旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・スズキ・カルタス(AA41S/AB41S/AB51S型) 

130202a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130202a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130202a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130202a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130202a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130202a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年にスズキから発売された初代カルタス(AA41S/AB41S/AB51S型)です。スズキが発売した小型車としては60年代のフロンテ800以来の2台目。ホンダ・シビックのケース同様、二輪メーカーが四輪に参入し、軽自動車から小型車へステップアップするのはなかなか大変だったようですね。

 さて、この初代カルタス、地味で目立たない存在でしたが、このクルマもトヨタ・カムリ等と同様の世界戦略車です。海外では「スイフト」という車名が付けられていた地域もありましたので、現在のスイフトの始祖でもありますね。国内ではあまり存在感がありませんでしたが、米国では「下駄グルマ」としてずいぶん売れていたようです。

 このカルタスは、1981年に業務提携をしたGMとの共同開発車です。1981年と言えばスズキの二輪の中で今なお根強い人気を保ち続けているGSX1100S刀が海外で発売された年。既にバイクでは第一級の存在感を世界中に示していたスズキが小型車に本格参入したのがこのカルタス、そしてこのクルマは海外では「スイフト」と呼ばれていたこともあったというと、なんだか街で見かけるスイフトはスズキの四輪の象徴のように見えてきますね。

 ところで、現在のスイフトは先日世界累計販売が300万台を超えたとの報道がありましたが、そのうちの45%はインドでの販売なんですよね。GMと共同開発したカルタスから始まったスズキの小型車の流れは現在スイフトが担い、今後中国と並ぶほどの巨大な市場と見込まれているインドでカー・オブ・ザ・イヤー(2006年)を受賞するまでになりました。

 初代カルタスが出たとき、個人的にはまったくカッコいいクルマとは思えず、舘ひろしさんをCMに起用してしまったらカルタスのカッコ悪さが余計に目立ってしまうだろう、と思っていました。そんなカルタスからスタートしたスズキ・スイフト、トヨタ・カムリやホンダ・アコードとは異なる分野での日本を代表する世界戦略車に育ってほしいものですね。

カルタス1000・3ドアGS(AA41S型)
全長×全幅×全高 : 3585×1545×1350mm
ホイールベース : 2245mm
車両重量 : 640kg
エンジン : 直3SOHC 993cc 60PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/02/02 12:10 ] 1980年代スズキ | TB(0) | CM(18)
こいつの車重はとんでもなく軽かった、600kg台半ば―今ならサイドカー付き大型バイクでもそのぐらいのものが考えられるレベルだ。
そうそう、後輪サスペンションはリーフスプリングの板バネで同社の軽自動車スズキ・アルト/フロンテ譲りの基本構造だったのは印象的だ。
こうした並外れたシンプルさの功罪で、乗り心地はハッキリ言って論外に近かった一方でめちゃくちゃ軽快に走り、特に1984年に追加された1300cc版はゼロヨン17sec強、最高速も163-171km/h!!!!という1.8/2.0リッター車並みのジャイアントキラーぶりで(国内では精彩を欠くも)輸出では隠れたるベストセラーの一角だったことが思い出されるものです。
小型・軽量にまさるもの無し―そんな小型車設計の原点というのは時代を超えて不滅ということを思い知らされる一台ではないでしょうか。
[ 2013/02/03 21:29 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
現在は安全性の面からもここまで軽量にすることはかなり厳しいと思いますが、やっぱり小型・軽量というのが一番ですね。
このクラスの「グローバルカー」はおそらく新興メーカーもどんどん参入してくると思いますので、スズキがどこまで頑張れるのか、楽しみですね。
[ 2013/02/04 09:42 ] [ 編集 ]
スイフトがカルタスの海外ネームだとは知りませんでした。
ちなみに、私の車ハイゼットは660cc970kgで64ps、これは1000cc640kgで60psこうやって比較すると、最近の車はずいぶんと小太りになってしまいましたね。それと、この頃はドアミラーとフェンダーミラーが混在している時期でしたね。
[ 2013/02/05 12:41 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
ハイゼットって、結構重いんですね。私が昔乗っていたミラージュは確か950kgぐらいで、1300cc、88PSでした。まあ今の軽はエンジンもターボ付きで強力ですし、車体も大きくて安全性も高いですからね。
パワーウェイトレシオと言えば、このところ、私は親不知の痛みの影響もあり、体重が3~4キロほど減ってしまいました。高校時代からずっと170cm60kgを保っていたのですが、今は体重が56kgしかありません。
なんとか体重を増やそうと毎晩たくさん食べているつもりなのですが、なかなか増えてくれません。世の中には一生懸命ダイエットをされておられる方もいらっしゃるようですので、少しばかりその方々の「お肉」を分けていただきたいと思っています。
[ 2013/02/05 20:28 ] [ 編集 ]
お〜、初代"リーフサス"カルタスですね。懐かしい。
これは後期型だからサス違うんでしたっけ?
カタログ初めて見ました。

