旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱・ランサーセレステ(A72/73/77型) 

121223a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121223a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121223a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121223a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121223a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1975年に三菱から発売されたランサーセレステ(A72/73/77型)です。ギャランクーペFTOの後継という位置付けで世に出されましたが、翌年発売された兄貴分であるギャランΛ(ギャランGTOの後継)と比べるとなんとなく中途半端な感じが否めない存在でしたね。

 さて、このランサーセレステ、今改めて見てみると性能よりもスタイルを重視した「ハイ・パーソナルカー」というコンセプトも含めてなかなか魅力的なクルマに見えるのですが、当時はこの発音しにくい「セレステ」という車名の影響もあってか、個人的にはセリカLBのまがい物のようなイメージを抱いていました。

 ちなみにトヨタ・セリカを始めとするこの手のスペシャリティークーペというのは各社「カッコいいクルマで彼女とドライブ」というシーンを想定しているのですが、ランサーセレステのテレビCMは他社と差別化を図るためなのか、なぜか「男同士セレステ」がキャッチフレーズだったんです。まあ硬派といえば硬派なのかもしれませんが、スペシャリティカーのCMに「男同士」というのはちょっと似合いませんね。

 「男同士セレステ」のCMを久しぶりに見てふと思ったのですが、そういえば三菱車って「男同士」のシーンが連想されるクルマが多いですね。例えばスタリオン、映画「キャノンボール2」でジャッキー・チェンさんと大男の俳優さんが二人で乗っていましたね。それからランエボやパジェロ、言うまでもなくラリーで活躍しているクルマはドライバーとナビゲーターが乗っています。「男同士」、これはある意味で三菱のイメージなんでしょうね。

 そんな三菱、最近またリコール問題でゴチャゴチャやっているみたいですね。このカタログの表紙には「セレステは青空、晴れた日には未来が見える」という素晴らしいフレーズが書かれています。くれぐれも「三菱といえば隠蔽体質」なんてイメージが付いてしまわないように、「晴れた日には未来が見える」三菱自動車になってほしいものですね。

ランサーセレステ・1600GL(A73型)
全長×全幅×全高 : 4115×1610×1340mm
ホイールベース : 2340mm
車両重量 : 895kg
エンジン : 直4OHC 1597cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/12/23 12:21 ] 1970年代三菱 | TB(0) | CM(20)
「男同士セレステ」、ホモかゲイの匂いがあって印象的ですね。
「彼と彼で乗るスペシャリティカー」なんて汗臭さとキッチュさで、イメージがおかしくなると思いますが三菱も差別化に躍起だったのでしょう。
1975年に登場当初は定評あるランサーのハンドリングとスリムなハッチバッククーペのボディで相当な人気を博し、「多用途車」「お洒落なマルチユースセダン」などとマスコミからも賞賛された反面、今思えばそれはオイルショックと公害対策で「スポーツクーペ受難」の時代に対するメーカー側の体の良い隠れ蓑が「多用途車」というフレーズだったことが伺え、ともかく歴史の一コマを感じさせてくれると思います。
小生もそんな三菱ランサーセレステの1/24プラモデル(エルエス製)を2010年9月の山形のクラシックカーフェスティバルで入手し、早々に組み立てて自室に飾ってあります―モーターライズしてスケールスピード60-70km/hで粘っこく走り回っておりますwww
[ 2012/12/23 16:03 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
このクルマのプラモデルがあるなんて驚きです。意外とマイナーなクルマでもプラモデルとして販売されているんですね。
私も塗装済みのプラモデルがあればいろいろと部屋に飾りたいのですが、あの趣味って最初に塗料やエアブラシ等を揃えないと見るに耐えない出来ばえになってしまいますからなかなか踏み出せないんですよね。
[ 2012/12/24 09:07 ] [ 編集 ]
このCM、かなりきてますね、サイコーです!

