旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・NXクーペ(B13型) 

130612_01.jpg
(画像クリックで拡大)

130612_02.jpg
(画像クリックで拡大)

130612_03.jpg
(画像クリックで拡大)

130612_04.jpg
(画像クリックで拡大)

130612_05.jpg
(画像クリックで拡大)

130612_06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年に日産から発売されたNXクーペ(B13型)です。CGを多用したとてもインパクトのあるテレビCMが流されていましたが、日本での販売状況は極めて悪かったようですね。きっと日産社内には、「タイムマシンかもしれない」NXクーペに乗ってもう一度開発前の時間に戻りたいと考えた方もおられたかもしれませんね。個人的には、先代であるサニーRZ-1がとても好きでしたので、このNXクーペのスタイルには非常に幻滅しました。

 さて、このNXクーペ、CMも斬新でしたがカタログも斬新です。普通のカタログは表紙から始まって裏表紙で終わるのですが、このカタログはどちらも表紙で、真ん中に仕様表が来ています。さらにご丁寧に双方の表紙から始まる頁は上下逆になっており、黄色の表紙から頁をめくると途中で「赤い表紙へワープ!」、赤い表紙から頁をめくると途中で「黄色い表紙へワープ!」という、カタログ上でも「タイムマシンによるワープ」を演出しています。この記事ではあえて黄色の表紙からワープせずに順番に頁を並べましたので、途中から上下逆になっていて見づらいかもしれませんが、ご了承を。

 はっきり言ってカタログでのこの演出は迷惑千万で、カタログを見る購入検討者のことをまったく考えていない、メーカーのエゴだったと思います。NXクーペの販売が芳しくなかった原因はそのスタイルだけでなく、当時のそんな日産の姿勢にもあったのかもしれませんね。

 ところで、このNXクーペが実際にタイムマシンだったのかどうかはわかりませんし、タイムマシンなるものが実在するのかどうかも私にはわかりません。しかしながら自分の脳内で、自分が生きてきた過去の時間内に限って、タイムマシンによる時空間移動を想像することは可能ですね。

 例えばNXクーペが発売された1990年に今私が乗っているアクセラが発売されていたらどんなふうに見えたのだろう?とか、90年と言えばハイパワー競争が絶頂の頃でしたから、あの年にミラ・イースが発売されていたらどんな反響があったのだろう?とか・・・。

 複雑怪奇で激動の時代が続いていますが、たまに脳内で過去にタイムスリップして、過去の視点で現在を見てみるのも新鮮でいいかもしれませんね。振り返って考えてみると、昔からずっとその時々にいつも「現在は激動の時代」と言われていたような気がします。「現在は静かで安定した時代」と言われていた時期を、少なくとも私が生きてきた時代の中では思い出せないんですよね。きっと時代はいつも激動していますが、その激動が自分に有利か不利かで捉え方が異なるんでしょうね。

NXクーペ・Type S(HB13型)
全長×全幅×全高 : 4140×1680×1310mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 1050kg
エンジン : 直4DOHC 1838cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/06/12 17:06 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(8)
今回は馴れないスマホからコメントします(笑)

このNXクーペ、当時は良し悪しはともかくスタイルもカタログも斬新で、バブルのなんでもありの匂いぷんぷんですね。でももしも20年後の現代からタイムマシンに乗ってこの時代に下りたったら、ちょっと『ドン引き』です‼

個人的には、これから20年後にクルマがどうなっているか、タイムマシンに乗れるならそのほうが興味深いですね。今エコやらコンパクトやらが全盛のこの時代が20年後にどう映っているのか…まだ辛うじてハンドルは握ってると思いますが(笑)

しかしスマホは文章打ち辛い‼
[ 2013/06/17 20:08 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
20年後といえばおそらく現行型から4回ほどフルモデルチェンジをしたクルマになっているはずですね。なんだか劇的には変わっていないような気がしますね。
個人的には相変わらず頻繁な買い替えを勧める社会なのか、もしくは少し考え方の異なった社会になっているのかに興味があります。

