旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・カルディナバン(T190V型) 

120923a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120923a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120923a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120923a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120923a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120923a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年にトヨタから発売されたカルディナバン(T190V型)です。コロナバンとカリーナバンが統合される形で世に出されました。ステーションワゴンのほうはモデルチェンジされていきましたが、このバンについてはサクシードが誕生した2002年まで販売されましたので、まだ街中でちょくちょく見かけることがありますね。

 さて、このカルディナバン、カローラバンと並んでトヨタ車の中では最後まで生き残った乗用車の名を冠する商用バンですね。現在のプロボックスとサクシードはどちらも乗用ワゴンも用意されているとはいえ、もともとは商用バンとして設計されたものです。さらにこの2台、微妙に相違点はありますが、基本的にほとんど同じ姉妹車です。パブリカバンからクラウンバンまで豊富なラインナップを誇っていたトヨタのライトバンも現在はプロボックス/サクシードのみになってしまったんですね。

 さらに他社を見ても、OEMによる様々な車名が付けられているとはいえ、実質は日産のADバンしかありません。自動車産業黎明期の主役だったライトバンも現在は事実上2車種のみになってしまったんですね。

 昔のライトバンのカタログを見ていると、洋服店、花屋さん、電気屋さん等々、様々な商店でそのライトバンが活躍しているカットが多用されており、その当時の人々の暮らしの様子がとてもよくわかって面白いものでした。ところがこのカルディナバンのカタログには人々の働く姿はどこにも写っていません。『失われた20年』に突入した頃ですので撮影費用が確保できなかったからなのかもしれませんが、商用車のカタログとしてはちょっと面白みに欠けますね。

 書いていてちょっと気付きました。そういえば昔のライトバンのカタログに写っていたような商店って、今ほとんどなくなってしまいましたね。うちの近所の商店街も完全なシャッター街になっており、子供の頃の賑やかだった面影は現在まったくありません。その代わりに発展してきたのが巨大なイオンのショッピングセンター、ヤマダ電機やエディオン等の大型家電量販店、全国区のホームセンター等です。昔賑やかだったライトバンのラインナップが2車種に統合されてしまった状況となんだか通じるものがありそうですね。

 現在ライトバンを製造しているこの2社、実は「高級セダン」と呼ばれるクルマを生産しているのも現状ではこの2社しかないんですよね。クルマだけでなくあらゆる分野で急速に進んでいる合理化・統廃合の波、この流れって本当に人々の生活にとって良いことなのでしょうかね?

カルディナバン・1500UX(T196V型)
全長×全幅×全高 : 4545×1695×1425mm
ホイールベース : 2580mm
車両重量 : 1070kg
最大積載量 : 500kg
エンジン : 直4DOHC 1496cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/09/23 16:47 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(8)
こいつは南米ペルーでは今も引っ張りだこの人気者だ、カローラバン、その末裔たるプロボックス/サクシードと並んで。
熱気と喧騒に満ちた南米の街並みをカルディナバンのタクシーが走ると、そこには「しなやかな風」が流れるのは印象的だと思います。
[ 2012/09/23 18:39 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
カルディナバンのカタログ、今でこそとても素っ気無いものになってしまいましたが、昔のコロナバンのカタログは若いカップルがハッチを開けた後部に腰掛け、ギターを弾いているものもありました。
(http://kyuusyamania.blog73.fc2.com/blog-entry-19.html)
コロナバンとカルディナバン、トヨタラインナップの中での位置づけはまったく同じですが、時代によって人々からの位置づけはまったく異なっていますね。
コロナバンのほうには「しなやかな風」が流れているように感じられてしまいます。
[ 2012/09/24 17:45 ] [ 編集 ]
まずこのインパネ、さすがにワゴンモデルベース、かつトヨタの「お家芸」的な質感のよさは驚きです。ハンドルはちゃちですが(笑)、マニュアルシフトを組み合わせている写真はなんかそそられます!

また、フロントシートなんかもこのカタログを見る限りでは決して「商用バン」には見えない造り、この辺が「ドライバー本位」といったところなのでしょうか!

