旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・スカイラインGT-R(BNR32型) 

121109a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121109a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121109a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121109a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121109a05.jpg
(画像クリックで拡大)

121109a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年に日産から発売されたスカイラインGT-R(BNR32型)です。197台のみで生産終了となってしまったケンメリGT-R以来、実に16年ぶりのGT-R復活ということで、当時大いに話題になりました。人気車種でしたから現在でもたまに街中で見かけますが、流石に古いクルマなので痛々しい走り屋仕様になっている車体が多いですね。

 さて、このスカイラインGT-R、バブル期で何でもありの時代だったにもかかわらず一際存在感が大きく、出た当初は「羊の皮をかぶった狼」どころか、「化け物の皮をかぶった化け物」のような印象でした。世はバブルでも私自身はバブルにまったく縁がなかったのでもちろん購入したいなどとは考えたことはありませんが、クルマ好きとしては憧れの対象でした。

 当時、何を血迷ったのかこのクルマを購入した友人がおり、何度か助手席には乗せていただいたことがあります。その頃は都内に住んでいたので込み合った都会の道路を走っただけでしたから、このクルマの良さはまったくわかりませんでした。その友人、GT-Rを購入してしばらくしたら今度はホンダのビートも購入しました。何でもGT-Rを処分したわけではなく、街中では走りにくいから普段の足としてビートを追加したとのこと。

 同じような年代でも私はクルマ無しの自転車生活、彼はGT-Rとビートの2台持ち。いったい世の中どうなっているんでしょうね?それにしても不思議なことは、いくらバブルに縁がなかったとはいえ、私は当時、多少は恩恵を受けた商社マン、彼はまったく恩恵を受けなかった公務員でした。やっぱり都内に実家があるということ自体が大いにバブルの恩恵を受けたんでしょうね。若造が500万円もする高級車をポンと買ってしまう当時の都会の方々の姿と、現在中国の都市部で高級車をポンと買ってしまう一部の特権階級の方々の姿がどうもダブって見えてしまいます。

 復活したスカイラインGT-Rは現在日産GT-Rとなり、化け物度をさらに増して国産スポーツカーの頂点に君臨しています。この先、GT-Rがどんな存在になっていくのか、もはや憧れる気持ちも全くなく、怖い物見たさと興味本位で楽しみにしています。

スカイラインGT-R(BNR32型)
全長×全幅×全高 : 4545×1755×1340mm
ホイールベース : 2615mm
車両重量 : 1430kg
エンジン : 直6DOHCターボ 2568cc 280PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/11/09 11:26 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(14)
GTRの記事拝見致しました。
とてもエスプリの効いた解説にて、品性と良心を
感じました。私も同感です。エンスーは何も化け物
車を所有している方のことではなく、好きな車に
限りない興味と愛情(と見識)を持っておられる方
のことだと思います。最初ハコスカGTRの記事かと
思ったのですが、GTRの末裔の記事だったのでやや
クールダウンしました。私も最近のGTRには興味を
失ってしまいました。車好きを魅了する孤高の品性と
いるようなものが感じられず、これでもかといった
まるでジェット戦闘機のロードバージョンのようで
魅力どころか恐怖を感じます。
デザインは内外とも最悪で、中村史郎さんがいすずから
移籍してチーフデザイナーになって以降、日産はチンケ
なものばかり出しますよね(Zしかり)
フェラーリやアストンをまねろとは言いませんが、
もっと日本人としての品性が表現出来るはずです。
GTRマニアの方にはお叱りを受けるコメントに
なってしまいました。ごめんなさい。
[ 2012/11/09 13:33 ] [ 編集 ]
出ました、R32GT-R!

