旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・レパード(F30型) 

130222a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130222a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130222a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130222a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130222a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130222a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1980年に日産から発売された初代レパード(F30型)です。このカタログは83年に発行されたもので、直6・2.8Lがラインナップから外され、V6・3Lターボが追加される前の時期にあたり、3ナンバーグレードが存在しないちょっと中途半端なものです。ちょうどライバルであるソアラにその差をどんどん広げられていた時期のものですね。

 さて、この初代レパード、もともとはセリカXXの対抗馬として世に出されたブルーバードベースのクルマで、デザインも素晴らしく、個人的にはとてもカッコいい高級スペシャリティーカーだと思っていました。しかしながら初代レパード発売の翌年に、トヨタのイメージリーダーとなるべく誕生したソアラがデザイン、中身ともにレパードのさらに上を行っており、ソアラを意識すればするほどレパードのコンセプトがぶれてしまうという、良くも悪くもソアラに振り回されてしまったクルマでしたね。

 ところで、「高級スペシャリティーカー」であるこのレパード、このカタログ中の最廉価グレードである180GXは手元の価格表によると1,548,000円、驚くことにエアコンもパワーステアリングもパワーウインドウも付いていません。実に私好みのグレードですが、レパードに限って言えば、そのようなグレードは用意しないほうが良かったのかもしれませんね。

 初代レパードの「コンセプトのぶれ」を反省し、2代目はスカイラインベースで「打倒ソアラ」、3代目は何をしたかったのかよくわからない「J.フェリー」、4代目はなぜかセド/グロの姉妹車。結局ずっとぶれ続けたレパードでしたが、現在のフーガやスカイラインには初代レパードの「高級スペシャリティーカー」としてのDNAがなんとなく流れているようにも感じられますね。

 先月北米で発表されたインフィニティQ50は次期スカイラインとのことなので、このレパードの流れを汲む最新の「高級スペシャリティーカー」の一台がもうじき日本でも見られそうですね。初心に帰って「エアコン、パワステ、パワーウインドウなし」のグレードを用意したら、今の時代、逆に受けるかもしれませんね。

レパード・4ドアハードトップ・SGX(PF30型)
全長×全幅×全高 : 4630×1690×1355mm
ホイールベース : 2625mm
車両重量 : 1235kg
エンジン : 直6OHCターボ 1998cc 145PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2013/02/22 16:28 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(18)
レパードに1800ccのシングルキャブ105ps仕様があった―これを現在の感覚に置き換えると「フーガかスカイラインに1600ccダウンサイジングターボ180/200psのバージョン」といった感じではないだろうか。
ともあれ次期スカイラインは最初は3500ハイブリッド一本でスタートも、ほどなく2000ccダウンサイジングターボも追加の公算大と言うからにはデビューが楽しみな一台ではあろう。
[ 2013/02/22 18:43 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
次期スカイライン、報道では3.5Lのハイブリットで出されるそうですが、個人的にはそのようなスカイラインを日本で望んでいる方がいるのだろうかと疑問を持っています。
北米でのインフィニティが現在国内のスカイラインとして販売されていますが、レパードとして販売したほうがしっくりくるような気がしています。
[ 2013/02/23 10:49 ] [ 編集 ]
昔欲しかったクルマです。ターボモデルが追加されてやっとATが4速になったのを思い出しました。中古でもソアラはバカ高い値段でしたが、レパードはそれほどでもなくむしろスカイラインより安い物もあったと記憶してます。今の日産のラインナップの中にこういったスペシャリティなモデルの無いのが残念。もし復活される気が有るなら、やってほしい。次期スカイラインの話題が出ましたが、日本向けには3.7Lではなく、2.0のダウンサイジングエンジンでぜひ2000GTを名乗ってもらいたい。もっといえばエクストレイルに載っているクリーンディーゼルも搭載してディーゼルGTを復活してもらいたいです。
[ 2013/02/23 14:10 ] [ 編集 ]
 懐古的かも知れませんが、この「レパード」が発売されていた頃までが日産が日産車らしい車を作っていたと思うのは私だけでしょうか。
 当時、よくも悪しくもトヨタとはライバル関係で、本文のとおりソアラに打ち負かされてしまうのですが・・・。

 この車には30ほど前に乗せてもらったことがあります。それも後部座席、狭くてプロペラシャフトハウスが邪魔でわずか数十分の時間がとてつもなく長く、居住性の悪さだけがボディースタイルと正反対だったと記憶しています。

