旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・三菱・RVR(N23/13W型他) 

121202a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121202a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121202a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121202a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121202a05.jpg
(画像クリックで拡大)

121202a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年に三菱から発売された初代RVR(N23/13W型他)です。『RVの三菱』として三菱自動車が元気だった頃に発売されただけあって、ランエボと同等のエンジンを積んだハイパワーモデルやオープントップモデルなどのバリエーションも豊富でしたね。

 さて、この初代RVR、ご存知の通り、同時期のミニバン・シャリオのショート版で、ミニバンとしてはもっともメインであるセカンドシート部分が省かれていますので、基本的に4人乗りです。当時はRVブームということもあってそこそこ売れていたようですが、今落ち着いて考えてみると、なんとも中途半端なクルマでしたね。とはいえ、このクルマのように無駄の多い遊び心のあるクルマがごく普通に設計されていたというのは、バブル期はやはりメーカー、ユーザーともに心に余裕があったからだと思います。

 RVRは初代、2代目とシャリオのショート版という形で販売されていましたが、2002年に一旦生産終了となり、2010年になって現行の3代目が発売されました。現行型はシャリオベースではなく、今風の言葉で言えばコンパクトSUVという形となりました。この「コンパクトSUV」というジャンル、最近徐々に人気が出てきているようですね。

 奇抜なスタイルが受けている日産のジューク、クリーンディーゼルの魅力をアピールしている日産エクストレイルやマツダCX-5等、この分野には昨今の状況下においても奮闘している車種が目立ちますね。発売当初は目立っていた現行RVRも最近はめっきり存在感が薄くなってしまいましたので、ここはぜひ兄貴分の新型アウトランダーで巻き返してほしいものです。ところであの新型アウトランダー、なんだか初代デボネアの面影を感じてしまうのは私だけですかね?どうもシーラカンスをガンダムチックにしたような顔に見えてしまいます。

 まあ何はともあれ、すっかり存在感が薄くなってしまった三菱自動車、どんな分野でもよいので救世主となるべき1台が欲しいものですね。

RVR・X3(N23W型)
全長×全幅×全高 : 4320×1695×1690mm
ホイールベース : 2520mm
車両重量 : 1420kg
エンジン : 直4DOHCターボ 1997cc 230PS

--- 以下、余談 ---

 今月の衆院選に向けて各党、各候補者がそれぞれの主張をメディアで叫んでいます。その多くが、落ち着いて考えてみると何を主張しているのかよくわからない、という内容になっているように感じられます。はっきりした主張だと、それが達成できなかったときの言い訳に困るからこのようになっているとは思いますが、ここまで曖昧な主張ばかりでは選択のしようがありませんね。
 個人的にひとつ引っかかっていることがあるのですが、どの政党も手段こそ違えど、経済成長を目指すと言っているように思われます。様々な各党の主張を実現するためには経済成長という前提が必要なのでしょうね。きっと初代RVRが出た頃のような社会状況になれば山積する諸問題の大部分が解決できるという考えなのだと思います。
 これだけたくさんの政党がごろごろと出てきたのですから、ひとつぐらい「経済成長を前提としない」政党があっても良いような気がするのですが・・・。各党の政策実現の前提が経済成長であるなら、経済成長しなければどの党の政策実現も困難になってしまいますね。
 それから、介護や農業を「これからの成長産業」と言っている方って、介護や農業をやったことがあるんでしょうかね?親の面倒や畑仕事を嫌がって都会に出て行き、その都会で仕事がなくなったからといって、他人の親の面倒や他人の畑で百姓仕事なんてできるんでしょうかね?
 今、世の中が閉塞しているとか言われていますが、私自身は特に閉塞しているとは感じていません。閉塞感を感じているのは、本来自分がすべきことの面倒な部分を他人に押し付けたり後回しにしたりして、美味しい部分のみを享受してきた方々だと思います。それらの方々は、それぞれの属するシステムがうまく回転しているときには非常に快適な生活ができますが、一旦システムが止まったり、そのシステムからはじき出されると即生活が破綻してしまいます。
 一票の投票先をじっくり考えると同時に、我々一人ひとりが、自身及びその家族、またそれぞれがお住まいの地域の数十年先の将来像までじっくりと考えたいものですね。