ベースのR32が、変にハイソに振った先代からダウンサイズして本来のスポーティ感を取り戻し、さらに16年振りのGT-Rブランドを復活させました。助手席含め1度も乗ったことはないですが、バブルの恩恵で良くも悪くもその存在感と性能、やはり「名車」だと思います(個人的には、特にこの16インチの専用鍛造ホイール、メーカー純正にしては造りのよさも含めとてもカッコよい!と当時思ってました)

最近はさすがにこのR32GT-R、なかなかお目にかからないですね。
中古も含めオーナーの方々が、自分仕様にノーマルをベースに足回り・吸排気系などをいじるのが当たり前だったので、程度のよい現車は今ではほぼ存在しないのでは・・・でも、「いじる」程度はともかく、自分が好きなようにクルマをカスタマイズできるのは、「オリジナル」を造れる楽しみや満足感をクルマを通して体現出来て、それはそれでよいのかなと思います。

半年くらい前に日産ディーラーのメカニックの方と会話する機会があったのですが、現行のR35GT-Rは、決して「いじって」はいけないクルマだそうです。メンテナンスも専門に資格を持ったメカニックが対応する、全てハイパフォーマンスセンターなる「専門ピット」で厳重に管理され、タイヤ交換さえも市販品での交換は厳禁・・・このR32から進化した現行GT-Rは、もはやメーカーが与えた性能が全てだと言わんばかりなのでしょうか・・・

まぁ、現行GT-Rを購入する(出来る?)層は、そもそも「いじる」事なんて、はなから頭にないかもですね(苦笑)



[ 2012/11/09 21:59 ] [ 編集 ]
島のタバコ屋様

コメント、ありがとうございます。
好みは人それぞれなので、最近のGT-Rのような超高性能(時速300キロで走っていても同乗者と会話ができる云々)に魅力を感じる方はそれらのクルマに乗られればよいと思います。また、実際にそのような高性能を試す機会などなくとも、そういう高性能なクルマを所有している、ということに意義を感じられる方は所有すればよいと思います。
しかしながら、少なくとも私自身はそのようなことに魅力も意義も感じられず、雑誌などで評論家の方々が書かれている文面を読んでも、何か別の世界の出来事のように思ってしまいます。
今や高級車に乗ることが成功の証、という時代でもありませんので、自分が運転していて本当に楽しいクルマ(例えそれがポンコツの軽であっても)に長く乗りたいものですね。
[ 2012/11/10 08:49 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
現行GT-Rの件、中古車チェーン店を経営している幼馴染が同じようなことを言っていました。彼曰く、「例え入庫したとしても面倒見切れないから断らなくてはならない。ああいうクルマばかりになっていくと困る」とのこと。
R32GT-Rはかなり品のない姿になっているものもちょくちょく見かけますが、現行GT-Rは10年、20年後も新車当時の姿のままで走っているんでしょうね。それはそれでなんだかつまらないですね。
[ 2012/11/10 08:58 ] [ 編集 ]
 前回のコメントの題名を使いまわしてしまいましたが・・・。
 このGT-Rおっしゃるとおり当時は鳴り物入りの登場でした。自動車雑誌はこぞって賛否(もっとも賛がほとんどでしたが)両論を掲載し、巻頭はGT-R一色。でも当時すでに小型車レベルでもDOHC(ツインカム)搭載は普通で、初代やケンメリGT-Rの頃のOHCいやOHVエンジンが当たり前の時代に比べれば日本の自動車全体がかなりのレベルに達していて、サーキットで走る訳ではないから私はこのGT-Rよりその下のGT-Sが欲しいと思っていました。
 私みたいな庶民には人生を3回くらいリピートして働かないと現行GT-Rは買えません。もっとも欲しいとも思いませんが、「欲しいと思わない」スーパーモンスターカーこれって魅力ある車なんでしょうか?
 長文ついでで申し訳ありませんが、今朝の朝刊チラシにホンダN-ONEが掲載されていましたが、廉価バージョンでも115万円!やはり高いですね。おっと裏をめくれば3.9%のクレジット、ローンもいいですけど廉価版はやはり一桁下げたくらいがちょうど買いやすいと思うのですが・・・。
[ 2012/11/10 19:24 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
「スーパーカー」って、いったい何なんでしょうね。誰もが憧れるクルマ、誰もが憧れても決して手に入れられないクルマ、それとも常人には扱えないクルマ・・・、まあそのどれもが当てはまるのが「スーパーカー」なんでしょうね。
私事で恐縮ですが、数年前に自宅を建て替えたとき、キャッシュで支払いました。私は江戸っ子ではありませんが、気前良くサラリーマン時代にせっせと貯めたお金を一気にドーンッと使ってしまいました。
住宅の場合、その進捗度にあわせて4回ほどの支払いがあるのですが、そのどれもが現行GT-R並みの金額です。この時点で、私自身の中で、高級車に乗って見栄を張るという概念が消滅してしまいました。
今、快適な住宅で毎日を過ごしていますが、この家の代わりにGT-Rが4,5台あったところで、ホームレスです。

