旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ダイハツ・ミラ(L70V型) 

130403a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130403a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130403a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130403a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130403a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130403a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1985年にダイハツから発売された2代目ミラ(L70V型)です。スズキ・アルトとともに軽ボンバン人気を大いに盛り上げた軽自動車の代表的な車種でしたね。ハイトワゴンタイプの軽が主流を占める現在においてもミラやミラ・イース、ミラ・ココア等、その存在感は相変わらずですね。

 さて、この2代目ミラ、当時これに乗っていた会社の同僚から引越しを手伝ってほしいと頼まれたので彼のアパートを訪ねたら、なんと引越しをこのミラで行うと言われて驚いたことがあります。彼によると一度では荷物を運べないから二往復する予定だとのこと。

 千葉から横浜まで、後ろがまったく見えない荷物満載状態での首都高ドライブは助手席に乗っていても生きた心地がしませんでした。とはいえこのミラ、1.3BOXと呼ばれる小さなエンジンルームと直立したリアハッチスタイルのおかげで小さなクルマにも関わらず室内はかなり広く、その積載能力はなかなかのものでした。

 当時の大きなデスクトップパソコンやブラウン管モニタから本棚、布団に至るまで、何でもかんでも詰め込んで千葉・横浜間を二往復、ベッドなどの大型家具さえなければ軽のボンバンも結構使えるなと感心したものです。

 今流行のハイトワゴンタイプはきっとさらに積載能力が高いと思いますので、人気が出るのも納得ですね。おまけに現在の軽は一回り大きくなったうえに装備も充実、そのぶん価格も充実している点は痛し痒しといったところですが、維持費の面からも、軽人気はしばらく続きそうですね。

 『ガラ軽』と言われている日本の軽自動車ですが、その技術を生かして各社新興国市場へ安価な小型車を投入しているようです。1台のカブに4人乗ることが当たり前の国においては、日本の軽なら10人は乗れると思います。日本の優れた軽自動車用プラットフォームをベースとしてそれぞれの国向けの『ガラ軽』を展開するのも面白いかもしれませんね。

ミラ・3ドア・Type-C(L70V型)
全長×全幅×全高 : 3195×1395×1415mm
ホイールベース : 2250mm
車両重量 : 560kg
エンジン : 直3OHC 547cc 34PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/04/03 16:52 ] 1980年代ダイハツ | TB(0) | CM(11)
3枚目のサイドビュー写真、なんか初代ホンダシティを彷彿させますね(色のせい?!)
フルフラットシートやハッチバックオープナーなど、今で言う「ミニバン」標準アイテムを軽クラス、しかも1.3boxで当時装備していたのはちょっと驚きでした。

ところでカタログで紹介されている「ガラスハッチ」、今のラフェスタに買い換えた前オーナー車の日産リバティにも装備されていました。これ、結構「優れもの」機能で、重量感のないちょっとした荷物をハッチに押し込むときは便利でしたし、買い物でクルマのリア同士を突き合わせるような駐車場では、バックドア全体を開けるとぶつかるような状況でも、ガラスハッチを開ければ荷物を入れることが出来て、結構重宝してましたっけ。

買い換えたラフェスタ(一応、リバティの後継車なのですが・・・)には、この機能が継承されず、スーパーの買い物時は「リアオーバーハングの少ないクルマ=クルマ止めからなるべく出っ張っていない」の背中合わせに止められるよう、気を遣ってます(笑)
[ 2013/04/03 22:38 ] [ 編集 ]
L70V型ミラ懐かしいですね。
グロス44PS程度が常識だった軽ターボに52PSというハイパワーを引っさげて登場したのを覚えています。

