旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今宵は中秋の名月 

130919.jpg

 本日は全国的に好天の地域が多く、「十五夜お月様」を日本全国で見ることができるようですね。「中秋の名月」に満月を見られる機会はそんなに多くないらしく、次は東京オリンピックの翌年である8年後らしいですね。この地でも写真の通り、とても立派な満月を見ることができました。

 少々残念だったことが、今日は「芋名月」でもありますが、うちの里芋は今年の猛暑と少雨のおかげで生育状況が芳しくなく、まだ満足に収穫することができません。本来里芋を食べながら満月を愛でるべきでしたが、止むを得ず、今日は芽の出かかったジャガイモで作った肉じゃがを食べながら満月を眺めていました。

 はやぶさが惑星イトカワに到達したり、ボイジャー1号が太陽系の外まで行ったりする時代ですが、もっとも身近な地球の衛星である「お月様」はやはり見ている人間に癒しを与えてくれますね。アームストロング船長が今から44年も前にあそこを歩いたのかと考えるととても不思議な気持ちになります。

 お月様を見ながらちょっと考え事をしていました。お月様とは比べ物にならないぐらい身近なことですが、名古屋と東京がやがて40分で行き来できるようになるそうです。リニアモーターカーとかいう超高速列車が時速500kmで大深度地下といわれる地下40mよりも深いところのトンネルを走るそうです。なんでもそれが実現すれば「名古屋から東京への通勤も可能」とのこと。

 私が昔、愛知の高校を卒業して東京の大学へ入学するときには、「上京」という言葉を使っていました。田舎から東京へ行くことは一大決心をすることであり、いくら「ひかり号」で2時間で行けるといっても出発の時には家族が駅まで送りに来てくれるような状況でした。

 時代は変わり、やがてそれも「通勤距離」になるようですね。リニアモーターカーは無人で自動運転できるそうですし、きっとその頃には高速道路も「自動で走る自動車」が走っていることと思います。「夢の時代」なのか、「悪夢の時代」なのか、まあ、どっちでもいいですが、そんな時代になっても、今日のような素晴らしい満月を見ていろいろと考え事をできるような心を持ち続けていたいものですね。「身近な地上」がどのような変化をするかはわかりませんが、きっとその時でも「中秋の名月」の美しさは変わっていないと思いますから。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/09/19 21:05 ] その他 | TB(0) | CM(6)
里芋・・・大好きなんですが、かみさんが山芋だとかヌルヌル系がダメなもんで、我が家の食卓にはまず現れません。煮っころがしとか最高なんですがね!

さて、オリンピックの東京招致成功に続きリニア新幹線の話題・・・
ここんとこなんとなく日本が景気よくなりそうな話題連発ですね。
まぁ、オリンピックは7年後、リニア新幹線は14年後(でしたっけ?)と、当分先の話しではありますが、これらに向けてこれから日本経済が本当に復興していくのなら、あの震災への復興にももっと還元して欲しいと、個人的には思います。日本という国が、今後新たな経済指標をどう定めていくのか・・・これから見極めていきたいです。

