旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・アンフィニMS-6(GEEP/GE8P型) 

131002a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131002a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131002a03.jpg
(画像クリックで拡大)

131002a04.jpg
(画像クリックで拡大)

131002a05.jpg
(画像クリックで拡大)

131002a06.jpg

 1991年にマツダから発売されたアンフィニMS-6(GEEP/GE8P型)です。ブランド乱立でそれぞれのクルマの印象が非常に薄かった時期のマツダ車なので、このMS-6も流麗なスタイルの割には存在感がほとんどなかったですね。この時期のマツダにはたまにとても素晴らしいスタイリングのクルマがあったのですが、そのどれもがほとんどの方にとって記憶にすら残らなかったと言うのは、なんとも残念なことですね。ちなみに某大手中古車サイトでMS-6を検索してみたら、該当ゼロでした。

 さて、そんな薄幸なMS-6、改めてカタログを眺めてみると、現在の感覚でもまったく古さを感じさせない素晴らしいデザインですね。リアスポイラー一体型の大きなリアハッチも、少々洗車がしにくそうな気がしないでもありませんが、後のアテンザスポーツにつながるようなとても自然な5ドアハッチとしてまとめられていますね。マツダも変な色気を出さずに、普通にマツダ・カペラの5ドアハッチとして出していれば少なくとも人々の記憶には残っていたと思います。このクルマ、国内では1994年に消滅してしまいましたが、欧州では97年までMazda626として販売されていたようですので、クルマとしては決して悪くなかったんですよね。

 海外名Mazda626は現在Mazda6となってアテンザが販売されています。Mazda2がデミオ、Mazda3がアクセラ、Mazda5がプレマシー、CX-5はそのまま、バブル期に国内ではブランドを乱立していたマツダですが、海外名は至ってシンプルですね。シンプル・イズ・ベスト、いっそのこと国内もグローバル名を使ったほうが分かりやすくていいのかもしれませんね。

 ところで、マツダ車の海外名を確認するためにドイツ・マツダのホームページを確認したら、Mazda3が既に新型に変わっていました。価格も装備もすべて紹介されています。本国よりも海外で先に販売開始されるというのはなんだかちょっと複雑な気持ちになりますね。そういえば最近ソニーのプレイステーション4が米欧では11月に販売開始、日本では来年発売ということで国内のファンからブーイングが出ているというニュースを見ましたが、なんとなくその気持ちがわかるような気がします。日本製品が海外でも評価を受けることは嬉しいことですが、やはり最初に本国で味わいたいですね。

 現在のマツダのラインナップはバブル期とは異なりとてもすっきりしていますからMS-6のように薄幸な運命を辿るクルマはOEMの軽やバン以外ではまずないと思いますが、新型Mazda3で『Mazda』というブランドをさらに高めてほしいものですね。

アンフィニ・MS-6・TypeG(GEEP型)
全長×全幅×全高 : 4695×1770×1390mm
ホイールベース : 2610mm
車両重量 : 1210kg
エンジン : V6DOHC 1995cc 160PS

----- 以下、雑談 -----

131002b.jpg
(画像クリックで拡大)

 先日、今年はうちの里芋は出来が芳しくないと書きましたが、本日掘ってみたら予想に反してとても良く出来ていました。本来青々とした大きな葉っぱがあるはずの里芋ですが、今年は高温、少雨のために黄色く焼けてしまい、見るからに無残な姿になっていました。試し掘りもせずに今日まで放置していましたが、これなら芋名月の日に十分食べられたとちょっと後悔しています。

 それにしても大地の力、作物の生命力はすごいものですね。うちはジャガイモ同様、里芋も本格的に栽培しているわけではない素人農家なのですが、今年の里芋の出来にはちょっとびっくりです。地上部分は今まででもっともひどい状態にも関わらず、地下部分(芋)の出来は過去最高でした。農業って奥が深いものですね。

 ちなみに今年は、去年の里芋を冬に腐らせてしまったので、スーパーで買ってきた特売の里芋を植えただけです。写真の一輪車一杯分の元は、小さな里芋4個。里芋が子孫繁栄の縁起物として扱われるのも納得ですね。

 東京オリンピックだ、リニア新幹線だ、楽天優勝だ、と世の中沸いていたかと思えば消費税増税が本決まりになると同時に10月からは様々なものの値上がりラッシュや年金、生活保護費等の削減ネタが紙面を賑わし、まるで世の末のような騒ぎよう。金持ちから貧乏人まで老若男女問わず自分へ「金よこせ」の大合唱。

 足元にはこんなに立派な自然の恵みを与えてくれる大地があるにも関わらず、誰もその足元を見ようとはせず、自分の財布の中身だけを気にしている国、日本。そんな素晴らしい国、日本に私は住んでいられるので、こんなに適当に作っている里芋やジャガイモでもスーパーより安めの値札を付けて直売所へ置いておけばほぼ完売してしまい、「自分の財布の中身」が増えていきます。日本国、万歳!ですね。

