旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・オースターJX(T11型) 

130729a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130729a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130729a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130729a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130729a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130729a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1981年に日産から発売されたオースターJX(T11型)です。オースターとしては2代目となりますが、この代は『日産のFF世界戦略車・第2弾』という位置付けもあり、「JX」(未来へ向かってジャンプ、の意味らしい)というサブネームが付けられています。

 さて、このオースターJX、立派なサブネームを付けてもらった2代目ではありますが、カタログの表紙を見ていただくとお分かりの通り、「JX」が小さな文字になっています。実は1983年に大幅なマイナーチェンジが行われ、それを機に「JX」の表記が小さな文字になりました。そして1985年、3代目への移行時には「JX」は取り除かれます。さらに、その3代目を最後にオースターも消滅します。『日産のFF世界戦略車・第2弾』は意外と短命で終わってしまいましたね。

 オースターJXが海外でどのような評価を受けていたのかはわかりませんが、少なくとも国内ではパッとしませんでしたね。今改めてカタログを見てみると、3ドアハッチのほうなどはもう少し街で見かけてもよかったような気がしないでもありませんが、恥ずかしながらこのカタログを久しぶりに見るまでは存在すら忘れていました。オースターと言えば、初代の印象はかなり残っていますが、2代目、3代目の印象はほとんど残っていません。ずいぶん影の薄い『世界戦略車』ですね。

 綾小路きみまろさんじゃありませんが、「あれから30年」、グローバル経済が進み現在日本の街中で見かけるクルマのほとんどが『世界戦略車』です。世界戦略車でないクルマといえば大トヨタが造る国内専用車と軽自動車ぐらい。今はインターネットが発達していますから、検索エンジンで「nissan usa」、「nissan uk」、「nissan de」等と入力すれば気軽に海外で日本車メーカーがどのような展開をしているのか知ることができます。各国向けのカッコいいクルマがあるのかと期待したくもなりますが、意外と普段見ているクルマばかりなんですよね。

 グローバル経済がここまで進んできたのなら、右側通行か左側通行か、また各々の道路標識なども世界共通にしてしまったほうが便利かもしれませんね。昔、東京からある地方へ転勤になった時、どんな地域なんだろうとワクワクしていましたが、国道沿いの風景は東京近辺や生まれ育った愛知とまったく同じ。全国チェーンのお店の看板が見慣れた順序で並んでいました。今後はそれと同じことが世界中でどんどん進んでいくんでしょうね。それが良いことなのかどうかは「これから30年」経った頃にはわかるかもしれませんね。

オースターJX・ハッチバック・1800GT-EX(T11型)
全長×全幅×全高 : 4240×1665×1365mm
ホイールベース : 2470mm
車両重量 : 980kg
エンジン : 直4OHC 1809cc 110PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/07/29 18:19 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(10)
 kurumamaniacs様が仰るとおり「nissan usa」などを開いてみました。
 なるほど、いつも見かける日産車ばかりですね。国産専用、輸出専用あるいは北米製、欧州製とそれぞれ違ったプラットホームで製造していたらいくらコストがかかるか分かりませんし、なにより「世界戦略車」とは成り得ないでしょう。
 それはさておき、私、三代目「オースター」に乗っていました。それも5MT。CA18エンジンは少々うるさかったような記憶がありますが、それでも初めての車だから大切に乗っていました。
 でも、この2代目同様3代目もあまり売れなかったな、ヨーロピアンチュードサスなんて謳っていた足回りでしたが、5年後それこそ世界戦略車「プリメーラ」にその座を譲ってしまいましたっけ。
[ 2013/07/31 13:55 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
今や日産車だけでなく日本メーカーの身近なクルマが世界中の道路を走っていますね。誇らしい気持ちの反面、それぞれの国に適した製品を開発するのではなく、それぞれの国が『製品』に合わせて国づくりをしている現状にちょっと恐さも感じます。
三代目オースター、私の中では完全にブルーバードとかぶっていました。この二代目もマイナーチェンジ後の顔はブルーバードそっくりですよね。
[ 2013/08/01 14:08 ] [ 編集 ]
二代目日産オースター.....
①ドイツ他ヨーロッパ
安さが魅力/うるさいエンジン/弱アンダーステア/安っぽい仕上がり/中途半端なサイズ/アウディ80というよりワーゲンゴルフやフィアット・リトモのライバル/故障はめっぽう少ない
②アメリカ
Oh! Much better than the GM-Jcar(Chevrolet Cavalier).
Cheap,high quality,and practical.
③アジア/アフリカ
価格の割に押し出しが足りない/FFの整備性についていけない/ソフトな乗り心地/中堅役員クラスを乗せるのに風格負けしてしまう
④日本
丸すぎて立派に見えない/サニーと大差ない車格感/ポルシェ928並みのハイギアリングは国情に合わず/後席はローレル並みの広さ/エンジンマウントの煮詰め不足/ステアリングの引きずり感は致命的/ブレーキにもスポンジーさあり/同じ金を出すなら後輪駆動のブルーバードやカリーナの方が遥かにマシ
ざっと以上のような評価だったと捉えております。
未成熟で「性急なFF化」の落とし子だった日産の「T11」スタンザ/オースター兄弟。
[ 2013/08/01 21:55 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
二代目オースター発売の数年後にブルーバードもFF化されました。しかしFFブルーバードが出た後も長期にわたって小型タクシーにはFRの910ブルーバードがあてがわれてきました。時代の流れでこのクラスはFF化が進んでいきましたが、業務で酷使されるタクシーには信頼性や整備性から既に熟成されているFRがずっと好まれたんでしょうね。
この時期のFFはまだ未熟な面もあったかもしれませんが、もう少し後のB13型サニーは未だにメキシコで現役の人気車種です。910ブルが営業車としてずっと生産され続けたのと同様、B13サニーの段階ではFFも十分に熟成されていたんでしょうね。
[ 2013/08/02 16:08 ] [ 編集 ]
姉妹車であるスタンザにも、二代目には「FX(=Future X)」というサブネームがあてがわれていましたね。で、オースター同様に、三代目からそのサブネームは消失・・・FRが当たり前だった当時は、FFがその後のクルマの主流になる黎明期のように今思えますが、「世界戦略」を名乗るにはちょっと無理があったのかもでしょうか(笑)