--- 余談終わり ---

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/12/02 15:10 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(14)
これって、シャリオのショート版だったのですね。そういえば、フロント周りはそっくり(いまさら)。
以前仲間が乗っていて、音響機材をむりやり詰め込んで、仕事をした覚えがあります。しかし後部のタイヤハウスが出っ張っていて基本的には後部座席は乗用ですね。その仲間は、以前ラリーもしていたので(勿論RVRでではありません)MT仕様でした。私は、好きでしたね。
[ 2012/12/03 13:47 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
このクルマ、多彩なシートアレンジをカタログで謳っていた割には、使い勝手はそれほど良くなかったと記憶しています。その点、現在のコンパクトカーはずいぶん進歩していますね。
このRVRと同じ設計思想で、アルファードのセカンドシート部分を省いたクルマが出たら面白そうですね。自慢のファーストクラスシートを省き、車名もアルド、コミカルな雰囲気が生まれそうですが、余裕のない現在では難しいでしょうね。
[ 2012/12/04 10:36 ] [ 編集 ]
確か「ハイパースポーツギア」というグレードにランエボのエンジンを搭載してましたよね。街中ではあまりお見かけしませんでしたが、いわゆる「RVRエボリューション」的な存在で、無理矢理なエアロ仕立てだった記憶があります(さすがにランエボの「物干し竿リアウィング」は付いてなかったと思いますが!)

基本4人乗りということ(知りませんでした!)ですが、感心したのはスライドドアの採用です。基本的にシャリオのコンポーネントを流用しているからでしょうが、スライドドアって、結構コストがかかるようで、今ではメーカー的には売れる上級グレード以外での採用は嫌がる・・・みたいな話を以前聞いたことがあります。でもスライドドア、実は結構使い勝手よいんですよ。我が家もリバティ⇒ラフェスタと乗り継いでますが、狭いスーパーの駐車場なんかは、同乗者の乗り降りはこのスライドドが重宝してます。

余談の衆院選の件ですが、さすがにこれだけ名乗りをあげる党が群雄割拠な状態では、各党の政策の「比較」すらも、かえって選択肢が増えることで曖昧になってしまうように思えます。しかも、その各党間が政策骨子でいろいろな連携について駆け引きもあるようですし、本当にぶれない「芯」がある政党は無いのかなと、正直思ってしまいます。個人的には経済政策、特に東北の復興支援をどこまで「現地目線」で対応できる政党があるかどうかがポイントだと感じてます。勿論各党はこの点を政策に盛り込んではいるようですが、具体的な指針は未だ無いように感じます・・・

身内に被災者がいていつかコメントしましたが、あの3.11から1年半以上経った今、現地の報道もすっかり少なくなり、国民の意識も薄らいでしまっていますが、特に現地で漁業に携われる方々の生活は、正直あれからほとんど何も変わっていないという現状、国としてどれだけ理解できているのでしょうか・・・
[ 2012/12/04 22:14 ] [ 編集 ]
なつかしい車です。今ウチの車はMPVですが前の車がRVRでした。
中古とあってか塗装がイカれてたりしてました。
[ 2012/12/05 09:03 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
知人が先日スズキのソリオというクルマを購入したので乗せていただきました。小さなクルマですが両側スライドドアが付いており、それもリモコンで開くんですよね。個人的にはまったく魅力を感じませんでしたが、三菱にもOEM供給しているぐらいですから、あの手のクルマが今は人気があるんでしょうね。車格は異なりますが、あのクルマ、このRVRとコンセプトが似ていますね。
農林水産業が盛んな地域というのは、お金では解決できないプライスレスな要素が大きいので、補助金や賠償金をどれだけ出すからOK、という問題ではないんですよね。
除染作業にしても、表土を何センチ取ればOKというような話を聞きますが、畑の表土は各農家にとって『秘伝のタレ』みたいなもので、そこをごっそり取られてしまったら耕作する意欲もなくなってしまうような気がします。
それらの部分まで踏み込んで復興策を主張されている方を未だに見たことがありません。双方の論点がずれているからなかなか前へ進まないのでは?と個人的には思います。選挙のためなら政党名も政策も簡単に変更してしまうような方々では、それらの問題解決はきわめて困難のような気がします。
[ 2012/12/05 09:05 ] [ 編集 ]
天麩羅様

コメント、ありがとうございます。
RVRにお乗りでしたか。塗装というのは、車種に限らず、年数が経てば経つほど屋根付き車庫か否かで状態がずいぶん変わってくるようですね。
[ 2012/12/05 12:48 ] [ 編集 ]
すみません、余談の件で今日このニュースを見ていて、やっぱり・・・と思ってしまいました。「言うだけなら誰でもできる」のですよね。現地の方々のコメントが全てを物語っているような気がします。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121205-00000004-khks-pol