当時は初代シビックみたいな形だと思ってましたが、
今見ると東欧の小型車みたいですね。
2トーン塗装とサイドモールがいかにも80'sですw

スイフトといえば、ミラージュのグレード名だった時代もあるんですよね。
時の流れを感じます。
[ 2013/02/06 22:34 ] [ 編集 ]
handam様

コメント、ありがとうございます。
このカタログのカルタスは「リーフサス」です。もう少し後のモデルから変更されたようですね。
初代カルタスが世に出された年にはシビックは3代目のワンダーシビック、ミラージュは2代目のエリマキトカゲが出されています。ターセル等も既に2代目になっていましたから、このカルタスがなんとなく一昔前のクルマに見えてしまいましたね。
[ 2013/02/07 11:52 ] [ 編集 ]
 私、知りませんでした。初代「カルタス」の足回りがリーフスプリング(板サス)だったなんて。
 kurumamaniacs様が仰ってみえるとおり、私もこの車ってどことなく野暮ったく見えて、ライバルとなるべくシャレードやマーチとは比べものにならないなというのが当時の感想でした。(失礼ですが・・。)
 でも提携先との関係や、まして世界戦略車となれば最新技術を投入したいところを敢えて抑えて、既存の構造を踏襲しなければならなかったところ、スズキの技術者の方たちの気持ちはいかがだったのでしょうかね。
 
[ 2013/02/07 23:10 ] [ 編集 ]
かつての記憶で「この初代ってターボモデルがあったような・・・」と思ったら、Web版のラインナップで確認できました。しかも1.3でなく1.Oのターボだったんですね(驚)後継車であるスイフトが世界戦略車であると同時に、スズキの「スポーツモデル」としてカルタスから進化した、その「原点」だとあらためて感じました。

ところでこの時代は、「女性ドライバー」を意識したカタログ表記がされているものが多いですよね。AE86なんかは、リセだとかライムだとか女性用向けにグレードまで設定してました(正確には1.5なので「85」ですが!)

今では街中でエルグランドなんかを女性(=お母さん?)が普通に操るシーンに出くわすのは不思議なことではなくて、それは現代の生活の手段として捉えればなんとなくも理解はできますが、この当時のように、女性に対して「パーソナルカー」としてのクルマの魅力をアピールしていた時代は、今ではあり得ないかもですね。

「彼女が自慢」する、クルマの助手席に乗せてもらうシーンもありでしたか(笑)
[ 2013/02/07 23:43 ] [ 編集 ]
nishiyanさん:

レスありがとうございました。
異型ライト=後期型とすっかり思い込んでましたが、
前期型の上級グレードだったようですね。
後期型の異型ライト(GT-iが出た頃の)はもうちょっと平べったい形だったような気がします。
同じカタログにSAE規格角2灯が載ってるのが不思議でしたが、納得しました。

お父さんさん:

女性仕様車はカローラのセダンやブルーバードにもありましたね。
今はそういうグレード展開はなくなったかと思いきや、
軽自動車の世界ではグレードどころではなく
車種単位でそういう事してますね。
[ 2013/02/08 01:13 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
スズキは初代アルト(リーフサスでした)で廉価な「軽ボンバン」というブームを作りましたから、このカルタスもその延長線上なんでしょうね。「軽ボンバン」ではなく「小型ボンバン」、米国ではそのシンプルさが受けたんでしょうね。
[ 2013/02/08 11:09 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
ボディカラーや内装の装飾等による女性向けグレードだけではなく、これからはどんなクルマにももっと「女性向けの配慮」がされていくと思います。
小柄・非力な女性でも車両感覚がつかみやすく、死角ができにくい車体を設計することは、同じく小柄・非力な高齢者にも歓迎されると思います。
最近では軽でもバックモニターが搭載されている車種もありますが、あれも完全に女性や高齢者向けの配慮ですね。
もっとも、個人的には電子機器に頼る「運転しやすさ」ではなく、「ボンネットの先端が見える」「ドアミラーの付け根部分の死角が少ない」等の部分での「運転しやすさ」をもっと突き詰めて欲しいと思っています。
[ 2013/02/08 11:30 ] [ 編集 ]
handam様