 そういえば現行型スカイライン、見ないですねー。車両価格もさることながら、これも懐古的と思われるでしょうが、プリンスを源流とするスカイライン。日産に吸収合併されてもその牙城だけは守られた車として、現在そして未来のスカイラインに余り興味が無いのは私みたいな古い人間が興味を示さないからでしょうか。
 すみません。また本編のレパードから外れました。
[ 2013/02/23 17:31 ] [ 編集 ]
この初代レパードが出たときは、セドグロ、スカイライン、ローレル、ブルといったそれまでの日産の「古参ブランド車」に対して新しいポジションが出来たのかって、なんかときめきました。スタイリングもそうですし、Web版に掲載されているコクピット周り、時代の最先端を具現化していて、「イメージドライバーの小学生」にはあまりにもインパクト大でした!!

しかし周知の通り、その後のブランドとしての迷走ぶりは、そんなインパクトを裏切られたようで、本当に寂しい限りです。

このレパード初代やソアラ初代が出た頃、私のなかでは「両メーカーの高級車=セドグロとクラウン」というのが「絶対の方程式」でした。なのでメーカー最新の技術や装備が、セドグロやクラウンよりも前にレパードやソアラに搭載されることに、子供心に憤慨したましたっけ(笑)
[ 2013/02/23 18:56 ] [ 編集 ]
ぬりかべ様

コメント、ありがとうございます。
初代レパードがブルーバードをベースとして開発されたように、個人的にはシルフィをベースとしたお手頃サイズのスペシャリティーカーを見てみたいですね。
ノーマルグレードはシルフィの1.8L、スポーティーグレードはジュークの1.6Lターボぐらいで用意されると、精神的にも経済的にも気負うことなくスペシャリティーカーを楽しめそうです。
Zにしてもスカイラインクーペにしても、日産のスポーティモデルは大排気量車ばかりですからね。

[ 2013/02/24 10:03 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
現行型のスカイライン、販売はあまり芳しくないようで、特にクーペは月に2桁台(それも下のほう)しか売れていないようです。見かけないはずですよね。
でもこれは、2ドアクーペやスペシャリティーカーの人気がないから売れていないのではなく、3.7Lグレードしか用意されていないので売れていないのだと思います。せめてセダン同様、2.5Lグレードも用意しておけば、ここまでひどい状況にはならなかったような気がします。
次期スカイラインはどうなるんでしょうね?販売状況によっては、「スカイライン」というビッグネームといえども、レパード同様、消滅してしまうかもしれませんね。現に「GT-R」からは「スカイライン」が取れてしまいましたからね。
[ 2013/02/24 10:15 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
私は初代レパードが出たとき、クルマ自体のカッコよさにはもちろん惹かれましたが、その車名にとても興味を持ちました。「leopard」、実は恥ずかしながら、連想したのは「豹」ではなく、「ドイツの戦車」でした。昔からクルマは好きで自動車雑誌はよく立ち読みしていましたが、同じぐらい飛行機、戦車、ヘリ等も好きで、よく雑誌「丸」を立ち読みしていました。
日産から出た戦車を、空から音も無く軽やかに攻撃するためにトヨタはグライダーを出したのかなぁ、なんて当時考えていました。
[ 2013/02/24 10:34 ] [ 編集 ]
私も、お父さん様同様、妄想ドライバーでしたので憧れた車の一台です。もっとも、発売された頃は免許もありましたので、現実にしようと思えばできたのですが、経済的理由からやっぱり妄想で終わりました(笑)。
それにしても、このスタイリングカッコいいですね。直線的なデザインに、フェンダーミラーがかえってマッチしているように見えます。TR-Xというサブネームの付いた姉妹車も存在していましたが、私はそちらのカタログを所有しています。個人的には、TR-Xの方のフロントグリルが好きです。
[ 2013/02/25 12:53 ] [ 編集 ]
そうそう、カルロス様のコメントにありました通り、「TR-X」という姉妹車がありましたね。この時代からクルマのスタンダードになる「角型ヘッドライト」を異型4灯に配したモデル、私もこのTR-Xのフロントのほうがどちらかというと好きでした。

ところでこの時代、スタイリングの良さをイメージ付ける一因として、サイドからリアへのウィンドウガラスを大きくとる手法がありましたね。さらに4ドアは「ピラーレス」で開放感を増幅する造りのクルマが多数存在していました。ここ数年日本は「猛暑」に悩まされていますが、当時の日本にはあり得ない前提での造りだったのでしょうか?!

