旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人生のハードル、ひとつクリア! 

 今日は下らない独り言です。「人生のハードル、ひとつクリア!」なんていう大仰なタイトルを付けましたが、実は今日、親不知を一本抜いてきました。数日前から物を噛むたびに奥歯に激痛が走り、その激痛度合いと言えばまるで「目玉が飛び出すぐらい」。流石に耐え切れなくなってきたので、うちがずっとお世話になっている歯科医を訪ね、処置をお願いしました。

 うちがずっとお世話になっていると言っても、私自身が処置を受けるのは初めてで、祖母が寝たきりだった頃に往診に来ていただいていた先生です。その縁で父も母もその歯科医にお世話になっていましたが、ついに今日、私までお世話になることとなりました。

 親不知といえば、云十年前の学生時代に一度、当時住んでいた東京の歯科医に抜いていただいたことがありました。そのときも物を噛むたびに奥歯に激痛が走るようになり、当時お世話になっていたバイト先の先輩が見るに見かねて痛み止めのバファリンを下さいました。しかしながらそれを飲んだら体中に蕁麻疹が出てさらなる大騒ぎに。結局アレルギーは大したことなく治まりましたが、その後、当時二十歳過ぎだったにも関わらずよく高校生に間違えられていたほど私は童顔だったので、バイト先では「○○君は小児用バファリンじゃないとダメだな」なんてからかわれるようになってしまいました。

 バファリン騒ぎの後、実際に親不知を歯科医に抜いていただいたのですが、その時の記憶は、「まさしく地獄」。「麻酔かけたから痛みはありませんよ~」なんて先生はおっしゃいましたが、その先生、結構若くて筋骨隆々の男性で、私の親不知を引っこ抜くときの彼の力瘤を見てしまったので、「まるでランボーじゃないか!」と、視覚から恐怖感を植え付けられてしまいました。

 そして今日、ランボーのような先生ではありませんでしたが、過去の失敗を繰り返さないように私はずっと目を瞑っていました。「痛かったら左手を上げてくださいね!」と先生が優しい声で言ってくださいます。

 先生が処置に入った瞬間、私は左手を上げました。目を閉じていましたが、歯茎と歯が引き裂かれ、繊維が切れる音が「ビチッ、ビチッ」って聞こえる(感じられる)んですよね。思わず、「痛い!」と言ってしまいました。

 先生から「本当に痛いですか?」と問われ、「いや、痛くないけど音が聞こえるんです」と答えたら、「はっはっはっ、奥歯は耳に近いから骨を伝わって振動が音に感じられるんですよね~」なんて鼻歌交じりに笑いながら「もうちょっとでちゅよ~」なんて赤ちゃん言葉まで使いやがります。

 私の頭は真っ白でしたが、そうこうしているうちに「はいっ、抜けた!」と私の目の前に血まみれの親不知を差し出す無神経さ、医師って、やっぱりちょっと変わった方でないと務まらない職業のようですね。

 いろいろと思うところはありますが、先生のおかげで親不知を抜いた後は今朝までの痛みがまったくなくなり、先ほどは早速すき焼きを食べてしまいました。ここ数日、おかゆとお茶漬けばかりだったので生き返った気分です。

 とっても人当たりがよく、うちとは数十年にわたってお付き合いいただいているその歯科医の先生、レントゲン写真を見ながら、「まだ2本残ってるけどどうする?きっとそのうちに今と同じ痛みが出てくるよ。」とニコニコ笑いながら脅迫してきます。

 「ありがとうございます。とりあえず、当面の痛みはなくなると思いますので、また痛みが出たらお願いします。きっとその頃には今日の歯茎と歯が引き裂かれる音の記憶も薄れていると思いますから。」と、精一杯の回答をしておきました。

 「人生のハードル」、まだあとふたつありそうです。「敵は本能寺にあり」、「ブルータス、お前もか」等々、いろいろと歴史的な名言が残っていますが、自分の口の中というのもなかなか侮れないですね。



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/01/28 21:06 ] その他 | TB(0) | CM(10)
 抜歯や手術なんかは、終わったあとついつい人に話したくなってしまいますよね。特に味わった苦痛とその恐怖感が大きいほど。   
 私、30歳の時、腸の開腹手術を経験しました。手術自体は全身麻酔だったので痛みを感じることはありませんでしたが、問題は麻酔から覚醒した後の術後の痛み、痛みに耐え切れずナースコールをし看護師さんに痛み止めを注射してもらいます。多分モルヒネのような麻薬性のものだと思われますが投与された直後は痛みが足の先へ「シュー」と抜けていき体が奈落の底へ落ちていく感じで、とうとう3回目のコール時に「習慣性ができるのでこれ以上投与できません。」と言われ、薬物中毒というのはこのようにしてなっていくのかな。と痛みをこらえながら妙に納得したしだいです。
 極めつけは抜糸時、主治医でなく一番ワイルドな医師が抜糸したのです。なぜワイルドかというと術後のリハビリ時、点滴をぶらさげ窓から病院職員の駐車場を眺めていたら、一台の「ディアマンテ」が暴走車の如く駐車場に入ってきて、あろうことか通用口の入り口に斜め駐車、ドアが開きワイルドDrがドアロックもせずに車から降りて通用口へと入っていきました。(あんた、そこ駐車スペースじゃねーだろ!)
 抜糸といっても糸ではなくホッチキスの針で傷口が止めてある感じで、その針をワイルド不法駐車Drが車の運転と同様、豪快かつ早業(荒業)で抜いていきました。私がどのような状態だったかはご想像のとおりです。
 ついつい昔の思い出話で長文になってしまい申し訳ありません。でもあれから私は病気らしい病気はしていません。健康万歳。
[ 2013/01/29 20:11 ] [ 編集 ]
私の場合は3本抜いているので、「人生のハードル」は、あとひとつです(笑)最後の1本はかれこれ10年以上前に抜いたのですが、あの大きな抜歯ペンチが口中に入り、麻酔で痛みこそ無いものの歯茎からグリグリという音だけを感じつつ歯が「剥がされる」感覚、痛みが無いだけにかえって恐怖でした・・・

