旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・マキシマ(J30型) 

131112a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131112a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131112a03.jpg
(画像クリックで拡大)

131112a04.jpg
(画像クリックで拡大)

131112a05.jpg
(画像クリックで拡大)

131112a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1988年に日産から発売されたマキシマ(J30型)です。海外では現在もモデルチェンジを繰り返し、日産ブランドの上級セダンとして現行型が販売されていますが、国内では先代ブルーバードの上級モデルとしてブルーバード・マキシマが登場し、途中から『日産マキシマ』を名乗ったものの、次の代であるこのJ30型で消滅してしまいましたね。海外で販売されている『日産マキシマ』が日本に来たかと思ったらすぐに去って行ったという、まるで月光仮面の歌のような存在でしたね。

 さて、この日産マキシマ、当時はバブル絶頂でシーマ現象なるものが起きていた時期でしたので、土地成金やバブリー社長、それに都市のマイホーム諦め組の方々はシーマやセルシオ等に関心が向いていたためか、あまり目立たない存在でしたね。3ナンバー専用設計の大柄なボディにV6・3000ccエンジンを搭載した“ハイオーナーセダン”といえども、ついちょっと前まではブルーバード・マキシマと呼ばれていたクルマ、つまりBC戦争していたコロナと同等のクルマ・・・と捉えられてしまっていたのかもしれません。なんといってもあの時代、高額な消費こそが美徳!見栄を張ることが正義!でしたからね。クルマとしてはもっと評価されてもよかったのではないかと個人的には思っていましたので、この代で消滅してしまったのはちょっと残念でした。

 ちなみに現在、日産のマキシマは北米における日産ブランドのフラッグシップモデルで、マキシマよりも上級セダンはインフィニティブランドになっています。日本におけるスカイラインとフーガがこれにあたるようですが、今度日本で発売される新型スカイラインにはインフィニティバッジが付いて、日産幹部いわく、「ワンクラス上に行く」そうですね。日産ブランドのフラッグシップは「マキシマ(最大値)」、その上は「インフィニティ(無限大)」、意味を言葉通り捉えれば確かに筋は通っていますが、なんだか底辺の人間からすると複雑な気持ちですね。かつて手の届きそうな位置にあったクルマたちがどんどん手の届かないところへ飛んでいってしまうようです。

 若者ではなく昔からのクルマ好きで、それなりに歳を重ね、さらに経済的にもそれなりに余裕がある方々でも、今の自動車メーカーの(ちょっと内輪バブリー気味な??)動きを意外と冷めた目で見ている方って、結構大勢いらっしゃるような気がしています。

日産マキシマ・SE(J30型)
全長×全幅×全高 : 4765×1760×1395mm
ホイールベース : 2650mm
車両重量 : 1370kg
エンジン : V6・OHC 2960cc 160PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/11/12 16:10 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(12)
まさに「バブル」の時代に登場した「疾風(はやて)のように去って」いった1台ですね(笑)

セルシオやシーマのような過度な豪華装備はなくとも、「大人がゆったり乗れる」セダンとして、セダン好きの私は当時結構気に入っていた1台でしたが・・・クルマ自体の造りもそんなに悪くなかったですし。
ただ、仰る通り「ブルーバード」のイメージがちょっと強かったのかもですかね。

余談ですが、当時バイトしていた喫茶店の先輩に「牧島」さんという方がいて、実家のクルマをこの「マキシマ」に買い換えようかと、冗談半分で相談を受けたのを思い出しました(笑)
[ 2013/11/17 19:02 ] [ 編集 ]
マキシマ懐かしいですね。
歴代の日産車の中で一番好きな車種です。
V6・FWDがポピュラーになってからの感覚では、FRセフィーロは出さずに
こっちを「お元気ですか〜」で出す戦略もあったと思います。
内外装をもう少しチャラくして。

トヨタ3兄弟の威力もさることながら
ブルーバードからの上級移行を狙う日産としては
そこまでの賭けには出れなかったんでしょうね。

今や風前の灯のブルーバード(シルフィ)ですが
当時のベースマーケットの大きさを感じさせるモデルミックスです。

デビュー翌年あたりにステーションワゴンを米国で作って追加すれば
アコードに奪われたマーケットも、日産のものだったかもしれません。
[ 2013/11/17 22:33 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
当時はセルシオ、シーマレベルまで行かずとも、日産だけでローレル、スカイライン、セド/グロ、鳴り物入りで登場したセフィーロ等、マキシマと同価格帯で結構大御所が揃っていましたからね。FF上級セダンという分野がまだしっかりと定着していなかったんでしょうね。
愛車の車名と性が同じという方は珍しいと思いますが、愛車のメーカー名と性が同じという方はかなり大勢いらっしゃるでしょうね。「スズキの軽に乗っている鈴木さん」なんてそこらじゅうにいそうですものね。
[ 2013/11/18 13:03 ] [ 編集 ]
handam様