ところで昔、友人が日産アベニールサリューGT4ーZを新車で購入し、さも自慢げに振舞われたのですが、ほどなくこのサリューベースの「エキスパート」なる商用バンが発売され、「なんかおかげで愛車が安っぽく見えてきた」と嘆いていたのを思い出しました。

1BOXではハイエースやキャラバンなど、商用ベースの「逆乗用モデル」が人気がありますが、やはりステーションワゴンとライトバンの関係では、時代的にもそうはいかなかったのですかね・・・

[ 2012/09/24 19:52 ] [ 編集 ]
 かつては、日本の自動車メーカーってクラウン、セドリック、ルーチェにギャランそしてフローリアンにレオーネ。カローラ、サニー、ファミリアにランサーそしてジェミネット!サンバー?まで「バン」がありましたよね。
  kurumamaniacs 様がおっしゃるとおり、「シャッター商店街」と「日本国内の企業」なぜか共通点があるように思うのは私だけでしょうか?
 私は、偏狭なナショナリズム主義者では毛頭ありませんが、「グローバル」という美名だけで日本の企業、あるいは日本という国が世界の強大な勢力に将来呑み込まれてしまわないかと思う人間です。
 日本の企業には「トヨタ」のような世界を呑み込むような強力な企業もありますが、今、すごく熱い「中国」や成長著しいインド、将来強力な勢いを持つであろうアフリカ諸国など10年から30年の未来どのようになるのでしょうか?
 すみません。経済も世界情勢も、とんと疎い私がこんなことを投稿して寂しい話になって申し訳ありません。
 でも、ちょっと前なら「カルディナバン」や「エキスパート」そして「パートナー」や「リベロカーゴ」に「カペラバン」。いまは件の「プロボックス」と「ADバン」で高速道を、走り屋も煽る勢いでかっ飛んでく日本企業の営業マンの方々の心意気を決して「シャッター商店街」にしないよう、国内企業はがんばってください。
 最後に、くれぐれも事故と交通取締りには注意してください。長文申し訳ありません。
[ 2012/09/24 22:57 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
ライトバンは貨物輸送が主目的、ステーションワゴンは人員輸送が主目的、ということで、後席やリヤサスがそれぞれの主目的用に設計されているようですね。
個人的には、乗用のステーションワゴンも、このカルディナバンのように後席を座面から跳ね上げて荷室を確保できるようにしてほしいと思っています。ちなみに先代デミオはそれができるので、うちでは完全に「ドライバー本位」のライトバンとして使っています。
[ 2012/09/25 08:06 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
グローバル経済というのは規模が大きいですので、時流によって呑み込むことも呑み込まれることもほんの短期間で行われてしまうと思います。
現在、世界一時価総額の大きな会社はアップルです。でも、ご存知の通り、アップルはほんのちょっと前まではマイクロソフトの助け舟で辛うじて潰れなかった、という状況でした。
今の時代、グローバル経済を避けては通れませんが、個人的にはローカル経済を確保したうえでグローバル経済に挑まないと、時流の振幅のたびに人々の生活が大混乱してしまうような気がしています。
10年、20年、30年後なんてどうなっているのか誰にもわかりませんからね。
[ 2012/09/25 09:05 ] [ 編集 ]
カルディナバンは、以前の会社の社長や家の妻が営業で乗っていたので、身近に感じますね。しかし、どちらも下位グレードだったので集中ドアロックさえありませんでした。先日、仕事場のプロボックスに乗ったのですが、これも集中ドアロックがありませんでした(ナビが付いていましたが、その前にやることがあるだろう)。
現在、殆どの車種で集中ドアロックが標準でそれが当たり前になっていると、久しぶりに非装着の車に乗るとその不便利さを痛感します。特に以前の会社の社長は太っていたので、後部座席のドアロックの解除がきつそうでした。パワーウインドウはそれほど感じませんが、集中ドアロックのありがたさを思い出しました。
[ 2012/09/27 12:47 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
集中ドアロックとキーレスエントリーの組み合わせってとても便利ですね。雨の日にスーパーへ買い物へ行った時などは、荷物を抱えてダッシュと同時にキーのボタンを押してロック解除、すばやく後ろに荷物を入れて運転席と助手席に乗車、これができるのも集中ドアロックのおかげですね。
個人的にはリモコンドアミラーも欠かせない装備です。スーパーの車庫入れの時には、必ず左側のドアミラーの角度を下向きにして、左後輪部分の障害物を確認しています。バックギヤに入れたら自動で角度が変わる装備もオプションであるようでしたが、なにぶん高価なので「手動リモコン」が大活躍です。これ、リモコンでなく完全な手動だとちょっと大変ですからね。
[ 2012/09/27 20:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。