この記事をサーチしていたら、ひょんなことからこんなニュースにも辿り着きました。
ブルーバードの名称もいよいよ消滅ですか、ちょっと寂しいですね

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20121205-00000503-biz_san-nb
[ 2012/12/05 20:31 ] [ 編集 ]
 RVRは印象はすごくあるのですが、何せ乗ったことも無く、乗っていた友人知人もいなかったので・・・。
 この車の後ろに付いて走っていた時4WDモデルかな?リアのセンターデフがやたらと出っ張っている印象があります。
 パジェロよろしく、知らない人が4WDクロカン走行したら一発でデフをやっちまうだろうな。
 ところでこの車のCMで気になったことがひとつ。「やっぱりウサギの勝ち」ってフレーズですが、それはこの当時のことであり、今はカメどころかキリギリス以下になっているかもしれませんよ。
 今度の選挙「ドジョウ」もあてにならず「齢80翁」にも魅力は感じません。
 第3勢力という「雨後の竹の子」政党は名前を覚えるのもおぼつかなくてあーあどうすればよいのでしょうか?あ、また本題から外れました。すみません。
[ 2012/12/05 23:26 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
「コンクリートから人へ」なのか「国土強靭化」なのかわかりませんが、結局のところ、我々一人ひとりが政府に頼らずに強靭化しなければならないような気がします。
ブルーバードの件、名前がなくなってしまうのは寂しいですが、あのクルマ、手頃な大きさのフーガみたいでカッコいいですね。
[ 2012/12/06 13:28 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
時代は刻々と変化していますから、その時々に応じてウサギにもカメにもなれる柔軟さがもっとも必要なのではないかと思います。ウサギの時代に強引にカメになろうとしたり、カメの時代に頑なにウサギを続けようとするとおかしくなってしまうんでしょうね。
私自身はウサギの時代でもカメの時代でも自分のペースを人様に迷惑をかけない程度に続けようと思っています。
[ 2012/12/06 13:56 ] [ 編集 ]
現行型のRVRは全然売れてませんね。ジュークやCX-5は月販4ケタ台で好調に売れているのにRVRときたら500台以下の低空飛行状態・・・。何故売れないんでしょうかね。新型アウトランダーも微妙なデザインですね。あまり売れそうに思えませんが、来年発売されるPHEVは思いきった低価格で発売されるというので、もしやヒットなるのではと期待しています。雑誌によるとRVRにもプラグインHVモデルが追加されるそうなので、存在感が高まるのではと期待してます。ミラージュも今のところ爆発的ヒットとはなってないようで、三菱自動車の行く末が心配でなりません。三菱自動車の経営陣は危機感を感じているのか?とド素人の私が警鐘を鳴らすまでもなく、プロの経営陣は、そんなことはお前に言われなくても分かっている!と思うでしょう。良くも悪くもカルロスゴーン並の大胆な改革を実行する経営者でないと三菱自動車の状態は良くならないのではと思います。
[ 2012/12/06 15:35 ] [ 編集 ]
日本人様

コメント、ありがとうございます。
私も昔ミラージュアスティに乗っていた時期がありましたので、三菱愛を持っているつもりです。現在三菱が販売しているRVRもギャランフォルティスも、クルマとしてはとても素晴らしいと思っています。しかしながら、それらの素晴らしいクルマを活かす営業戦略がまったくできていないと感じています。
もちろん、ここで言う営業戦略というのは、ディーラーの営業マンの頑張り度合いではなく、価格設定やグレード設定のことです。
なんだかもったいないですね。せっかくいいクルマを造ることができる技術を持っているメーカーなのに。個人的には、『三菱グループ』から出てしまったほうが良いのでは?と思っています。
[ 2012/12/06 20:45 ] [ 編集 ]
乗ってましたよRVR-X 2000cc 実車も見ることなく中古で買いましたが、エンジンのうるささ、燃費の悪さ、重たい感じにがっかりしました。コンピューターが壊れてあちこちがいかれてしまいどーなるもんかと思っていたらメーカーの無償修理がありまして、、その数年後にパジェロのリコール隠しが大量に発覚しました。 

後部座席は床が高くて足を投げ出す感じになり落ちつかず、乗り込むときに頭をぶつけたり、あまりよい車ではありませんでした。

手放すころには2人しか座れないせまーい後部座席の右のタイヤハウスをごまかすための収納みたいなカバーをとっぱらって横を広くして使ってました。

余りの出来の悪さに三菱なんてもう乗らない、、と当時は思ったものでした。
[ 2012/12/12 20:06 ] [ 編集 ]
みず様

コメント、ありがとうございます。
このクルマ、やっぱり後部座席はちょっと問題でしたね。クーペタイプのスポーツカーならまだしも、これだけの車格があるRVで軽と同じ4人乗りでしたからね。
4人乗りといえば、現在エルグランドにも4人乗り仕様がありますが、あちらの後部座席はRVRとは違ってVIPシートですね。もっとも、あれはあれで豪華すぎて落ち着かないような気もしますね。
[ 2012/12/13 13:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。