スマホの入力は難しいですね。キーボードが小さすぎて打ち込み辛いので、今は音声入力ばかり使っています。
[ 2013/06/18 10:28 ] [ 編集 ]
 この当時の日産は、遊び心(ふざけた?)のある車を出していましたね。
 このNXクーペもそうですが、屋根の外れるパルサーEXEや商用車ではSカルゴなんていう車もありましたっけ。

 皆様はスマホを持っていますが、私は相変わらず旧態然とした「ガラ携」です。でもこうスマホが増えてくるとなかなか出しづらいですよね人前で。
 もっとも私、ガラ携でさえ使わない機能がほとんどなのに、果たしてスマホが使えるかどうか・・・?
[ 2013/06/18 20:42 ] [ 編集 ]
nishiyanさま、私の周りにも沢山ガラケーユーザーいますから、全然問題ないですよ‼そもそも、私も一年前はガラケー使ってて、壊れるまで買い替える気はなかったのですが、通話でこちらの話し声が相手に伝わらなくなるという『致命的』な症状のため、止む無く買い替えたくらいです。

私の知人に、スマホとガラケーの2台持ちがいて、なんで2台所有なのか到底私には理解出来ないのですが、彼いわくスマホはデータ系、ガラケーは通話系と使い別けてるそうです。特に通話は、圧倒的にガラケーのほうが使い勝手がよいのだとか…

それこそ20年くらい前は、ケータイも白黒液晶、通話とキャリア間の簡易メールくらいの機能でしたが、タイムマシンに乗って20年後に行ったら、クルマと合わせてケータイもどうなってるんでしょうか…その頃存在するなら、私は間違いなく『らくらくホン』ユーザーでしょうが(笑)

と、今日もまたスマホで打ってみました。本題それてすみません(謝)‼
[ 2013/06/18 21:51 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
ガラ携でもスマホでも、ほとんどの人はごく一部の機能を使っているだけだと思います。かくいう私の最近の用途は、図書館で借りてきた綾小路きみまろさんのCDを取り込んで、漫談を聞いています。キッチンのラジカセで夕食時に聞いていたら吹き出して鼻からビールが出てしまったので、以後はひとりでこっそり聞くようになりました。
[ 2013/06/19 10:39 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
そういえば昨年の春、私がスマホ購入の記事を書いたときには、お父さん様から当時はガラ携を使っておられる旨のコメントをいただきましたね。
それにしても2台も持ったらポケットがいっぱいになってしまいますね。忙しいビジネスマンにはそんな必要性もきっとあるんでしょうね。ちなみに私は自宅ではデータ系と通話系、自宅以外では通話系のみです。
20年後のスマホは、性能はずっと向上しているのでしょうが、見た目はそれほど変わっていないような気がします。仮に銀行のカードぐらいの薄さで生産が可能になっていたとしても、そこまで薄いとかえって使い辛いですからね。
[ 2013/06/19 11:02 ] [ 編集 ]
かなり 久しぶりの投稿です。「NXクーペ」すっかり忘れていましたが同時発表したと思われる本家のB13サニーにはかなり「がっかり」した事を思い出しました。一時期元気だった日産が再び迷走し始めるのは この頃が起点と思います。その後U13ブルーバード、C34ローレル、R33スカイライン、S14シルビア等「モデルチェンジしない方が良かった!」と言われたモデルが続く事になりましたね。
[ 2013/06/19 15:37 ] [ 編集 ]
チックタック様

コメント、ありがとうございます。
B13型サニーは現在もメキシコで製造販売されており、常にベストセラーとなっているようですので、地域によって好みも異なるようですね。
デザイン的にしっくり来ないクルマが出てきたことの理由のひとつに、この時期からの3ナンバーブームがあったのかもしれませんね。
[ 2013/06/20 11:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。