最近のクルマではごく標準的な「プライバシーガラス」ですが、もしこの初代レパード、サイドからリアが真っ黒だったら、このスタイリングをかなりスポイルしてちょっとカッコ悪いかも(笑!)

[ 2013/02/25 22:00 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
初代レパードはセリカXXを意識して開発されたようですが、TR-Xはその傾向が特に感じられますね。もともとフェアレディZを意識してセリカXXが造られ、そのセリカXXを意識してレパードが造られ、レパードを意識したのかどうかわかりませんがソアラが世に出され、その後レパードはソアラを意識するようになり・・・、とレパードは途中から仮想敵が変わっているんですね。ソアラの流れ、そしてセリカXXからスープラへの流れがそれなりに一貫していたのに対して、レパードの流れがふらふらしてしまったのは、やはりソアラの存在が大きかったようですね。
[ 2013/02/26 10:43 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
上級グレードにはブロンズガラスなるものが採用されているようですが、現在のプライバシーガラスのような黒いものはなかったみたいですね。
当時の日本も夏はやはり暑かったですから、後席は特に暑かったかもしれませんね。しかしながらこれぐらい開放感があると、レパードのドライバーのみならず、レパードの後ろを走るクルマのドライバーにとっても周囲の安全確認がしやすくて良かったと思います。
現在の過度なプライバシーガラスって、そのクルマの前がまったく見えないからまるでダンプの後ろについたような状態で怖いですものね。
[ 2013/02/26 11:00 ] [ 編集 ]
次期スカイライン、「3500cc+ハイブリッド」のみでスタート.....いかにも恐竜化しているようで、日本市場のニーズを一面的にしか見ていないのはやはり問題かと思います。
さらにあの深海魚を思わせる顔つきというものも、日本メーカーがいかに「迫力+社会的責任+凛とした精悍さ」というこのクラスに求められるデザイン言語を整合的に育て上げるノウハウを探しあぐねている印象が伺え、それだったらレクサスGS~新登場新型ISの盃グリルの方が「まだ立体的」で見るに耐えると思いますが如何でしょうか。
もちろんスカイライン=輸出名インフィニティG50に関しては今後五月雨式に3700ガソリン→2000cc4気筒ダウンサイジングターボとバリエーション拡充が行われ、そこからが本当の勝負と思いますが、「生臭くて鬼面相を驚かす」デザインでは乗りたい気持ちも半減するのは自明の理かと思います。
[ 2013/03/02 19:20 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
次期スカイラインの顔つき、個人的にはアテンザとそっくりに見えてしまいます。またアテンザだけでなく、特に目つきはBMWやアウディ等、ほとんどがそっくりに見えてしまいます。あの手のデザインが今の流行なんでしょうかね?
まあいずれのクルマにしても私には縁のないものばかりなので、余計にどれもがそっくりに見えてしまうのかもしれませんね。
[ 2013/03/03 12:52 ] [ 編集 ]
私の父親が2800のSF-Lに乗ってました。
カタログをソアラと見比べてどきどきしたり、こっそりとドライバーズシートに座り、「意外と小さいものだな」と感じたことが思い出されます。
免許をとって、引継ぎたいと申し出ましたが、追突2回でボロボロだったのでS13に乗りました。
今でも乗りたい車のひとつです。
[ 2013/03/30 22:09 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
レパードを引き継げなかったことは残念ですが、免許を取ってS13からスタートしたクルマ人生は当時の王道ですね。羨ましいです。
初代レパードは今となってはあったとしてもプレミアム価格が付いていますから、もう一度乗るにはかなりの覚悟が必要かもしれませんね。
[ 2013/03/31 09:04 ] [ 編集 ]
ドアミラーがオプション設定されてからのノンターボZGXに乗っていました。
ソアラと比べるとあらゆる面で性能が劣っていましたがスタイリングに関してはレパードの方が格好良かったと思っています。
前車V6搭載車だったらもう少し売れていたと思いますがL型エンジンでは時代遅れでしたね。
[ 2013/06/15 19:31 ] [ 編集 ]
きりん様

コメント、ありがとうございます。
このクラスともなれば、そのメーカーの最上級の位置づけですから、それに見合う技術的なパンチがちょっと足りなかったのかもしれませんね。
とはいえ、当時お乗りになられていたとは本当に羨ましい限りです。
[ 2013/06/16 15:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。