旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・ビスタ(SV10/11型) 

130818a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130818a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130818a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130818a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130818a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130818a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1982年にトヨタから発売された初代ビスタ(SV10/11型)です。カムリの姉妹車として登場しましたので4ドアセダンはカムリそっくりですが、ビスタには少し遅れて5ドアリフトバックが追加されました。セダンに比べて全高が低く、見ようによっては幾分スポーティさも感じられますね。

 さてこの初代ビスタ、5ドアのモデルは前年のモーターショーで発表されたコンセプトカーが市販されたものですが、当時、実車を見ると言いようのない不自然さを感じていました。カタログ表紙のようにマツケンさんと多岐川裕美さんのような美男美女が傍らに立っていればそれなりにスポーティでヨーロピアン調の華麗なクルマに見えるかもしれませんが、ビスタ5ドア単体で見ると、どうしてもセダンでもワゴンでもない中途半端なクルマ、に見えてしまいました。かつてアローラインコロナの5ドアハッチで感じた不自然さとまったく同じものが私には感じられてしまいました。

 他の方が同様に不自然さを感じたかどうかはわかりませんが、ビスタの5ドアは次の代ではなくなりました。実用性の面からはとても魅力的な5ドアハッチというボディ形態ですが、デザインを上手くまとめるのはなかなか大変なようですね。そういえば2代続いたアテンザの5ドアハッチも3代目からなくなってしまいましたね。アテンザの5ドアは初代も2代目もとても素晴らしいデザインだと思っていましたので、鼓動デザインの5ドアが見られなくて少々残念です。

 ビスタはその後、カムリと姉妹車関係のまま4代目までモデルチェンジを繰り返し、初の独自設計となる5代目を最後に21年間の生涯を終えました。5代目が生産終了になってから10年経ちますが、まだ3代目以降のモデルは普通に街中で見かけますね。ビスタ店という販売チャネルまで開設した車名でしたが、長期的な展望(vista)がちょっと欠けていたのかもしれませんね。街中でビスタを見るたびにそんなことを考えてしまいます。

 ちょっと話は変わりますが、マイクロソフトのウインドウズ・ビスタもトヨタ・ビスタと同じ意味合いで名付けられています。もしも世界戦略車の車名がカムリではなくビスタのほうだったら、おそらくウインドウズ・ビスタとは名付けられなかったでしょうね。さすがにマイクロソフトも米国でベストセラーとなっているトヨタ車と同じ名前を自社の看板商品には付けないでしょうから。

ビスタ・5ドア・2000VX(SV11型)
全長×全幅×全高 : 4415×1690×1370mm
ホイールベース : 2600mm
車両重量 : 1065kg
エンジン : 直4OHC 1995cc 120PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/08/18 18:02 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(9)
かつて、クルマの究極は「ステーションワゴン」だとコメントさせて頂いたのを思い出しました。

5人乗って荷物も積める機能性、そして走りも含めたハンドルを握るドライバーとしての満足感・・・これらを両立する究極のカタチはステーションワゴンだと思ってますが、これを5ドアハッチバックで実現するのには、コンセプトは限りなく近いとは思えど、やっぱり何かが違うように思えます。セダンやクーペの「派生モデル」的な雰囲気や、そのスタイリングに難があるのでしょうか・・・

余談ですが、コメントを書き込む私のPC、もともとバンドルOSがWinvistaでした。しかし、謳い文句だった動画処理やマルチタスクのレスポンスが、実際あまりにもひどすぎて(とにかく重い)、結局今は筐体そのままでWin7にOSを載せ変えちゃいました。

載せ変えた後は信じられないくらいの「サクサク感」なので、Winvistaっていったいなんだったんだろう??・・・と思ってしまいます(笑)
[ 2013/08/21 23:43 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
私の知る限り、もっともカッコいい5ドアハッチのクルマはポルシェ・パナメーラだと思います。もし現行アテンザに5ドアが設定されていたら、パナメーラに勝るとも劣らないデザインが実現できたのではないかと個人的には思っています。

