旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・初代スズキ・アルト(HSS30V型) 

090211a01.jpg

090211a02.jpg

090211a03.jpg

090211a04.jpg

 1979年にスズキが発売した初代アルト(HSS30V型)です。昨日ご紹介した日産の初代シーマが高級路線での大ヒット作なら、こちらは低価格路線の大ヒット作です。
 当時スズキはフロンテという軽乗用車を販売していました。そのフロンテを4代目へフルモデルチェンジする際に、4ナンバー登録の姉妹車であるこの「アルト」を発売したのです。現在でも軽自動車では同じ車種で4ナンバーと5ナンバーが同時にラインナップされているものが多いですが、それはこの「フロンテ」「アルト」から始まりました。4ナンバー登録の狙いはもちろん税金対策。低価格をとことん追求するためには、車両価格だけではなく、購入時にかかる全てのコストを考慮しなくてはなりません。こうして生まれたのがいわゆる「軽のボンバン(ボンネット・バン)」というカテゴリーです。
 当時のCMコピーで「アルト、47万円」というフレーズが記憶に残っている方も多いはず。ちなみに30年後の現在、アルトバンの最廉価グレードは62万5千円(税抜)です。車体も排気量も大きくなったことを考えるとほとんど変わっていませんね。
 鈴木社長が昔よくおっしゃっていた言葉に「トヨタさんのクラウン1台分の儲けは、うちでは10台売らないと稼げない」というのがあります。真偽のほどはわかりませんが、もしそうなら、クラウン1台の減産はスズキにとって10台分の減産ということになりますね。しかしながら自動車不況の現在、スズキは販売台数を増やしています。
 軽が売れるから軽を造ればいいとは思いませんが、やみくもに大型化、大排気量化、高価格化を進めてきたメーカーには反省が必要だと思います。

ちょっと参考資料として、
1979年
アルト:47万円、クラウン4ドアハードトップ2800ロイヤルサルーン(最高グレード):280万7千円。
2009年
アルトバン:62万5千円(税抜き)、クラウン3000ロイヤルサルーンG(最高グレード):約500万円(税抜)。

 この比較だけでもちょっとクラウンの値上がり幅が大きいような気がしますね。しかしこの比較を真に受けてはいけません。1979年当時は上記クラウンの上にはセンチュリーしかありませんでした。しかし現在は違います。マジェスタがあり、レクサスLSもあります。ですから実質、79年のロイヤルサルーンの後継としてはLSが相当すると思われます。こうなるともう1000万コースの4.6リッター。ちょっとトヨタの値上がり率と大型化の度合いは激しいような気がしますね。

アルトMX(HSS30V型)
全長×全幅×全高 : 3195×1395×1335mm
ホイールベース : 2150mm
車両重量 : 545kg
エンジン : 2サイクル3気筒 539cc 28PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/02/11 09:58 ] 1970年代スズキ | TB(0) | CM(6)
みんなこんな形をしていましたね。
アルト初代・2代目と子供の頃、乗せてもらった記憶があります。
『やみくもに大型化、大排気量化、高価格化を進めてきたメーカーには反省が必要』
私も同感です。
それから各メーカーの横並び体質。パクリ合いで泥試合。日本人って本当にダメですね。
今回のように経済が委縮すると、途端困ってしまう。
これからが各社本当の勝負ですね。
[ 2009/02/11 11:59 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。

> これからが各社本当の勝負ですね。

ほんと、私もそう思います。マツダもかつての危機を乗り越え、その後本来のマツダらしいすばらしいクルマを出すようになりました。三菱もリコール隠し問題でピンチになった後、本来の三菱らしいすばらしいクルマを出すようになってきたと思います。
今回の不況は全てのメーカーに猛烈な勢いで降りかかっていますが、きっと各メーカーが知恵を絞ってそれぞれのカラーを打ち出して乗り切ってくれることと信じています。
個人的な考えなのですが、この不況、赤字になっていないホンダがいちばん迷走しているようにみえます。ホンダらしいホンダに戻ってもらいたいものですね。
[ 2009/02/11 17:15 ] [ 編集 ]
私的にホンダで一番残念に思うことは、新型インサイトの外観デザイン。本当の事情はわかりませんが、その場しのぎにつくった感が否めないのですが…
あと次期NSX開発中だったとのこと。
まさに戦略なき迷走では。
日産もこの先どうするのか。今後が気になります。
そしてマツダ。自身のキャラを自覚したかに思われましたが、まだまだですね。自覚して突っ走れば怖いものなしになる可能性を秘めているのに、相変わらずどんくさいまま迷走。どうして己を勘違いしたがるのか。
う~む。


[ 2009/02/11 19:59 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。

内部には内部の事情がきっとあるのだと思います。しかしながらいくら内部で完璧だと考える方針を立てたとしても、外部である消費者がその方針に賛同できずにクルマを買わなかったら、内部の方針は空回りということになってしまいます。
拙いサイトですが、ひょっとすると「外部」の考えが「内部」の末端の方の目に留まることもあるのではないかと考え、毎日こんな下らない事ばかり書いています。カッコいいクルマがなくなってしまったらちょっと寂しいですからね!
[ 2009/02/11 20:57 ] [ 編集 ]
茨木市山手台サニータウンに住んでる、小西弥生さんのクルマ、スズキアルト・オートマチック車(レッド)を、小西吉弥さんが運転して、お持ち帰ったのを、僕は知っています。何と、スズキアルトのオートマチック車の前期型は、4年落ちのクルマで、フェンダーミラーから、ドアミラーを改造したのが珍しく感じます。小西吉弥さんの娘の弥生さんは、普通自動車免許を取ったばかりで、スズキアルトのオートマチック車は、小回りが効いて、とてもいいクルマです。
[ 2016/12/19 09:18 ] [ 編集 ]
加藤寛教様

コメント、ありがとうございます。返答が遅くなり、誠に申し訳ありません。
アルトのオートマチック車への評価はともかくとしまして、おそらく仮名だとは思いますが、個人が特定されるような地名、人名についての書き込みはできれば避けていただきたいと思っています。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

[ 2016/12/24 19:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。