旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・ペルソナ(MA8P/MAEP型) 

130507a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130507a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130507a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130507a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130507a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130507a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1988年にマツダから発売されたペルソナ(MA8P/MAEP型)です。カリーナEDのヒットに触発されて出されたカペラベースの4ドアハードトップ車ですが、後発だけあってそのインテリアにはかなり力が入っていましたね。

 さて、このペルソナ、カタログによると『初めに、美女ありき。』ということで開発されているようで、助手席に乗った女性が美しく足を組めるようにグローブボックスを廃したり、女性がタバコの煙を嫌がらないように灰皿を廃したりと、かなり女性を意識したクルマになっています。きっと当時流行っていたジュリアナのボディコン女達がこのペルソナの助手席で太もも丸出しにして足を組んでいたんでしょうね。そこまで考えるのならさらにもう少し気を利かせて助手席の座面の前方に角度調節できる小さなミラーを付けてくれると運転席の殿方もいろんな意味で楽しめますね。もっともそんなクルマには女性は乗ってくれないでしょうけど。

 ところでこのペルソナのカタログ、バーグマンのごとく・・・。の頁にとても良いことが書かれています。ちょっと長いですが引用します。

 「クルマの進歩をスペックの数値でしか語れないとしたら、それはクルマ自体にとっても、またクルマを愛する私達にとっても、不幸なことだと言わなければならないでしょう。数値は進歩を裏づけるものであって、決して目的であってはならない筈です。肌で感じ、眼で、そして心で計れる驚きや喜びや悲しみ。それらがあっての進歩。数値を絶対的なものとし、崇拝するようなクルマ造りでなく、心で受け止められるクルマ造り。言わば、私達の感情や生理にとって、意義の高いクルマを造ってみたい。という志が、この《ペルソナ》開発の根底に流れていました。・・・」

 この文章で言われている「数値」は当時の時代背景としてエンジンのパワーを指していると思われますが、現在重視されている燃費性能に置き換えてもとても納得できる文章ですね。このペルソナのカタログには『すべての技術と性能は、官能的表現のために。』と書かれていますが、現在のクルマも、カタログの冒頭から『官能的表現』がずっと紹介され、最後の仕様表にさり気なく「JC08モード燃費:50km/L」と書かれるようになってほしいものですね。

ペルソナ・タイプA(MAEP型)
全長×全幅×全高 : 4550×1695×1335mm
ホイールベース : 2575mm
車両重量 : 1210kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/05/07 15:30 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(6)
確かに、どう見てもカリーナEDを意識して造っていますね。ニッサンのプレセアにも通ずるところがありそうです。
私の記憶が正しければ、CMの中で「直線を1本も使っていない内装」というコメントがあったと思いますが、直線の部分はありますよね。認識の違いでしょうか。
[ 2013/05/08 12:41 ] [ 編集 ]
 「ペルソナ」最近見ないですねー。「カリーナED」もそうです。 名車と呼ばれる車はOOクラブとかXX友の会のような同好会があって保存状態もよく、ぴかぴかに手入れされていますね、でも大多数の車は使い捨てです。車が「機械」である以上当然と言えば当然ですが、なんだか寂しい気持ちになります。
 
[ 2013/05/08 18:14 ] [ 編集 ]
バーグマンのごとく・・・。の説明は、まさに最近私がクルマに対して感じていることです。

今では燃費がクルマの「通信簿」的な数値なのかもですが、やっぱり性能数値や合理性だけでなく、直感的に「乗りたい」と思えるクルマが、本当に今は皆無に近いかもです。私は初代プレセアオーナーでしたが、EDと合わせてこのカテゴリーは、当時はセダン好きなので4つのドアがあって、しかし現実は自宅の車庫が狭いのでサイズは小さく、あわよくばちょっとスタイリッシュ・・・なんて、個人的な選択肢を叶えるカテゴリーでした。今見るとこのペルソナ、ちょっと「ミニルーチェ」っぽく感じます!

実は最近、私のクルマに対する「直感」に触れてしまったクルマがあって・・・
それは「現行マツダアテンザセダン」です。
最近CMでも紹介されてますが、スタイリングは本当に美しい!!しかもセダンとしての基本的な造り、走りも正常進化でカチッとしてますよね。

お金と駐車場、生活環境など全てを無視出来るなら、久々に「乗りたい」と思えたクルマです!!

[ 2013/05/08 22:27 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
細かく見れば直線部分も多々あるかもしれませんが、全体としては十分に曲線美だと思いますよ。今のマツダは「人間中心の理想的な運転姿勢」がキーワードになっているので、このペルソナを官能美とするなら、機能美といったところですね。
[ 2013/05/09 10:07 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
ペルソナにしてもカリーナEDにしても、古いと言えば古いですがまだ十分使えそうな気がするんですけどね。私がよく行く近所のスーパーで、ちょくちょく6代目コロナ(1980年頃のものです)を見かけます。塗装もずいぶんくたびれていますがまだ十分現役のようです。私も今のアクセラをあのコロナの状態になるぐらいまで乗り続けたいと思っています。
[ 2013/05/09 10:16 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
私はつい最近までインプレッサG4が一番そそられたクルマでしたが、最近それ以上にビビッと来たクルマがあります。ちょっと今までの私の路線とは毛色が違いますが、メルセデス・ベンツのAクラスです。
欧州車崇拝をしているわけではありませんが、環境性能を高めた上で、その点が霞んでしまうような他の魅力を満載して新型車を投入してくるあたり、やはりベンツはすごいと思います。ちなみに価格はプリウスの上級グレードより安いですからね。
[ 2013/05/09 10:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。