旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダ・アスコット(CB1/2/3/4型) 

121119a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121119a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121119a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121119a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121119a05.jpg
(画像クリックで拡大)

121119a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年にホンダから発売された初代アスコット(CB1/2/3/4型)です。4代目アコードのプリモ店向け姉妹車ですが、アコードともども、同時期に発売されたアコードインスパイアの影に隠れてきわめて存在感が薄かったクルマでしたね。個人的には、アコードとアスコットの区別は簡単にできましたが、アスコットとアコードインスパイア&ビガーの区別はパッと見ではよくわかりませんでした。典型的なバブル期のホンダ顔でしたね。

 さて、この初代アスコット、今となってはその存在すら記憶に残っていないという方が大半だと思いますが、かく言う私自身も、久しぶりにこのカタログを目にするまでは頭の中からアスコットの存在は消えていました。1989年というのはいわゆるクルマの当たり年で、その時代背景を勢いにして数々の名車が世に出された年でしたが、ここまで影が薄いクルマというのも珍しいですね。きっとメーカー側も「出せば売れる」ということで高をくくっていたんでしょうね。

 ほんの20年ほど前には名前を覚えきれないぐらい豊富なラインナップだったホンダのセダンも、今やアコード1台のみ。「時代の流れだから」と一言では片付けられない何かをホンダは見失っていたような気がしてなりません。ホンダって、セダンブームになるとちょっと遅れてセダンばかり、ミニバンブームになるとちょっと遅れてミニバンばかり、軽ブームになるとちょっと遅れて軽ばかり、というラインナップになる傾向がありますね。それぞれの分野でそれなりのヒット作を出してしまうところは流石ですが、これからの時代、このパターンがいつまで通用するんでしょうね。

 このアスコットのカタログの冒頭には「変わりつづけること。走りつづけること。」というキャッチコピーが書かれています。確かにホンダのラインナップは激しく変わりつづけ、会社として必死に走りつづけていることがとてもよくうかがえます。しかしながら昨今にわかに見かけるようになった「政治家として走りつづけるために、その基本方針が変わりつづけている人」が誰からも信頼されなくなるのと同様、変わってはいけないものまで変えてしまうとそのメーカーの存在感が薄くなってしまいますね。ホンダ、そして自動車メーカーに限らず、こんな時代だからこそそれぞれの企業にとっての「変わりつづけるべきことと変わってはいけないこと」をきっちり再確認する必要があるのかもしれませんね。

アスコット・2.0FBT-i(CB3型)
全長×全幅×全高 : 4680×1695×1390mm
ホイールベース : 2720mm
車両重量 : 1290kg
エンジン : 直4SOHC 1997cc 135PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?



[ 2012/11/19 15:35 ] 1980年代ホンダ | TB(0) | CM(8)
記事、楽しく拝見させて頂きました。
ホント仰るとおりで記事内容にすごく共感を覚えます。
HONDAの旧経営理念はご存知のように、
「わが社は世界的視野に立ち、顧客の要請に応えて、
性能の優れた、廉価な製品を生産する」ですが、このクルマは
「顧客の要請なんかとは無関係に自社の思い付きで作ったクルマ」
であることは明白ですよね。何でもっと丁寧にお客のことを思い
浮かべ、愛情込めて作れないのでしょうか。カビくさい話になり
ますが、若き本田宗一郎氏はシャレ者で当時のオースチンミニが
痛くお気に入りだったそうで、結局は自分で作らねば気が済まず
N360の開発販売に至ったという話を聞きました。意地悪く
言う方は、ほとんどミニのパクリやないかと仰ったり・・・。
ミニにしろ、N360にしろ、愛情たっぷりの製品だったと思い
ます。恥ずかしながらポンコツのNコロに乗った世代です。
どうせ記事にして頂くのなら、タバコ屋はイノーバが好きでした。
何かヨーロッパの香りがするようで。当時ローバーと提携していま
せんでしたかね。もう忘れてしまいましたが。
[ 2012/11/20 18:24 ] [ 編集 ]
まんま「アコード」ですね・・・

アスコットというネーミングは、イノーバの存在で辛うじて記憶にあったくらいですが、このセダンモデルは、セダン好きの私としてもお恥ずかしいほど存在感がありませんでした。

確かにホンダの最近の印象は、クルマ市場のトレンドを「後追い」でそれなりに仕上げたものを投入・・・というイメージがあります。
オデッセイ発売時、「ホンダがミニバン??」と思いきや、結果ミニバンの普及に少なからず貢献し、フィットもコンパクトカーできちんと地位を確立していますしね。今後N ONEがどれだけ同様に認知されるかが、ある意味注目ですが(・・・しかし軽としては値段が高い!)