補足コメント、ありがとうございます。
カルタスに限らず、この時代はグレードが妙に多いので同じ車名のクルマでもグレード・時期によってその性格は大きく異なりそうですね。
[ 2013/02/08 11:35 ] [ 編集 ]
個人的には3ドアのGT‐iが好きでした
CMキャラクターが舘ひろしさんというのもいいですね
西部警察やあぶない刑事のファンですから
別ネタになりますが
次期アルトにワークス復活してほしいです
ダイハツはコペン後継車 ホンダはビート後継車の
スポーツタイプの軽自動車を出す予定なのに
せめてスズキも次期アルトにワークスを復活してほしいです。
[ 2013/02/11 01:55 ] [ 編集 ]
シークレット様

コメント、ありがとうございます。
カルタスGT-iの流れは現在もスイフトスポーツへ引き継がれていますね。
今のアルトはエコ性能の方向へ振られすぎているので、同じ車体でホットモデルを用意するのはちょっと難しいかもしれませんね。
コペンやビートが新たな「軽スポーツカー」というブームを作り出すのであれば、スズキも既存車の派生モデルとしてではなく、専用設計の「ワークス」を出すかもしれませんね。
[ 2013/02/11 11:05 ] [ 編集 ]
kurumamaniacs様仰せの通り、これからは高齢化社会に向けて「小柄・非力」な高齢者、そして女性向けのクルマ造りが一層進みそうですね。運転をアシストする電子デバイスが満載されている最近のクルマですが、私もボンネットの端の見切りのよさだったり、もっと「直感的」にクルマをよい意味で「ツール」として扱える開発の方向性も必要だと思います。

ところで今日、スーパーの駐車場で、とある「お母さんと娘さん」と思しき二人が、国産旧車に乗り込むシーンを目撃しました。
この旧車、ミョーにカッコイイクーペでしたが名前を思い出せず・・・
キーワードは「マツダ車、90年代くらい、ちょっとカマロっぽいスタイリング・・・」

どうも引っかかってしまったので、家に帰り中古車販売サイトで調べたら、マツダの「MX-6」でした!
今見てもとてもよいスタイリングですね・・・お買い物の帰りのシーンでしたが、このクルマが現役だった頃はもっとパーソナルなシーンで使われていたはずでしたか・・・

クルマ好きとしては、高齢者や女性に配慮したクルマ造りとともに、
やっぱり単純に「カッコイイ」と思えるクルマも造って欲しいと思うのですが・・・
[ 2013/02/11 18:08 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
MX-6、とても珍しいクルマに遭遇されましたね。このクルマ、カッコいいクルマだとは思うのですが、確か現役時代もトータルで5、6千台しか販売されなかったと思います。プリウスやアクアの一週間分がトータルの販売台数というのもある意味すごいクルマでしたね。
カーセンサー.netで中古を検索したら1台のみ登録されていました。
お父さん様が昨日遭遇されたMX-6、いつまでも走り続けてくれることを願いたいですね。
[ 2013/02/12 11:55 ] [ 編集 ]
カルタス…実家で小さい頃に親が乗っていました。
このぐらいの使い勝手のいいコンパクトカーっていまの日本じゃ皆無ですよね。

免許を取り、会社勤めするようになってから販売個体を探したりもしてるのですが……なかなか見つからないですね、しょうがないですが。


カタログの画像が自分が持ってるカタログと違う版なのでうれしかったです♪
[ 2013/06/07 15:45 ] [ 編集 ]
ねも~様

コメント、ありがとうございます。
このカルタス、大きさは現在の軽自動車とほとんど変わりませんからね。それに現在の軽自動車は背が高いクルマが多いので、二台並べるとおそらくこのカルタスのほうが小さく感じられると思います。
まあそれだけ現在は軽も含めて皆堂々たる車格になってきたんでしょうね。
[ 2013/06/08 10:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。