軽乗用車初のコラムシフト車は学生時代の友人がお姉さんのお下がりを通学用に乗ってきていました。

男二人で乗っても、センターコンソールが無いせいか、ゆったり乗れたのを思い出しました。
[ 2013/04/04 00:03 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
ガラスハッチ、言われてみれば、最近見かけないですね。現行の国産車でガラスハッチが装備されているクルマってあるんでしょうかね。
今は注目度の高い燃費性能に金をかけなくてはならないので、便利であっても地味な機能は省かれているのかもしれませんね。
ラフェスタと言えば、先日スーパーで私のアクセラと同じアルミホイールに日産ロゴが付いていたミニバンを見かけました。頭ではわかっていても、OEM車を見るとなんだか不思議な気持ちになりますね。
[ 2013/04/04 11:09 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
今はインパネシフトを採用するクルマが増えてきましたので、コラムシフトもあまり見かけなくなりましたね。
そういえば、友人のベンツSクラスはコラムシフトだったような気がします。あのクルマはコラムシフトでもセンターコンソールがありましたが、大きなクルマだったので男二人で乗ってもゆったり乗れたのを思い出しました。
[ 2013/04/04 11:19 ] [ 編集 ]
 私の妻の姉つまり義姉がこの「ミラ」のターボモデルに乗っていました。
 義姉いわく齢10年近く経ったミラターボのことを「ボロターボ」と言っていました。でもこのボロいやミラターボ5MTで結構運転して楽しかった記憶があります。
 あ、ところでお父さん様の仰るとおり、私が先代乗っていましたカペラワゴンもガラスハッチが付いていました。あれって便利ですよね超狭隘駐車場なんか特に。私も何度か助けられました。
[ 2013/04/04 19:31 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
90年代のRVブームだった頃にガラスハッチ搭載車が多かったような気がします。どういう理由で現在あまり見られなくなったのかはわかりませんが、私のアクセラを眺めてみたところ、かなり曲面のきついリヤガラスなので、ハッチ化は困難なようにも思えました。
デザインも関係しているのかもしれませんね。
[ 2013/04/05 12:00 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/04/08 10:48 ] [ 編集 ]
ミラネタでなくて申し訳ないのですが、私が以前乗っていた初代ハイラツクスサーフも言われてみればガラスハッチでしたね。しかし、こちらは、ガラス部分のみが上下するスライド式でしたから、正確にはハッチと言えないかもしれません。確かに便利でしたが、リアドアを開けるときは、ガラス部分を全部下げないと、ロックが解除できない構造になっていたので、不便な部分もありました。その後はこの方式は廃止されたようですが。ただ特筆すべき点は、前席のサイドガラスと、リアのスライドガラスのを全開にしたときの、換気能力は最高でした。
[ 2013/04/09 12:58 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
カルロス様のハイラックスとは逆のパターンになりますが、昔乗っていたポーターキャブにはフロントベンチレーターが付いていました。
ベンチレーターと両側の窓を開けたときの換気能力も最高でした。冬場など、一瞬で体の心から凍りつくことができます。やはり換気には入口と出口が必要ですね。
(うちにあったポーターキャブ、エアコンが付いていませんでしたから、窓ガラスが曇りやすい冬場に運転するときには防寒着が必須でした。)
[ 2013/04/10 10:39 ] [ 編集 ]
個人的にL70系ミラと言えばTR-XX・EFIのターボにゼネコン「飛島建設」のヘルメットを被った現場作業員が乗って駆け抜けていく風景が条件反射し、一生忘れません。
確かバブル真っ只中の1988-89年のことだったか、彼「ヘルメット兄さん」は税金がめちゃ安く「脱税」と揶揄されたこの豆ロケットに跨って建設現場に向かってダッシュ力を味わっていたのでしょう。
ゼロヨンは17sec台と同時期の水準でマークII2000グランデやブルーバード1800SSS辺りには引けをとらない水準だった反面、安全基準が緩い時代だっただけに衝突すればまず原型を留めないという危険な落とし穴があった一台かと思います。
あれから幾年月、現行のミライースに電気ターボなど新発想の過給技術が採用されればのけぞるほど魅力的で、今のヴィッツを使い切ったら後釜に一も二もなく据えたいものですが、そんな軽四輪が実現する日には既存の普通車メーカーが猛反発することを鑑みて、技術はあるのに製品化しないのかも知れません―速く走りたいなら高い税金を我慢して最初から普通車を買わねばならないのでしょうか、ともあれ思ったようにならない世の中ですね。
(普通車と軽自動車の関係を見て「母屋と離れ」の関係が想起されてならない.....建築法によると離れは母屋にある設備を一つだけ減らさねば建てられない∴軽自動車も同様、「母屋」に相当する普通車と被らないように計算づくで一種「カタワ」にさせられているのかと考えられますがそれって果して偏見でしょうか?)
[ 2013/04/14 23:01 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
母屋と離れ、面白い例えですね。とはいえ、現在の立派な軽自動車は離れどころか母屋よりも高価なものもたくさんありますので複雑なところですね。
ところで、クルマは不要になればすぐに処分できますが、建物はなかなか処分できません。田舎ではよくあることなのですが、これ見よがしの立派な離れを建てる方が多いです。そのような場合、次の代、さらに次の代となっていくと、建てた本人の優越感とは反対に、税金や修繕費等の負担しか残りません。
家族構成はどんどん変化していきますので、離れを建てる場合には不要になったら簡単に撤去できるような安価なプレハブ小屋にしておかなくてはならないとつくづく実感しています。
(偶然今日、誰も使っていない離れの固定資産税を払ってきたところなので、ちょっと愚痴になってしまいました。)
[ 2013/04/15 17:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。