旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダ・シビック(SC/SF/SH/SG型) 

130114a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130114a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130114a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130114a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130114a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1972年にホンダから発売された初代シビック(SC/SF/SH/SG型)です。このカタログはモデル末期のものなので、全車CVCCエンジン搭載となっています。初代シビックは、軽自動車ではそれなりの存在感を示していたものの小型車部門ではいまいちだったホンダを、「小型車のホンダ、ここにあり!」というぐらいにまで高めた立役者ですね。そんなホンダの看板車種だったシビックでしたが、残念ながら2010年に国内のラインナップからは消滅してしまいました。国内においては、肥大化したシビックが生き残る余地がなかったんでしょうね。

 さて、この初代シビック、合理的な設計思想が受けて大ヒットしたクルマですが、ホンダの現行ラインナップの中で、もっともこれに車格も走行性能も近いクルマというのは、意外にもN-ONEなんですよね。初代シビックの1.2Lモデルと、N-ONEのターボモデルを比較すると、車体の大きさはほぼ同じ(背はN-ONEのほうがかなり高いです)、エンジン出力も馬力・トルクともにほぼ同じです。

 「シビック」という車名にこだわらず、純粋に物理的なアウトプットだけで判断すると、初代シビックの時代から現在までの期間で、排気量は半分にダウンサイジングされているんですね。ホンダに限らずほとんどのメーカーが今まで同じインプットでアウトプットを増大させる方向へ進んできましたから、車名で判断するとどれもがどんどん大きなクルマになってきました。

 しかし昨今は欧州メーカーを中心にアウトプットを維持してインプットを減らす「ダウンサイジング」という流れが加速してきており、マークXクラスの車体で1.4Lというクルマまであります。国内においては先日発売された新型クラウンのハイブリットがこの流れですね。個人的には200PS、300PSといった高性能競争にはまったく興味がないので大歓迎なのですが、自動車メーカーの本音としてはおそらく嫌な風潮でしょうね。

 アウトプットを現状維持してインプットを減らす・・・、この風潮はおそらく自動車に限らずあらゆる分野で進んでいくと思います。「成長」の概念が徐々に変わりつつあるんでしょうね。しかしながら「給料を現状維持して出勤日数を半分に」というダウンサイジングが実現すればとても楽しい毎日が送れると思うのですが、現実は「勤務時間が増大して給料はダウンサイジング」。新たな先進国像を実現するにはまだまだ前途多難のようですね。


シビック・1200・3ドアDX(SC型)
全長×全幅×全高 : 3560×1505×1325mm
ホイールベース : 2200mm
車両重量 : 685kg
エンジン : 直4OHC 1238cc 65PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2013/01/14 18:23 ] 1970年代ホンダ | TB(0) | CM(12)
近所の先輩が、これに乗っていました。最初見たときの印象は、5ナンバー普通車なのに何でこんな小さい車を買ったんだろう、と思ってました。でもこの後のこの形状の車が大ヒットしたところを見ると、ホンダも先輩も先見の目が合ったのですね。それまでは、車と言えばセダンかクーペでしたから。それと、私の記憶では国産車で最初にリアワイパーを取り付けたのは、このシビックではなかったでしょうか。
限られたインプットの中でできる限り多くのアウトプットを生み出す世界。日本の技術者達は本当は、そんなことはしたくないのでしょうね。
[ 2013/01/15 12:37 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
私の従兄弟のお兄ちゃん(ちょっと日本語として正確ではありませんね。私より年長の従兄弟です)がこの初代シビックに乗られていました。よくこのシビックで近所の喫茶店へ連れて行ってもらったものです。私の記憶でも、後ろの窓にワイパーが付いているクルマは初めてでした。
ところで、ホンダにも先輩にもあったものというのは「先見の明」ですよね。「相棒」の水谷豊さんではありませんが、「細かなところが気になる性質でして」。
[ 2013/01/15 19:52 ] [ 編集 ]
小学生の頃の友人の家のガレージに、この初代シビックがありました。
しかし、この友人の家に初めて遊びに行ったときは、確か4ドアのコロナ(記憶が定かでなくてwikiで調べたら4代目のT8#というヤツでした)があって、子供心に「なんでコロナからシビックに買い換えたのだろう・・・?」と思ってました。

買い替えが先見の明だったのか、はたまた友人のご家庭の経済事情なのか、結局理由はわかりませんでしたが、あれから30年(きみまろ風に!)、ミドルサルーンからコンパクトカーへの買い替えなんて当たり前のこのご時世を、当時誰が予測できましたでしょうか・・・