かつて日産に、サニーベースの「ローレルスピリット」というクルマがありましたが、このカタログをみていると、こっちのほうがよっぽど「ローレルスピリット」に近いのではないかと。エクステリア・インテリアともに「ローレル欲しいんだけどちょっと高いからこれでガマン・・・」的な購買層がきっといたのでは?

でも、車格的な格差を考えたら、さらにワンランク下のサニーの購買層が「この値段でローレル気分を味わええる!」というほうが、販売戦略的にインパクトがあったのでしょうかね(あくまで私見ですので、かつてオーナーだった方がいましたら気を悪くしないでください。というか、わたくし実はローレルスピリットってクルマが好きなんです!!)

今朝の新聞で、日本の自動車メーカー8社の4~6月期の決算報告が出てました。アベノミクス効果による円安で各社とも好業績、特に輸出比率の高いマツダや富士重は恩恵を受けていましたね。

個人的には、そうは言えど「ニッポンのクルマ業界が元気になる」実感はまだまだ湧いてきません。さらに、これから目を向けるべき新興国の経済低迷もあるようですし、クルマを「世界戦略」として投入するのにはそれ相当のメーカーの「覚悟」が、これまで以上に必要かもですね・・・



[ 2013/08/03 17:00 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
私も「ニッポンのクルマ業界が元気になる」実感はあまりないです。そんな中で、少し明るさを感じたのは、ちょっと前にヤマハが三輪バイクや超小型車の開発を発表したニュースでした。
現在の自動車メーカーはより低燃費で、より安全性能を高め、より快適に運転できるクルマを次々に発表しています。これはこれで素晴らしいことなのですが、既にクルマを持っている方にとっては、よほど劇的に進化していない限り「どうしても欲しい」とはなかなか思えません。
しかしヤマハは現在世の中に存在しないものを世に出そうとしています。これはプリウスやクラウンの新型を世に出す、ということとは根本的に異なっています。
ノートパソコンが誕生したらデスクトップパソコンの販売台数が減っていった、そしてタブレットが誕生したらパソコンそのものの販売台数が減っていった・・・。技術革新によって産業はどんどん変化していくものだと思いますが、自動車業界はなぜか「裾野が広い基幹産業なのでデスクトップパソコンを造り続けなくてはいけない」という暗黙のルールがあり、ノートパソコンやタブレットがなかなか出てこない構造になっているように思えます。
現在は存在しないノートPCやタブレットがどんどん出てくるようになったときが本当の意味で「元気なクルマ業界」になっているような気がします。
[ 2013/08/04 12:56 ] [ 編集 ]
連投すみません!
kurumamaniacs様よりコメント頂き、私見ですが感じたことを・・・

確かに、クルマもパソコンも、時代を経て搭載される技術はどんどん進化していきますよね。10年前、いや20年前の技術と比較すると、当時は今のクルマやパソコンの性能の進化は予測できなかったと思います。例えば、クルマは燃費性能を昇華させたハイブリッド車の登場、パソコンで言えば動画を自在に操れる性能と操作性、そして「スマホ」のような携帯端末の登場・・・特に20年前と比較すると余計にそう感じます。

