旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・ホンダ・Z(PA1型) 

121027a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121027a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121027a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121027a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121027a05.jpg
(画像クリックで拡大)

121027a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年にホンダから発売された2代目Z(PA1型)です。2代目とはいえ、車名が同じということだけで1970年に登場した初代Zとは何の関連もなく、初代の面影もまったくありません。UM-4(UNDERFLOOR MIDSHIP 4WD)と呼ばれる新構造とカタログで大きく紹介されていますが、ホンダの軽トラ・アクティは1983年から同じ構造のミッドシップ4WDを採用していますので、特にこれが新構造というわけではありません。

 さて、このホンダZ、目新しいように見えて特に目新しい部分があるわけでもないクルマですが、私が今までディーラーで「エンジン見せて」とお願いして唯一断られたクルマです。軽トラなら荷台のメンテナンスハッチを開けるだけで見られますが、きっと面倒臭いのでしょうね。エンジンを眺めるのが好きな私にはちょっと残念なクルマです。

 残念といえばこのクルマ、軽自動車ですが異様に価格が高いです。手元の価格表によると、1,148,000円から1,698,000円。完全にカローラクラスの価格帯ですね。『プレミアムな軽、はじまります。』ということでもうすぐ発売されるN-ONEの情報がチラチラ出されるようになりましたが、N-ONEの価格は1,150,000円からとのこと。ホンダって10年以上前にも今回同様、車名復活でプレミアムな軽をはじめていたみたいですね。

 N BOXが結構売れているようですし、ビートの復活も社長が明言されているようなので、今後ホンダの『プレミアムな軽』がどんどん街に溢れてくると思いますが、軽自動車があまりにプレミアムになってしまうと軽の優遇税制についての議論がまた激しくなりそうですね。個人的には身近なクルマとして『プレミアムでない軽』をもっと充実させて欲しいと思っています。軽自動車に軸足を移しつつあるホンダ、今後はどんな展開をしていくんでしょうね。

以下、余談

121027b01.jpg
(画像クリックで拡大)

この写真、うちの『プレミアムでないホンダ』です。小型の車軸型管理機で、車輪を外して車軸にローターを付け、抵抗棒を地面に押し付けながら畑を耕していく機械です。抵抗棒を外して畝立て器を取り付ければ、様々な大きさの畝を簡単に作ることができる優れもの。20年ほど前に購入し、うちでいちばんよく使う農機具です。先日車軸からオイル漏れがあったのでオイルシールを初めて交換しました。
個人的には、この管理機同様とは言わないまでも、もっと構造をシンプルにしてコンピュータ制御も極力なくし、メンテナンスのしやすいクルマを世に出して欲しいと思っています。極端な話、軽自動車レベルならパワステ、パワーウインドウは不要、もちろんMT。余分な装備がなければそれだけ壊れる部分もありませんからね。まあどんどん軽が『プレミアム』になっていく昨今ではなかなか難しいかもしれませんね。

ホンダ・Z(PA1型)
全長×全幅×全高 : 3395×1475×1675mm
ホイールベース : 2360mm
車両重量 : 960kg
エンジン : 直3SOHC 656cc 52PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/10/27 15:46 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(20)
日本独自の進化を遂げた携帯電話をガラパゴス諸島で独自の進化を遂げた動物たちになぞらえて、「ガラ携」と呼びますが、日本独自の規格で進化を遂げた軽自動車たちを「ガラ軽」と呼びたくなってしまうのは私だけでしょか?

