旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・セリカXX(MA45/46型) 

121205a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121205a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121205a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121205a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121205a05.jpg
(画像クリックで拡大)

121205a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1978年にトヨタから発売された初代セリカXX(MA45/46型)です。セリカの上級車種として、フロント部分を延長したうえで6気筒エンジンを搭載し、高級グランドツーリングカーとして登場しました。海外ではスープラと名乗っていましたので、初代スープラという位置づけにもなっていますね。

 さて、この初代セリカXX、当時もとてもエレガントな存在で、現在の言葉で言う「セレブ」という方が乗られるととてもよく似合いそうだと思っていましたが、改めてカタログを眺めてみてもやっぱり艶やかな色気すら感じられるほどに美しいスタイルをしていますね。カタログ写真ではそのどれもに脱ぎ捨てられた女性のハイヒールが写しこまれているあたり、メーカー側も意図的にXXには色気を与えようとしていたように思えますね。

 当時、近所のご婦人でこのクルマに乗られていた方がおられました。彼女は小学校の教諭をされており、セリカXXで毎日通勤されていました。そのご婦人、セリカという車名が関係しているのかどうかよくわかりませんが、ダルマのような体型の方で、顔もまん丸なら体もまん丸、ドラえもんとまでは言いませんが、かなりそれに近いお方でした。背が低い方でしたので、運転している姿を見ると、外からはまん丸の頭が見えるだけ。クルマとドライバーのミスマッチが近所でも評判で、「頭が運転しているスポーツカー」として有名でした。

 そんな彼女も日曜日はいつも畑仕事、ゴム長靴を履いている姿は何度も見ていましたが、彼女はハイヒールを履いたことがあったのだろうか?このカタログを久しぶりに眺めたら、そんな「頭が運転しているスポーツカー」を思い出してしまいました。ちなみに今もご健在で、流石に高齢になられたので運転はもうされていないようですが、畑ではちょくちょく見かけます。一段とドラえもんに近くなられており、自転車で畑に向かう彼女とすれ違う時にはいつも満面の笑みで挨拶してくれます。

 クルマとドライバーのミスマッチ、実はこれには理由があり、彼女の旦那さんは早くに亡くなられました。その後、彼女だけで子育ても畑の維持管理もずっとされていたようです。「頭が運転しているスポーツカー」、これは亡くなられた旦那さんの愛車で、動く限りかなり長いことセリカXXに乗られていたようです。ハイヒールなどまったく似合わないドラえもんでも、彼女は本当のセレブ(人々によく知られ、尊敬されている人)だったんだと、今になってやっとわかってきました。

セリカXX・2600G(MA46型)
全長×全幅×全高 : 4600×1650×1310mm
ホイールベース : 2630mm
車両重量 : 1180kg
エンジン : 直6OHC 2563cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/12/05 16:16 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(8)
このセリカシリーズが発売されていた当時にはピンとこなかったスタイリングが、21世紀になった今見るとエレガントで力のあるデザインだと自分の中では勝手に再評価しています。商業的には失敗だったかもしれないが、このクルマの経験があってソアラが生まれたとこれまた勝手に思っています。いま、トヨタのスポーツスペシャリティのクルマと言えば、ハチロクしか買えない寂しい状態。日本のトップメーカーを標榜するならもっとこのジャンルに車種展開してよと言いたい。プリウスなんてとってもクーペ向きのデザインと思うけど・・・
[ 2012/12/05 23:23 ] [ 編集 ]
東京での学生時代、アマチュア無線の仲間が乗っていました。その仲間の人は勿論社会人で、会社の社長の息子さんでした。赤の2600にサンルーフも装備され、当時はATが珍しかったので、右手でハンドル、左手でマイクを持つ姿に憧れたものです。
その頃の税金体系は、5ナンバーと3ナンバーでは雲泥の差があったので、3ナンバー車は文字通り、雲の上の存在。今は、3ナンバーも庶民の車となり下がり、次期ブルーバードもその名前が消滅し、シルフィーとなって3ナンバー化になるそうです。良くも悪くも時代が変わりましたね。
[ 2012/12/06 12:39 ] [ 編集 ]
ぬりかべ様