ホンダのこのCMはちょっと気に入っています。
決して「後追い」でなく、市場の先駆者として「負けない」気概に期待します。

http://www.youtube.com/watch?v=IQKfQIYzNbY
[ 2012/11/20 22:04 ] [ 編集 ]
 まさにバブルの申し子。この頃は今のホンダディーラーのようにHonda Cars何某ではなくクリオとかプリモとか、あとスズキ同様2輪からのメーカーの特色でホンダは個人販売特約店も多いですよね。
 当時はトヨタはもとより、日産も販売5チャンネル体制。それに倣ったマツダは後々屋台骨を揺るがす結果になったのは、周知のことです。
 沢山の子(ディーラー)を作れば、沢山の孫(車)が出来、更に沢山の孫があるから、いっぱいひ孫(ユーザー)が出来る。結果、親(メーカー)には金が入る。まさに当時流行した「ねずみ講」商法もどきとするのは乱暴な考えでしょうか?
 逸品ということばがあるように、逸品は一品でいいんです。いくら兄弟車とはいえ他人様から「アコード乗ってんの?」のと聞かれた「アスコット」ユーザーはいい気分は決してしませんから。
 かくゆう私、かつて「オースター」に乗っていてよく「スタンザ」と言われました。
[ 2012/11/20 23:40 ] [ 編集 ]
島のタバコ屋様

コメント、ありがとうございます。
昔勤めていた会社に、ローバーを買われた取締役の方がいました。「役員になられると英国車に乗れるようになるんですね」と言ったら、「英国車といっても中身はホンダだよ」と答えられました。
きっと彼が購入したのはアスコットイノーバベースのローバー600だったんでしょうね。
昔からホンダのクルマには随所に遊び心が感じられるものが多かったのですが、最近のホンダ車はその部分がちょっと行き過ぎており、遊び心を通り越しておもちゃっぽさを感じてしまいます。まあそれが売れているわけですから顧客の要請には応えているんでしょうね。
[ 2012/11/21 08:42 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
後追いで投入してそれなりに成功してしまうというパターンはトヨタも同様ですね。四輪メーカーとしては後発だったホンダも、トヨタ並みの巨人になったということだと思います。
ご紹介していただいたCM、私も気に入っています。クルマだけでなくしっかりと単車や農機具も入っているところが嬉しいですね。
ホンダのような会社に「超小型車」を先導していってほしいものですね。
[ 2012/11/21 09:08 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
大きな工場でどんどん生産して、数多くの販売店でどんどん販売して・・・、という流れがうまく回転しているうちはそのような形もよいのかもしれませんが、現状、そして今後はそのような回転は見込めないと思います。
では工場を縮小して販売店も閉鎖して・・・でよいのかと言われればそうでもないような気がします。
販売店は売るだけではなく、後々のメンテナンスをする拠点でもありますからね。個人的には工場を縮小してメンテナンスの拠点を増やし、1台のクルマを末永く乗り続けられる状況にしてほしいと思っていますが、なかなかそうはならないでしょうね。
「ジャパン アズ ナンバーワン」ともてはやされたあの頃を思い描きながら「強い日本を」と叫んでいる偉い方々がおられる限り、「本当に強い日本」にはならないような気がします。
[ 2012/11/21 09:28 ] [ 編集 ]
ちょっと前にアスコットを見ました。カタログと同じ状態でかなり程度の良い車でした。
[ 2012/11/26 16:47 ] [ 編集 ]
天麩羅様

コメント、ありがとうございます。
この型のアスコットは生産終了から20年ほど経っていますから、きっとオーナーの方にとって思い入れがあり、大切に乗られているんでしょうね。気に入ったものを大切に長く、理想的なクルマの乗り方ですね。
[ 2012/11/27 10:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。