旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・三菱・アスパイア(EA1A/EC1A型) 

121016a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121016a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121016a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121016a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121016a05.jpg
(画像クリックで拡大)

121016a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年に三菱から発売されたアスパイア(EA1A/EC1A型)です。カープラザ店向けのカリスマ後継車ということですが、ご覧の通りギャランそのものです。私の記憶ではアスパイアのCMは見たことがありませんので、おそらくテレビCMもなかったと思います。三菱関係者以外でこのクルマの存在を認識されていた方っていったいどれぐらいおられるんでしょうね。

 さて、このアスパイア、なんだか存在自体が現在の三菱自動車の姿を先取りしていたように感じられますね。カープラザ店という販売店があったので、その系列で中型セダンを販売するために名前の異なるギャランが投入され、カープラザ店がなくなったらアスパイアも消滅。

 この流れが現在はさらに進み、三菱自動車という販売店があるからそこで販売するためにソリオ、NVバネット、シーマ、フーガ等を名前を変えて投入、・・・その先はちょっと記載を控えます。

 先日、パジェロやギャランフォルティスの一部改良があったようです。一部改良といえば聞こえは良いですが、実質的にはグレード整理です。ギャランフォルティスが登場したときには個人的にとても良いクルマだと思っていたのですが、エコカー減税の影響か、知らないうちにエンジンがダウンサイジングされており、MTグレードもなくなり、おまけにお買い得グレードもなくなり、現在のラインナップを見る限り、まったく魅力を感じないクルマになってしまいました。

 三菱自動車、いったいどうしちゃったんでしょうね?『いいもの ながく』というとても共感できるキャッチフレーズを掲げ、10年10万kmの特別保証サービスというメニューも用意しているとはいえ、かなりの車種に上るOEM車はその対象外。昨今の情勢ではどの自動車メーカーも先の見えない迷走状態が感じられますが、三菱は特にその傾向が強いですね。

 新型ミラージュがどの程度の人気を獲得するのかはわかりませんが、このアスパイアのように中途半端に誕生したクルマではなく、誰もが『いいもの ながく』と思えるような基幹車種が登場してほしいものですね。

アスパイア・Viento(EA1A型)
全長×全幅×全高 : 4660×1740×1420mm
ホイールベース : 2635mm
車両重量 : 1260kg
エンジン : 直4DOHC 1834cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/10/16 16:31 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(10)
正直、初耳の車名です。インスパイアなら分かるのですが・・・ホンダでしたね。おそらく、このカタログも日本に数冊しか残っていないのでは。こんな事が分かるのもこのブログのおかげです(感謝)。
三菱の現状に関しては、おっしゃるとおり。あえてコメントしません。
[ 2012/10/17 12:29 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
アスパイアの中古車、Goo-netで調べたら1台、カーセンサーnetでは無しでした。年代的には比較的新しいクルマなのでもっとあってもよいと思うのですが、なかなか見当たらないですね。新車時にはいったいどれぐらい売れたんでしょうね?
当時、ミラージュアスティに乗っていたのでカープラザ店への出入りがあり、そのおかげでこのカタログを持っているだけです。本来なら私も存在すら知りません。
元三菱車オーナーとしては、今の三菱の状態はとても寂しく感じてしまいます。
[ 2012/10/17 20:07 ] [ 編集 ]
御他聞に漏れず、私もこのクルマ、初めて知りました!
タイトル見て「えっ、なに?」、でもって画像見て「ギャランじゃん??」このブログを拝読してからの私の中での「驚き&レア度」No.1かもです?!

そう言えば、この直後に三菱自動車は大規模なリコール隠しが発覚し、社会的な大問題になりましたね。「パジェロ」をRVブームにのし上げ、GDIとか画期的なエンジンを世に送り出し、これからの三菱はよい意味でどうなるのか注目していた矢先で、この事件は結構ショックでした。

しかし今思えば、現代では当たり前に企業に求められる企業倫理とかCSRの観点だとか、当時はまだまだ社会的にクローズアップされていませんでしたね。利益を追求すると同時に、社会に貢献すべく持続可能な「企業」という概念、当時の不祥事でたまたま三菱自動車が矢面に立たされてしまった結果で、もしかしたら当時の日本の企業風土全体の問題だったような気がします。

三菱自動車本社が一時期品川一等地のビルに入り、僅か数年で元の田町に戻った頃、たまたま仕事の取引先が品川本社の隣のビルだったのですが、かつて広々と構えたショールームが、その後その一角がコーヒーショップになったりして、ちょっと空しくなったのを思い出しました・・・