コメント、ありがとうございます。
レクサスISのクーペが出るとか出ないとかという話題をたまに見かけますが、もう少し庶民に近いところで横展開してほしいものですね。プリウスはステーションワゴンともいえるプリウスαが出ましたので、クーペやオープンももしかしたら検討されているのかもしれませんね。
[ 2012/12/06 13:46 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
セリカXXを運転しながら無線機で会話するなんて、まるで刑事ドラマの主人公のような方ですね。今では誰もが運転しながら携帯電話で会話をするようになり、その危険性からおまわりさんに捕まるようになってしまいました。本当に時代が変わりましたね。
様々なところで大きく変わってきましたが、うちの畑の様子は私が子供の頃からまったく変わっていません。おそらく私が死んだ後も変わらないと思います。変わっていく部分と変わってはいけない部分のバランスが大切なのかもしれませんね。
[ 2012/12/06 14:11 ] [ 編集 ]
初代XX、今見てもメチャカッコよいですね!

確かにこの初代の存在は子供のときの記憶で知っていたはずなのですが、このアップにて実は2代目(A60型)がすっかりXXの「初代」だと、お恥ずかしい話ここ数年(数十年?)勘違いしていたことに気づきました!!どうもXXって、その後スープラへと進化したイメージが強かったせいか、この初代のようなラグジュアリなイメージが薄れていたせいなのでしょうか・・・

トヨタの「2ドアスペシャリティ」の系譜は、ソアラ⇒レクサスSC、XX⇒スープラ⇒レクサスLF-Aという感じでしょうか?ソアラは4代目がレクサスブランドの国内展開にて、そのままSCにマイナーチェンジしたので、まだ「正常進化?」とも思えますが、XX(⇒スープラ)がLF-Aに進化というのは、ちょっと飛躍的ですね(なんせLF-Aは4,000万円近い値段だったかと・・・)トヨタブランドの86の「兄貴」と考えるなら、まるで異母兄弟のようなキャラの違いです(あっ、ヘンな例えですね?!)
[ 2012/12/08 00:54 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
私が住んでいる田舎でも、GT-R、ポルシェ、フェラーリ等はたまに見かけますが、LFAは一度も見かけたことがありません。一度も見たことがない以上、LFAについてはまったくイメージがわかないんですよね。
個人的には、何百PSもある住宅並価格のスーパーカーよりも、このセリカXXのほうに魅力を感じてしまいます。少なくとも、スープラまでは街で普通に見かけましたからね。
[ 2012/12/08 12:24 ] [ 編集 ]
 初代xx。なんともアメ車スポーツカー(グランドツーリング)を彷彿していますよね。特にロングスラントノーズというんですか、コルベットスティングレーやシボレーカマロ的なところが。
 以前、「セプター」のコメントで国産車の輸出又は逆輸入バージョンの「バタ臭さ」が鼻につきなんとも違和感があるとコメントしましたが、この「xx」は不思議と感じないんですよね、なぜか。
 まだこの頃の国産車メーカーってどこか世界の特にアメリカ3大メーカーには引け目があったのかな?だから和洋折衷なのかなあ。
 同じくこの当時発売された「マークⅡ三兄弟」なんかはアメ車の・・・!すみません名前が出てきません。その車と前面の顔が同じですもんね。
 
[ 2012/12/09 22:43 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
このセリカXXも、また当時のマークⅡも、北米に輸出されていましたから、当然北米の方々の好みも反映されていると思います。
セリカXXやマークⅡの時期は、基本的に国内で生産したものを海外へ輸出していましたが、セプター等は米国のトヨタで設計・生産されたものを国内に輸入していました。セプターには違和感を感じてもセリカXXには感じない、というのは、そのあたりも関係しているのかも知れませんね。
[ 2012/12/10 10:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。