もちろん、価値観は人それぞれ、誰も他人の考えにとやかくいう資格はありませんが、少なくとも私はちょっと金銭感覚のずれた今の自動車業界には疑問を持っています。
[ 2012/11/10 22:48 ] [ 編集 ]
バブルの頃に私の友人が通っていた私立大学ではタイトルのような図式でした、「平家に非ずんば人に非ず」よろしく「GT-Rに非ずんばスカイラインに非ず。」と言った感じです。

また「スカイラインと言えば2ドア」と言う風潮で、当時R32GTS-tタイプMの4ドア乗っていたのでみんなに「なんで?」と聞かれたものでした。

GT-RはやっぱりR32がいいですね、90年にカルソニックスカイラインGT-Rが、グループAで2連勝した記念のポスターをディーラーで貰ったのですが、今だに部屋に貼ってあります。

さて、R35GT-Rですが、市販車は世界の名だたるスーパーカーに比べ、華が無いですね。スーパーカーの部類に入れずに、「世界最速の2ドアセダン」と見ると「ああ、凄いのかな?」なんて思えてしまいます。

あと、市販車とはずいぶんかけ離れてはいますが、昨年のFIA・GT1選手権での活躍は評価に値するとおもいます。
[ 2012/11/11 11:16 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
えっ!バブルの頃って、若造サラリーマンだけでなく、大学生までGT-Rだったんですか!風呂なし安アパートで銭湯通い(とはいえ、かぐや姫の『神田川』のような甘美な世界とは無縁です)の大学生活を送った私にはちょっと理解できない世界ですね。
現行GT-R、きっと性能は素晴らしいのでしょうが、憧れる「色気」がないですね。その点、トヨタ2000GTは色気ムンムンです。
先日亡くなられた「エマニエル夫人」が、ご本人が亡くなられた後もその色気を世界中の男性の脳裏に植え付けておられるのと、スーパーカーと呼ばれるクルマの「色気」が何十年たっても色あせない状況がなんとなく重なって見えてしまいます。
現行GT-Rって、人間の表皮を取ったターミネーター(シュワちゃんの)みたいですね。個人的には、シュワちゃんのターミネーターよりも、その続編で登場した愛らしいターミネーターにそそられてしまいます。
スーパーカーって、そんな要素をいかに取り入れるかも結構重要なのかもしれませんね。
[ 2012/11/11 20:25 ] [ 編集 ]
先日筑波サーキットに向かう途中、追い越し車線で小生の前をこのBNR32型スカイラインGT-Rが走っていたので、我が愛車=レクサスIS350ならぬ「8年落ち10.4万km走行オンボロ・ヴィッツ」で後を追ってしまいました(笑)。
拝金主義+「何が何でもイケイケムード」のバブル期を思わせる空気が周囲一体に漂いました―時計の針は一瞬1990年代初頭に逆もどりした感でした。
我が2004年式ヴィッツ1300の加速、直進安定性が想像以上だったことに感銘を受けたのもさることながら、32型GT-Rも一時代を築いたものが持つ「底の深いオーラ」を撒き散らし、不滅のクラシックに成長すると踏みました。
無論現実的には最終型でも19年前のクルマなだけあってパーツやら維持費の点で並々ならぬ苦労を伴うのは明確ですが、そんな32GT-Rを愛情と財力を持って維持している人間には尊敬の念も隠せないわけです。
[ 2012/11/11 21:52 ] [ 編集 ]
1989年はある意味国産車の歴史に残るクルマが発売となった年といわれていますね。ユーノスロードスター、トヨタセルシオ、そしてこのスカイラインGT-R・・・今思うと、個人的には学生から社会人になった頃で、GT-Rは450万位していましたので、逆立ちしても買えるクルマではありませんでした。さすがに20数年後の今、R-32スカイラインの中古車も少なくなりましたが、その殆どがGT-Rで、買えそうな値段ではありますが、維持費が相当かかりそうです・・・実家の近所にR-32GT-Rをワンオーナーで維持しておられる方がいます。当時はやったガンメタルグレーの車体はいつもピカピカで、いつぞやはボンネットを開けていた横を通ったのですが、エンジンルーム内もピッカピカでした。こういうカーライフが出来る環境がうらやましい・・・
[ 2012/11/11 22:20 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
先日近所のコンビニへ行ったら、缶コーヒーのおまけで「GT-R歴代名車コレクション」として、歴代GT-Rのミニカーが付いていました。ハコスカから現行GT-Rまで、もちろんこのR32型もありました。
GT-Rは特別なクルマですから、出た時点で将来『過去の名車コレクション』に加わることが宿命付けられているようですね。
数十年後にも過去の名車として大切に扱われることが前提のクルマであるのなら、現行GT-Rのように特別な維持管理体制が必要な状態というのはどうなのかな?と思ってしまいます。
[ 2012/11/12 11:25 ] [ 編集 ]
ぬりかべ様

