旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・プリウス(NHW10型) 

130326a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130326a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130326a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130326a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130326a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130326a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1997年にトヨタから発売された初代プリウス(NHW10型)です。皆様ご存知の通り、世界初の量産ハイブリット車で、構造もスタイルもインテリアも全てが当時の常識とは一線を画した「未来のクルマ」として、「21世紀に間にあいました」。当時、有名なハリウッドスターが自身の環境意識をアピールするためにプリウスを購入していたということでも話題になりましたね。

 さて、この初代プリウス、ハリウッドスターではありませんが私の身近でも、うちに出入りしているがめつい坊主が法事の折、これに乗って現れました。高尚な説教と自身の行動がまったく合致していないことで有名な坊主ですが、自身の似非環境意識をアピールするために檀家から巻き上げた金で決して安くはないプリウスを購入したんでしょうね。その坊主、先代は本当に人格者でカブに乗って檀家を回られていたのですが、どら息子に代わってからは寄付の話ばかり。ムカつくから今ではできるだけ早く説教を切り上げさせるように仕向けています。

 それにしても、初代プリウスが登場したときには、10数年後に街がプリウスだらけになっているなんて想像もできませんでしたね。正確に言うと、3代目登場時にトヨタの思い切った価格戦略とエコカー補助金が相俟って爆発的に普及したのですが、現状のプリウスだらけの道路を見ていると、あれはエコカー補助金ではなく「プリウス補助金」だったのではないかと思ってしまうほどですね。

 初代プリウスは年間販売台数が1万から2万台程度、現在は月に2~3万台程度、まったく世の中わからないものですね。少なくとも日本においてはクルマ=プリウスのような図式になってしまっています。良いか悪いかは別として、「エコカーとは何か?」という問いに対する多くの方々の解は、ハイブリットのプリウスだったんですね。もっとも、確かに今のプリウスは良く出来ていますからね。

 初代プリウスが誕生してから15年が過ぎ、今や珍しくもなんともないハイブリット車はその選択肢をどんどん増やしています。やがてさらに進んだプラグインハイブリット車もごく普通の存在となり、新たなエコカーも登場してくるんでしょうね。「22世紀に間にあいました」というキャッチフレーズで登場するのはどんなクルマなんでしょうね。私が見ることはまず無理ですが、もしその頃にまだ4つのタイヤで走る乗り物が存在しているのなら、一度あの世から戻って見てみたいものですね。

----- 以下、余談 -----

130326.jpg

 この写真、私の愛車です。この一年、地域の組合の役員をやっていたこともあり、かなりこの自転車で走り回りました。数年前の購入時は片側スタンドで荷台無しだったのですが、今年は荷物を運ぶ機会も多かったので両立スタンドと荷台を取り付けました。「エコカーとは何か?」への個人的な解は、「今あるクルマを末永く大切に使い、自転車で済ませられる用件にはクルマを使わない」ということに落ち着きました。
 一年間、雑用に振り回されましたが先日引継ぎも終わり、やっと開放されました。いろいろと大変でしたが、近場の足としての自転車の有用性を再認識することができたので個人的にはとても良かったと思います。
 「エコカーとは何か?」の解は人それぞれ異なると思いますので、一度自分自身のライフスタイルを振り返り、自分なりの解を考えてみるのも良いかもしれませんね。

----- 余談終わり -----

プリウス(NHW10型)
全長×全幅×全高 : 4275×1695×1490mm
ホイールベース : 2550mm
車両重量 : 1240kg
エンジン : 直4DOHC 1496cc 58PS
モーター : 交流同期電動機 30.0kW

