旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・ファミリア(BF型) 

130621a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130621a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130621a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130621a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130621a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130621a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1985年にマツダから発売された6代目ファミリア(BF型)です。先代が「赤いファミリア」として大ヒットしたモデルでしたので、あまり大きな冒険をせず、デザイン上は先代のイメージを踏襲した無難な新型となっていますね。

 さて、この6代目ファミリア、無難なモデルチェンジではありましたが、何か目立つことをしないと気が済まないマツダの気質なのか、この代ではファミリア史上で唯一のカブリオレが設定されていました。ごく普通のファミリーカーにオープンモデルを設定するという、なかなかマツダらしい思い切った行動でしたね。

 とはいえ私自身、当時ずいぶん話題になった記憶はありますが、ファミリア・カブリオレの実車を見た記憶がありません。先代の「赤いファミリア」同様、この代は「オープンなファミリア」として大ヒット、とはならなかったようですね。まあ実際、カタログ写真で見る限り、オープンにしてもロールバーのようなBピラーが残っていてあまりカッコよくありませんね。それに私の記憶では、価格もずいぶん高かったような気がします。

 このファミリア・カブリオレは大ヒットとはなりませんでしたが、おそらくこの経験は後に発売されるロードスターに大きく生かされたことと思います。1989年に登場したロードスターが小型のオープンスポーツカーとして世界中に影響を与えるほどのヒット作となりましたので、ロードスター登場後はファミリアにカブリオレが設定されることはなくなってしまいましたね。

 ファミリアの後継であるアクセラももうじき早くも3代目になるようですね。今度はハイブリットモデルも設定されるとの噂ですが、ここらで4人乗車できるオープンカーとして久しぶりにアクセラ・カブリオレも見てみたいものですね。同クラスのVW・ゴルフに設定されているゴルフ・カブリオレ、結構カッコいいですからね。

----- 以下、雑談 -----

ファミリアと言えば、意味は「家族」。今日、『内閣府の推計で、家事、育児などの家庭内活動を貨幣価値に換算すると年間で約138兆5000億円となり、これは名目GDPの約3割に相当する。現在、家庭で担っている活動を外部化すれば、大きな経済効果を生む余地がある』とのニュースを見ました。

極端な話、同じ家族構成のA家とB家があり、どちらも専業主婦とする。A夫人がB家の家事を月30万円で請け負い、B夫人がA家の家事を月30万円で請け負えば、A夫人、B夫人ともに以前と同じ家事労働をしているにも関わらず、GDPは月60万円増加する、という考え方ですね。

ベビーシッターや家政婦を雇うのが当たり前、という国もありますから、GDPを上げるという経済効果のためにそのような「家族のあり方」を推奨していくんでしょうかね?

なんでもかんでも貨幣価値に換算・・・なんだか嫌な世の中になってきましたね。貨幣価値に換算できないけど大切なものってたくさんあると思うんですよね。

----- 雑談終わり -----

ファミリア・カブリオレ(BFMS型)
全長×全幅×全高 : 3990×1645×1380mm
ホイールベース : 2400mm
車両重量 : 1090kg
エンジン : 直4DOHC 1597cc 110PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/06/21 17:56 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(13)
カタログはMC後の昭和62年以降のモデルですね。当時はやった白いアルミホイール、ガンメタルグレーの車体色が懐かしい。この型のATは3段!で走らせると結構うるさかったのを覚えています。バブル時代のはしりなのかドアノブを引くとカギ穴が光ったり、クルーズコントロールがついてたグレードもあったですね。でも、エアバックもABSもまだ装着前でした。個人的にはこの次のファミリアアスティナに乗るのですが、このモデルより格段に品質がアップした印象があります。まあ各社ともそういう時代でしたね。
[ 2013/06/22 20:43 ] [ 編集 ]
ぬりかべ様

コメント、ありがとうございます。
ご指摘の通り、このカタログは後期型のものです。この次の代のファミリアは、アスティナだけがちょっと毛色の異なるクルマでしたね。ファミリア版のRX-7、というような印象を持っていました。アスティナは欧州でずいぶんヒットしたようですね。
[ 2013/06/23 13:45 ] [ 編集 ]
ファミリアと言えば・・・「幸福の黄色いハンカチ」です!

あの映画、それこそテレビで放映されるたびに毎回見てしまいます。
健さんと倍賞さん演じる夫婦の絆もさることながら、その絆をあらためて結び付けるための武田鉄矢さんと桃井かおりさんの名演技、特にエンディングの車中ふたりの「ファミリアのシーン」は泣け(笑え!)ますね!!

