旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ダイハツ・シャレード(G10型) 

130308a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130308a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130308a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130308a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130308a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130308a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1977年にダイハツから発売された初代シャレード(G10型)です。低燃費の4ストローク直列3気筒エンジンと小型ながら優れたパッケージングの車体を組み合わせ、オイルショック後の省エネ時代に当時のダイハツとしては珍しくヒットしたクルマでしたね。

 さて、この初代シャレード、ヒットしたダイハツ車という意味でもインパクトが強かったですが、実は採用された1リッターの4ストローク直列3気筒エンジンが後の軽自動車を含めたコンパクトカーに大きな影響を与えたんですよね。

 今でこそ軽自動車や1リッタークラスのクルマでは直列3気筒エンジンが当然のように採用されていますが、初代シャレードが発売された時点では、このクルマが世界で唯一の4ストローク直列3気筒エンジン搭載車でした。

 「ダイハツが長年の研究と数々のテストを重ね、世界に先がけて実用化したコンパクトで高性能な4サイクル3気筒1000ccエンジン。クリーンで、しかもパワフル。そして何よりも、限りある大切なガソリンを一滴もムダにしない抜群の低燃費が、国内はもちろん、海外でもいま注目を浴びています。」

 カタログからの抜粋ですが、まるで昨今販売されているエコカーのカタログの文面のようですね。ちなみに10モード燃費は19km/L、60km/h定地走行燃費は28km/Lです。36年前のクルマでこの数値ですから、現在なら27km/Lとか30km/Lとかケチなこと言わずに50km/Lぐらい実現していてほしいものですね。

 ところで、直列3気筒エンジンが初代シャレードまで採用されなかった理由はもちろんその振動のためです。シャレードではバランスシャフトで振動対策をしましたが、その後、各メーカーはコストと振動の妥協点をどこにするかが問題となっていきました。しかし昨今はアイドリングストップ全盛のエコカー時代となり、もっとも振動が目立つ低回転アイドリング中はエンジンを止めてしまうという究極の振動対策が施されるようになりました。このシャレードのことを思い出しながら今の軽自動車のエンジンを眺めてみるのもなかなか面白いかもしれませんね。

シャレードXTE・5速(G10型)
全長×全幅×全高 : 3530×1510×1360mm
ホイールベース : 2300mm
車両重量 : 665kg
エンジン : 直3OHC 993cc 60PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/03/08 16:55 ] 1970年代ダイハツ | TB(0) | CM(8)
ついに5平米カーの登場ですね。
燃費もさることながら、雪国ではFWDの合理性が買われてかなり売れました。
学校の先生なんかがよく乗ってましたね。

「海外でもいま注目を浴びています。」
ヴィッツでついに現実のものとなりましたね。
バブルどこ吹く風でしつこく研究を続け、ついにヨーロッパへ輸出するまでになりましたから。
当時の開発者は感慨ひとしおだと思います。
[ 2013/03/09 23:34 ] [ 編集 ]
小学生の頃、学校の駐車場でこの初代シャレードを何度も目撃しました。恐らく先生が通勤に使われていたクルマだったと思われましたが、結局どの先生のクルマかは分かりませんでした。

当時、この駐車場にはシャレードの他に「縦目ライトのルーチェ」がありました。セダン好き小学生には、申し訳ないですがシャレードよりもこのルーチェの方に興味がいってしまい、「これ、どの先生が乗ってるんだろう?」と詮索した結果、あまり好きではなかった先生がオーナーだったと判明し、ちょっとショック受けましたっけ(笑)

この初代シャレード、今で言うコンパクトカーのカテゴリで見比べてみると、なんかクルマとしての造りがきちんとしているように思えます。ヴィッツ、マーチ、フィットにはない「質実剛健」的なイメージを持ってしまうのは私だけでしょうか?
[ 2013/03/10 00:45 ] [ 編集 ]
handam様

コメント、ありがとうございます。
現在、ダイハツ・シャレードという車名はなくなってしまいましたが、シャレードの流れは地味ながら現在のパッソ/ブーンまでずっと続いているんですよね。
それにしても不思議なことは、国内で事実上シャレードの後継であるダイハツ製のパッソ/ブーンがヨーロッパではシリオンとして販売され、ヨーロッパでシャレードとして販売されているのはトヨタ製のヴィッツなんですよね。国内メーカーの海外HPを眺めていると面白い発見ばかりです。
[ 2013/03/10 11:25 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
当時、私にはこの初代シャレードがVWゴルフとそっくりに見えました。きっと「質実剛健」的なイメージを私も持っていたのでしょうね。
カタログにも「設計思想は合理精神の追求」と書かれているように、そもそもクルマの成り立ち自体が「質実剛健」なんでしょうね。
[ 2013/03/10 11:39 ] [ 編集 ]
私はシャレードが出たときに、とにかく大きい車に乗りたかった時期でしたので、殆ど興味はありませんでした。しかし、kurumamaniacs様の言われるように、未来を見据えた車だったのですね。
今乗っているハイゼットのエンジンのルーツは、ここにあったとは。排気量はダウンしましたが、ツインカム&ターボで武装して、シャレードとほぼ同等の出力を得ています。
そういえば2輪の世界にもこの頃、3気筒でデビューしたヤマハのGX750という車種がありました。ダイハツ⇔トヨタ⇔ヤマハという構図を考えると、まんざら無関係でも無さそうです。しかし4気筒人気には勝てず、すぐに4気筒のXJと代わって行きました。とにかくバイクのりは見栄っ張りが多いですから、エンジンが露出している点から言っても、気筒数は大事な選択要素です。そう考えると、私のCBXは究極の見栄っ張り?
[ 2013/03/11 12:56 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
1000ccから660ccにダウンサイジングして同等の出力を保っているのであれば、これこそ立派な技術革新ですね。TPPでは日本の軽自動車枠についての議論もされるかもしれませんが、結果がどうであれ、軽自動車枠で培った技術を有用に活用してほしいものですね。
単車の3気筒といえば、個人的には直列ではありませんが、スペンサーを思い出してしまいます。一時期、フレディ・スペンサーがホンダのNS500を駆る勇姿のポスターを部屋に貼っていたことがあります。(あの頃からまったく思考回路に進歩がない自分がとても恥ずかしいです。なんといってもいまだに原付中年。)
今日もFJ1200に乗られている友人宅にカルロス様の1/20の排気量の「単気筒エンジン」搭載原付で(半分仕事で)伺い、思いっきりからかわれてきました。
この地は梅の花も開花し、ウグイスの鳴き声も聞こえるようになりましたので、見栄は張れなくても単車が心地よい季節になってきましたね。
[ 2013/03/11 20:59 ] [ 編集 ]
世紀の日本の名車、初代ダイハツシャレード。
後にも先にも、設計者の血が滲むような叡智が込められた一台はないと確信している。
いい加減ダイハツさんも、軽自動車の一段上に800-900ccクラスの二気筒(自然吸気&低圧ターボ)ユニットを搭載した新しい小型車を考案して貰いたい―そしてTPP参加後の「軽規格撤廃」を見据えてポスト軽足りうる渾身の作をリリースされることを心から待ち望んでいる。
[ 2013/03/17 03:48 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
TPPに参加するみたいですね。早くも自動車分野での譲歩を受け入れているようですので、この先どうなるんでしょうね?軽規格や車検制度や安全基準等、この際、「今まで当然だと思っていたこと」を一度徹底的に見直すのも良いかもしれませんね。その覚悟があって参加表明したのでしょうから。
[ 2013/03/17 14:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。