旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・サバンナRX-7(FC3S型) 

121214a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121214a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121214a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121214a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121214a05.jpg
(画像クリックで拡大)

121214a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1985年にマツダから発売された2代目サバンナRX-7(FC3S型)です。ロータリーエンジン搭載の純スポーツカーとして高い人気を誇っていた初代のコンセプトを引き継ぎながらも、エンジンの大型化を始めとして各部を大幅にブラッシュアップし、よりスポーツ度を高めたクルマとして誕生しました。まあスポーツ度を高めたと言えば聞こえはいいですが、マニアック度を高めて一般的な感覚からは乖離した、と言えなくもないですね。

 さて、この2代目サバンナRX-7、当時はプアマンズポルシェという別名で呼ばれることも多かったのですが、よりプアマンでマイカーを持つことができなかった私からすれば高嶺の花そのもの、まったく縁のないクルマでした。知人でこれに乗られている方がおり、ガソリンがみるみる減っていくとよく愚痴っていましたが、みるみる減っていくガソリンも補充できるような方がプアマンと呼ばれるなんておかしな時代でしたね。

 まあ実車にはまったく縁がありませんでしたが、なんと言ってもカタログを貰うのはタダ。より下層階級に属する私でも、プアマンなりにこのカタログでRX-7を十分堪能することができました。

 このカタログ、マニアック過ぎて読んでいてもよくわかりません。セールスポイントのひとつであるリアサス部分の説明では、「・・・横力、制動力、駆動力、エンジンブレーキ力などの入力荷重が0.4G以上にならないと変形しないプリロードの入ったラバーブッシュを、トーコントロールハブのB点に設けた。つまり、入力荷重0.4G以下では、トーコントロールハブは作動せず、トレーリングアームのブッシュコンプライアンスによって、後輪を積極的にトーアウトさせる。・・・」とこんな調子で続きます。

 サスペンション部分の写真や、作動イメージのイラストを何度も見て記述された状況を想像し、なんとなく理解できるまでにはずいぶん時間がかかった記憶があります。まあそれだけマツダが走りにこだわるユーザーへ熱いメッセージを発していたということではありますが、熱すぎてメッセージを受け取れなかった方もずいぶん多かったのではないかと想像しています。

 マツダは2017年にRX-7をプレミアムスポーツカーとして復活させると明言しているようですが、どんな形で世に出されるんでしょうね。なんでも価格はフェアレディZよりも高価になるとのことなので、またカタログだけで堪能しようと思っています。

サバンナRX-7・GT-LIMITED(FC3S型)
全長×全幅×全高 : 4310×1690×1270mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 1280kg
エンジン : 直列2ローターターボ 654cc×2 185PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/12/14 16:11 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(10)
このFCと呼ばれる2代目までは、往年の名車「サバンナ」の名を冠してましたね。

サバンナって、子供の頃はマツダのスポーツモデルだという認識でいて、折りしもスーパーカーブームの70年代後半、「RX-7」という名を付記した初代(SA)が出た時はかなり衝撃的でした。「えっ、これが新しいサバンナなんだ!」・・・ときめきましたね!3代目(FD)からはサバンナの名が消えてしまったのが残念です。

しかしこのカタログ、これだけメカパーツを散らばせ「走り」の性能を訴えたかったのかもなのに、その走りを裏付けるコクピット写真のシフトが「AT」なのはどうかと(笑)
[ 2012/12/15 19:49 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
今でこそスポーティーグレードにMTが用意されていると「おおっ」という感覚になりますが、当時はMTが当たり前で、逆に「ATも用意してありますよ」というアピールなのかもしれませんね。
それにしても、以前はMTよりATのほうが高価格というのが普通だったのですが、最近では量産効果の影響からか、MTのほうが高価格になっている場合が多いんですよね。MT派としては寂しい時代になってしまいました。
[ 2012/12/16 12:09 ] [ 編集 ]
ちょうどFC3Sがデビューしたのは、私が中学二年生の時でした。