なぜ男同士で「地球の自転に逆らって」までセレステで走るのか?
それが「ハイパーソナル」だとしたら、それってどういうこと??
うーん、かなり奥が深いCMです(笑)

それから各グレードを紹介するページですが、グレードの頭書きは、購入する方の「パーソナル(=個人)」な事情で、どのグレードを選んだらよいか導いているようでこれまた面白いです。経済性や実用性を重視する方は、決して「XL」というグレードは買っちゃダメです・・・みたいな(笑)

そうして各グレードの頭書きに「〇〇な人のパーソナルカー」といったお勧めがあるのですが、「MCA-GL」のグレードの頭書きだけは他のグレードと違って、購入者のパーソナルというよりはむしろこれ、「メーカーのパーソナル」ですよね・・・

なんかセレステって、いろいろと「奥が深い」クルマですね!!
[ 2012/12/24 17:34 ] [ 編集 ]
ランサーセレステってデロリアンに似てませんか?
BTTFのデロリアン見て真っ先にそう思いました
[ 2012/12/24 17:48 ] [ 編集 ]
管理人様、こんにちは。

RX-7に続いて、中学時代のお話ですが、産休を取った先生の代役として赴任した先生がセレステに乗っていました。
この先生、同級生と同姓同名で、朝礼で自己紹介した時に一部の生徒が爆笑していたのを覚えています。
セレステ自体の思い出話でなくて恐縮です(^^ゞ
[ 2012/12/24 22:35 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
このセレステに限らず、自動車のカタログって熟読すると結構面白いですよ。大して凄いことでもないのにさも重大なことのように表現していたり、メーカーにとって都合のよい方向に人々の関心を導こうとしていたり・・・。
カタログは単なる技術解説書ではなく営業ツールですから、その時々の時代背景を踏まえて突っ込みどころを探しながら読むととても楽しい時間が過ごせます。それにタダですから。
[ 2012/12/25 12:28 ] [ 編集 ]
私も考えてみました。
1400GL とにかく安く買いたい人のパーソナルカー
1400GSL 金は無いけど、少し見栄を張りたい人のパーソナルカー
1600GL 中間管理職のためのパーソナルカー
1600XL スポーツカーと豪華さを求める中途半端な人のパーソナルカー
1600GSR 車を買うときは、とにかく最高グレードを選択する人のパーソナルカー
1600MCA-GL 未来を見据えたけど、後で後悔する人のパーソナルカー

尚、あくまでも個人の感想ですので、苦情は受け付けません(笑)。
[ 2012/12/25 12:34 ] [ 編集 ]
通りすがり様

コメント、ありがとうございます。
この頃の国産車は全体的にアメ車風のデザインが多かったので、クーペスタイルのセレステは同じくクーペスタイルのデロリアンに雰囲気が似ているのかもしれませんね。
[ 2012/12/25 12:35 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
私が住んでいる田舎は地域の7割ほどが同じ姓ですので、同姓同名が結構います。でもほとんどの場合、本人の名前ではなく既に亡くなっている親の名前で「誰々さんとこの子」と呼ばれますのであまり困りません。ちなみに私が今年度している農事実行組合の役員は全員が同姓です。
[ 2012/12/25 12:45 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
私は基本的に今まで廉価グレードのクルマしか買ったことがありませんが、もしこのセレステを買うのであれば、1400GLではなく1400GSLになると思います。
エンジンのパワーは求めなくとも、やはり4MTと5MTの違いは大きいですものね。
「金は無いけど、少し見栄を張りたい人」、私も含めた田舎者の典型的な性分ですね。うちの近所のクルマを見渡してみると、結構大きなクルマでも、鉄ちんホイールグレードのものが多いです。
[ 2012/12/25 13:00 ] [ 編集 ]
私はデロリアンよりもランボルギーニのエスパーダに似ていると思います。特にサイドのデザインなんか、もしやパクったのでは?と思うくらい似ています。角型ヘッドライトのセレステはいまいちな顔付きでやはり前期型の丸型の方がしっくりします。
[ 2012/12/25 13:25 ] [ 編集 ]
 この当時の「クーペタイプ」の車って、尻上がりで後方視界に難があると思いますが(特にバックの時)同年代のB210型サニークーペもリアはよく似ていますよね。
 私、中学・高校と「柔道部」でした。高校生のとき、たまにみえるOBの方がこの「セレステ」の角目後期型に乗ってみえました。
 その方は警察官で、県警の現役バリバリの機動隊員。私たち後輩に対してはやさしい態度で接してくれるのですが、練習中は「やさしさは厳しさ」そのもの、それはもうハンパなものじゃありませんでした。
 この車が止まっていると、そりゃもう震え上がったものでした。
 でも、今となってみればそのような経験があったから、これまで道を誤ることなく来れたのかなと感謝しています。
[ 2012/12/25 18:39 ] [ 編集 ]
カルロス様のキャッチコピー、よいですね。
なんか言い得て妙です!

