旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・カムリ(SV10/11/12型) 

130122a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130122a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130122a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130122a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130122a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130122a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1982年にトヨタから発売された2代目カムリ(SV10/11/12型)です。初代は1980年に登場したセリカカムリでしたが、あちらはカリーナの姉妹車でFR車でした。現在世界中で販売されているFFサルーンの世界戦略車としての実質的な初代は、型式からも明らかなようにこの2代目カムリですね。

 さて、この2代目カムリ、カタログでも『新しい、大きなカムリ』、『長距離クルージングサルーン 大きなカムリ』と紹介されているように、そのコンセプトがとても明快なクルマです。カムリは途中で2代ほど国内専用車が用意された時期がありましたが、グローバルモデルとしてのカムリはずっとこの路線で進んできました。

 この単純明快なコンセプトが米国を始めとする世界中で受け、今や世界8カ国9工場で生産され、100カ国以上で販売されているトヨタの基幹車種となっています。米国では現時点で11年連続の販売台数No.1。そんな輝かしい栄光も、この『新しい、大きなカムリ』からスタートしたんだと考えると、カムリが歩んできた道は成功パターンの王道なのかもしれませんね。

 ということは、きっとこのカムリが歩んできた道は様々な新興自動車メーカーから徹底的に研究されていると思います。このカタログに記載されているキャッチフレーズの数々、『大きなカムリ、長距離クルージングサルーン、もっと遠くへ、もっと快適に。もっと豪華に。もっと楽しく。もっとエコノミーに。もっと力強く。』を煮詰めていけばベストセラーになるわけですからね。

 追う立場から追われる立場になったカムリ、私にとっては「大きすぎる」のでマイカーにすることはないと思いますが、世界の潮流を感じる対象としてこのクルマのこれからに注目していくことはとても面白そうですね。

カムリ・ZXツインカム(SV12型)
全長×全幅×全高 : 4435×1690×1395mm
ホイールベース : 2600mm
車両重量 : 1080kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 160PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/01/23 17:54 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(15)
いつも楽しく拝見させていただいてます。
このカムリは84年のマイナーチェンジ時のものですね。
登場当時はシンプル志向だった内装ですがカムリの二か月ほど後に発表されたマークⅡ三兄弟(gx71系)に似てます。
シンプル志向のままいけばカムリ・ビスタはどんな道を歩んだでしょうかね。
機会があったらまたコメントします。
[ 2013/01/23 21:25 ] [ 編集 ]
 先ずは最初に「カムリ」に対してのコメントではなく申し訳ないです。
 この当時、カムリクラスの車はもとよりディーゼル仕様の車種が沢山用意されていましたよね。(ホンダは除いて)小はシャレードから大はクラウン、セドグロまで。前東京都知事の「ディーゼル車追放令」の大号令とともに一時期国産車からディーゼル乗用車は皆無となりました。
 前置きはさておき、先日試乗しました。新型「アテンザ2.2XD」それはガソリンとディーゼルという意識を変えなければならないと痛感しました。
 加速感はガソリン車の軽いという感じではなくトルクがすごい「厚い」という感じで、「これディーゼル」という感じでした。(本当に加速感の太さはさすがです。)
 試乗後ディーラーの人に「どうでしたか」と言われ「いい車ですね。家内に相談します。あっ、その前に今度の点検また予約しますから。」と言って帰ってきました。なにせ先立つものが・・・。
 最後にこのCMの田中邦衛さん、トヨタカムリよりやはりニッサンジュニアのほうがよく似合いますよ。
 ちなみに、タテ目4灯ニッサンジュニアは私が子供の頃、町の消防団の消防車でした。
[ 2013/01/23 23:27 ] [ 編集 ]
デューク様