アップ話題からそれてしまいスミマセン!
[ 2012/10/17 20:39 ] [ 編集 ]
何で今頃アスパイアなんてバッジエンジニアリングをするのかね?ギャランだけで十分なのに―。
同車が発売された1998年、小生個人としては三菱全般に病根がジワジワと、しかし着実に忍び寄っている形跡を感じたのが正直な所だ。
この頃、三菱は総会屋問題のゴタゴタ冷めやらぬ頃であり、ほぼ同時期にアメリカ工場でのセクハラ問題も取り沙汰された.....今考えれば三菱内部ではリコール問題につながる伏線が見え始め、「過去数十年先延ばしにしたツケをどう払うか」でキリキリ舞いのてんやわんや、いや末期状態の混乱が起きていたに違いない、そう推測している。
そんな中、同社としても平常心すら保てない情勢なだけに手当たり次第メンツなき戦いに突入していたのではないだろうか。
[ 2012/10/18 03:29 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
三菱自動車の場合、巨大な三菱グループの一員であるというプライドと、グループの中では決してエリート企業ではないというコンプレックスが複雑に存在しているようで、どうも他の自動車メーカーとは異なる微妙な企業風土があるようですね。
せっかく素晴らしいクルマが造れる技術を持っているメーカーなのですから、一度グループ企業やその社員へのクルマの販売を禁止した上で新型車を開発すればより良いクルマが生まれるような気がします。
[ 2012/10/18 10:50 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
当時、このクルマを「アスパイア」として販売しなければならなかったカープラザ店の営業の方がかわいそうだとよく考えたものでした。もっとも私が出入りしていた店舗の営業の方は「あっ、失敗や~」などと自虐的なオヤジギャグを言いながらこのカタログを渡してくれましたが・・・。
その彼もリコール問題のゴタゴタの後に会社を辞めてしまったそうです。とても優秀な営業マンだったらしく、店長は「やり手の社員から辞めていく」と嘆いていました。
意外と今いちばん三菱を冷めた目で見ているのは、三菱内部の方々なのかもしれませんね。
[ 2012/10/18 11:06 ] [ 編集 ]
 「アスパイア」私も知りません。ということでこの車に関しては、コメントできないのでこの辺で・・・。じゃなくて。
 お父さん様はじめ諸兄のコメントにあるとおり、「三菱自動車」はリコールから凋落が始まりました。消費者の目というのは恐ろしいですよね。
 でも以前見た民放の夜11時のニュースで、ある三菱車のユーザーが車に関してのクレームを三菱の関係者に訴えているのを隠し撮りした内容で放送していました。その際、ユーザーの人が中座したときその関係者が手で頭の横のすぐ上で片手を広げるポーズ、つまり「あいつは○ーだ」というシーンが映されているのを見たとき、私は「この会社は信用ならん!」と思いました。こんな輩はごく一部の社員だけでしょうけど、これを観た消費者はこの会社の車造りはこの程度なんだと思ってしまいますよ。
 三菱は唯一おなじ会社で軽カーから大型車(ふそう)まで作っていますよね。私、三菱は軽からふそうの大型車まで運転しました(ちょっと自慢)いいんですよ三菱って、なんていうか基本に忠実でよく出来ているというか、職業運転手をしていたときベテランの運転手が「ふそうは丈夫で安心できる。特にクラッチが強い(減らない)」とよく言ってました。
 真面目に作ったものを真面目に売って、不具合には誠実に対処し対応する。儲けも大事ですがこれが商いの基本ですものね。
[ 2012/10/18 19:54 ] [ 編集 ]
三菱のクルマは個人的には好きなモデルもあったんですが、それを扱う販売店のレベルというか、いままで何度か訪れた販売店から気持ちよく帰ったためしがないのが三菱ディーラーなんですよね。VR4が出た頃、ディアマンテが売れ出した頃、いずれも20数年前ですが、カタログも価格表ももらえなかった事を思い出す。つい最近、RVRを見に行ったときもらった資料の年税額が34500円となっていたので指摘したら、それであってます!と言い切られた。1800ccの年税額ってそうじゃないのにね。やり手の社員が辞めた後だからか?いずれにせよクルマの出来がいくら良くても、販売店のレベルが低いとすべてぶちこわしになる、そんな結果の繰り返しがいまの三菱の現状かなと思う。(面白いのは田舎のサブディーラーのほうが親切で熱心だったこと。実家のある町で見かける三菱車はだいたいサブディーラーのシールが貼ってあった)
[ 2012/10/19 00:00 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
三菱って軽も大型トラックもありますし、三菱重工となればロケット、タンカーもありますし、三菱農機はトラクター、コンバイン、三菱電機は・・・、三菱地所は・・・、という具合に、結局のところ、三菱があれば社会が成り立ってしまうぐらいに巨大なんですよね。
裏を返せば、それだけ縁故販売先があるわけで、三菱版のシーマ・フーガもそれら企業の役員車として一定数が販売できてしまうんですよね。
この巨大なバックボーンがよい方向に作用していればよいのですが、個人的にはなんとなく悪い方向へ作用しているように感じられてしまいます。
[ 2012/10/19 09:07 ] [ 編集 ]
ぬりかべ様

コメント、ありがとうございます。
きっとぬりかべ様が訪問されたディーラーの営業の方は「スリーダイヤのプライド」が人一倍強かった方で、営業の基本を忘れてしまっていたのかもしれませんね。そういう方は、たいてい岩崎家の歴史について異常に詳しかったりするようです。
ちょっと前に、NHKの竜馬伝に出ていた香川さん演ずる岩崎弥太郎が汚すぎるというブーイングが三菱関係者からあったとかなかったとか、という話題がありましたが、こんな話題が出るというのも三菱の特殊な企業風土があるからなんでしょうね。
[ 2012/10/19 09:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。