旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・初代グロリア・シーマ(FPAY31型) 

090210a01.jpg

090210a02.jpg

090210a03.jpg

090210a04.jpg

090210a05.jpg

 旧車と呼ぶには新しいですが、1988年に日産から発売されたグロリア・シーマ(FPAY31型)です。セドリック・シーマも基本的に同じクルマです。
 さてこの初代シーマ、ご存知の通りバブル絶頂期に発売され、「シーマ現象」と呼ばれるほどのブームを巻き起こしたクルマです。500万円前後という高価格にもかかわらず飛ぶように売れました。日産がシーマに託したキャッチコピーは『きっと、新しいビッグ・カーの時代が来る。』で、実際にその通りになりました。
 初代シーマはあらゆる意味で従来の概念を打ち破りました。当時の国産車は基本的に「5ナンバー枠」の範囲内で車体が設計され、排気量にしても2000ccを超えるものは高級車の一部グレードだけという状態でした。しかしこのシーマは最初から3ナンバーデザインで、排気量も3リッターのモデルしかありません。この初代シーマの大成功から、後の国産車は大きな車体、大きなエンジン、大きなパワー、高級な内装、高価な価格へと突き進むことになります。
 大排気量エンジンのみなぎるパワーから生まれる加速感は一種の麻薬のようなもので、一度味わってしまったら同等以上の加速感がないクルマにはなかなか乗られなくなってしまいます。そんな理由から、2代目シーマは初代の3リッターターボと同等の加速感をNAで味わえる4100ccになりました。
 またパワーという点では、このクルマの3リッターV6ターボエンジンは255PS、翌年発売される新型フェアレディZ(Z32型)に搭載される時点では280PSを発揮するに至り、ここから280PS自主規制が始まります。その自主規制も最近撤廃され、現在では300PS越えも珍しくなくなってきました。
 初代シーマが発売されたとき、500万という価格にもびっくりしましたが、現在では500万以上のプライスタグを付けているクルマもそれほど珍しくありません。それどころか1000万以上する国産車すらあります。バブル絶頂期ならともかく、今の社会情勢ではそんなクルマ、ほんの一握りの勝ち組しか買うことはできませんね。
 さて大排気量・大パワーの高級車に馴らされてしまった我々は、経済情勢、環境問題が悪化したからといってもなかなかエコな小型車で我慢することができません。
 話は変わりますが、初代シーマ発売の前年、1987年に小室哲哉氏率いるTMネットワークが『セルフ・コントロール』というアルバムを出し、シーマ発売の88年にはNHKの紅白歌合戦出場を果たしています。うーん、『セルフ・コントロール』できなかったのは小室哲哉氏だけではなく、自動車メーカーも、我々国民も同じだったのかもしれませんね。

以下、TMネットワーク・『セルフ・コントロール』から引用
「・・・教科書は何も、教えてはくれない。あしたのことなど、誰もわからない・・・」

グロリア・シーマ・タイプ?リミテッド(FPAY31型)
全長×全幅×全高 : 4890×1770×1380mm
ホイールベース : 2735mm
車両重量 : 1640kg
エンジン V6DOHCターボ 2960cc 255PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ

[ 2009/02/10 10:19 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。