旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ヤマハ・DT50 

120916a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120916a02.jpg
(画像クリックで拡大)

 1982年にヤマハから発売され、その後1997年頃まで小変更を繰り返しながら販売され続けた原付バイク、DT50です。写真のモデルはおそらく最終型で、記念すべき私の初バイク、生産終了後、かなりの期間販売店で寝かされていたもので、オドメーターは数キロなのですが、ところどころに小さな錆が発生していました。

 さて、このDT50、一昔前は原付免許を取ったばかりの高校生が初めて乗るバイクの定番の1台でしたが、私が乗ったのは本来の時期とは異なり中年と呼ばれる年齢になってから。ラジコン仲間の溜まり場(飛行場)に乗っていったときなどは、皆が懐かしがってこのDT50で遊んでいました。

 私が出入りしているラジコン仲間は皆ほとんど同じ趣味の流れで、若い頃原付に乗り始め、その後本格的にバイクに凝りだし、そして家庭を持ったりして落ち着いてきたのでバイクを止めたり、またバイクで行き着くところまで行って(大型を所有)、次の趣味としてラジコンヘリへ、という方ばかりです。

 そんな方々ですから、このDTに乗っても、「これぐらいのパワーだと気楽に遊べるから一台あると面白いよね」という反応でした。しかしながら、私にとっては初バイク、「原付なのにこんなにスピード出るのか!」とちょっと怖いぐらいでした。とはいえ、慣れてくると時速60km超えたあたりのちょうど気持ちの良いところでエンジンがぐずり出す(スピードリミッターのため)感覚がどうにも我慢ならず、CDIを交換してリミッターカット、というまるで高校生そのものの行動をして悦に浸っていました。

 甲高い2ストサウンドを響かせながら原付とは思えぬスピード感(スピード感ではなくスピードかも)を堪能していたのですが、ある時、ふと「もしこれでネズミ捕りに捕まったらどうなるんだろう?」と考えたら、急にCDIによるリミッターではなく、精神的なリミッターがかかるようになってしまいました。原付の法定速度って時速30kmなんですよね。

 それ以降、なんだかDTで走るのがちょっと苦痛になってきたので、まだ購入して1年も経っていませんでしたが、全然走らない今のXR50モタードに買い換えました。XRに乗り換えた当初は反対にあまりの走らなさに愕然としましたが、これも慣れればどうということはなく、今はトコトコとのんびり走る快感を堪能しています。

 今、国内もゴタゴタですが、お隣の国における反日行動も心配な雰囲気になってきましたね。こんな時こそ、周囲のムードに流されず、地に足をつけて自分自身の原点を振り返り、自分なりの視点で冷静に物事を判断し、行動していきたいものですね。

120916a03.jpg
(画像クリックで拡大)

 この写真はミニソーラーでインパクトドライバーのバッテリーを充電しているところ。今、少しずつ母屋以外の建物の棚や家具等に耐震対策を施しています。我が家のミニソーラー、今はダンボールの上に一式を置き、太陽の方向へ向けて定期的にダンボールごと向きを変える「手動太陽追尾型」になっています。周囲の雰囲気がどうなっていようとも自分自身がすべきことが変わるわけではありませんからね。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/09/16 18:56 ] オートバイ | TB(0) | CM(6)
私は、ただ今40歳ですが、定番の原付バイクはギア付きはNS50FかNSR50スクーターはJOGやDJ-1、アドレスと言ったところでしたね。

ちなみに私の愛車第一号はNS50Fでした。

原付免許を取った直後は姉のDJ-1を乗っていて、一度もマニュアルのバイクに乗ったことがなかったのに、短大(某自動車系の短大です。)に合格した時に通学用にと父親が買ってきてくれたものでした。(父親曰く格好が気に入ったからとの事でした。)

春休みに猛特訓して、何とか短大の入学式前には普通に乗れるようになった事を思い出します。

その当時は、7年後に大型二輪免許を取得して、その一年後にCB1300SFに乗ることになるとは夢にも思っていませんでした。
[ 2012/09/16 22:41 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
NS50F、かっこいいバイクでしたね。当時のCBRシリーズとお揃いのエアロフォルムだったと記憶しています。当時は原付のラインナップも賑やかでしたね。
ほんの15年か20年ぐらいのうちに、今やエイプのみ。フルサイズのモデルはなくなってしまいました。私が乗っているXR50モタードも既に絶版になってしまったようです。これでは二輪車に「入門」する人がいなくなってしまいますね。
[ 2012/09/17 13:40 ] [ 編集 ]
 以前コメントした返信でkurumamaniacs様が私が普通自動二輪免許を所持していることを羨ましいとおっしゃってみえましたが、なんのなんの!私にしてみれば「バイクを所持してみえる」ことが物凄く羨ましいです。それも原付スクーターでなくスポーツタイプですから、DT50大切に乗ってくださいね。バイクは一度手放してしまえば、金銭がままならない者にとってはとても手が出ませんから・・・。
 でも、現行法令でどうして原付だけ30km制限なんですかね。60年も前の本当に原動機(エンジン付)自転車の時代ならまだしも、今の原付エンジンなら60kmは軽く出るのに、安全という大義名分の前にはこれは規制緩和できないのかな?
[ 2012/09/20 19:33 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
本文にも書いてある通り、DT50は私にとってスピードが出すぎたために、今はXR50モタードに替わっています。
原付バイクというのは法的にも性能的にもとても中途半端な存在ですね。原付に乗っているときは時速30kmの規制を撤廃してほしいと思いますが、クルマに乗っているときには原付の存在自体を撤廃してほしいと思ってしまいます。
自分自身、今の原付の在り方はとても危険だと思っていますので、原付で走るのは近所の田舎道のみで、街中や交通量の多い道路は走らないようにしています。
[ 2012/09/21 08:34 ] [ 編集 ]
DT50懐かしいですね。私の時代はヤマハGT50(ミニトレ)でした。小排気量の2ストは魅力的です。現在、公道を走れる2スト原付はカタログから消滅してしまい、それどころか排ガスの関係でスーパーカブに見られるように、4スト原付さえ窮地に立っています。メーカーは第1種原付から第2種原付へシフトしているようです。
今年私も、必要に迫られて原付スクーターを手に入れましたが、白バイの標的は、原付バイクの速度違反だそうですので、皆様くれぐれもお気をつけ下さい。
[ 2012/09/21 13:05 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
2st原付、なくなっちゃいましたね。私が原付を購入しようとした頃、唯一残っていたのが新型のRZ50でした。でもあれは、私が「3ない運動」の高校時代に学校に隠れて原付免許を取ってバイクを乗り回していた友人のRZではなかったので、ちょっと購買意欲が湧きませんでした。
本当は90年代に再販されたホンダのドリーム50が欲しかったのですが、もともと高価だったものが生産終了になってプレミアム価格になっており、とても「原付」に対して費やすことのできる金額ではありませんでした。
ということで、それなりの良心価格だったDT50を購入、しかしながらスピードが出すぎたために今のXRに乗り換えましたが、その折には、DT50も希少な2stということで破格の下取り価格が付きました。
私自身、もっと自制心のある出来た人間なら本当はDT50に乗り続けたかったのですが、いかんせん、カルロス様の仰るとおり、原付のスピード違反は「カモ」です。まして今時珍しい往年の2st原付なら、「カモネギ」になってしまいます。

まあ、今は心置きなく3.3PSの空冷4st単気筒を味わっていますので、精神的にもとてもストレス解消になっています。
[ 2012/09/21 21:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。