旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダ・アコード・サルーン(SJ/SM型) 

130317a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130317a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130317a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130317a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130317a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130317a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1977年にホンダから発売された初代アコード・サルーン(SJ/SM型)です。初代アコードは3ドアハッチバックが1976年に発売され、翌77年に3BOXセダンのアコード・サルーンが追加されました。シビックよりも大きな車格を持つアコードでしたが、シビックにあった5ドアハッチは結局出されなかったんですね。

 さて、この初代アコード・サルーン、当時、3ドアハッチのアコードは上品で大きなシビックだなぁと思っていたのですが、サルーンのほうはなぜかとても平凡なクルマに見えてしまいました。3ドアのアコードを野球部やサッカー部に例えるなら、サルーンは囲碁部や将棋部といったところでしょうか。前から見れば同じ顔なのですが、後ろから見るとスポーツカーとタクシーぐらいの違いに見えてしまったんですね。(個人的な印象の問題ですので、囲碁部や将棋部だった方々、くれぐれも真に受けないで下さい。)

 3ドアハッチのほうが先に出されたこともあって初代サルーンには少々違和感を感じていましたが、当時は「クルマの基本はセダン」という意識が根底にあったため、ホンダも最上級車種であったアコードに5ドアハッチではなくセダンを設定したんでしょうね。もっとも、後のアコードはセダン中心で進んでいきましたから当時の選択は正解でしたね。

 ところで、ホンダ・アコードといえば今ではトヨタ・カムリと並ぶほど世界中で愛されているグローバルカーです。1.6Lの3ドアハッチバックから始まったクルマだとはまったく思えないほど大きく立派なクルマとなり、最新型の北米版アコードに至ってはV6・3.5L、全長4862mm、全幅1849mmという堂々たる車格を誇っています。

 アコードに限らず、他のクルマもモデルチェンジのたびに基本的に大きく立派になっていきますが、現在、三本の矢で云々と言っているものが目指しているのも根本的には同じ車名のクルマがどんどん大きく立派になっていく社会なんでしょうね。まあそのような社会のほうが見た目で判断できるから、本当に豊かかどうかは別として、豊かな社会に見えるんでしょうね。

 このアコードのカタログの最初の頁に、「車格」から「車質」へ、という表現があります。「車格」は見ればわかりますが、「車質」は見るだけではわかりません。クルマに限らず、「格」から「質」へ判断基準を移行することはまだまだ難しいようですね。