[ 2012/10/28 12:56 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
排気量を800ccぐらいにして海外で販売されている日本の軽もあるようですので、軽の車体時代が「ガラ軽」ということはないと思いますが、豪華装備の高価な軽、という意味では優遇税制がある日本独自の「ガラ軽」でしょうね。
N BOX+の最上級グレードって187万円で、アクアの最上級グレード(185万円)より高いですからね。
[ 2012/10/29 08:44 ] [ 編集 ]
価格はともかく、私はこのZ好きです。今でも欲しいです。
Zと言えば昔、彼女に「俺、Zに乗ってるんだぜ」と言ったら、「凄いー」となって、いざ迎えにいった車がホンダの初代Zだったと言う笑い話があります。彼女はニッサンのZだと思っていたようです。あ、私の事ではありません。
[ 2012/10/29 13:18 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
やっぱり「Z」と言ったら日産のZですよね。日本人の大多数はそちらを思い浮かべると思います。
私はこのZにはあまり魅力を感じませんが、このZの元であるアクティ、それも農繁仕様のアタックにはとても魅力を感じています。でもホンダの軽トラって、他メーカーよりも10万円高いんですよね。
スバルのサンバー亡き後、マニアックな軽トラはホンダのアクティだけです。ただ、軽トラに私同様「マニアック度」を求める人間がどれぐらいおられるのか如何によって今後のアクティの寿命が決まるんでしょうね。
[ 2012/10/29 20:57 ] [ 編集 ]
私らが若いし頃のHONDA-Zと言えば水中メガネZでしたよね。
当時マルビ学生だったので2万円で購入したNコロを愛用でしたが
水中メガネZは随分カッコよかったように思います。日本車離れ
した彫の深いデザインで・・・。この四駆のZも嫌いではないですが
中が随分窮屈で(特にリア)実用向きではないように感じていま
した。でも日本初の軽版SUVと言えなくもなかったのでは・・・。
ホンダは話題性はあるものの、ユーザーに対し無責任な製品を出す
傾向があったように思うのは私だけでしょうか。
ホンダで意外といいなと思うのはアクティバンです。デザインも
ハイルーフながら、縦横比のバランスが良く、お顔もファニーで
憎めない顔をしており、バモス等より数段いいと思います。
ミニのようにツートンに塗り分けるとおしゃれにもなります。
またメカも5速MTなのでシンプルで、商用車につき余分なパワー
アクセサリーもなく、私ら世代には抵抗のない車だと思います。
私ら世代とは、エアコンをクーラーと呼んでいた世代です。

[ 2012/10/29 21:22 ] [ 編集 ]
 この車って最高グレードが187万円もするんですか?そしたらオプションパーツなんかを付ければ200万超えるじゃないですか!
 まあ、ワゴンRなんかをカスタム仕様にしている方もいるわけですから値段だけではなんともいえませんが。
 私、この先もし単身赴任なんていう身の上になれば、軽自動車です。それも軽のバンがいいですね。アクティーでもハイゼットでもメーカーにはこだわりませんが、絶対MT車の、できたらエアコン付で少し欲張ればFMチューナーが付いていればOK。
 家族と一緒に今のアテンザに乗っているのが、一番幸福なのかも知れませんが、こんなこと書き込むなんて今の生活が満ち足りていない証拠でしょうか?すみません本題から外れ、愚痴っぽくなってしましました。
[ 2012/10/29 22:52 ] [ 編集 ]
島のタバコ屋様

コメント、ありがとうございます。
N ONEがN360の現代版として出るそうなので、N ONEをベースとした現代版の水中メガネZももしかしたら出るかもしれませんね。
昨今の様々な装備が付き、さらに複雑な制御回路を付けて微々たる燃費向上を図っているクルマを見ていると、高価なレストランでたらふく食べ、高価な会員制スポーツクラブで汗を流している現代の「セレブ」と呼ばれている方々を連想してしまいます。高いお金を払って無駄な装備を付け、高いお金を払って無駄な装備を省いているような・・・。
シンプルなクルマが一番、と考える人間も今後どんどん減っていってしまうのでしょうね。
[ 2012/10/30 09:25 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
私が会社勤めをしていた時には単身赴任もごく普通にありましたが、今も普通にあるんでしょうかね。単身赴任って、社員にも二重生活の負担がかかるし、会社にも諸手当で負担がかかるので良い面が何もないと個人的には考えています。
まあそれはともかく、家族と一緒ではなく、自分だけが乗るクルマが欲しいと思うのは全然おかしくないと思います。私のアクセラはまさにそういう存在ですから。
[ 2012/10/30 09:35 ] [ 編集 ]
これ、Zの「2代目」としてカウントしてよいのでしょうか!
唯一初代と比べてハイトールなハッチくらいしか共通点がなく、初代と比べても全く別のクルマですね・・・

