旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・ダイハツ・ロッキー(F300S型) 

130213a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130213a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130213a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130213a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130213a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130213a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年にダイハツから発売されたロッキー(F300S型)です。四駆ブームのさなか、パジェロやサーフ等よりもコンパクトな車体で、スズキ・エスクードが先鞭をつけたライトクロカン分野へ投入されましたが、最初から最後までエスクードの影に隠れ、とても存在感の薄い一生を終えたマイナー車でした。

 さて、このロッキー、カタログではイメージキャラクターの相原勇さんを始め、チャラチャラした若い男女が軟派な雰囲気をそこかしこから振り撒いています。しかしカタログの軟派なイメージとは正反対にクルマ自体はとても無骨で頑丈、硬派な存在で、どちらかというとカタログ中の若い男女ではなく、「通」が好みそうなクルマですね。

 個人的にはこのロッキー、全長をもう少し長くしてトランクスペースを確保し、さらに後部座席ももっと簡易なもの(できれば脱着式)で防水仕様になっていれば、理想的な「仕事グルマ」になるなぁなんて考えてしまいます。脱着式のレジントップやリヤウインドウというのは現実的にはその保管スペースの関係から有効利用できるユーザーは限られてくると思いますが、レジャーという観点からではなく、実用性の面からも様々な可能性が生まれてきそうですね。

 そういえば、先日ダイハツが災害初動支援車を年内に発売するという記事を読みました。災害初動支援車といっても何も特別なクルマではなく、ハイゼットの荷台にヘルメットや消火器、チェーンソー等の道具が30種類以上積み込まれたコンテナを載せたものです。なんでも普段は普通の軽トラとして使用し、いざと言うときにはそのコンテナを積んで初動支援に駆けつけるようです。コンテナ積載にユンボやリフトなどの重機は不要なようですので、地域の公民館等にそのコンテナをひとつ用意しておくと重宝しそうですね。

 昨今、EVやHV車の普及から、それらのバッテリーを非常用の蓄電池として使うという提案が各メーカーから出されるようになってきました。これはこれで、大容量の電池を有効活用するとても良い提案だと思います。そしてハイゼットの初動支援車、これもごく普通の「軽トラの荷台」を有効活用するとても良い提案だと思います。

 ロッキーのように屋根を取り外すことができるような四駆ならさらに活用方法が増えそうですね。さらに、ロッキーに限らず、我々が普段乗っている自分の愛車についても、軍手と懐中電灯を常備しておくだけでずいぶん心強い存在になりそうです。何気なく毎日乗っている我々の愛車ですが、ダイハツの初動支援車を参考にして段ボール箱1箱分の自分なりの「初動支援セット」を準備するのも良いかもしれませんね。

