旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・マツダ・ボンゴフレンディ(SGL型) 

bongo_01.jpg
(画像クリックで拡大)

bongo_02.jpg
(画像クリックで拡大)

bongo_03.jpg
(画像クリックで拡大)

bongo_04.jpg
(画像クリックで拡大)

bongo_07.jpg
(画像クリックで拡大)

 1995年にマツダから発売されたボンゴフレンディ(SGL型)です。オートキャンプをされる方の間ではかなり人気の高い車種で、後継のクルマがないために現在も大切に乗られている方がたくさんおられるようですね。

 さて、このボンゴフレンディ、やはり最大のセールスポイントは電動で持ち上がるオートフリートップ(AFT)の存在です。AFTを持ち上げれば大人二人が十分に寝られる「二階」ができてしまうという、まるで『ビフォーアフター』で匠がリフォームしたようなクルマですね。AFTが持ち上がった状態のフレンディを見ると、「わずか20秒足らずでキャビンの上にもうひとつの居住スペースが出現します」と言っているサザエさんの声が脳裏に浮かんできてしまいます。

 実際に使い勝手も良かったようで、このAFTの魅力にはまってしまった方はなかなか他のクルマに乗り換えられないと聞いたことがあります。とはいえ、現行のマツダ・ミニバンにはAFTが設定できそうなキャブオーバー型は存在しないので、後継車種の誕生は可能性が低そうですね。個人的には素晴らしい機能だと思いますから、一代限りで消滅してしまったことはとても残念です。

 東日本大震災に限らず、大災害が発生したときにはクルマの中での避難生活を余儀なくされるケースが多々あるようです。そんな時、いつも決まって話題になるのが「エコノミークラス症候群」と呼ばれている疾患。不自然な姿勢で長時間過ごすため、静脈の中に血栓ができてしまうそうですね。ボンゴフレンディのAFTなら完全にフラットなスペースを確保できるのでその心配も少なくなるかもしれません。

 震災後、このような機能が見直されて各社からまた出てくるのかと思っていましたが、なかなかそんな気配はないようですね。それどころか、今はミニバン自体が徐々に落ち目になっているようです。今こそこのカタログの最後のページにあるようなキャンパー仕様で、ルーフにはソーラーパネルを装備してサブバッテリーを充電できるようなクルマがあったらかなり人気(というより、公共施設からの需要)が出そうな気がしますけどね。

 フレンディからはちょっと話が飛びますが、先日ホンダから100ccぐらいの小型バイクが多数同時に発売されました。私は二輪免許がないので乗れませんが、震災後の今、防災を考える上でとても良い話題だと思います。あの手の小型バイクが普及してくれれば、災害時の足としてとても重宝すると思います。震災から時間が経つにつれ、未だまったく復興していないにも関わらず震災や防災の話題が少なくなってきているような気がします。クルマのあり方も、交通インフラのあり方も、目先のことに惑わされずにしっかりと考えていきたいものですね。

ボンゴフレンディ・RF-V(SGL3型)
全長×全幅×全高 : 4585×1690×2090mm
ホイールベース : 2920mm
車両重量 : 1770kg
エンジン : 直4OHCディーゼルターボ 2499cc 125PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/06/26 18:42 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(10)
 この「ボンゴフレンディー」新車で購入したカペラワゴンの代車で借りました。
 それもATFのRF-V。なんでこんな当時の最新式上級グレードの車を代車にあてがってもらえたかと言うと、購入してまだ1500kmの走行距離で、ウォーターポンプのベルトが切れてしまったからです。ディーラーまでの道のり水温計はHを振り切れるは電動ファンは回りぱなしで、やっとのことで到着。「なんで新車でベルトが切れるんや(怒)」とサービスに文句を言ったところ「早速原因を調べて、場合によってはマツダ本社に連絡します。」とのこと
 1週間の約束でディーゼルのフレンディーを借りました。この頃はスカイアクティブDでないので加速は鈍かったですが、AFTの重い車体をターボが補助してあまりストレスは感じませんでした。
 「よし、この車でどっか泊まりにいこ!」と勤務シフトを見ると「!!!連休がない」1日休みの日帰りでは酒も飲むこともできず、1週間もんもんといた記憶があります、もちろんATFは一度も上げませんでした。