初代Zが街中を闊歩していた70年代頃、当時私はセダン大好き小学生で、軽自動車は「認めなかった(笑)」のですが、なぜかマツダのシャンテとスズキのフロンテ(クーペモデル)だけは心惹かれました。なぜ好きだったのか・・・?今考えてもよくわからないのですが、強いて言えばカッコよいと思ったからかな・・ちょっとスペシャリティ入ってませんか??最近は実用性重視の軽市場ですが、個人的にはまた「カッコよい軽自動車」を造って欲しいです。

余談ですが、折りしも当時はスーパーカーブームで、TVで「スーパーカークイズ」なる番組(司会は今「笑点」でざぶとん配ってる山田クンでしたか!)を毎週欠かさず見ていたのですが、番組内でオンエアされるスーパーカーのエキゾーストが、なぜか当時のMTの軽自動車のそれと似ていた印象がありました(笑々)
[ 2012/11/01 20:28 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
初代Zの頃の軽自動車は一目で軽自動車とわかりましたが、今の軽は大きい(背が高い)ので一昔前の普通車の隣に停まっていると軽のほうが存在感があったりしますね。
個人的には昔の軽のような存在として、超小型車にとても期待しているのですが、なかなか話が前へ進んでいないようですね。
「スーパーカークイズ」なる番組は知りませんでした。全国ネットなのかな?
[ 2012/11/02 09:12 ] [ 編集 ]
小生も今のヴィッツ1300U-L/103761kmが15万kmに達して維持費がかさむようならホンダN-ONEのターボにしようかと考えております。
その頃にはクーペ風軽自動車を現代の技術で蘇らせた「21世紀のホンダZ」がリリースされればなお理想的だと思います。
[ 2012/11/02 22:20 ] [ 編集 ]
スーパーカークイズ、正しくは「対決!スーパーカークイズ」という番組でした。当時はテレビ東京系列のオンエアでしたが、YouTubeでひっかけたら出てきました(笑)確かに全国ネットではないかもです!

http://www.youtube.com/watch?v=Ih8N-CJBpM4

画像はさすがにありませんが、雰囲気はこんな感じです。

イントロのピンクレディのコカコーラCM、すっかり忘れてましたが当時ビンの王冠の裏をめくるとスーパーカーの絵柄が出てくる企画、懐かしいかも!!

[ 2012/11/02 23:25 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
私は今のアクセラが壊れたら軽トラの農繁仕様にしようかと考えています。あっ、そうなるとこのホンダZと中身が同じですね。
ホンダはビートの新型を、ダイハツはコペンの新型を出すようですから、スポーティな軽も賑やかになりそうですね。
[ 2012/11/03 06:43 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
YouTubeの音声、聞いてみましたが、やはりまったく記憶にありません。一度でも見たことがあればかすかに思い出すはずですが、まったく記憶にないということはおそらくこの地では放送されていなかったか、されていたとしても私自身は一度も見たことがなかったようです。
ビンの王冠はすっかり見なくなりましたが、現在でも缶コーヒーにスーパーカーのおもちゃが付いていたりしますね。形こそ違えど、企画の内容って、あまり変わっていないものですね。
[ 2012/11/03 06:55 ] [ 編集 ]
去年の夏ごろに友人がこれを買いました。
わざわざ京都まで行って二人で仕事がてら東京まで乗って帰ってきました。
途中フルフラットにして大人二人が余裕で車内泊ができました。
エンジンを回して乗らないとさっぱり走りませんが、昨今のエコカーとは正反対のコンセプトですが、出た当時は楽しい車だったようです。

