旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・シルビア(S14型) 

130902a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130902a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130902a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130902a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130902a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130902a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1993年に日産から発売された6代目シルビア(S14型)です。20年前に発売され、15年前には生産終了になっているクルマにも関わらず、一部のマニアの間では現在も(当時より)非常に人気が高く、年式を考えたら信じられないような価格が付けられた中古車も存在していますね。大人気だったS13型シルビアとは対照的に、「失敗作」とのレッテルを貼られていたS14型でしたが、先のことはわからないものですね。

 さて、このS14型シルビア、言うまでもなく当時の不人気の理由はそのデザインと3ナンバー化されたボディサイズ。デザインについてはマイナーチェンジ時に別物かと思われるほど大胆な変更を施し、サイズについては、次のS15型で5ナンバーに戻してしまいましたね。涙ぐましい努力の結果、S15型ではそれなりにシルビア人気が回復しましたが、さらに大きなスポーツカー不人気の波に飲み込まれ、シルビアは消滅してしまいましたね。86&BRZの話題に必ず付いて回るシルビア復活の噂、果たしてどうなるんでしょうね?

 現在たまに街で見かけるS14型シルビアはちょっと下品な姿になっている車体が多く、ノーマルの美しさを保った姿はなかなかお目にかかることができませんが、改めてカタログ画像を見てみると、当時感じた「ぬべぇ~」とした印象はあまりなく、結構落ち着いた大人のクーペに見えますね。特にリア部分は当時のローレルとそっくりなので、まるでローレルクーペのようにも感じられます。このS14型、デートカーはデートカーでも頭の中が煩悩いっぱいの若者御用達ではなく、子育ても一区切り付いた大人のデートに似合うクルマというのが本来の姿だったのかもしれませんね。

 今改めてカタログを見てみるとそんな考えをすることもできますが、時既に遅し、現存するシルビアはドリドリ仕様ばかり。大人のデートに使おうものなら熟年離婚のきっかけとなってしまいます。先日自宅上空を何機ものヘリが飛びまわっていたので何事かと思えば、翌日の朝刊に近所の高速道路で起きた死亡事故の写真が大きく載っていました。シルビアは任意保険料が高いことで有名なクルマですが、どんなスポーツカーでも任意保険料は他のファミリーカーと同じ、という状況でスポーツカーと付き合っていきたいものですね。

シルビア・K's(S14型)

全長×全幅×全高 : 4500×1730×1295mm
ホイールベース : 2525mm
車両重量 : 1220kg
エンジン : 直4DOHCターボ 1998cc 220PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/09/02 13:34 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(8)
このS14、当時、スカイラインのR33を購入する際検討したモデルでした。実家の事情で4ドアを選択せざるを得ず、最終的にR33をチョイスしましたっけ。

あの頃はR33然り、どんどん3ナンバーでクルマが肥大化していきましたよね。
スポーツとかスペシャリティはとにかく「大きい」モデルが氾濫しましたが、やはりスカイラインとかシルビアというブランドには、この時代の波は逆効果だったでしょうか・・・個人的にはR33もS14も、居住性はもとより、特に走りの「安定感」は、前のモデルよりも比較にならないほど格段に優れた性能だと感じてました。さらにこのS14のデザイン、後期型は仰る通りマイナーチェンジとは思えない「とんがった」印象になりましたが、前期型のほうが、シルビア本来の「流麗」なイメージがあって好きです。

R32やS13といった「旧モデル」を購入する選択肢もあったのですが、
とにかく買うなら「新車」・・・と思っていた、あの頃のクルマ購入時の感覚が懐かしい・・・
[ 2013/09/02 20:40 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
R33にしてもS14にしても、当時は大きくなったなぁと感じたものでしたが、最近それらを街で見かけると大きいと感じるどころか、逆に小さく感じ、さらに引き締まって見えてしまうから不思議です。
それだけ現在のクルマがボリューム感たっぷりになってきたんでしょうね。86&BRZも近くで見ると結構でかいですからね。
[ 2013/09/03 17:17 ] [ 編集 ]
「かあちゃ〜ん、許して〜」のCMが懐かしいですw
[ 2013/09/09 21:56 ] [ 編集 ]
handam様