ロッキーSX(F300S型)
全長×全幅×全高 : 3705×1635×1725mm
ホイールベース : 2175mm
車両重量 : 1250kg
エンジン : 直4OHC 1589cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/02/13 14:40 ] 1990年代ダイハツ | TB(0) | CM(12)
ダイハツ ロッキー、ありましたね。私の記憶では、トヨタはブリザードという名で売られていたような気がしますが、別物だったでしょうか。
ところでこのロッキー、レンジトップやリヤウインドーを取り外せるようになっていますが、いいんでしょうかね。私が乗っていた初代ハイラツクスサーフの時代には、運輸省の許可が下りず、海外では簡単に外せるようになっているのに、国内仕様はボルトでがっちり止められ、その上からカバーされていました。もっともかなりの重さだったので、キャノピーの脱着も大変だったろうし、外した保管場所も困るので実際に挑戦するかどうかはわかりませんが、1度はその開放感を味わって見たいと思いました。サンルーフもオプションで付けましたから。
中越地震では、その後私の町内にも防災用品が配備されましたが、このダイハツのようなものがあれば、私はぜひ進言したいと思ったでしょう。なんせ、私の町内の軽トラの普及率は90%以上ですから。
[ 2013/02/14 18:20 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
トヨタのブリザードは、ロッキーの兄貴分にあたるダイハツ・ラガーがあてられていたと思います。ダイハツ・タフト、ラガーと続くロッキーよりも一回り大きな車種でしたね。
ロッキーの屋根や窓が取り外しできることについての法的な問題については、残念ながら私は詳しく存じ上げておりません。ロッキーのちょっと前にあった日産のパルサーエクサも同様の構造ながら国内仕様では取り外しができないようでしたから、何らかの規制緩和があったのかもしれませんね。
新潟中越地震、私ははっきり憶えています。この地は震度3程度でそれほど大した揺れではありませんでしたが、自宅の工事中に起きました。まだ骨格ができたばかりの頃に揺すりましたので、私の胃は直径3センチぐらいの穴が10個ほどあいてしまったような気持ちでした。
下痢状態のお腹をさすりながら、仮設住居(離れです)のテレビで刈羽原発の火災の様子を観ていたのがまるで昨日の出来事のようです。
新潟のカルロス様、そして愛知の私、遠方といえば遠方ですが、小さな日本の中ではご近所さんですね。お互い、いつ来るかもしれないさらなる大災害に対して、できる範囲での備えをしておきたいものですね。
[ 2013/02/14 20:40 ] [ 編集 ]
 このカタログ、正にバブルの頃ですね。懐かしいー・・・。
 ダイハツロッキーってこんな車だったんですか。当時のCMの中で相原勇さんが「ろっきーー。街乗りだー 山乗りだー」って言っていたのは記憶にあるんですが、車自体の記憶は全然ありません。
 でも今見ると、なかなかどうして結構カッコいいじゃありませんか、かなりの余剰金があればセカンドカーに欲しいです。(不景気な我が家では当然ムリですが。)
 エコカーというと最近はアクアのようなコンパクトカーが主流です、でもこのようなライトクロカン車版があっても面白いと思うのですが、EVのクロカンだったらかなりの登坂力が期待できますよ。あ、使うに当たっては、すぐに自宅で充電できる裏山での走行限定ですが。
[ 2013/02/15 19:56 ] [ 編集 ]
SUVがクルマのトレンドの一角を担っていた時代、懐かしいですね。
ロッキーのこの無骨なスタイリングは、本来このジャンルの「正統派」に思えますが、この時代はSUVがヘンにスタイリッシュ志向に振られるようになる傾向がありましたよね・・・このカタログの、クルマの造りとは似つかわない「軟派」な宣伝イメージがなんかちぐはぐです(苦笑)このカタログのクルマが「RAV4」だったらある意味納得いきそうですが!

災害初動支援車の話題で思い出しましたが、今年1月14日の関東地方の大雪、災害とは違いますがあまりにも関東住民の「雪」に対する意識の低さ(私含め・・・)をまざまざと見せつけられました。

その日、さすがにクルマは使えないと踏んで、家内と息子と歩いてスーパーへ買い物に出かけたのですが、途中の幹線道路の坂道で、登り車線にはスタックして動けないクルマが3台(ニュースでご覧になられたあんな光景そのもの!)そのせいで坂下の車線には進めないクルマが大渋滞。挙句4駆やチェーン装備のクルマは、対向車線に出てスタック車をパスしようとしていますが、その坂上からはひっきりなしにクルマが進入し正面衝突しそうな状況・・・イメージ的には、工事車線規制で「一車線相互通行」の誘導人が不在の状態で衝突必至・・・そんな感じでした。

たまたま通りがかりの歩行人でしたが、さすがに「これはまずい」と思い、スタックしている3台を家内と息子と、道路際の住人の方々で後ろから押して払うのですが、今度は坂下のクルマがクリアになった登坂を登りきれずまたスタック、事態は変わない・・究極は110番通報しても全くつながらないので、家内とふたりで坂の上下から車線誘導までしました。

ここ数年に無いほど、今回は関東としては「大雪」の1日だったのですが、そのような日に出くわす確率は低くとも、やはり関東でもクルマを使う者としては「雪」の最悪の事態を想定して、最低チェーンや軍手などはきちんと「初動備品」として、クルマに積んでおくべきだとあらためて感じました。