コメント、ありがとうございます。
先代までのシルフィはあまり興味ありませんでしたが、現行のシルフィはなんとなく当時のこのマキシマに抱いていた思いと同じようなものを感じます。
とはいえ、現行シルフィは北米ラインナップにおいて現行マキシマの二つ下のセントラなんですよね。スバルがレガシィのワゴンを国内向けに一新して小型版を出すそうですが、どのメーカーもグローバル企業となった今、海外市場と国内市場の嗜好の違いに苦労しているようですね。
何でもかんでもグローバル展開すれば良い、というものではないのかもしれませんね。
[ 2013/11/18 13:25 ] [ 編集 ]
初めて拝見させていただきました。
21歳の若僧です。
車が子供のころから好きで、ある車種について調べていたときにたどり着きました。
最近の車は本当に価格が高くて庶民のものではなくなっている感じがしています。車格も大きくなりタントあたりでは200万を超えるグレードも存在するみたいです。
日本はどうなっていくんでしょうかね・・・
[ 2013/11/23 23:53 ] [ 編集 ]
アベニール様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、本当に高価なクルマが多いですね。軽自動車にしても、確かに「庶民の足」と思えるようなものもありますが、「庶民の足」を隠れ蓑にした超高級「庶民の足」も中には存在していますね。

>>>日本はどうなっていくんでしょうかね・・・
公、民、業界業種、老若男女問わず、あらゆる方々が自分の属する領域の「不幸自慢」をして、少しでも不労所得を得ようとする人間ばかりの国になっていくかもしれませんね。
そんなみっともない国にならないように、若者であるアベニール様だけでなく、オヤジ世代である私も地に足を付けて生きていかなくてはなりませんね。
[ 2013/11/24 13:51 ] [ 編集 ]
お父さん様の余談を受けて、全くの余談ですが・・・。
私も知り合いに「波間(はま)」さんがいます。冗談でハマーを買いませんかと持ちかけたことがありますが、一蹴されました。更にその方は、「農都共生事業(のうときょうせいじぎょう)を担当していましたので、ニッサンのノートを買いませんかといったところ、それも却下されました(笑)。
現代の子供の名前も、当て字的なものが多いですが、これからも車名とクロスオーバーするのでしょうか。つまらない話題で申し訳ありません。
[ 2013/11/25 12:41 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
最近はキラキラネームなる名前を子供に付ける親も多いそうですので、熱狂した愛車の名前が元になった子供の名前というのももしかしたらあるかもしれませんね。「零斗(ゼット)」とか・・・、あっ、そもそもキラキラネームを付ける若い親はクルマに熱狂することなどないかもしれませんね。
車名とは関係ありませんが、知人に「増尾」という性のお宅に養子に入り、「増尾さん」になった方がいます。偶然とはいえ、飲んでいる席ではずいぶんからかわれてしまったそうです。こんなケースを耳にすると、誰もが知っている国民的漫画も意外と罪なものだなぁと感じてしまいます。
[ 2013/11/25 19:14 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/01/03 17:50 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
ぜひさらに現役を続け、末永く乗り続けてあげてください。
そんなユーザーとクルマがどんどん増えていくといいですね。
[ 2014/01/05 11:50 ] [ 編集 ]
現役の学生です。マキシマを買ってから6月で一年になります。
家は特別に田舎というわけでもないし、交通の便もよく、駐車場は狭くて高いので、あえてクルマを所有する必要性はないのですが、アベニールさんのように物心つく前からのクルマ好きで、学校も某N社の専門学校に進学し、そのまま就職することになるでしょう。

そんな私の夢は、免許を取ったら好きなクルマで、人と被らないクルマに乗ることでした。それも、少しアメリカンな日本車もしくはアメリカ車に乗ることがこだわりで、そんな中、マキシマは憧れでした。

話が長くなるので割愛してしまいますが、ネットオークションでベルベットブルーのマキシマを発見し、ついに憧れを手にしました。後期型のtype-Cというグレードで、マキシマの後期型にしか採用されなかったVE30エンジンがお気に入りです。
古くて、どちらかと言えば華のあるクルマではありませんが、パッケージング、メカ、快適性、すべていい意味でオーソドックスで、真面目な作りで、当時珍しい本格的なグローバルセダンの風格は今でも薄れていません。

作り込まれたクルマは長く乗っても飽きないものだと実感できますし、元気に走ってくれるだけでも嬉しくなります。そういうクルマは今では少なくなってしまったのかもしれませんが、マキシマの末裔(笑)の新型ティアナは中国仕様にあわせて豪華絢爛だった先代に比べ、かなり地味になりましたが、日産の屋台骨になるグローバルセダンとしての本質を磨いたティアナにマキシマに感じた魅力を感じています。

話はそれましたが、自分より年上のマキシマを大事に大事にこれからも長く乗り続けます。
[ 2014/05/13 18:20 ] [ 編集 ]
まきし丸様

コメント、ありがとうございます。
まだお若いのにマキシマに乗られているなんて羨ましい限りです。クルマについて勉強されているとのことですので、ぜひオヤジ世代、老人世代が心ときめかせられるようなクルマを開発してください。
オヤジ世代の私が物心ついたときにときめいたクルマは当時私の親父が乗っていたマツダの初代ルーチェでした。現在のマキシマやティアナとは比較にならないほどちっぽけなクルマでしたが、当時の感覚で言うと、現在のマキシマやティアナとは比較にならないほど大きなクルマでした。
時代はどんどん変化していますので、過去の流れがこの先も続いていくのかどうかはわかりません。しかしながら、まきし丸様がマキシマに対してお感じになられた感覚を大切にしていけば、きっとさらに後の世代の人間が大切に思うクルマが世に出されるような気がします。ぜひマキシマを大切に思う気持ちを持ち続けて新世代のクルマを開発していっていただきたいと思います。
[ 2014/05/14 20:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。