そのマニアの友達はピカピカにして楽しそうに休日にかっ飛ばしています!?
[ 2012/11/03 18:08 ] [ 編集 ]
takamaru90様

コメント、ありがとうございます。
ブームや世間の評判などに振り回されず、自分が気に入ったクルマに乗ることがもっとも満足度が高いですね。きっとご友人もZを手に入れたことで毎日がとても充実していることと思います。
古くなっても気に入っているクルマにずっと乗り続けられる世の中になってほしいものですね。
[ 2012/11/04 12:50 ] [ 編集 ]
  お父さん様からの投稿で、思わず検索したら34年ぶりに聞きました。「スーパーカークイズ」のオープニング。当時は、「テレビ東京」でなく「東京12チャンネル」でしたよね?12チャンネルは当時全国にネット局が無く、私のところは独立U局の「三重テレビ」で確か放送されていたと思います。三重テレビは三重県外の愛知県では伊勢湾沿岸部かせいぜい名古屋市内までが視聴エリアで豊田・足助地域や三河地域ではよっぽどの電波対策をしない限り視聴は困難だと思いますから kurumamaniacs 様がお住まいの地域で視聴できたかどうかは微妙です。
 今は東海地方では「テレビ愛知」があるので「テレ東」の番組は同時ネットですが、でも「スーパーカークイズ」の問題、一つも記憶に残っていないんですよね。
 寂しい話ですが、ガルウィングのカウンタックもV12のフェラーリも現実は買えないです。まあ、欲しいとも思いませんが・・・。
[ 2012/11/05 23:07 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
恥ずかしながら、私はUHFのダイヤルを回したことがなかったので、三重テレビが受信できていたのかどうかもわかりません。当時のテレビって、VHFチャンネルの下にUHFチャンネルがあり、VHFを12に合わせたうえでUHFのチャンネルを回すタイプでしたよね。自分の中では、下のUHFチャンネルは使わないチャンネルというイメージでした。私が知らなかっただけで、愛知県でもスーパーカークイズを見ていた方がおられたのかもしれませんね。
カウンタックやフェラーリ、当時は街中を走っている姿を見ることなどまずありませんでしたが、最近ではちょくちょく見かけます。しかし憧れの眼差しでそれらを見るのではなく、「乗りにくそう」という思いで見てしまいます。正直なところ、やせ我慢でもなんでもなく、欲しいと思いませんね。
[ 2012/11/06 10:58 ] [ 編集 ]
すみません、nishiyan様ご指摘の通り、当時はテレ東でなく「東京12チャンネル」でした、大変失礼しました!!

子供の頃は、スーパーカーってやっぱり「憧れ」だったんですよね。なんて言うか、好きなモノの「究極のカタチ」みたいで、単純にワクワクする存在だった気がします。ある日、市内の展示場でスーパーカーの展示会があり「カウンタックLP500S展示!」と告知されて、そりゃもう勇んで見に行ったら、なんてことはないLP400にパチモンのGTウィング風なものを取り付けたクルマが展示されていて、泣きそうなくらいとてもがっかりした記憶を思い出しました(今思えば、そもそもLP500Sなんて日本には存在してなかったかもですか!)

kurumamaniacs 様仰せの通り、最近はランボやフェラーリをよく公道で見かけます。自分が大人になっても決して「手の届く」クルマではないし、正直乗りたいとも思いませんが、昔って、普通の大人でちょっと頑張れば「手の届く」クルマ、結構魅力的なクルマが沢山あったように思います。それがスタイリングのカッコよさだったり、運動性能だったり、充実した内装だったり・・・今、自分が手の届くクルマで魅力的なものって、ほぼ皆無に近いのがあらためて残念です。

そう考えると、本題のZのこの価格設定は高く感じます。今、手は届く範囲だとしてもやはり買う気にはならないかな・・・近い将来170万出しても買いたいと思えるクルマに出会いたいものです。
[ 2012/11/07 19:47 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
N-ONEが先日発売され、価格帯はやはりこのZとほぼ同様のようですね。評論家の方々は絶賛しているようなので、きっとかなり売れると思います。
上質な軽、ということのようですから普通車から乗り換える方が多いことと思いますが、個人的にはなんだかメーカーが自分の首を自分で絞めているように感じられてしまいます。
魅力的な軽自動車が増えることは大歓迎ですが、軽自動車の市場でプレミアム感を競うような風潮にはなってほしくないですね。
そのうち軽でも200万越えの車種が普通に販売されるようになってしまうかもしれませんね。
[ 2012/11/08 11:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。