コメント、ありがとうございます。
現在では30万以下で売られているR32型GT-Rもあるようですが、タイヤ交換と最低限の整備をしたら車両の価格を越えそうですね。
安価に売られているGT-Rの中古車は何人ものオーナーを経て過走行の車体が多く、おそらく余命もそれほど長くないと思います。
後々まで『過去の名車』として存在し続けるのは、やはりワンオーナーで愛情を持って維持管理されてきた車体でしょうね。GT-Rに限らず、多くの方がクルマとそんな付き合い方をするような社会になってほしいものですね。
[ 2012/11/12 11:38 ] [ 編集 ]
ちょうどこの32GT-Rが出たと同じ頃に、HONDAのスーパーバイクNRも発売されました。NRの価格は520万円。
知り合いから聞いた話ですが、県内でGT-Rを買おうと考えていた人が、NRが出たのを見て、NRを購入したそうです。NRを売ったバイク屋さんは、現行GT-Rと同じく整備もできないし、もし飽きて中古で引き取ってくれと言ったとしても無理と、嘆いていたとの事。
GT-R 価格450÷タイヤの数4≒120万(タイヤ1本当たりの価格)
NR   価格520÷タイヤの数2≒260万(タイヤ1本当たりの価格)つまりNRはタイヤ1本当たりの価格がGT-Rの倍以上。こうすると、買えそうな気がしてきませんか。
ってこの計算式って無意味でしたね。失礼。
[ 2012/11/12 12:57 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
当時、とある自動車雑誌でスカイラインGT-RとホンダNRを両方購入された方の記事を読んだ記憶があります。まあクルマと単車に1000万円払える財力もすごいなぁと思いましたが、その反面、たかだかクルマと単車に1000万円もよく払うことができるなぁと、ちょっと冷めた目でその記事を読んでいました。
きっと当時はお金をたくさん使うことができる人間が「すごい人間」という感覚だったんでしょうね。
タイヤの本数による車体価格の評価はちょっと考えたことがなかったのでコメントを控えます。
しかしながら、ながらく排気量×1000円というのが車両価格(二輪・四輪問わず)の基本と考えてきましたので、そこから逸脱する車体については、それなりの理由がほしいものですね(例えば、ハイブリットとかダウンサイジングターボとか)。
[ 2012/11/12 19:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。