コメント、ありがとうございます。
仰るとおり、このカタログは84年に発行されたものです。
シンプル志向のままいけば、国内版のカムリ・ビスタが消滅してしまったように、現在「世界のカムリ」と呼ばれる存在にはなっていなかったかもしれませんね。
[ 2013/01/24 11:10 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
新型アテンザ、私はまだ試乗していませんが、評判はすこぶる良いようですね。カムリと完全に競合するクルマですので、ディーゼルエンジンの魅力も含めて、世界市場でどこまでカムリを脅かすことができるのか楽しみですね。
新型アテンザもカムリ同様、私にはちょっと「大きすぎる」のでマイカーにすることはないと思いますが、カムリともども、その動向を注視しようと思っています。
カタログやCMの子役、もし純君や蛍ちゃんだったらカムリにまた違ったイメージが付いたかもしれませんね。
[ 2013/01/24 11:32 ] [ 編集 ]
私も自動車ネタから入らず申し訳ありません。昨日、取り貯めたハードディスクのメニューを見ていたら、たまたま「私をスキーに連れてって」があり、つい2時間見てしまいました。そこに出ていた田中邦衛さん、いつまでも変わらず若いですね。田中邦衛さんと言うと、余りカッコイイというイメージは無かったのですが、この時代はCMにも採用されるくらいですから、カッコ良かったのでしょうね。
さて、カムリ・・・。この直線を基調とした、いかにもセダンらしいフォルムに好感がもてます。クーペは無かったと思いますが、あったとしたらきっとカッコイイスタイルになっていたでしょうね。実は、今のカムリも私は好きです。4WDが無くなったのは寂しいですが。まあ、カムリは冠からきているので、トヨタとしてもこの名前はポシャレないのでしょう
[ 2013/01/24 18:27 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
以前、ランサーの記事を書いたときに、カルロス様からお父様の最後のクルマがランサーだったとのコメントを頂いたと思います。私の父の最後のクルマはカムリでした。といっても、この記事のカムリではなく、国内仕様で最後となったSV40型のカムリです。
父の大病が発覚し、私は会社を辞めて家へ戻ってきました。それまで父はクラウンに乗っていましたが、自分の死期を悟ったのか、急に「小さなクルマのほうが便利だから」といってカムリに買い換えました(今のカムリだったらカムリにしなかったでしょうね)。
そして、あちらへ行かれました。きっと自分の中で、「冠」だけは譲れなかったのだと思います。
田中邦衛さん、あのタレ目具合といい、三枚目具合といい、父とそっくりなんです。おかげで、「北の国から」を見ているときなどは、ストーリー関係なく五郎さんの姿を見るだけで涙が出てしまいます。
私も「王冠」から「冠」にダウンサイジングして最期を迎えられるような人間になりたいと思っています。

[ 2013/01/24 21:22 ] [ 編集 ]
うがった見方で恐縮ですが、国内ではクラウン(=王冠)、米国ではカムリ(=冠)と、世界の2大自動車市場でのトヨタの戦略車はやっぱり「かんむり」を付けているのですね(でも「王冠」はやっぱり日本ですか!)

北米を筆頭に100ヶ国で販売されている車種だというのは驚きました・・・自動車新興国では日本の数十年前同様「そこそこ」大きなクルマが、まだステータスなのですかね。

モータースポーツファンとしては、現行カムリが米国のNASCARレースで、シボレーあたりと互角に闘っている姿が嬉しいのですが!
[ 2013/01/24 21:38 ] [ 編集 ]
すみません、私が「かんむり」コメントをアップした後に、kurumamaniacs様のカルロス様への返信をアップされたコメントを確認したので、ちょっと私のコメントが行き違ってしまったような気がしました、申し訳ございません。