 ベルト切断のカペラワゴンですが、この一件からは故障らしい故障もせず10年17万キロ乗りました・・・マツダ車ってどこか初期故障があるんですよ、今のアテンザでもプッシュスタートが作動せずこれまたひどい目に遭いましたから、kurumamaniacs様の「アクセラ」は初期故障ありませんでしたか?
[ 2013/06/28 20:32 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
ベルト切断は残念でしたが、考えようによってはまだ新しいうちに故障の芽がどんどん出てくれ、無償のうちにその芽を摘み取っておいたほうが後々安心して乗っていられますよね。
代車のフレンディ、たとえキャンプに行けなくとも一度ぐらいAFTを動かして「二階」に上がっておくと良かったですね。
私のアクセラについては、初期故障はありませんでしたが、ディーラーオプションで付けたナンバープレートホルダーが前後逆に付けられていました。アクセラ用は前用と後ろ用がちょっと違ったデザインだったんです。
私自身、購入後数ヶ月気が付かなかったのですが、洗車の時に偶然気付きました。ディーラーへ行くと、封印があるために一度車検場まで持っていかなくてはならないとのこと。その時の代車はデミオでしたね。
[ 2013/06/29 12:06 ] [ 編集 ]
私はよく富士スピードウェイにGTレースを観に行きますが、土曜のレース予選終了から日曜の決勝までは、場内は締め切らず開放しています。土曜から車中泊でレースを観に来ている人も多数いて、場内駐車場にはキャンピングカーをよく見かけますが、その中にこのボンゴフレンディも、実は結構目撃したりします。さすがに街中ではなかなかお目にかかる機会は少ないこのクルマですが、そういった意味では、私はもしかしたら現役の「フレンディ」を他の人よりもよく見かけているかもです。ちなみに私は、さすがにラフェスタで車中泊はきついので(笑)、土曜の予選後は一旦サーキットを後にし近隣の格安宿で一泊・・・というパターンです!

グレードを紹介するページの「GRAND CHOICE INDEX」面白いですね。用途や嗜好でグレードを導いてくれるシステム、思わずかつてアップ頂いたランサーセレステのカタログを思い出してしまいました(笑)

ところで最近のミニバン、2列目の「両側スライドドア」が当たり前ですが、この当時は「左側のみ」のスライドドアが基本でしたよね。今では考えられません(・・・本当は当時もです!)が、路上駐車でもしようものなら「右側」のスライドドアなんて危なくて使えませんよね。
[ 2013/06/29 16:07 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
フレンディは見るからに車中泊のために造られたようなクルマですので、キャンピングカーに混ざっていても全然違和感ありませんね。というより、そもそもRF-Vキャンパーはキャンピングカーですからね。
私は本格的な車中泊をしたことはありませんが、転勤族をしていた頃にはミラージュで「プチ車中泊」を楽しんでいました。場所は帰省途中のSAです。夜中や明け方のSAの雰囲気が私にはとても非日常の世界に思えて、本来なら4時間で終わる高速ドライブを一晩かけて走っていました。高速料金は時間を買うために払うものなのですが、高速料金払って一般道よりも時間をかけていたらまったく高速を使う意味がありませんね。
[ 2013/06/30 09:45 ] [ 編集 ]
このマツダ・ボンゴフレンディは夏にオススメの車ですね。
キャンプ、行楽、海水浴。3列シートだから8人のグループにオススメの1台ですね。
[ 2014/07/21 23:08 ] [ 編集 ]
松本佳奈様

コメント、ありがとうございます。
大勢でワイワイ遊ぶのも楽しそうですね。とはいえ、大人8人でキャンプへ行くにはちょっと厳しいかもしれませんね。
[ 2014/07/23 10:26 ] [ 編集 ]
1995年にRF-V AFT 5MTを購入して20年乗ってきましたが、ついに手放すことになりました。私の人生の相棒です。独身の頃は趣味の為にあちこち車中泊しながら出かけましたが、最近10年は殆どAFTは使用していない状態です。震災の直後は、ガソリンの流通不足と車中泊の需要から、その1年ほど前に買い取り見積もりをしてもらった会社から「まだお乗りでしたら、是非売ってほしい」と、引き合いが何社もありました。多人数が乗れる車&軽油で燃費がいい&MTミッション、という要素を満たす車、現在の市場には存在しないんですよね。手放すにあたり、いろいろと葛藤がありましたが・・・。ちなみに次の車はルノーのKangoo 5MT(中古車)です。
[ 2015/03/29 11:55 ] [ 編集 ]
DENTI様

コメント、ありがとうございます。
20年間も乗り続けたらそのクルマへの思い入れもさぞかし深いことと思います。新しいクルマが来ることへの楽しみがある反面、「相棒」と別れることの辛さもじわじわとやってくるかもしれませんね。
私の「相棒」(初代アクセラ)も今年の夏で丸10年になります。自分の中ではまだ新車ですが、本当に時が経つのは早いもので、平均的国産車の中では長老になりつつあります。
かつてはいろいろと言われていたマツダ車ですが、10年、20年経ってもそれなりに頑張ってくれていますから世間で言われているよりも品質がいいのかもしれませんね。
[ 2015/03/29 19:42 ] [ 編集 ]
19,000Kmで購入して11年。
残念ながら前期型のグリーン色はクリアはがれで休息中です。
半月に一度エンジンをかけてAFTを上げ天日干しをしています。
今年は車検を受けて、お色直しの予定です。
MAZDASPEEDのエアロ、お気に入りです。
分厚いトルクはゆっくり走るには頼もしい限りです。
まだまだ乗りますよ。
[ 2015/05/02 23:07 ] [ 編集 ]
まりまり様

コメント、ありがとうございます。
ぜひ今お乗りのフレンディを末永く大切に使っていただきたいと思います。
昨今は次々と新型に買い換えることが『善』とされているようですが、個人的には気に入ったものをずっと使い続けることがもっとも好ましいライフスタイルだと思っています。
私の愛車である初代アクセラももうじき10歳の誕生日を迎えます。少なくとも成人式を迎えるぐらいまでは乗り続けようと思っています。
[ 2015/05/04 19:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。