスタに・・・
[ 2013/11/29 22:37 ] [ 編集 ]
セダン好きとしては、この「直線基調」は私の中の正統派で、クラブSなんかはこうしてカタログをあらためて拝見すると、今更ながらカッコイイと思ってしまいます!

ただ、私自身もオーナーだった「兄弟車」のR33同様、先代モデルの5ナンバーでしっかりした造りだったクルマを、時代の流れで3ナンバーに無理矢理昇華しようとした感がありますね・・・ちなみに私のR33は2リッターのSOHC(笑)だったので、燃費はそこそこ悪くなかったです!

ところで、私が免許を取得した教習車は、C32型のローレルでした。
しかもディーゼル!

私が住んでいた界隈では、当時はクラウンやセドリック、ルーチェといった「ビッグセダン」が、教習車のスタンダードでした。

初心者になぜこんな「ビッグセダン」を運転させるのか・・・どうせ免許とってもいきなりローレルなんか乗れる訳無いのに!!と、当時は甚だ疑問に思ってましたっけ。

最近、近所ではよくプリウスの教習車を見かけますが、生活の観点で免許をとることの「必要性」からすれば、プリウスは教習車としては「教習車=オーナーカー」として、理に適っているのでしょうね。

見方を変えれば、私の時代は、グレードはともかく教習車でしか「ローレル=高級車」を運転する機会はなかったから、これはこれでラッキーだったかもと(笑)

本題脱線ネタでスミマセン!!



[ 2013/11/30 02:04 ] [ 編集 ]
アベニール様

コメント、ありがとうございます。
90系の三兄弟はローレルに比べて少しふっくらしたイメージを持っていました。あの時期、このクラスのクルマはどんどん肥大化していった時代でしたからね。
[ 2013/11/30 10:00 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
うちの近所の教習所、最近はBMWのX1で路上教習をしているようです。実際に免許を取得してからX1に乗ることができる若者がどれぐらいいるのか・・・。いくら教習生確保のためとはいえ、ちょっとやりすぎのような気がしています。
個人的には、高級車で教習生を釣るよりも、チェーンの装着やタイヤ交換、空気圧のチェック等、最低限のメンテナンスを実際に一度全員に体験させたほうが後々ずっと役に立つように思います。クルマを運転して公道を走る以上、か弱い女の子だからチェーン装着できません、パンクしても非常用タイヤに交換できません、では通りませんからね。
[ 2013/11/30 11:17 ] [ 編集 ]
得意の脱線です。
昔バブル全盛期の頃、苗場スキー場に行く途中の月夜野インターから三国峠にかけて、都会の車はよく道路脇でチェーンを掛けている光景を見ました。その時に彼女が外に出てライトを照らしているか、助手席でコーヒーをすすっているかで、そのアベック(けっしてカップルではありません)のその後が変わってくるとつくづく思いました。
あ、私たちの仲間はオフロード4WDでしたから、その脇を勝ち誇って通り過ぎました。
[ 2013/12/04 12:14 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
脱線、大歓迎です。そもそもこのところの私の記事は本文からしてクルマと関係のない話題ばかりですから・・・。
バブルの頃、女性はお姫様気質の方が多く、時代も男もそれを許してきました。しかしその後、時代も男も状況が変わってきましたが、女性の中にはバブル期のお姫様気質が抜けない方も少なくないようですね。
旦那のボーナスがなくなってもお姫様、リストラに遭ってもお姫様、きっと当時助手席でコーヒーをすすっていた女性は、状況がどうなろうが自分はお姫様なんでしょうね。
[ 2013/12/05 07:51 ] [ 編集 ]
私は今でもローレルC33を乗っていますよ。
今年で購入から24年たちます。
今の車にない魅力を感じます。
オイル漏れなど細かいところが劣化してってます。
もう少し乗ろうと思います。
[ 2014/01/04 23:38 ] [ 編集 ]
とみさん様

コメント、ありがとうございます。
年数が経つとどうしてもシール部分が劣化してきてしまうので、いろいろなところからオイル漏れが発生しやすくなってしまいますね。
長いお付き合いのクルマですので、とみさん様が乗ろうと思っておられる間はずっと元気に走ってくれるといいですね。
[ 2014/01/05 13:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。