追加コメントですが、この当時、田中邦衛さんは北の国から主演していた頃ですから、CMはともかく、カタログではそのイメージをちょっと彷彿させますね。
[ 2013/01/24 22:03 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
米国のように大きな国でカムリの人気が高いのはわかるのですが、先日発表された韓国のカー・オブ・ザ・イヤーも北米版カムリなんですよね。
大きな国でも小さな国でも大人気のカムリ、なぜか本家日本ではいまいちですよね。どうやら携帯だけでなく、クルマの好みも日本はガラパゴスになっているようですね。
まあ、日本でカムリがいまいちなのは、国内専用モデルとして王冠やマークXがあるからだとは思いますが。
[ 2013/01/25 11:06 ] [ 編集 ]
1984年式トヨタカムリ。
FF横置きの「Dセグメント国際戦略車」のいわば完成形ですね。
足を組んで座れるほど広大な後席を有した国産FF最大モデルだった同車、その知的な風貌やコンセプトに惹かれて個人的に憧れた時期もあるほどです。
何と言っても1983-84年に自宅で所有していた1978年式アウディ80GLE(1600cc/82ps 縦置きFF)が故障続きで殆どまともに走らないのに業を煮やして「次は国産車にしよう!」との父親の一声でクラウン/セドリックからマツダ・ルーチェ/コスモまでありとあらゆる国産中大型車のカタログを集めましたが中でもカムリの2000ツインカム・ZXは有力候補でした。
もっとも現実には1984年式アウディ80GL5E=1994cc/105ps 5気筒を買い、全く無故障で乗ったものですがカムリもそんなアウディに比肩する稀有な国産車と確信しておりました―三菱ギャランシグマ(FF)と並んで。
この他、それから4年ほど経って、大学に現役で合格した小生―たまたま中古車屋のチラシを手にした父親が二桁万円(軽の新車と同程度)にて'84年製のカムリ2000ZX 4速ATが掲載されているのを見つけて「おいお前、こんな中古車を買ってやるか?軽よりずっと安全だぞ!」と来た、そんな一幕も鮮明に憶えております。
等々、「カムリ」という記号に思い入れが多い小生ですが事情により時たま夜遅く個人タクシーで帰る際に都内某所より「カムリハイブリッド」の個人タクシーを選ぶのはあの頃の思い出が脳裏から消えないせいでしょうか.....やはり「三つ子の魂百まで」ですかね(笑)。
[ 2013/02/02 00:04 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
この代のカムリは「長距離グランドツーリングサルーン、大きなカムリ」として北米へ進出しましたが、今の感覚ではそれほど「大きなカムリ」ではありません。
カムリが北米で販売台数No.1になり始めたのは、日本で「カムリ・グラシア」として販売されていた代からです。その後、現行型に至るまでどんどん大型化されてきました。
現行型も大人気のようですので、おそらくグローバルカーとしては今の大きさが「売れる大きさ」なのでしょうね。もしSV10型カムリの代から販売台数No.1になっていたら、ここまでの肥大化はなかったのかもしれません。そんな思いで街ですれ違うカムリを見ると、このクルマはそこらじゅうで軽が走っているガラパゴス日本の中で、グローバルな尺度を提供してくれているようにも感じられますね。
[ 2013/02/02 10:52 ] [ 編集 ]
そうなんですよ、我が意を得たり!
現行カムリ・ハイブリッドは評価・売れ行きともに破竹の勢いのマツダ・アテンザ・ディーゼルと並ぶ「新しいタイプの大型セダン」の双璧.....ガラパゴス日本に呈示された国際派の価値観・キャラクターの具現化に思えてなりません。
その反面そんな「欧米サイズ」の図体は我が国の路上では持て余すことしきり、現に小生自身もカムリ/アテンザ両車より一回り小振りなレクサスIS350でさえも「戦車のように大きく」感じ取り回しに一苦労しているのだからむべなるかなです。
[ 2013/02/02 11:48 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
カムリにしてもアテンザにしても、あの車格があるからあれだけ魅力的なキャラクターを持つことができているという事実を私はまったく否定しません。私も余裕があればあのようなカッコいいクルマに乗りたいと思っています。
しかしながら、残念なことに私が住んでいる田舎の集落は昔からの「リヤカー道」もいまだに存在し、あのような大きなクルマを持つには軽トラが別途必要となってしまうんですよね。自分のクルマを1台維持していくのがやっとの私にとっては、アクセラがサイズの上限です。
クラウンやセドリックを次々に乗り換えていた親父、やっぱり軽トラも持っていました。親父の背中は大きいですね。
[ 2013/02/02 18:31 ] [ 編集 ]
そうそう、田舎の集落にはおっしゃるような「リヤカー道」もまだまだあるのには改めて驚きです。
現に某自動車評論家が1990年代半ばの自動車雑誌「モーターファン」で「ミドルクラス以上のクルマは集落入口にある駐車場に置き、自宅までは軽自動車もしくはスモールカーで出入りしている」という西日本の秘境を紹介していたのは記憶に新しいです。
その要領から行くと我が家は「レクサスIS350(家族と共有)と2006年式カローラランクス1800Z(弟が所有)は集落外の駐車場に停め、自宅まで出入り出来るのは小生の足・ヴィッツ1300Uしか無い.....」というパターンに置き換えられるのですかね、日本って狭いようで実に色々な地域・風土があるのですね!
当方も2004年式/106079km走行のヴィッツの先が見えてきたら次は軽自動車ダイハツミライースか、いっそのこと軽トラック(ダイハツハイゼット他)でも良いかとさえ覚悟しているほどです。
[ 2013/02/03 17:56 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
私が住んでいるのは「秘境」ではありませんが、お寺や神社を中心とした昔からの集落というのはどの地域でもたいていカムリクラスのクルマでは厳しい道路が不規則に張り巡らされていると思います。
地図を見ても、道路が格子状になっている地域か、そうでないのかで大体その地域の雰囲気が想像できますよね。
[ 2013/02/04 09:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。