アコード・サルーンEX(SM型)
全長×全幅×全高 : 4345×1620×1360mm
ホイールベース : 2380mm
車両重量 : 960kg
エンジン : 直4OHC 1750cc 90PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/03/17 15:38 ] 1970年代ホンダ | TB(0) | CM(12)
1977年にアコードサルーンが登場した時、そのモケット使用のワインレッドの内装といい、大型バンパーとやらで全長4450mm!まで肥大してしまったボディといい個人的に「なにかの予兆」を感じ取ったものだ。
あれだけシンプルで知的だった1600ccハッチバックのアコードに対して、このサルーン(セダン)のバリエーションはシンプルさを捨てて「まるでマークII/ローレル」のような豪華趣味を身につけ、ではホンダは世俗的な成金志向に向かっているのか?「ヒトとは違うことをする」本田宗一郎イズムは消えたのか?―そう幼心に感じたほどだ(時に小生=7歳:小2、愛読書は徳大寺有恒著「間違いだらけのクルマ選び」)。
果してアコード、1978年のマイナーチェンジ→1800への増大→1980年のダイナミックアコード誕生→1981年の二代目へのモデルチェンジ.....と時を追うごとに「クラウン&マークIIになりたい」豪華志向を強め、日増しに「愛らしさ」が失せてマセガキかバーの女を思わせるキャラクターへと変化していくのを見て「日本のクルマの正常な進化というのは期待できないのか」と慨嘆したことを昨日のことのように覚えている。
そして2013年の今、新型アコード登場は時間の問題だがそのハイブリッドの仕上がりは非常に楽しみである反面、ボディサイズはクラウン以上に巨大化(これはマツダ・アテンザも共通)すること必至でもはや「日本人のためのアコード」でなくなっていることに複雑な感慨を覚えざるを得ないのだ。
[ 2013/03/18 01:19 ] [ 編集 ]
久しぶりに常連の方々に遠慮しつつコメントさせて頂きます。
今回77年のアコードを採り上げられ、懐かしい思いで一杯です。実は76年にハッチバック発売と同時に初めて自分のお給料で黄色のそれを購入しました。明らかに当時の国産車とは一線を画するデザインとメカでトテモ気に入っていました。ハッチバックとセダンの印象の違いについてkurumamaniacsさんがとても上手な表現をされているように(笑いました)、当時若者だったタバコ屋はとても同じクルマとは思えないほど違和感がありました。個人的な推測ですが当時VWが初代ゴルフを発売し、続いてそれをベースにしたジウジアーロデザインのシロッコが2ドアハッチバックのコンセプトで発売されました。
記憶違いでアコードの方が先だったかも知れませんがHONDAとしては世界に通用する新しい切り口のクルマを出そうと相当気負っていたはずで、そうなるとシロッコはかなり気になっていたんではないかと思うのです。どちらにしろタバコ屋はアコードが和製シロッコのように見えて、お気に入りだったという懐かしい話です。しかし飛ばし屋さんはアコードにはあまり関心がなかったように思います。
常連さんに敬意を表しつつ、今日はこのあたりで・・・。
[ 2013/03/18 13:58 ] [ 編集 ]
 普通タクシーといえば、クラウンかセドリックでしょうが、私が通っていた学校の駅前にはたしか「ホンダタクシー」なる会社があり、そこの1台にこの「アコードサルーン」が使われていました。
 たしかに、鈴鹿市がホンダの企業城下町とはいえ、アコードタクシーは群を抜いて浮いて、いや目立った存在でした。
 とはいえ運転する運転手さんの感想はいかがだったのかな?クラウンやセドリックだったらそれようの用途に応じて作ってあるはずですが丸っきりの一般車で営業車っていうのもいかがなものでしょうか。(LPG仕様にはなっていたみたいですが)
 ちなみにホンダタクシーにはタクシー仕様のクラウンも置いてありました。
[ 2013/03/18 22:59 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、今のアコードは「日本人のためのアコード」ではなくなっていますね。しかしながら国内ではジリ貧の状態でもグローバルでは人気車種となっている点が複雑なところですね。
90年代に入ってからの日本は失われた20年などと呼ばれていますが、5ナンバー枠の制約がなくなった時期と停滞が始まった時期が同じというのがとても興味深いですね。
グローバル市場での流行を追えば追うほど国内市場では人気がなくなっていきます。TPPを始め、これからさらにグローバル化が進むと思いますが、それによって恩恵を受けるには国内市場の動向とグローバル市場の動向がリンクしていなければならないような気がします。
いろいろな意味で波乱が起きそうですね。
[ 2013/03/19 10:29 ] [ 編集 ]
島のタバコ屋様