----- 雑談、終わり -----

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/10/02 14:59 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(8)
 MS-6ってこんな車だったんですか。前面から見たら「クロノス」ですね。クロノスは、昔お世話になった上司の方が乗ってみえたのでよく知っていましたが、アンフィニで販売するとMS~となるのでしょうか?銀行出身者がマツダの販売網の多チャンネル化をしたわけですが、その結果は10倍返しどころか、経営危機というしっぺ返しに遭いました。
 確かにこの時代AZ-1のような、一部にはマニアもいる珍車などもありましたが、真面目な会社が、色気(スケベ心)を出すとやはり大きなツケが回って来ると思いました。

 ところで、小学2年生の息子が学校の理科の授業でナスを栽培実験し夏休み前に持って帰ってきて、自由研究の課題にしていました。
ナスは鉢植えに2個ほど実りましたが、今も枯れることなく葉が付いています。
 もう実が成ることはないでしょうが、引き抜いて捨てるのも忍びなく、私が細々と水を与えています。
[ 2013/10/03 23:40 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
鼓動デザインになってからのマツダ車はバブル期の色気とは違った、いい意味での色気が感じられますね。倍返しされるのではなく、新型アクセラでプリウスやアクアに倍返ししてほしいものですね。

ナス、今とっても高いですね。うちの近所のスーパーでは新物さんまが1尾78円で売っているのに、ナス1本が88円。そんな話題も含めて鉢植えで収穫した2本のナスの話をお子さんとされると、ナスの鉢植えがまた違った角度から見えるかもしれませんね。
ちなみに私は3本70円で売っているので、いつも完売です。
[ 2013/10/04 10:46 ] [ 編集 ]
クロノス兄弟の中でも一番好きな車でした。

5ドアHBも後にプリウスやで市民権を得て、マツダもアテンザで国内市場ではリベンジした訳ですが、後にも先にも史上屈指の美しさだと思います。
[ 2013/10/05 10:38 ] [ 編集 ]
このMS-6、近所のスーパーへ向かう途中の駐車場でいつも見かけます!

と言っても、塗装も剝げかけタイヤもパンクしていて、ただ「鎮座」している状態・・・周囲は最新のコンパクトカーやミニバンが停まっていますが、古くてもこのスタイリング、かえって「異彩」を放つ存在感ありありです!

この頃のアンフィニブランドでは、個人的には「MS-8」が好きでした。MS-6同様、今でも通用する流麗なスタイリングのセダン、しかも今ではそれこそ珍しくない「ベンコラ」仕様・・・セダン好きにはたまらないマニアな魅力がありましたっけ(笑)

nishiyanさまのコメントで思い出しましたが、うちの息子(現小6)も、2年生のときに自宅にて課外授業でナスを栽培してましたっけ。

水やりもテキトーにだったのに、そこそこ育って収穫、生姜焼きにして食べようと包丁入れたらかみさんが「固すぎて切れない!」と嘆いていました(苦笑)
[ 2013/10/05 16:54 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、本当にこのMS-6のスタイルは美しいですね。セダンのクロノスよりも5ドアハッチのMS-6のほうがずっとカッコいいと思います。
今日、ホームセンターで化成肥料と苦土石灰を買ってきたのですが、どちらも1袋20kg。私の愛車は初代アクセラスポーツですが、そんな重量物を運ぶときには5ドアハッチがとても重宝します。
[ 2013/10/05 20:53 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
このクルマはレア車のうえに販売終了から20年近く経っていますので、なかなか走っている姿は見かけませんね。もっとも、当時からあまり見かけませんでしたが・・・。
ナスは最初に成りだしたものが一段落して固い実、変形した実が多くなってきたら、いったん枝を1/3ぐらいに小さく切ってしまい、同時にスコップを立てて根も切ってしまいます。そこへ追肥をすると、1ヵ月後ぐらいから再度秋ナスが収穫できるようになります。
これを更新剪定と言うのですが、「秋ナスは嫁に食わすな」という言葉があるぐらい、つやつやテカテカのおいしいナスがまた収穫できるようになりますよ。
[ 2013/10/05 21:07 ] [ 編集 ]
MS-6調べてたらこちらへたどり着きました。
幼いころから家の車はMS-6です。もちろん今も。
綺麗なデザインでよく走るのに、最近では全く鉢合わせすることがなくなりました。
ちょこちょこ故障箇所は増えてきてますが、
5ドアハッチで使いやすく、よく走るし楽しい車です。
[ 2013/12/18 16:50 ] [ 編集 ]
Supra様

コメント、ありがとうございます。
幼い頃から家にあり、自分が免許を取ったらプレゼントとしてそのクルマを親父から頂く・・・というのが私が個人的に理想としているクルマの使い方です。Supra様のお宅がどうなのかはわかりませんが、幼い頃から親しんだクルマを実際に自分が運転するようになり、親子二代で運転感覚の感想を肴に酒が飲めたら最高ですね。
[ 2013/12/18 20:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。