うちにも1台ビスタのパソコンがありますが、あのOSは本当に動作が緩慢ですね。私はバックグラウンドで動作する機能をできる限りオフにして使っています。ウインドウズ7やXPと比較するとビスタはOSのメモリ消費量が異常に多いんですよね。
[ 2013/08/22 13:07 ] [ 編集 ]
ここのところ、仕事に私生活にと多忙でして、久しぶりの書き込みご容赦下さい。ただ、チェックはいつもしてますよ。
さてビスタ、私はこの直線的なデザインは好きですね。ビスタで印象に残っているのは、ホイールのボルトの穴の数。仲間が買ったものをはじめて見た時に、5穴に違和感を覚えました。それまでは、上級車(おそらくクラウンも)でさえ4穴だったので、なぜこんな互換性のない5穴を採用するのだろうと思いました。それが現在、逆転現象となり5穴が主流で、知り合いが買ったカローラフィールダーが4穴で、選べるホイールが限られるなんて。時代は変わって行くのですね。
[ 2013/08/23 12:52 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。私もこのところ草刈りが尋常でない頻度で続き、ブログ更新が滞っていました。たった今、雨が降ってきましたが、それまでは2週間以上一滴の雨も降らず、うちで育てているサトイモは全滅状態です。この雨で少しでも生き返ってくれれば、と無力な農家は祈るばかりです。
育てている野菜は全滅状態ですが、育てていない雑草は2週間以上続いた猛暑からエネルギーを得て生え放題。基本的に買い物をしない私もたまりかねて小型の刈払機を一台買ってしまいました。今まで使っていた刈払機は大型ハイパワーで燃料喰らいでしたから、新調したものの軽さと低燃費にちょっと安堵しています。
4穴、5穴、の違いは私にはよくわかりませんが、以前、ミラージュに乗っていた頃に、ディーラーでタイヤローテーションをしてもらった後、とても違和感を感じたことがありました。普通に走っているときにハンドルがプルプル振動するんです。原因の心当たりも無かったので、一度タイヤのナット(ミラージュは4穴でした)をほんの気持ち緩め、そしてしばらく走った後に再度増し締めしました。するとハンドルのプルプルはなくなりました。ナットの締め方一つでずいぶん変わるものですね。その経験の後、すぐに私はホームセンターへ行き、トルクレンチなるものを購入しました。ねじ穴ひとつ、締め方ひとつも奥の深いものですね。
[ 2013/08/23 20:15 ] [ 編集 ]
 お父さん様のコメントのとおり、なぜか5ドアハッチバックって中途半端っていうか、はっきり言って「かっこ悪い」ですよね。
 ビスタもそうですし、3代目オースターのハッチバックも「なんで日本で売るの、ヨーロッパだけにしたら?」と思っていました。トヨタも日産も5ドアハッチバックはかっこ悪いですよね。kurumamaniacs様が仰るとおり、アテンザの5ドアハッチバックは結構よかったですが、私的に言うと「セダンとどこが違うの?」というのが正直な意見です、やはり日本じゃハッチバックは根付かないのかな。

 愛車アテンザの車検終了しました。
 ところが、車検に出す前々日右のドアミラーが壊れてしまい、動かないし、モーターが作動しっぱなしで常に「ウィーンウィーン」と鳴っている状態で、動かないのはともかく音だけは耳障りなので取説を見ながらヒューズを抜きました。そしたら音は消えずに、イモビライザーが作動し、シフトレバーはPから動かないは、インパネは赤、黄の発光オンパレード。仕方なくヒューズを元に戻そうとしたら、手元が狂って落としてしまい、5Aのところを予備の10Aで応急に間に合わせ急場をしのぎました。
 ブラックボックス化された今の車(5年落ちですが)には昭和の感覚ではついてゆけないと痛感したしだいです。
 ちなみに車検代は15万円也、その内ドアミラー代は2万5千円でした。
[ 2013/08/24 22:38 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
セダンと5ドアハッチバック、確かに「どこが違うの?」と問われれば、わざわざ中途半端なハッチバックを用意する意味などないような気もしてきますね。セダンとステーションワゴンの二つが用意されていればそれぞれの用途をカバーできるのかもしれませんね。
しかしステーションワゴンには抵抗があるのでセダンのようなスタイルのクルマに乗りたい、さらにラジコンヘリや飛行機、またマウンテンバイクやロードバイク等の比較的大きな道具を使うアウトドアの趣味を持っている、というような方には5ドアハッチってなかなか捨てがたい存在なんですよね。きっとそんな方々が5ドアを選ばれるんだと思います。
アテンザの車検、大変でしたね。電気仕掛けの機能は目で見てもどこが壊れているのかわからないから厄介ですね。以前知人のクルマのパワーウインドウが全開状態で壊れ、閉めることができなくなりました。窓が閉められないと鍵をかけても意味が無いのでクルマから離れることができなくなってしまうんですよね。便利で快適になればなるほど、どこかに不具合がでるとどうすることもできなくなってしまうものですね。
[ 2013/08/25 09:42 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/08/30 09:14 ] [ 編集 ]
こんばんは。初めまして。

私が中坊の時にデビューしたのが初代FFカムリ/ビスタでして、当時の自動車誌の数ページにわたる広告に「クルマはサイエンスだ。カムリ&ビスタを見よ。」という上から目線、いやいや鼓舞するような惹句が出ていたのが思い出されます。

好きだったなあ。当時からオヤヂ趣味ww
[ 2013/08/31 23:49 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
これまでの伝統的なFRサルーンではなく先進的なFFサルーンという意味で「クルマはサイエンスだ」だったのでしょうね。
時代は流れ、あと数年もすれば自動運転のクルマが市販されるそうです。そのようなクルマが「クルマはサイエンスだ」とのキャッチコピーで登場してきたら、・・・ちょっと気持ち悪いですね。
[ 2013/09/01 15:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。