旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダ・プレリュード(BA8/9/BB4/1型) 

130427a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130427a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130427a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130427a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130427a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 このところちょっと面白くないことがありましたが、それでもしつこく、細々とマイペースで更新をしていこうと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 1992年にホンダから発売された4代目プレリュード(BA8/9/BB4/1型)です。スペシャリティカーとしてのプレリュードの絶頂期は2代目、3代目あたりまででしたので、この4代目はどちらかというと斜陽期のプレリュードでしたね。スポーティクーペとしてはかなりすばらしいクルマだったと思いますが、当時の時代背景、及び顧客がプレリュードに求めていたものとのズレが影響して、先代までほどのインパクトはありませんでしたね。

 さて、この4代目プレリュード、当時、個人的にはプレリュードというより、ホンダ版のフェアレディZ(Z32型)のような印象を持っていました。あの時代に発表されたクルマの多くはバブル期に設計され、発売がバブル崩壊後というパターンが多かったので、株価の目減りによる財布の紐の締め付け(逆資産効果)にも関わらずメーカーは高級品を発表するという、ちょっとお寒い状況が続いていましたね。

 今振り返って考えてみると、クーペ不振が理由でその後、各社のラインナップからクーペが消滅していったのではなく、たまたま趣味性の高いクーペにはその設計にバブルの反映度合いが高く、崩壊後にはその「バブルの着膨れ感」が余計に感じられていたからではないかと思うようになりました。

 この4代目プレリュードを見て日産のZ32が連想されてしまっていたのは、全体の雰囲気が似ているという点ももちろんありますが、自分の中ではZ32はバブリースポーツカーの代表格だったからなんですね。もっともさらにバブリーなNSXというスーパーカーもありましたが、あまりNSXを見る機会がなかったので連想もされませんでした。

 最近連日新聞やニュースを賑わしている「アベノミクス」、今のところ好調に推移しているようで、正月に100万円分の株式を持っていた方は何もせずとも今140万円分ぐらいになっているようですね。百貨店の売り上げも好調のようで、何でも高額品が売れているとのこと。何にもしなくても40万円増えたからヴィトンのバッグでも買おうか、という方が増えているんでしょうね。これがまさしく「資産効果」と呼ばれるもの。資産効果にしても逆資産効果にしても、その株式の所有者は何もしていないんですよね。それでも財布の紐を締め付けたり緩めたり。

 どうも私には自分が何もしていなくても自分の資産が増えたり減ったりするという感覚に付いていけません。根っから百姓の私は地道に苗を植えて「アベノミクス」とは関係なく野菜を収穫しようと思っています。

プレリュード・Si VTEC(BB4型)
全長×全幅×全高 : 4440×1765×1290mm
ホイールベース : 2550mm
車両重量 : 1240kg
エンジン : 直4DOHC 2156cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/04/27 14:26 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(8)
 この「プレリュード」申し訳ありませんが、印象は薄いです。というのもこの頃から数年をを境にして車は高性能<低燃費の車に移行してゆくわけですが、それはさておき・・・。
 他の方のブログで「アクア」を取り上げている項目を拝見しました。
 私自身はアクアを良い車だともまして悪い車だとも言いませんが、主眼が「低燃費」だけに着目されていたのは、いささかがっかりでした。
 走って楽しい車はそりゃ燃費は二の次です。じゃあ燃費を優先すれば当然いい気分で運転を楽しむことなど出来ません。
 私的には、どちらかを優先すればどちらかを犠牲にしなければならないと思うのですが。
 「走る楽しさ」と「経済性」kurumamaniacs様はじめ他の諸兄をどう思われますか?
[ 2013/05/01 22:12 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
クルマの使い方によって人それぞれの考え方が異なると思いますが、私のようにたまに息抜きで乗るだけで年間走行距離も微々たる人間にとっては、低燃費のハイブリット車よりも今のアクセラでMTをコクコク動かしながら走ったほうがずっと楽しいですね。
しかしながら、もし数十キロ離れた市場に毎日行かなくてはならないという状況になったら考え方も変わるかもしれません。(なにぶん、今出荷している直売所は自転車で行ける距離なので・・・)
今は「低燃費こそが善」という風潮ですが、自分自身のクルマの使途を冷静に考えて、本当に必要なのは何かを見極めることかもしれませんね。
[ 2013/05/02 11:21 ] [ 編集 ]
コメントの常連さんすみません。久しぶりにHONDA車が取り上げられたのでHONDA-PTAとして投稿したい気分となりました。
HONDAプレリュード、タバコ屋がまだそのような車を買えなかった頃、随分流行り若者のデートカーとして一世を風靡したような記憶があります。(リトラクタブルの2タイプ)。
この機種は kurumamaniacsさんが仰るようにその絶頂期を過ぎてから発売されたものですよね。コンセプトが時代にあってなかったことは別にして、デザインはシンプルでしかも塊感がありとても気に入っていました。ただしコクピットは当初のHONDAらしいヨーロッパ調からいきなりアメリカンな味気ない横長タイプとなりがっかりした記憶がありました。やはりレジェンドとともにアメリカへ売り込むことが最優先課題だったのでしょう。
kurumamaniacsさんのエコカー理論、タバコ屋は大賛成です。リッター当たり4kmであろうが5kmであろうが乗って楽しいものなら所有したくなるでしょうし、燃費や環境が気になるなら滅多に乗らずに撫でクリーナ?だけに留めれば、究極のエコカーですよね。
[ 2013/05/03 13:43 ] [ 編集 ]
プレリュード、よいクルマだと思ってます。
こんなふうにパーソナルにクルマをチョイス出来る選択肢、かつてはどのメーカーもいろんなラインナップがあって、「クルマを買う」こと自体にいろんな憧れや夢を持てた時代でしたね。