雪国にお住まいの方々から見れば、関東の人間はあまりにも「甘い」
と怒られそうですが・・・
[ 2013/02/15 22:22 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
エスクードをはじめ、当時「ライトクロカン」として世に出されたクルマは現在全然ライトではない「ライトクロカン」になってしまっています。
このロッキーと同様のコンセプトでパジェロイオというクルマもかつて出されましたが、消滅してしまいました。クロカン車って、他の分野のクルマよりも巨大化の度合いが早いですね。
現在も文字通り「ライトクロカン」を貫いているのはジムニーのみ。軽のノウハウも四駆のノウハウも持ち合わせているダイハツですから、ジムニーの対抗馬としてのロッキーも見てみたいものですね。
[ 2013/02/16 13:01 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
今年の関東地方は積雪が多いようですね。都市は人口、道路、建物等が密集しており、田舎と違っていわゆる「あそび」の部分がないので、ひとつの歯車が止まるとすぐに全ての歯車に影響してしまうのが怖いですね。
地震、津波、大雪、台風、竜巻、さらには昨日のロシアのように隕石落下、それらの自然現象に対して我々一人ひとりの力などまったく無力ですが、できる範囲での備えはしておきたいものですね。
私はクルマの中に、チェーン、軍手、雨合羽、毛布、インバーター、懐中電灯、うちわ、爪楊枝などを常備しています。普段もっとも役に立つのは爪楊枝ですね。
[ 2013/02/16 13:23 ] [ 編集 ]
お父さん様のコメントに脇からすみません。
雪国の住人は、テレビで都会でのあわてぶりを見ると、小さくガッツポーズを少なからずしています。私の妻は、東京にもっと雪が降ればいいんだといっていますが、そんなことをしたらこっちに食料やガソリンが来なくなるんだぞと言い聞かせています。とは言いながら、テレビでその時の映像を見るのは好きです。特に今年の場合は、成人式と重なったため楽しませてもらいました。
[ 2013/02/19 12:51 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
雪国の方の感覚だと雪国以外の人間の慌てふためきようは滑稽に感じられるかもしれませんが、雪国以外の人間にとっては、結構雪の脅威というのは恐ろしいものです。
自宅建替えの話題は今までも何度か出しましたが、そのきっかけは積雪です。昭和になった頃に建てられたうちの母屋は、この地では珍しい「積雪60センチ」で屋根が倒壊しました。
倒壊の瞬間、私はその間近の2階で寝ていましたので、てっきり「東南海地震」が来たものだと思っていました。
翌朝、日が昇ってから近所を見渡しても壊れているのはうちだけ。地震ではなく、雪の重みで倒壊したと認識できたのは明るくなってからのことでした。
事情を認識できたので、付き合いのある工務店に修理の依頼をしたら、見積金額がなんと「8,000万円」。「一桁間違っているんじゃないの?」と問い詰めましたが、残念なことに間違いではなく、本当に「修復」にはそれぐらいかかるようでした。
どうも特殊な「伝統工法」なるもので建てられていたらしく、「修復」をするのならそれなりの職人を呼ばないとできないとのことでした。
大リーガーや売れっ子芸能人ならともかく、「修理」に8,000万なんて出せる人間いるんですかね?
私の甲斐性が無いばかりに、残念ながらその半額以下での「新築」を選択しました。

といういきさつで自宅を建替える羽目に陥ってしまったので、未だに「雪」が怖くてなりません。クルマでも「寒冷地仕様」というのがあるようですが、昨今では「寒冷地」でない地域でも「寒冷地」に急になってしまう事例が多々あるようなので、「雪国」でない地域の人間も「雪国」の感覚をもっと学んだほうが良いかもしれませんね。過去の自分の経験から、自戒することばかりです。
[ 2013/02/19 20:32 ] [ 編集 ]
カルロス様のコメントを拝読しましたが、まさに「そう思われて然り・・・」といった感想です。

学生や社会人になりたての頃、スキーブームで私自身もよくクルマで雪道を運転していましたが、滑らなくなってから約20年、そこそこの雪道を運転する機会もなくなり、今雪道をきちんと運転できるかと問われると、正直なところ自信がありません。

しかし、前回コメントのあの光景は、本当に「雪道を運転したことがないドライバー達」の、まさに「修羅場」でした。

とにかく脱出したいが為にやみくもにアクセルを踏み、ただホイルスピンするだけでタイヤが焼ける匂い、チェーン装備のバスが我が物顔で対向車線でスタック車をパス、その傍らチェーンすら付けていない「客乗せ」タクシーがコントロールを失ってリアをガードレールにヒット、前の車が進めない後続車のドライバーが降りて来て、スタック車を押している私達に文句だけを言うヤツ(これはさすがに「だったらてめぇも押すの手伝えよ!!」とキレてしまった!)

