旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホンダ・新型インサイトを発売! 

090209a01.jpg

090209a02.jpg

090209a03.jpg

090209a04.jpg

090209a05.jpg

 旧車ネタではありませんが、ホンダが先週末発売した新型インサイトを見てきました。事前報道でスタイルもスペックも価格もほとんど分かっている状態でディーラーへ行ったのですが、実車と対面するとやっぱり「何でホンダのディーラーにプリウスがあるんだ!」と思ってしまいましたね。
 トヨタにせよホンダにせよ、最高峰の自動車レース、F1で活躍したメーカーですから空力特性をもっとも知り尽くしたメーカーのはずです。その2社が揃って同じスタイルの車を出し、「最大限の空力性能を突き詰めるとこの形になる」と公言してしまっては、今後他メーカーはこれ以外のスタイルのハイブリット車が出せなくなってしまいますね。これ以外のスタイルでは「最大限の空力性能を突き詰めていない」ということになってしまいますから。
 まあスタイルの問題はさておき、もしオヤジ(本田宗一郎氏)がお元気であったなら、ホンダはこの「インサイト」を発売したのだろうかとちょっと考えてしまいました。燃費性能ではトヨタの現行プリウスのほうが上です。スタイルは瓜二つです。価格はインサイトのほうが多少安価ですが、トヨタも新型プリウス発売後には現行プリウスを値下げして併売するといっています。ホンダびいきに考えてもプリウスに対抗できるとは思えません。
 プリウスに対する圧倒的優位性がないので、カタログ中では「5ナンバーサイズ」ということを大々的にPRしています。しかしながら現行プリウスとの全幅差はわずか3センチ。3センチなんて、運転の不得手な奥方様に半日運転させれば電柱やガードレール等のあらゆる工具を使って芸術的なプレスラインとともにすぐに解消できてしまう差です。プレスライン職人である奥方様なら、たとえ5ナンバーサイズであろうとも、しっかりマイナス3センチしてしまいますから元のサイズはあまり関係ありません。
 いろいろ書きましたが、この新型インサイト、それなりには売れると思います。それはインサイトが優れているからではなく、ホンダファンやアンチトヨタ層がいるからです。プリウスが欲しいけどトヨタ車には乗りたくないという方もかなり大勢おられると思いますから、そういう方にとっての「プリウス」として売れることと思います。もしかしたらホンダの狙いもそこなのかもしれませんね。
 「インサイト」はあくまでも急場のつなぎ。これで現在の窮状を何とか乗り切り、本来の狙いであったハイブリット・フィットやハイブリット・シビック・タイプRなど、ホンダらしい次世代車を展開していって欲しいものです。

インサイト・タイプG
全長×全幅×全高 : 4390×1695×1425mm
ホイールベース : 2550mm
車両重量 : 1190kg
エンジン : 直4SOHC 1339cc 88PS
モーター : DCブラシレス 14PS

人気ブログランキングへ

[ 2009/02/09 16:38 ] 2000年代ホンダ | TB(0) | CM(2)
現在のホンダに関心していることがあります。
広告宣伝の上手さです。
新型オデッセイで、あれっと思ったのですが。
新型インサイトも同じ流れのようです。

それにひきかえ我がマツダ…
広告が的外れで、商品の足を引っ張っている感。
仕方がない、どうせパクるなら今のホンダのスタイルを少し勉強してください、なんて。
[ 2009/02/09 21:35 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
ホンダのCM、本当に上手ですね。それにホンダって昔からCM上手ですよね。
「ジャーン、ジャーン、ジャーン、ジャーン、ホンダッ、ホンダッ、ホンダッ、ホンダッ、シティー!」とか。
ホンダはクルマだけじゃなく汎用製品のCMも上手ですよ。耕運機の「第二の人生」編はホンダのHPでも見られます。CMの影響は関係ないですが私も二台ホンダの耕運機を持っています。
さて我がマツダ・・・、私は何年、何十年経った後でも人々の頭の中に「ズーン、ズーン、ズン」は残っていると思います。ただその時にマツダが「ズーン、ズーン、ズン」をやっているかどうかはわかりませんが・・・。

[ 2009/02/09 22:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。