コメント、ありがとうございます。
当時話題になりましたね。「high time we made a stand」が「母ちゃ~ん、許して~」に聞こえてしまうんですよね。五輪招致で日本の方が話していた英語のプレゼンはとても聞き取りやすかったのですが(特に都知事)、ネイティブの方の発音はなかなか聞き取りづらいですね。
[ 2013/09/10 16:19 ] [ 編集 ]
まだまだ、S14って見ますよね。
僕は、JZX81を乗ってました。

また乗りたいです。

またお邪魔しますね。
失礼します。
[ 2013/10/14 21:58 ] [ 編集 ]
さらパパ様

コメント、ありがとうございます。
マークⅡのツインターボは飛行機が離陸するときのような加速をしていましたね。あの加速の感覚、私にはちょっと恐かったです。
[ 2013/10/15 10:22 ] [ 編集 ]
はじめまして。

今だにS14に乗っている車好きです。後期、いわゆるツリ目のS14を新車で買って今だに乗っております(^^;)

おっしゃる通り、昨今スポーツ系の新車がめっきり減りました。あっても価格が高かったり。そういう意味では90年代は各社たくさんあっていい時代だったと思います。

世代からもわかるように今でもMT派です。しかもチューニングも好きなので、価格やチューニングパーツの豊富さ、走りにも使えるスポーツカーなど、もろもろの条件を考えると、自然にシルビア購入となりました。

現行で同じような条件だと、ほんと86/BRZぐらいですよね。もっとも逆に開発に専念できるせいかデビューして2年ちょっとなのに、86/BRZ用パーツがえらいスピードで増えています。雑誌も多く出ている。けっこう有名な三栄書房のハイパーレブ。86/BRZ号はもう3巻も出ています(全て買ってしまったw)。ちなみシルビア号は現在10巻まで(もちろん?全巻所持)。

最近は若者の車離れと言われますが、私の周りではそうでもありません。むしろスポーツカーが好きな子も多いです。どの車でも賛否両論はあるはずですが、実際私も最近は86/BRZもなかなか関心度が増しています。ただS14から乗り換えとなると躊躇してしまいます。もはや旧車の域ですが、私にとってはS14いいんですよね。車2台持てるならベストなのですが、それは無理。さすがに所々ガタはきているので維持が大変です。純正部品も廃番が増えてますし(^^;)

もうおっちゃんの域ですがスポーツ系の車は今でも好きです。確かに現状だとビジネス的には厳しい時代かもしれませんけど、メーカーさんには90年代みたいにまではいかなくとも、スポーツ系の新車(価格も手頃な)を何とかもう少し増やして欲しいと願っている今日この頃であります。
[ 2014/07/07 03:30 ] [ 編集 ]
もうすぐアラフォー様

コメント、ありがとうございます。
86/BRZはもちろん素晴らしいクルマだと思いますが、そのようなクルマが世に出ている今こそ、逆にシルビアの良さが強調されるような気がします。最新のクルマのほうがあらゆる意味で高性能なことは当たり前ですが、それらよりも「味」があるから古いクルマを手放さずに大切に乗り続ける方がおられるのだと思います。
トヨタ2000GTにしても、ハコスカGT-Rやコスモスポーツにしても、最新のスポーツカーにはまったく歯が立たないものばかりです。でも熱狂的なマニアがおり、その存在自体が伝説となっています。
コンマ何秒、の世界を争う一部の方々は別かもしれませんが、基本的に大部分の方にとっては絶対性能よりも「味」や「愛着」のほうが重要な要素のような気がします。
願わくば、それこそ90年代のように、クーペボディに大衆車エンジンを積んだ「カッコだけスポーツカー」がたくさん出てほしいものですね。みんながみんな、スポーツカーでスポーティーな走りをするわけではありませんからね。
[ 2014/07/07 20:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。