リニア新幹線ですが、路線の約8割がトンネルの中、地上でも騒音対策でドーム型のアーチの中を疾走・・・景色を楽しむことはまず出来なさそうですね。

クルマもそうですが、車窓から知らない土地の景色を眺めるのって、結構「楽しみ」に感じるので、利便性は間違いないのですがその観点ではちょっと残念です(笑)
[ 2013/09/22 17:39 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
小さめの里芋をきぬかつぎにして生姜醤油を付けて食べるのはビールのつまみに最高なのですが、奥様が苦手とは残念ですね。
リニアの件、私もほとんどがトンネルという点がちょっと引っかかっております。私自身、ちょっとトンネルが苦手ですし・・・。
そういえば昔、「せまい日本、そんなに急いでどこへ行く」っていう標語が流行りましたね。リニアの記事を見かける度にこの言葉が頭に浮かんできてしまいます。
[ 2013/09/23 09:34 ] [ 編集 ]
 本日の我が家の夕飯は、里芋入りの煮しめです。「芋名月」とは話には聞いていましたが、いやいや風流ですねー。月も半月となった今夜は煮しめを肴に一杯やりますか。
 ところで件の「リニア」ですがその構想は、約50年以上も前にさかのぼります。私が小学生のころ「JNR」ロゴを車体に書かれた実験列車の模型が鉄道図鑑に載っていましたっけ。
 JNRつまり国鉄は潰れましたが、リニアは愛知万博で実用化されました。
 東京・名古屋間を40分。14年後の交通体系と人の流れはどうなるんでしょうか?
 その頃私は定年です。
[ 2013/09/24 18:44 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
昔、祖母がまだ健在だった頃には、いつも中秋の名月の時には里芋を皿に盛り、それを洗濯竿2本の間に落ちないようにすえ(いちばんお月様に近いところという理由だそうでした)、お月見をしていました。
その風習は私もずっと続けるつもりでしたが、今年は肝心なサトイモができませんでした(途中で故郷を捨て、東京へ出て行ったことに対する報いかもしれませんね)。
東京名古屋を40分、すごいですね。私は昔、ひかり号だと2時間で東京へ着いてしまいますが、各駅のこだま号なら3時間かかるということで、いつもこだま号に乗っていました。1万円も払うのに、2時間で終わってしまうのがもったいない、せめて東海道をしっかりと目に焼き付けておきたい、という理由でした。貧乏学生ならではの理由かもしれませんが、不思議なことに、貧乏学生ではなく、高給取り商社マンのときも行動パターンは同じでした。
東京へ向かうときには左の窓側、名古屋へ向かうときには右の窓側、もちろん、富士山が綺麗に見えるためです。何十回と新幹線で往復しましたが、こればかりはやっぱり譲れません。
さて、リニアって、どうなんでしょうね。少なくとも私自身はまったく魅力を感じていません。
[ 2013/09/24 20:52 ] [ 編集 ]
話題とはまったくそれてしまいますが、京都の事故ひどいですね。段々と詳細が分かってきたようですが、あの事故を起こした車は、小学生の上を飛び7メートルもジャンプしたそうな。しかも、その直前は一般道でドリフトしていたとか。校長のコメントに「子供たちはルールを守っているのに・・・・」とありましたが、その通りですよね。
買えない者のひがみかもしれませんが、未成年にあんなふうに操られているN社のZもかわいそうですね。ハンドルやシフトレバーの趣味も私には理解できません。小学生も車も悪くないのに・・・。
[ 2013/09/26 12:49 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
なんとも後味の悪い事故でしたね。重傷となってしまった子が、後遺症も残らずに一日も早く回復してくれることを祈るばかりです。
二輪車の場合、50ccは原付免許、500ccは大型自動二輪免許が必要です。しかし4輪はスバル360でも普通免許、3500ccのフェアレディZでも普通免許です。
二輪免許同様、あのような問題が起きると免許制度はどんどん締め付けの方向へ進んでしまうかもしれませんね。
高校時代(もちろんバイク禁止です)、バイクへの興味が自分では押さえられないぐらいに強くなり、父に学校へ内緒で免許を取ることをお願いしたことがありました。結果は、「即、ビンタ」でした。
父はこう言いました。「バイクに乗るなとは言わない。でも道路を大きな機械で走る以上、もしかしたら人様に迷惑をかけることがあるかもしれない。自分で全ての責任を取れるようになってからならお父さんは何も言わない。」
あのZの少年のお父様は、免許を取ったばかりの息子が超高性能なスポーツカーに乗ることに対してどんな思いでいたのだろうかとちょっと不思議に思っています。
D1グランプリなどというドリフト競技もあるようですので、ドリフト自体を否定はしませんが、少なくとも公道で故意にドリフトするような方には公道で運転してもらいたくはないものですね。
同様に、「ドリフト性能云々」というキャッチフレーズでクルマを売り込もうとするメーカーにも、そんなクルマは販売中止してもらいたいものですね。
[ 2013/09/26 21:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。