このキャッチコピーでセレステをチョイスするなら、今の私は、会社員のしがらみの構図にバリはまっている立場(笑)として、「1600GL」がベストチョイスのようです!
個人的には、金が無いのに見栄っ張りな「1400GSL」を買いたいのですがね!

クルマを買うことの「見栄っ張り」として、かつてはちょっとでもグレードの高いモデルを買うのがステータス(自己満!)だったかもですが、最近は、いかにエコなクルマが車庫に納まっているかがどうかが、ご近所の方から見てもポイントなのでしょうか・・・ちょっと寂しいです。

クルマに対する生活の中の「位置づけ」もだいぶ変わりましたね。
[ 2012/12/25 22:32 ] [ 編集 ]
日本人様

コメント、ありがとうございます。
言われてみれば、このセレステの後継となるコルディアはリアのホイールアーチがエスパーダと同じ形状になってましたね。きっと当時の国産車メーカーは海外の優秀なデザインを貪欲に吸収していたのだと思います。
丸型から角型へは各社一斉にこの時期変更になりましたね。これも時代の流れだと思います。
[ 2012/12/26 11:46 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
クルマって、たとえ自分とはまったく縁がなかったものでも、誰々が乗られていたというだけでその方の記憶とともに鮮明に印象に残っているんですよね。
その点、誰もがプリウスに乗っている現状はちょっと寂しいですね。数十年後に思い出を語る時、思い出すのはプリウスばかりが並んだ駐車場のイメージ。違った意味で震え上がりそうですね。
[ 2012/12/26 11:54 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
中間管理職も大変ですね。上下の顔色を伺いつつ毎日を過ごさなくてはならないご苦労お察しします。
仰るとおり、クルマの位置づけがずいぶん変わってきましたので、国もメーカーももっとその変化を認識しなくてはならないのでは?と思っています。
これからクルマを取り巻く環境はどうなっていくんでしょうね。
[ 2012/12/26 12:01 ] [ 編集 ]
お父さん様、勝手にお褒めの言葉と受け取り、ありがとうございます。
私は今までの経験から言うと、とにかく最上グレードを買ってしまいます。そして、すれ違う同じ車のグレードを見て、心の中で勝ち誇ります。(←よく考えたら、いやな性格ですね)
しかし今の時代、グレードの選択肢も減り、又カー用品が充実していますので、上位グレードを選ぶより、後付で自分で取り付けたほうがはるかに安く済む場合もあります。この辺の見極めもグレードを選択する場合の楽しみになりました。
[ 2012/12/26 12:39 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
グレードに対する考え方も人それぞれですね。私は極力「オート何々」という機能を省きたいという考えでグレードを選ぶので、自然と廉価グレードになってしまいます。
アクセラを購入したとき、格安のセットオプションでオーディオ・フルオートエアコン・フォグランプが付く何とかパッケージというものがあったのですが、マニュアルエアコンのままにしたかったのでオーディオとフォグランプを別々に付け、その結果、フルオートエアコンの場合よりも高くなってしまいました。
信念を貫き通すのもなかなか大変ですね。
[ 2012/12/27 09:59 ] [ 編集 ]
スポーティ感をお手軽に.....1400GL
気楽さに豪華さをプラス.....1400GSL
社会の中堅的方々へ.....1600GL
目の肥えた欲張りな貴方へ.....1600XL
すべてに最高を目指す方へ.....1600GSR
ご子孫にも青空を!.....1600MCA-GL
以上のキャッチコピー、如何でしょうか。
PS(追補)
因みに1965年日産ブルーバード(410)は―
ベストセラー.....デラックス
若い人たちに.....SS(スポーツセダン)
ご婦人方に.....ファンシーデラックス
実用的な.....スタンダード
高級商品に.....エステートワゴン
だったことを思い出します。
[ 2013/05/28 21:36 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
「ご子孫にも青空を!」、いいですね。当時は日本でも「光化学スモッグ」という言葉がよく聞かれていましたからね。あれから40年ぐらい経ちましたが、今は青空だと自信を持って言えるかどうかはちょっと微妙ですね。
私が覚えていないだけかもしれませんが、当時はスギ花粉情報などというものはテレビやラジオで放送していなかったような気がします。
戦後に木材を自給しようとして植林した杉やヒノキが工業化一辺倒の流れの中で忘れ去られ、気付いたら人間に猛威をふるう存在になってしまっていたなんて、ちょっと笑えない話ですね。
[ 2013/05/29 14:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。