ただ・・・

20年前といえば、パソコンは「Windows95」という、前進の画期的なOS「3.1」のパソコンの後継OSが世界を席捲、猫も杓子もこの技術が「業界標準」でした。しかし、パソコンの場合、今Win95を動かしているユーザーは、余程の私事の事情が無い限り皆無ですよね。

ところがクルマの観点で見ると、20年前のクルマ、今でも街角で度々見かけます。パソコン同様サポートと言う点では厳しい状況ですし、今のクルマと比べると燃費も到底比較にならない・・・でも、この違いって、例えば「愛着」があって、メンテナンスにちょっと出費大でもこの「個体」をずっと使い続けたいという思い、また乗り方がよければ今でも十分走ることが出来る・・・

要は「技術の進化」を受け入れること自体はやぶさかではないのですが、パソコンのように当時の最新技術が今では使い物にならない点、でもクルマは、最新技術でなくても当時を今でも通用させることができる点・・・

ノートパソコンやタブレットの「最新型」が出て来なくても、クルマについてはちょっとだけこんな感じでもよいかなとも思ってしまいます。だって、愛着のような「感情」と言う要素は、パソコンにはあり得ませんから・・・

でもそれじゃ、ニッポンの自動車産業の発展を否定しているかもですね(苦笑)



[ 2013/08/04 17:14 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
私が初めてパソコンなる物体に親しみ始めたのは、ソードのM-5と富士通のFM-7という8ビットパソコンを購入した約30年前です。それ以前は、「コンピュータ=IBM」というのが私の頭の中の回路でした。銀行や大手企業に配備されていた、あのパンチカードを使うデカイやつです。
以後、次々に新型を買い求め、今では何台買ったか覚えていません。たぶん30台から40台ぐらいだと思います。その中には世界初のノートPCである初代ダイナブック、黒船到来といわれたコンパックのデスクトップ、ジャパニーズスタンダードのPC-98等、一通り全部いじってきました。
私がかつていじっていたパソコン、もう私の手元にはほとんどありませんが、それらをこよなく愛する方々が結構おられるんですよね。おそらくパソコンという製品にも、「愛着」という要素を感じておられる方がごく稀におられるんだと思います。
パソコンの場合は、確かに「愛着」によって旧機種を使っていても、それを「実用的に」使うことはかなり困難です。しかしクルマの場合は、「実用的に」使うことができます。
私がコメントで例えた「デスクトップパソコン」は、現在も各PCメーカーから新型が発売されています。ただその数量が減っているだけです。おそらく将来もマイナーな存在になりつつも、消滅することはないと思います。
グダグダと長い例えを書きましたが、結局何を言いたいのか・・・、つまり、「経済成長を望むのであれば、常に現状を否定しなくてはならない」ということです。
現状を維持したうえで更なる成長、というのは既得権益をさらに増やすだけなので決して長続きしません。現在の日本経済に対する楽観論も徐々に見られるようになってきましたが、個人的には「とんでもなく重症」だと思っています。
[ 2013/08/04 20:36 ] [ 編集 ]
kurumamaniacsさま、コメント頂きありがとうございました。
パソコンにも「愛着」を感じる要素、否定できませんでしたか(笑)

言われてみれば、秋葉原のジャンク屋では20年くらい前のPCが今でも格安で販売されてます。「こんなの、誰が買うの??」と思いながらいつも見過ごしてましたが、もしかしたらちょっと引いて考えてみると、そのパソコンを「操っていた」当時の思い(=感情)は、その個体でしか表現できないかもなのですかね・・・

社会人になりたての頃、会社の販売品目のひとつにパソコンがあって、当時OSが「DOS」から「Windows」への転換期だったので、みっちり研修で勉強させられたのが懐かしいです(笑)

もしかしたら、このOSの変化のように「既得権益」を打ち破る進化がないかぎり、クルマもパソコンも、そして経済も成長しないも・・・

すみません、オースターからこんなネタに誘導してしまいました。
ブログに集いし皆様、大変申し訳ございません(深謝)
これで終わりにします!
[ 2013/08/05 23:26 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
変な例え話を出してしまったのでずいぶん話が脱線してしまいましたね。
個人的には、常々「既にパソコンを持っている人に、補助金出すから新しいパソコンに買い換えろ」といって経済を回転させるよりも、「タブレット開発したから一度使ってみて」といって新たな価値を提案するほうがずっと健全な経済だと思っています。
そんな考えから超小型車やホンダが大量に発売した小型バイクにとても期待しています。テラモーターズ等の新しいEVベンチャーも出てきましたので、あと10年も経てば街中の様子が一変しているかもしれませんね。というより、一変していなければいけないような気がしています。
[ 2013/08/06 10:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。