挙句、坂下でスタックしたオデッセイ運転のおばちゃんドライバーからは「あんたが運転して走れる反対車線まで誘導してよ・・・」

恥を曝すようですが、関東はこんな感じなのです。修羅場になると人間性が出るというか・・・
雪道を生活で走るドライバーと比較するつもりは毛頭ないですが、
それにしても、あまりにもこのパニックを理解し判断する力が無さ過ぎなドライバーばかりで
ちょっとショックでした。

今日も東京は、一瞬ですが昼に雪が舞いました。
1月14日以降も、積もらないまでもちょこちょこみぞれは降っていて、関東はこれまでにない寒さに見舞われています。震災の時との比較は出来ませんが、やはり私達も、「あり得ない」が「あり得る」という発想での生活レベルでの危機管理をきちんと考えなければいけませんね。

kurumamaniacs様のコメントで思い出しましたが、3.11の震災で被害を受けた同僚の茨城の実家は、剥がれ落ちた屋根瓦の修復で500万くらいかかったそうです。なんでも、いわゆる「ワンメイク」で、代替が効くような汎用性がないものらしく・・・

[ 2013/02/19 22:05 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
改めて、大変な目に遭われましたね。関東だけでなく、名古屋も似たようなものです。まあ、私が住んでいるのは郊外の田舎で、たまに雪が降ると近所のガキどもがそこかしこの休耕地で雪だるまを作っているようなのんびりした地域ですが。
都市部というのはコンビニやファーストフード店にも駐車場がありませんので、どこかにクルマを停めてチェーンを付ける、ということもできません。太平洋側の都市部は根本的に「積雪」が想定されていないんですよね。
都市設計が「積雪想定外」ですから、対策は一人ひとりのドライバー側でするしかないですね。
[ 2013/02/20 11:37 ] [ 編集 ]
 雪ネタに私も割り込みさせていただいてよろしいか。(ハザード:カチカチ)
 私が現在住んでいる栃木県は県北と県南ではスタッドレスタイヤの装着率が格段に違います。福島県に近い県北は当然、積雪や凍結が多いため冬場のスタッドレス装着はほぼ100%ですが、県南の車は60%ぐらいでしょうか。
 私自身の中では県南は関東地方ですが、県央県北は「北関東」と思っています。私の車も当然スタッドレスは装着しています。

 ただ、スタッドレスタイヤも雪深く積もった新雪には手ごわく、発進時にスタックすればどんどん駆動輪が沈んでゆき、牽引してもらわないと脱出不能になることさえあります。(私、1回やりました)
 唯一、自力で脱出する方法は、「タイヤチェーン」を装着することです。それも鎖の昔からあるチェーンで十分です。

 何万円もするスタッドレスに履き替えるより、雪の無い地方の方は数千円で買えるチェーンを冬場は積んでおいたほうがよろしいかも、たとえ自身で装着できなくても、このブログに集う諸兄のような方々が手伝ってくれると思いますから。
[ 2013/02/21 19:05 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
皆さん雪道ではいろいろとご苦労されているようですね。nishiyan様がおっしゃる通り、私も雪国でない地方であってもチェーンは携行しておいたほうがよいと思います。
さらに加えるなら、軍手と百均で売っているような雨合羽も必須だと思います。ドライブ途中でチェーンを付けなくてはならない時というのは、ほぼ確実に吹雪いている時ですからね。
あと、やっぱりチェーン装着の練習を一度はしておかなくてはなりませんね。
[ 2013/02/22 10:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。