旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・チェリーF-2(F10型) 

130106a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130106a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130106a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130106a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130106a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130106a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 新年あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

 今年の一回目は、1974年に日産から発売された2代目チェリーF-2(F10型)です。このカタログはクーペ専用のものですが、他に2ドアセダンと4ドアセダンが用意されており、日産初のFF車であった初代同様、3タイプのボディタイプが用意されていました。

 さて、このチェリーF-2、特徴的なスタイルだった初代からは一回り大型化され、サニーとほぼ同格のクルマになりました。スタイルも同時期の3代目サニーと似ていましたから初代チェリーほどのインパクトはなかったですね。その影の薄さが影響したのかどうかはわかりませんが、チェリーという車名はこの代で消滅し、後継はパルサーへ譲ることになりました。

 この代では似ているとはいえ、まだFFのチェリーとFRのサニーという大きな違いがありましたが、80年代に入ってからはサニーもFF化され、パルサーとサニーはスタイルが少し異なる姉妹車となっていきました。さらに90年代に入ってからはほぼ車名のみが異なる姉妹車となり、現在はどちらも消滅してしまいましたね。

 ところでこのチェリーF-2、石油ショック後の時代だったということもあり、一部のグレードに「エコノメーター」なるメーターが付いている点は面白いですね。カタログによると「運転席にいながらにして、その時々のエンジンの負荷状態が目でわかる」とのこと。ちょうどタコメーターの位置に付いているので、現在のハイブリットカーに付いているエコメーターとまったく同じですね。

 チェリーF-2が発売されてから40年近くが経とうとしており、もちろんクルマ自体は格段の進歩を遂げていますが、ヒューマンインターフェイスにおける部分でのアイデアはそれほど変わっていないようにも思えますね。

 今年はどんな新型車が出てくるのでしょう?旧来の延長線上で熟成を重ねたものだけでなく、あっ!と驚くようなまったく新しい価値観も見てみたいものですね。


チェリーF-2クーペ・1400GX-L(F11型)
全長×全幅×全高 : 3840×1500×1315mm
ホイールベース : 2395mm
車両重量 : 810kg
エンジン : 直4OHV 1397cc 80PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2013/01/06 14:18 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(12)
今年の一発目はチェリーF-2できましたか。仲間がそろそろ車を所有し始めた頃の車ですから、懐かしいですね。勿論その頃は新車で所有できるべくもなく、それなりの中古でしたが、楽しい思い出がたくさんあります。この頃の車は排気量を前面に押し出し、車名にも付けていた物が多かったような気がします。
それにしてもこのカタログのナンバーは「く」(くーぺの意味があるのでしょう)1400。今でこそ希望ナンバーがありますが、この時代どこをどうやったらこのナンバーを取得できたのでしょうか。しかも、ひらがなまで。よく見ると、縁もしっかりあってパチ物でもなさそうです。当時の運輸省(だと思います)によっぽどのコネがあったとしか考えられません。
今の時代、排気量を前面に押し出している車って見かけなくなりましたね。っていうか、ありましたっけ?
[ 2013/01/06 17:11 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
ナンバープレート自体が本物かパチ物かはわかりませんが、後ろからのカットを見る限り、後部プレートに封印はされていないようなので、このナンバーでの登録はされていないと思います。
その点、現在のカタログは写真のように見えても実はほとんどがCG。どんなナンバーでも思いのままですね。
もっとも仰るとおり、現在は排気量という概念よりも、「本来の排気量クラス」という概念が前面に出ているようなので、現実の排気量はあまり意味を持たないようですね。
[ 2013/01/07 11:47 ] [ 編集 ]
 小学生の頃の私は、この「チェリーFⅡクーペ」を大人になったら絶対買うんだ!と固く心に決めていました。
 330型グロリアのコメントのとおりクラウンやセドグロは買えなくてもカローラやサニークラスは大人になれば買える。ならばこのクラスのカッコいい車を買うんだと誓っていましたから。(高度成長末期&オイルショック世代のつくずく情けない小学生です。)
 でも、今この車のカタログを見て目にとまったものが「ルームランプ」メインがルームランプでスポットランプがマップライトでしょうが、何かその奥にはもっと違う目的が・・・。と邪な考えをしてしまいました。(いやですねー。中年オヤジは、こじんまり小学生の成れの果てです。)
 ところで、私も昨日「福袋」ディーラーで貰いました。中にはやはり「カルピス」が入っていました。
 
[ 2013/01/07 19:29 ] [ 編集 ]
今でこそFF車が大半を占める自動車市場ですが、このチェリーはまさに「FFのルーツ」といったところでしょうか。販売店名に「チェリー店」という名を冠するくらい、当時は画期的なセールスポイントだったのでしょうか。

私がこのカタログで目にとまったのは、Lグレードに装備される「トラッシュボックス=ゴミ箱」です。
ゴミ箱がカタログスペックの装備品なのもすごいのですが、最近のオートマ車ならまだしも、クラッチ切るのにアクセルを頻繁に開閉する足元に設置するという発想がすごいですね!?そもそも、右手をステアリング、左手をシフトという状態で、どうやって「ゴミを捨て」られるのでしょうか(笑)なんかセレステの回から完全にカタログの揚げ足取りになってしまい、申し訳ございません!

ところで偶然ですが、私も1月4日にラフェスタの今月車検の打ち合わせで日産ディーラーに行った際にもらった福袋の中身、kurumamaniacs様、nishiyan様と同じく「カルピス」が入っていました、しかも2本!!

他には味の素のCookdoo(ゴーヤチャンプルの素)、ウコンの力、クノールのスープパスタ・・・等々、やはりなんの脈略も無い食べ物のオンパレードでした(・・・まぁ実用的なものでありがたいのですがね)

カルピスって、もしかしてカーディーラー福袋の「定番」なのでしょうか??