中学二~三年の時の担任の先生がデビューと同時にAA61型セリカ1600GTから乗り換えました。

この先生はかなりの車好きで、トラストのマフラーにVVC、スーパーボルグのアルミホイールにその当時は大変珍しいCDプレイヤー付きのカーコンポが装着されていました。

学校行事の実行委員等で帰りが遅くなった時は、よく家まで送ってもらったのですが、トラストマフラーが奏でるサウンドと強烈な加速に痺れたものでした。

自分でハンドルを握ったのは20歳の時で、友人が後期型を購入したものであした。当時自分が乗っていたR32 GTS-tと比べると低速トルクは頼りなく感じましたが、レッドゾーンまで突き抜けるような淀みない回転フィールや6気筒エンジン搭載車とは比べるべくもない鋭いハンドリングには「これぞ、スポーツカー!!」と舌を巻いたものでした。
[ 2012/12/16 14:37 ] [ 編集 ]
 私が結婚して所帯を持って初めて住んだアパートの隣人の方がこの7に乗ってみえました。
 当時、平日が休日だった私は、朝、隣の方が出勤する際の7のロータリー独特セル音と始動時のエンジン音が休日の目覚まし代わりでした。なにせこれは独特の音ですから。
 とある日珍しく雪が降った朝、「ピンポーン」と呼び鈴が鳴りました。「全く休みのこんな寒い朝誰だ?」と憮然とドアを開けると、隣の方「バッテリーが寒さで上がってしまって。申し訳ありませんが直結してもらえますか?」と言われて、当時カペラカーゴワゴンPWS-Dに乗っていた私は「いいですけど、うちのはディーゼルで12Vバッテリー2個の並列ですよ。」隣人「だからお願いしているんです。私の7は通常のガソリン車ではセルがバッテリーを食いすぎて、相手車のバッテリーがだめになってしまうんです。」とのこと。直結後は前述のセル音とともに無事回生し、遅刻することなく会社に行かれました。
 ロータリーエンジンとプレッシャーウェーブスーパーチャージャーディーゼル。どちらも画期的なエンジンでしたが、とんだマツダ繋がりでした。
 
[ 2012/12/16 23:17 ] [ 編集 ]
価格が高ろうが、ガソリン大食いだろうが、元気なスポーツカーが活躍していた頃は車に夢がありましたね。
MTとATと言えば、報告することがあります。最近車を入れ替え、先週土曜日に納車されました。kurumamaniacs さんの布教活動(失礼)のおかげでMTを選択してしまいました。MTにしたことで納車に1ヶ月半かかりました。そのうち、掲示板のほうに写真のアップも含めてご報告したいと思います。あ、それほど期待しないで下さい。世の中の流れに負けた自分ですから。
[ 2012/12/17 12:58 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
RX-7は、特にこの代からは生粋の「体育会系スポーツカー」として歩み始めたようで、好きな人にはたまらない存在となった一方、ハードルが高すぎると感じる方も出てきたような気がしていました。
おそらくマツダもそのあたりを察したので、RX-7でピュアスポーツを追及するのとは別に、「同好会系スポーツカー」としてロードスターが生まれたのではないかと思っています。
復活するRX-7は「これぞ、スポーツカー!!」なのか、「これがスポーツカー?」なのか、どうなるんでしょうね。
[ 2012/12/17 14:41 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
素人考えではレシプロよりロータリーのほうが小さなセルで回せるような気がしますが、そうではないんですね。知りませんでした。
ディーゼル車のバッテリーは大きいですよね。昔うちにあったクラウンディーゼルのバッテリーもカローラの倍ぐらいの大きさだったような記憶があります。
最新クリーンディーゼルのバッテリーはどうなんでしょうね。今度新型アテンザを見に行ったときにはバッテリーの大きさもしっかりチェックしようと思います。
[ 2012/12/17 15:04 ] [ 編集 ]
カルロス様

納車おめでとうございます。MT仲間がひとり増えて嬉しいです。布教活動の成果があったということですね。どんな車種なのか、写真のアップを楽しみにしています。
先日、スズキの軽トラの未使用車が39万8000円という広告が入ってきました。喉から手が出るほど欲しかったのですが、軽トラを買ったらアクセラを処分しなくてはいけないので、泣く泣く諦めました。私は世の中の流れというよりも、家族の冷たい視線に負けました。
[ 2012/12/17 15:19 ] [ 編集 ]
自民党バブル(??)で株価も上がり、この種のスポーツカー/高性能車が再びもてはやされる時代に我が国が突入する日が待ち遠しくてブチ切れそうなのが正直な所です!
何?他の投稿者は中学時代学校の帰りに当時最新のFC3S型RX-7で先生に自宅まで送ってもらったって?なーんて幸せな図式か。ひとつの文化ができていると言えよう。
かく言う小生は都下西部某市で週一回行われる夜間の日本語教師の仕事に愛車ヴィッツ1300U-L/2004年式(目下104522km達成!)を走らせるその往復の時間が「道は夜空につながるミルキーウェイ」で心豊かなひとときであり、高性能車がもたらす世界とは別質の充実感につながろう。
要は高性能車、平凡な大衆車/実用車を問わず、一定の筋の通った設計思想の貫かれた車種には特有のオーラと、乗り手の心に充足感を与える何かがあると信じて疑わない。
そんな意味で末期には一種の「天然記念物」と化してしまったRX-8とは対照的に、2017年に再登場予定のマツダ製ロータリースポーツはRXシリーズの正統な継承者であるだけでなく、水素燃料への可能性も含めて再び「我が国発オンリーワン」の技術・コンセプトを世界に向けて放ってもらいたいと期待している。
[ 2012/12/18 22:51 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
1967年にコスモスポーツが誕生してから50年という節目、ということで2017年にRX-7が復活するとのことだそうですね。個人的にはあまりに気合が入りすぎてかつてのNSXや現在のレクサスLFAのように、プレミアムすぎるスポーツカー、という形にはなってほしくないと思っています。
誰でも気軽に購入できる程度とは言わないまでも、誰もが気軽に試乗できる程度の存在であってほしいものですね。
[ 2012/12/19 13:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。