最近はクルマへの価値観も、その頃と比べるとだいぶ変わっています。パーソナル(趣味的な意味で)よりも家電と同じ(というのは飛躍しすぎ??)「生活必需品」的に、燃費やコンパクトで恩恵を受ける経済性重視のチョイスが標準になっているのは、ちょっと寂しい気もします。ただ、クルマを所有する理由はそれこそ人それぞれのライフスタイルによっての事ですから、それを否定する気は毛頭ないのですが・・・

nishiyan様から頂いたサジェスチョンですが、確かに「相反する」部分だと私も感じています。ただ、レース界ではルマンでマツダがスカイアクティブディーゼルのレースチューンで闘おうとしていたり、GTでもプリウスやCR-Zが、ポルシェやランボをぶっちぎったりしてます(笑)

経済性と走りをいかに融合できるか・・・が、これからの自動車メーカーの課題なのでしょうか。もしかしたらそのうち「86ハイブリッド」なんてのが出てきたら、どうしましょう?!

なんか本題から脱線してしまい恐縮ですが、そういえば「4WS」って、一時期流行りましたがその後下火になりましたね・・・
当時の友人の実家のオーナーカーが「デートカー」と揶揄された3代目で何度か乗せてもらいましたが、同乗者にもわかるあの不思議なGの掛かり方、久々に思い出しました!
[ 2013/05/03 18:12 ] [ 編集 ]
島のタバコ屋様

コメント、ありがとうございます。
最近のホンダ車のコクピットは夜のネオン街のように煌びやかな演出のものが多いですね。他社もエコを演出する電飾が多くなってきていますが、ホンダ車はその傾向がもっとも強いような気がします。
日本人にはあの手の演出が受けるのかもしれませんが、海外での評判はどうなんでしょうね。私は古い感覚の人間なので、どうもアクセルの踏み加減によって背景の色が変わるスピードメーター等には抵抗があります。
エコ度合いを過剰なまでに演出する今の状態を抜け出し、もう少し落ち着いた雰囲気のインテリアを持つクルマが増えてほしいものですね。あの手の演出に一喜一憂するのは、おそらく購入直後のごく短期間だけのような気がします。「エコカー」と称するぐらいなら、それらの無駄な装飾を一切省いたシンプルなクルマであってほしいですね。
[ 2013/05/04 14:03 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
今はたまたま人々の関心が異常なまでに燃費性能に向かっており、メーカーもその点のみを大々的にアピールしているという、日本社会全体がある種の「ブーム」の中に浸っているんだと思います。
だいたい速さではなく燃費性能を競うレースが開催されるぐらいですから、異常としか思えません。わざわざガソリンを燃やしてリッター何キロ走ったから優勝って、落ち着いて考えてみるとかなりおかしな行為のような気がします。そのレースを棄権すればガソリン消費量ゼロなんですからね。
ブームはやがて去ると思います。でもそれは燃費性能を重視しない時代に戻るのではなく、燃費性能を重視するのは当たり前で、それ以外にどんな魅力があるのかが重視される時代(すでに徐々にそのような雰囲気になってきていますね)になることです。
そう考えると、賛否両論あった「エコカー補助金」を活用して買い換えた方々のクルマって、新しい時代の肥やしになる「一昔前のエコカー」だったのかもしれませんね。
[ 2013/05/04 14:21 ] [ 編集 ]
GWで見るのを休んでいたわけでは無いのですが、書き込みネタが無くて。・・・と思っていたら、話題提供していただきました。ホンダ車のコックピット、とんでもないことになっているみたいですね。最初に衝撃を受けたのは、エリシオン・・・・まさに夜のネオン街、いやLEDみたいなので、大きく飛躍して宇宙空間を漂う飛行艇?次に乗せていただいた、オデッセイも同じパノラマが広がっています。しかも、センターのダイヤルは、ナビ用と思われますが、これをコキコキやると操縦ができそうです。私のCBXのメーターパネルは、戦闘機をイメージしたとデザイナーがいっておりましたが、いつからホンダはそんな路線になってしまったのでしょうか。あ、ある意味路線はいっしょか。
[ 2013/05/07 12:54 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
GW、私は毎年この時期、夏作の苗物の植え付けでてんてこ舞いしています。また多くの方が苗を買いに直売所に来ますので、この時期には無理してでも直売所にできるだけ多くの野菜を並べるようにしています。おかげさまで今日も並べた野菜は完売、美味しい晩酌ができました。この地では今日、とても強風が吹いていたので外の作業ができず、記事をひとつ追加しました。お暇なときに読んでいただけたら幸いです。
ホンダ車のコクピットに対して、私と同様の思いを持たれている方がおられたことを確認できて安心しました。おそらく戦闘機の延長線上として、今は宇宙船になっているんでしょうね。(もっとも、戦闘機にも宇宙船にも乗ったことはありませんのであくまでも想像ですが)
私のXR50モタードは、60km/hの丸いスピードメーターとニュートラルランプがひとつ付いているだけです。単車でも頂点と最底辺とではずいぶん異なるものですね。
[ 2013/05/07 20:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。