思い出したのですが、子供の頃に通っていた近所の歯医者さん、親から聞いた話では実は知る人ぞ知るかなりの「名医」だったそうです。たまたま一番近い歯医者だったので通っていましたが、市外から来る患者も多数で、風貌や物腰の穏やかさといった人柄、それに確かな技術力が「口コミ」で広がったのか、待合室はいつも満員でした。後から知ったのですが、この先生、御巣鷹山の日航機墜落事故の際に、遺体の歯形鑑定を依頼されたほどの「権威」だったそうです・・・

ところで最近うちの職場では、ご時勢に漏れずほぼ日替わりで「インフルエンザ」にかかった同僚が続出しています。よい仕事を遂行できるのは、やっぱり「健康」あってのことですよね。基本的なことですが、最近は「手洗い・うがい」を入念にやってます。

[ 2013/01/29 22:07 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
nishiyan様のコメントを拝見し、思わず寒気がしてきました。親不知の抜歯ごときで騒いでいる自分が恥ずかしくなってしまいますね。
私も先生から麻酔が切れた頃に痛みが出るかもしれないと言われ、痛み止めの薬をいただきましたが、幸いなことに特に傷みが出ることも無く、薬を飲まずに済みました。
今日の朝食後で、食後に飲む化膿止めの薬も終わりましたので、これで一安心です。あとは残り2本の親不知が問題を起こさないように願うばかり。現時点で私の歯は30本、できることなら30本のままでお墓へ入りたいと思っています。
[ 2013/01/30 11:12 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
もう3本抜かれているということは、私より1本「ハードル越え」の先輩ですね。それにしても親不知って不公平ですよね。4回ハードルを越えなくてはならない方もおられれば、1度も超えなくてよい方もおられます。誰もが同じような時期に4本抜かなければならない存在であれば諦めもつくのですが、ハードルが現れる回数も時期もバラバラ。こういう存在の「歯」があるということは、「人間」という種が進化なのか退化なのかわかりませんが、徐々に「変化」していることの証しなんでしょうね。
インフルエンザ、ずいぶん流行っているそうですからお互い気をつけなくてはいけませんね。
[ 2013/01/30 11:27 ] [ 編集 ]
いつの世も、歯医者さんは行きたくない場所の上位にランクされていますね。私も、小さい頃の思い出から、この歳になっても優しいと聞くとその歯医者さんに行ってしまいます。まあここ近年は医師よりも、受付や助手のお姉さんの容姿が選択基準になっていますが(笑)。
[ 2013/01/30 12:41 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
私にとっては学生時代に1本目の親不知を抜いていただいたとき以来の歯医者さん、残念ながら受付のお姉さんの美人度チェックをする余裕はまったくありませんでした。
待合室で自分の名前が呼ばれるのを待っている間は漠然と「いつ執行されるかわからない処刑を待つ死刑囚はこんな気持ちなんだろうな~。」と考えていました。
待合室に用意されていた雑誌を手に取ってみたものの、目は文字を追っていますが、頭にはまったく文字が認識されてきません。「心ここにあらず」の状態でした。
私は「虫歯」はないので、虫歯治療ということで歯医者さんのお世話になることは今までありませんでしたが、流石に中年オヤジの年齢になってくると、「歯石除去」をしたほうがよいと勧められました。
自分でもしたほうがよいと思うのでお願いしようとは思っていますが、またニコニコ笑顔で「親不知、抜く?」なんて言われたら失禁してしまいそうです。今後もあと二人いる自分の口の中の「謀反者」との戦いが続きそうで嫌になってきます。
[ 2013/01/30 20:25 ] [ 編集 ]
小生も20年前の就職活動の時に抜歯を受けたことを憶えております。
中でも歯肉周辺の支台形成や神経を抜く時は想像を絶する痛み―麻酔をしてもしても追いつかないレベルだったことは今も記憶に新しいです。
それでも案外、失神寸前まで至らず少なくとも平常心は保てたのは治療中に脳裏に「逆境に耐えて走り続ける」ベンツSクラスやアメリカ車ビュイック(GM)などの大型高級車、さらに日野や三菱ふそう等の重量トラックの姿が浮かび、知らずに自分を同一視していたからかも知れません(苦笑)。
[ 2013/02/01 03:57 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
親不知の抜歯はやはり「嫌な記憶」として何十年経っても忘れることはできませんね。
私が学生時代に最初の抜歯をしていただいたときには、「逆境に耐えて走り続けるベンツ」ではなく、「敵の首の骨を折るスタローンさんの姿」が脳裏に浮かんでいました。ランボーに首を折られる敵と自分を同一視してしまったので、余計に恐怖心を抱いてしまったのかもしれません。
[ 2013/02/01 10:56 ] [ 編集 ]
私も先日、人生初抜歯を経験しました・・・しかも2本!

それでもあと2本親不知が残っています
あの激痛ったらないですよね。

応援クリックしておきました♪
[ 2013/02/09 12:48 ] [ 編集 ]
コーティングハウスtoHeart古田様

コメント、ありがとうございます。
連続で2本も抜かれたとは凄いですね。私にはとてもあの恐怖を連続で味わうことなどできません。
お互いあと2本残っているようですが、なんとか抜歯せずに済ませたいものですね。
[ 2013/02/10 12:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。