コメント、ありがとうございます。
言われてみれば初代アコードと初代シロッコはよく似ていますね。現行型のアコードとシロッコを思い浮かべると、クルマも環境によって育ち方が大きく変わるものなんですね。
ビジネスとしては米国でのびのびと育ったアコードが圧勝だったと思いますが、VWのコンセプトのぶれの無さも流石ですね。
今後、新興メーカーもどんどん出てきて自動車業界もさらに競争が激しくなると思われますが、生き残るのはどんなクルマなんでしょうね?
[ 2013/03/19 11:15 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
例えで「タクシーみたい」とは書きましたが、本当にこのクルマのタクシーがあったんですか。びっくりしました。私の記憶ではこのクルマ、室内は結構狭かったような気がします。もっともアコード・サルーンの時代、ホンダにはこれよりも大きなクルマはありませんでしたから、「ホンダタクシー」を名乗る以上、ホンダ車としては他に選択肢がなかったのでしょうね。
[ 2013/03/19 11:24 ] [ 編集 ]
久しぶりにこの車名を聞いて思い出しました。
昔、月間自家用車だっだしょうか、その中の漫画投稿コーナーにアコード サルーンをもじって、アコード サル(猿)というのがありました。きっとサルーンという呼び名が、当時は目新しかったのでしょうね。ホンダの二輪にはモンキーという車種があり、現在も販売されているロングセラーバイクです(あ、関係無かったですか)。
低レベルのコメントで申し訳ありません。
[ 2013/03/19 12:55 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
漫画といえば、その昔、有名な「こち亀」で「フェラーリ・テスタオッサンドナイシテマンネン」や「クラウンコ」というパチ物ネームが出たことがあります。親戚の法事に行ったときに、そこにあった少年ジャンプに書かれていた内容なので、なぜか未だに記憶に残っているんですよね。「アコード・サル」と同レベルですね。
私の知人に、モンキーのチューンに80万円かけた方がおられます。歴史あるロングセラーだけあって、オーナーの方々にはそれぞれに思い入れがあるんでしょうね。まあ、個人的には空冷エンジンは縦型でないと嫌なので、横型のカブやモンキーにはちょっと興味薄です。(エンジンマニアのこだわり、っていうところですかね)
[ 2013/03/19 20:48 ] [ 編集 ]
この初代アコード、スタイリングのやぼったさ(笑)は置いといて、当時は稀有な「車速感応型パワステ」の導入、その後「フル装備」の定義となるパワーウィンド、エアコン(しかもフルオート!)とか、
まじめに「車質」を追求していたのではと、セダン好きとしては特にあらためて評価です。

アコードはその後、正常進化して今ではグローバルカーとしても通用する存在になりましたが、かねてからホンダのセダンに対するコンセプト(?)って、やっぱりトヨタや日産に比べるとちょっと弱くてビミョーですよね。かつてのラファーガのように「縦置き直列5気筒のミッドFF」みたいな、ちょっと個性的なセダン、ホンダの「こだわり」を感じるモデルとしてあらためてまた具現化して欲しいと、セダンファンとしては願うばかりです。



[ 2013/03/20 03:14 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
ホンダのセダンは現在アコード1台のみ。ステーションワゴンのアコードツアラーは知らないうちに消滅していました。大メーカー、ホンダにしてはどうもラインナップに偏りがあるような気がしますね。
セダンという分野で考えるのなら、少なくともアコードクラスの他にシビック・インテグラクラスが1台欲しいですね。今のホンダにはダウンサイジングを考える定年退職組の受け皿がありませんからね。目の肥えた団塊世代を唸らせるような「こだわりのセダン」を見てみたいものですね。
[ 2013/03/20 15:33 ] [ 編集 ]
いやぁ、懐かしい!私が子供の頃、我が家で乗っていました。
中期型の(丸ライトでボンネットの真ん中が盛り上がっていた記事中の写真のモデル)のベージュの1800EXでした。
従妹の家は、それに影響されて後期型(四角ライトの、記事の動画のモデル)の同じ色1800EXを買って乗っていました。
祖父は前期型セダン(丸ライトでボンネットの真ん中が下がっているモデル)のワインレッドのEX-Lに乗っていました。
当時、祖父のEX-Lのシートが豪華で、パワーウインドゥが付いていたのが羨ましかったのを覚えています。
懐かしい写真をありがとうございました。
[ 2014/11/11 13:29 ] [ 編集 ]
cvcc様

コメント、ありがとうございます。
身内で3台もアコードを買われたということはもしかしたらホンダの関係者がおられたのかもしれませんね。それにしても子供の頃乗られていたクルマについて、型式やモデル時期まで覚えておられることに感服しました。恥ずかしながら私はそこまで記憶に残っていません。
もっとも、私が子供の頃はほどんどの車種がデラックスとスタンダードしかなかったような・・・。
[ 2014/11/12 10:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。