旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダ・インテグラ(DC1/2型、DB6/7/8/9型) 

131028a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131028a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131028a03.jpg
(画像クリックで拡大)

131028a04.jpg
(画像クリックで拡大)

131028a05.jpg
(画像クリックで拡大)

131028a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1993年にホンダから発売された3代目インテグラ(DC1/2型、DB6/7/8/9型)です。プロジェクター4灯ヘッドライトが特徴的でしたが、少々不評だったようで2年後のマイナーチェンジでごく普通のホンダ顔に変更されてしまいましたね。まだごく最近のクルマのような気がしますが、もう発売から20年経っているんですね。とはいえ、この代のインテグラの場合、2001年まで生産が続けられましたから、まだ街中でちょくちょく見かけますね。

 さて、この3代目インテグラ、現在でも街でよく見かけるのはやはりモデル途中で「タイプR」が設定されたからだと思います。もともとスポーティなクルマですが、「タイプR」のような象徴的なモデルが設定されると、タイプRだけでなく他のモデルも人気が出て後々まで大切に扱われるようになるんですよね。

 本来このクラスの国産車で、タイプRのような特殊なグレードでないクルマなら、15年、20年落ちで走行距離10万キロ以上というような状態だとまず価格が付きません。でもこのインテグラ、中古車市場ではそのような状態のものでもそこそこいい値段が付いています。結局、人気の高いクルマはオーナーが変わっても10年後、20年後、さらにもっと後まで大切に扱われ、そうでないクルマはまだ十分乗れる状態であっても国内から消滅していくようですね。

 インテグラ・タイプRやランエボ、GT-R等、燃費は悪いですが1台世に出せばそれが何十年も大切に「クルマ」として扱われます。結果として大量に売りさばかれ、エコ替えを繰り返されるエコカーよりもそれらの人気車種のほうがエコなのかもしれませんね。

 自動車税制見直しの議論がチラホラ聞かれるようになり、近々抜本的な変更があるかもしれませんが、おそらくどんどん買い替えを促すような税制になっていくと思います。新品の鉛筆を最初に一度削り、芯が丸くなってきたら再度削ることなく次の新品の鉛筆を削るような消費行動が一般的になってくると、鉛筆メーカーは最初の1cmしか芯が入っていない鉛筆を販売するようになるかもしれません。現実に今のスマホやタブレットは5年、10年と使い続けることは想定されていないような気がします。クルマはそのような性格の製品にはなってほしくないものですね。

インテグラ・3ドアクーペ・SiVTEC(DC2型)
全長×全幅×全高 : 4380×1695×1335mm
ホイールベース : 2570mm
車両重量 : 1100kg
エンジン : 直4DOHC 1797cc 180PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/10/28 10:06 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(4)
このモデルが出た時、
簡素化されたプレスラインや色数を抑えた内装を見て
「ああ、今までのような車作りはもうできないんだな」
と寂しい思いをした記憶があります。
開発した頃はバブルの真っ最中、デビューまでの間に
世の中の状況がガラッと変わってしまうと
軌道修正は大変ですね。
[ 2013/10/29 22:15 ] [ 編集 ]
handam様

コメント、ありがとうございます。
この時期に発売されたクルマは他社も含めてほとんどがそんな感じでしたね。バブル崩壊後、そしてリーマンショック後、いずれも大きな経済危機が起きるとガラッと雰囲気が変わってしまいましたね。
個人的には2015年に自動車取得税が廃止されたとき、軽自動車を含めどのような税体系になるのかによって次の大きな変化が起きるような気がします。ITS技術も含め、どうなっていくんでしょうね。
[ 2013/10/30 17:20 ] [ 編集 ]
初代は丸目キラキラ4灯でしたね・・・

個人的には、それほど嫌悪感はなかったのですが、やっぱり「一般的」にみるとかなり「突飛」な感じだったのですかね。インプ2代目も同様に丸目が受け入れられずマイナーチェンジでオーソドックスな顔になりましたが、「丸目=スポーティ」という表現の仕方が、どちらも今一歩でしたか(笑)

しかし、あの「プロジェクタランプ」
なんだったのでしょうかね?

現代のLEDやディスチャージランプのような、絶対的な明るさもあった訳ではないですが、走っていてすれ違うと色が「7変化」する雰囲気

安全性よりも「シチュエーション」重視の当時の
最強アイテムのひとつでしたか(笑)
[ 2013/11/04 18:46 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
プロジェクターランプ、意外といろいろな車種に採用されていますよ。私のアクセラもこのインテグラと同様、ロービームはプロジェクターランプです。
プロジェクターランプといっても私のは昔ながらのハロゲン仕様、最近主流になっているHID仕様と比べるとやっぱり暗いですね。
安全対策のため、夜はできるだけ乗らないようにしています。
[ 2013/11/05 08:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。