[ 2013/01/07 20:08 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
私が子供の頃、親父は初代ルーチェに乗っていました。子供の目から見てもルーチェはとてもカッコよく、自分も大人になったらルーチェに乗りたいと思っていました。
そして今、私は親父のルーチェと同じ色、同じ排気量のアクセラに乗っています。親父はその後、クラウンやセドリックなど次々に乗り換えていきましたが、「いつかはクラウン」という感覚がなくなってしまった私は、おそらく同じ道を辿らないと思います。
(もっとも、正確に言えば「辿れない」ですけどね。)
[ 2013/01/08 10:34 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
地域、メーカーの枠を超えて「カルピス」。面白いですね。ところで福袋に入っていたカルピスには「味の素」という表記がありませんでしたか?私が貰ったカルピスには「味の素」と書かれていました。
カルピスは昨年、親会社が味の素からアサヒグループに変わったんですよね。ですので、現在新しく出荷されているカルピスは「アサヒグループ」と書かれていると思います。
ちなみに昨年頂いた福袋にはキシリッシュガムが1ダース入っていました。これにも「明治製菓」と書かれていたのですが、明治製菓も2011年に株式会社明治に変わっていたんですよね。
きっと福袋の中身は、ある意味で「旬なワケあり品」が入れられているのだと思います。
[ 2013/01/08 10:50 ] [ 編集 ]
kurumamaniacs様からコメントを頂き、早速帰宅後、着替えもせずに冷蔵庫へまっしぐら(笑)

すると・・・やはり「味の素」の表記が!!
1本はビンタイプのオーソドックスな濃縮還元型、もう1本はそのまま飲めるペットボトルの味わいカルピスでしたが、ともに販売元、業務提携という名目で「味の素」の名前を発見、昨年親会社がアサヒグループになっていたのはお恥ずかしながら存じ上げておりませんでしたが、まさに「ワケあり品」にヒットしたようで、ヘンに感激!?

さて、web版のカタログをあらためて拝見していて「ニッサンスポーツマチック」というミッションを発見。
決してオートマではない2ペダルで変速ショックなしという、まるでCVTの「原型」のようですね。この時代にこんなトランスミッションが存在していたのに驚いてしまいました。

しかも「我が国初のオーバードライブ機構装備」
コラムシフトのセダン好きだった小学生の頃、ギア表示にあった「OD」ってなんなのだろう?と思っていた懐かしい記憶が甦りました。

[ 2013/01/08 21:04 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
やはり「味の素」でしたか。今年は正月から「味の素」のカルピスを召し上がった方が日本全国に大勢おられるんでしょうね。
このスポーツマチックなるトランスミッション、私は一度も運転したことはありませんが、「アクセルペダルを離してチェンジしてください」と書かれているあたり、おそらくスーパーカブのギアチェンジのような感覚なのでしょうね。
個人的にはありがた迷惑な機能に思えてしまいます。
[ 2013/01/09 10:39 ] [ 編集 ]
 kurumamaniacs 様とお父さん様のやり取りを拝見していたら、私もウズウズしてきたので再度のコメントを失礼します。
 私のところは瓶入りの発売元「味の素」のカルピスが2本。他のものはこれまた明治製菓から(株)明治に変わった「カール」のカレー味が一袋、エリエール(大王製紙)のキッチンペーパー1組、ORIHIROのダイエットゼリー2個。以上なんという組み合わせでしょうかねー。大王製紙なんて以前違った意味で訳ありでしたもんね。
 話は変わりますが、私も25年ほど前に乗せてもらった「マックスクォーレ」550ccが確かノークラッチのマニュアル操作だった記憶があります。まさか原付みたいに遠心クラッチじゃないでしょうが、エンジン音がやたら耳に付き、トルクを無駄にして走っていたような覚えがあります。実際運転していないので詳細は分かりませんが、トルクコンバーター方式ではないと思いました。
[ 2013/01/10 19:07 ] [ 編集 ]
チェリーFIIのクーペはリアのクオーターウィンドウにフランスの名車シトロエンSMの面影が感じられて何か「装飾過多」な「とっちゃん坊や」的イメージが付きまとってかくも当時の日産のデザイナーは迷走していた様相が伺えるものです。
ただ同車、1976年に51年規制ツインキャブ92psを搭載したGXツインが設定された辺り「さすが技術の日産だな」という印象は受けました。
チェリーといえばもう一つ印象的なのは本来縦置きFR用のサニー系A型エンジンを横置きFFに配置転換しただけあって、トランスミッションはリバースに入っているかのような高周波音(ヘリカルノイズ)がエンジン音に混じっているのが特徴で、♪ヒュルルル リューン♪~という加速音に特有のリズミカルさを覚えたものです。
[ 2013/01/11 05:38 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
うちもゼリー入っていました。他はゴーヤのないこの時期に「ゴーヤチャンプルの素」、さらに「冷たいミルクで作る栗かぼちゃのポタージュ」等々。毎年かなり凝った組み合わせなので、「福袋」というより「福笑い」として捉えています。
各社いろいろと知恵を絞って「理想的な2ペダル」を模索してきましたが、結果として3ペダルがほとんど駆逐されてしまいました。MT派の私としてはとても残念です。
[ 2013/01/11 13:31 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
初代チェリークーペがあまりにも後方視界が悪かったので、それを改善するために日産のデザイナーもずいぶん苦労したようですね。
このチェリー、系譜を辿ると現在のノートになるそうですが、チェリー・パルサーの頃まではあった「スポーティさ」はどこかへ行ってしまいましたね。もっとも、「技術の日産」はまだまだ健在のようですね。
[ 2013/01/11 13:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。