しかし、最終形のシビックはデカくなりましたね。
もはやシビックは、30年を経てフィットやN-ONEに買い換える「ミドルサルーン」の位置づけなのでしょうか・・・
[ 2013/01/15 21:57 ] [ 編集 ]
先見の目ではなくて、明でしたね。変換したときに明と出たのですが、自分でも何か違う気がして、目のほうが意味が合ってるかなと勝手に思い込んでしまいました。
50代になって、こんな事も間違うなんて恥ずかしい(>.<)。
[ 2013/01/16 12:41 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
大きなクルマからコンパクトカーや軽に乗り換えるのがまったく抵抗の無い今の時代というのは、自動車メーカーにとってもっとも嫌な状況でしょうね。とはいえ、そのような状況を作ったのは紛れもなく自動車メーカー自身ですから、いわば自業自得。減税や補助金、そして現在の新政権ブームで一時的に持ち直しているように見えますが、根本的な問題点は何も解決されていないように思います。
結局のところ、若者だけでなく日本人全体が「クルマ離れ」しているんですよね。きっとメーカーはかつてのように皆が「いつかはクラウン」と思っていた時代を切望していることと思います。
[ 2013/01/16 17:19 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
細かなことを言ってしまい、申し訳ありませんでした。日本語って難しいですよね。私もいまだに新聞を読んでいて毎日のように読めない漢字、わからない言葉に遭遇します。あまりにも頻度が高いので、新聞を読むコタツの上には電子辞書をひとつ置き、家族皆がすぐに調べられるようにしました。新しい言葉もどんどん増えていくので、きっと死ぬまで電子辞書のお世話になるんでしょうね。
[ 2013/01/16 17:36 ] [ 編集 ]
コメント常連の方達には気が引けますが、久しぶりに投稿させて頂きます。いつも貴ブログは楽しく拝見させて頂き、kurumamaniacsさんの人生観等も車を通じてよく感じられます。今回シビックということで、タバコ屋の若かりし頃、衝撃的なデビューを果たしたクルマであり、興味深く拝見しました。また、アウトを変えずインを減らしてゲインが一緒ならそのほうが持続可能な方法であると・・・。その発想、感心しました。
シビックデビュー時の私の思い出としては、馬力、性能本位の宗一郎氏と時代の変化に対応しようとする久米是志氏(RA302のエンジン設計者)を中心とする若手グループとの大バトル(確執)の末、新しい時代のHONDAに脱皮した記念すべき第一号車であったように思います。私もそれに共感し、自分のお給料で最初に買ったクルマはCVCCアコードハッチバックでした。
すみません、貴ブログの記事でつい若かりし頃のことを思い出しました。ついでながら、偶然にも私のブログでもシビックのことに触れていますのでお時間あればご覧になってみて下さい。
タイトルは「鈴鹿サーキットのこと vol.3:混迷期」です。kurumamaniacsさんのコメント頂けるようなら光栄です。
[ 2013/01/16 21:32 ] [ 編集 ]
島のタバコ屋様

コメント、ありがとうございます。
昔、『器に非ず』という小説を読んだことがあります。ずいぶん前のことなのであまり細かな内容までは覚えていませんが、確か当時のホンダ内の確執を題材にした小説だったと思います。
どんな商品、サービスでも世に出されるまでには社内で様々なバトルがあるようですね。
多くの苦労の末に世に出された商品ですから、私はできるだけ長く大切にそれらを使い続けたいと思っているのですが、メーカー自身も国もできるだけ早く買い換えるように仕向けてくるところに矛盾を感じてしまいます。
貴ブログ、じっくり読ませていただいた上でコメント致しますので、その時にはよろしくお願い致します。
[ 2013/01/17 11:25 ] [ 編集 ]
お久し振りです。自動車ニュースのゆうすけです。前にコメントしてから、1年以上になりますかね(その間、訪問だけはさせていただいてましたが。旧車は詳しくない自分には、勉強になります)。

シビックといえば、自分は欧州仕様のハデなやつ(日本でもタイプRとして売られたような)が好きだったので、生産終了されることを知ったときは、寂しかったものです。

シビックで思い出したんですが、小学校のときに、美人の音楽の先生が乗っていた赤の5代目シビックは、周りが軽四ばかりだったこともあって、かっこよく見えましたね。
[ 2013/01/20 17:31 ] [ 編集 ]
ゆうすけ様

あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。
シビックは国内でこそ販売終了となりましたが、海外ではまだ新型の販売が続いているようですね。国内においては、本来シビックに求められていたものをフィットや軽が担うようになり、シビックの立ち位置が不明確になってしまったのだと思います。
これからも限定的に欧州仕様のタイプRが販売されることはあるかもしれませんね。
[ 2013/01/21 11:12 ] [ 編集 ]
kurumamaniacsさん こんにちは
1代目にあたるホンダシビックGLを見つけました。
道路際にある整備工場の裏、草むらの中に置いてありました。
放置なのかレストア待ちなのか不明ですが、イメージカラーだったモスグリーンボデイに、黄土色に近いシート、黄色のフォグランプとにかく懐かしく写真を撮りました。
[ 2013/06/18 15:40 ] [ 編集 ]
emojinobuta様

コメント、ありがとうございます。
流石にこのシビックにお目にかかることは最近なくなりましたね。きっとご覧になられたシビックはレストア待ちか部品取り用か、何らかの目的があって置かれていたのだと思います。
そのシビックがまた元気に走るようになってほしいものですね。
[ 2013/06/19 10:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。