6代目にはターボモデル搭載・カブリオレ・・・当時は大衆車にも「遊び心」が反映されてました。オーバー2リッターのスポーツやスペシャリティは買えなくても、クルマが単に生活の手段ではなく等身大の生活で楽しめるアイテムだったと思います。

雑談はちょっとせつないトピックスですね、家事を貨幣価値に換算するという発想が・・・
そのうち、近隣で軽を所有しているA家が、ミニバンを所有しているB家、スポーツカーを持っているC家に、例えば旅行に行くからミニバン、デートするからスポーツカー・・・と、所有家へ謝礼払ってクルマの貸し借りで「GDPへ貢献」なんて、ちょっとカーシェアリングの派生みたいなコミュニティになってしまうかも・・・、かなり極論ですが(笑)

[ 2013/06/23 18:14 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
私、「幸福の黄色いハンカチ」のDVDを持っていますので、今でもたまに観ています。あの映画、もしファミリアではなくセリカやフェアレディZだったらあそこまでの名作にはならなかったかもしれませんね。
家事に限らず、何でも貨幣のやり取りを伴う経済活動にしてしまえば、そこに税の徴収源ができますから、国としてはどんなことでも「経済活動」にしてしまいたいのかもしれませんね。でも、そうすればするほど金がないと何もできない世の中になりますから、さらに新たな「経済活動」を見つけなくてはならなくなってしまうんですよね。なんだかおかしな話ですね。
[ 2013/06/24 08:17 ] [ 編集 ]
 たしかこの「ファミリア」の代ですね、センターデフ方式のフルタイム4WDが出たのは?
 以前、少し触れたと思いますが、私が初めて所有したマツダ車「カペラカーゴ4WD」その車を買ったときセールスの人から「オフロードタイプではないので、悪路は走行しないでください。以前、ファミリアの四駆で河原を走った人がいて、デフを思いっきり壊した人がいましたから。」私は「???」んなことするかい!
 しかし、4WDになったとたんどんな道でも走れる魔法の車にでもなったと思ってみえたのかな。このファミリアのオーナーは。
[ 2013/06/24 20:04 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
フルタイム4WDのクルマは国内ではこのファミリアが初めてで、スバルのレオーネよりも先だったと思います。このファミリアもラリーで活躍していましたが、きっとそのオーナーさん、先行して活躍していた競技用のアウディ・クワトロとファミリアを同一視していたのかもしれませんね。
でもこのファミリアの4WD、車高を2段階に調整できる機能も付いていますから、もし私がオーナーになっても、魔法のクルマと思ったかもしれません。
[ 2013/06/25 11:24 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/06/30 10:09 ] [ 編集 ]
ファミリアは父が乗っていて、サンルーフを初めて体感した記憶があります。私も小学生でしたが懐かしいです ^^
3ドアでしたが当時は新車で乗っていたので結構目立っていたとおもいます。


今では見かける事すらありませんが(笑)
失礼しました。
[ 2013/08/07 10:31 ] [ 編集 ]
キムさん様

コメント、ありがとうございます。
家族が昔乗っていたクルマというのも思い出がたくさん詰まっていて懐かしいものですよね。実車を見る機会こそ少なくなってきましたが、たまに昔のドラマの再放送などで見かけると当時の記憶がよみがえってきます。
「昭和」もだんだん「昔」になってきているんですね。
[ 2013/08/08 11:58 ] [ 編集 ]
懐かしいなファミリア。しかもカブリオレ。
画像のは1600DOHCに変更された後期?型ですね。
私が乗っていたのは本当の初代カブリオレ?といわれる
1500ターボの型でした。本当はカブリオレのキャラからして
ATでのんびり走りたいと思ってたが、1500にはATの設定が
無くて、仕方なく5速マニュアルでした。

でも、さすがに走りのマツダ。足は良いしパワーも(この車には
必要にして充分以上の性能)だった。

また機会があれば再入手したい車です。

[ 2013/08/09 13:58 ] [ 編集 ]
じじぃ様

コメント、ありがとうございます。
現在、国内では一部のスポーツカーにオープンカーが設定されているだけですが、ファミリアカブリオレのように、普通のクルマのオープンカーを望んでいる方もきっと大勢おられるんでしょうね。
個人的には、プリウスのカブリオレを発売したら結構人気車種になるのではないかと思っています。オープンカーでのんびり走るのって気持ちよさそうですね。
[ 2013/08/10 16:59 ] [ 編集 ]
 2001年の春まで、1600のATに乗ってました。
 若かりし時には手が届かずに新車では買うことができず、中古車を探し回り、ブルーとパールのどちらかにするのを悩みましたがパールの美しさに負けてで購入し、ずっーと乗っていこうと決めてかわいがっていたのですが・・・
 結婚してから維持するための出費への妻からの苦情に負けてしまい、泣く泣く軽自動車に乗り換えることとなり、思い出が詰まった車を見ず知らずの人に乗られることが嫌で、廃車にしてしまったことを今でも後悔しています・・・
 新婚旅行のニュージーランドで、多分中古車を持っていったであろう、同じカラーの車に出会ったことを、今でも忘れることができません。
 ずっと残していってほしいと思う気持ちは我儘ですよね・・・
[ 2014/11/23 00:42 ] [ 編集 ]
JUNTA様

コメント、ありがとうございます。
日本では維持することができなくなってしまったクルマが海外ではまだ現役で活躍している状況ってなんだか不思議ですね。道路の舗装状態もよく、整備環境も整っている国内ではもっと長持ちして良いはずなんですが、なぜか国内では大して距離を走っていない状態でも維持するのが難しくなってしまうんですよね。
個人的には、せめて30年ぐらいは追加的な税負担なしで乗り続けられるようにしてほしいと思っています。そうなれば親子二代で乗り続けることができますからね。
[ 2014/11/23 11:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。