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/03/26 14:36 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(7)
プリウスもいよいよこのブログに登場する時が来ましたね。私の近所にも、一人暮らしのおばあちゃんの元へ、名古屋からくる娘さんがいまだにこれで訪ねてきています。
それにしても、最近のプリウスの増殖ぶりといったら、半端無いですね。数年前に、娘のテニスの大会で新潟から福岡まで車で行ったとき、大げさではなく、10台に1台はプリウスと感じました。昔、団体のバス旅行で、次にすれ違う車を当てるというゲームがありましたが、今ならプリウスと言えば確率は相当高くなると思います。
さて、kurumamaniacs様のところの、がめつい坊主(私が言うと失礼ですね)私のところの坊主も全く一緒です。ただ、こちら先代は人格者でしたが、次の代とその次の代もがめつくて、女にだらしないので、こちらのほうが上です。しかも、アウディに乗って、その息子はランドクルーザーに乗っていましたから、こっちの完勝です(笑)。さらにさらに、昨年庫裡を新築したときには、檀家のためと言って自宅兼用の宅内エレベーターまで檀家の金で付けました。さすがに今年は、年始参りに行く気になりませんでした。
あ、ついつい頭にきて、車のコメントより多くなってしまいました。失礼。
[ 2013/03/27 13:58 ] [ 編集 ]
 初代「プリウス」出ましたねー。そもそもこの車が出た当時、今のプリウスやアクアの販売台数をこの時代の開発者は想像できたのでしょうか?
 今やトヨタの屋台骨を支えているプリウスですが、電気や水素といったインフラ整備が間に合わないものより、ガソリンと電気という組み合わせはここしばらくは不動のものでしょうね。
 ところで、kurumamaniacs様やカルロス様のお話にあるように寺の坊主という職業はそんなに儲かる商売なのですか?私の実家の寺は檀家が50軒程度の寺なのであんまり儲けが無く(多分)坊さんはサラリーマンで彼岸とお盆にちょこっと念仏をあげる程度、仰々しい説法など言ったためしもありません。
 あっ!でも待てよ。そういえばその坊さんもたしか「ハーレー」のバイクを持っていたぞ。やはり「坊主丸儲け」か。
[ 2013/03/27 22:12 ] [ 編集 ]
 すみません。名前の投稿欄抜けてました。
[ 2013/03/27 22:17 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
どこにでも強欲坊主はいるものですね。うちのくそ坊主、本堂の屋根の修繕に10万寄付した時、お礼が賞味期限切れの菓子折りでした。きっとどこかから頂いたものをそのまま流用したのだと思います。何とか都合つけて寄付してくれた檀家に対して、さらに葬式を増やして儲けようとしているのかと、その時には家族全員が激怒しました。
そんな人間が「人の道」を説いたところでまったく説得力がありませんよね。
(もちろん、菓子折りは一切食べずにそのまま捨てました。)
[ 2013/03/28 09:40 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
ちょうど今、三菱のEVやプラグインハイブリットの電池について問題が発生し、当面生産中止というニュースを見たところですが、爆発的な普及というのはもし問題が起きたときにそれが「大問題」となってしまうので恐いところですね。ボーイング787と同じメーカーの同じような電池だそうなので、ちょっと心配ですね。
nishiyan様のところの坊主、趣味でハーレーを持たれているぐらいならずいぶんまともだと思います。うちのくそ坊主がハーレーを持っていたら、きっとハーレーに乗って法事に来ると思います。
[ 2013/03/28 09:50 ] [ 編集 ]
今のプリウスやインサイトって、スタイリングも似ているように感じますが、両車の「初代」は、プリウスがスタンダードなセダン、インサイトは今の両車のスタイリングに通ずるクーペモデル(リアタイヤのスカートカバーが特徴的!)と、全く別モノでしたね。当時、まさか10年経つとこの両車名を冠するクルマが街中に溢れるなんて、正直想像もつきませんでしたが・・・

ところでこの前の日曜、よく利用しているレンタルDVD屋に借りていたDVDを返却に行きました。普段はクルマで片道10分くらいの道のりを往復しますが、天気も良かったし、今年は例年にないほど関東では桜が早咲き・・・だったら「花見散歩」も兼ねて歩いて行ってみるかと。

クルマで行くときは幹線道路を使いますが、折角散策するのでちょっとした「裏道」で行ってみたところ、地元民なのに知らなかった興味をそそる定食屋や居酒屋(焼き鳥が美味そー!)を見つけたり、タミヤから直接お取り寄せが出来るマニアな「プラモ屋」を発見したり・・・徒歩では片道30分くらいかかりましたが、なんかクルマ移動では絶対不可能な地元の情報を入手できて、それはそれで楽しい時間でした。

普段クルマを使っていると行動範囲は広くなりますが、クルマだったら使わない道をこうして歩いたり或いは自転車で移動してみると、地元でもまだまだ知らない「未知の体験」に出会えてワクワク感たっぷりです。

こんな体験をしてみて、私のエコカーへの解は「地元をもっと楽しむなら、クルマでなくチャリか徒歩で!」といった感じです、解になってないかもですが?!
[ 2013/03/30 18:38 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
お父さん様のコメントを拝見し、急に子供の頃、父に魚釣りに連れて行ってもらったときのことを思い出しました。
私はとにかく仕掛けを遠くへ飛ばせば大きな魚が釣れると思い、力の限り遠くまで仕掛けを飛ばしていましたが、まったく釣れませんでした。
父はすぐ近くに軽く投げ入れるだけで、次々に魚を釣っていました。
私の様子を見て父が言いました。「魚がいないところでは釣れないよ」
エコカーとはちょっと話がずれてしまいましたが、なんだか今の日本、子供の頃の私同様、仕掛けを遠くへ飛ばすことだけを考えて、魚のいる場所を考えていない人が多いような気がします。
[ 2013/03/31 08:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。