旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・セプター(VCV15W型) 

120909a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120909a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120909a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120909a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120909a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120909a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年にトヨタから発売されたセプター(VCV15W型)です。このカタログはいちばん最初に販売が開始されたステーションワゴンのもの、後にセダンとクーペも追加されましたが、このカタログで紹介されているステーションワゴン以外はあまり街でも見かけませんでしたね。

 さて、このセプターステーションワゴン、カタログでも『ステーションワゴンの国でつくりました。』と紹介されているように、米国で生産され、日本に逆輸入されたクルマです。大柄な車体といかにも米国人受けしそうなデザインは、米国の大きな住宅のガレージにとても似合いそうですね。休日には郊外のショッピングセンターに出かけてカートから溢れんばかりの買い物をし、満載のカートからセプターの荷室に荷物を積み込んでいる情景が目に浮かんでくるようです。

 ところが、これが日本のライフスタイルだとなかなかしっくり来ないんですよね。昔、お隣さんがこのセプターステーションワゴンに乗られていました。うちの近所は田舎なのでどのお宅も米国の住宅に負けないぐらい広い敷地があります。そして大柄なセプターでも十分余裕を持って停められる車庫もたいていどのお宅にもあります。しかし、なぜかお隣さんのセプターは浮いていました。

 まあ理由は単純明快で、このあたりのお宅の車庫というのはほとんどが玉葱を吊るしてありますし、軽トラも停めてありますし、トラクターや耕運機等の農機具等も置かれています。だいたいどのお宅も「農作業場兼車庫」になっているんですね。地域によって違いはあるかもしれませんが、この地域では、昔の「馬小屋」が現在そのような「農作業場兼車庫」になっています。純和風の空間にアメリカンスタイルはちょっと馴染まないようですね。

 車庫に馴染むかどうかは別として、このセプターステーションワゴン、いざというときには7人乗れるという点はいいですね。まあ後ろ向きに乗車するサードシートの乗り心地はあまり期待できないとは思いますが、巷に溢れているミニバンの3列目はどれもあまり快適だとは思えません。それならばこれぐらい割り切ったサードシートのほうが普段の使い勝手が向上するかもしれませんね。

セプター・ステーションワゴン・3.0G(VCV15W型)
全長×全幅×全高 : 4820×1770×1475mm
ホイールベース : 2620mm
車両重量 : 1610kg
エンジン : V6DOHC 2958cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/09/09 16:59 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(10)
私の仕事仲間も以前乗っていたので、印象があります。雪国の事を考えなければ、FFオンリーでしたから、プロペラシャフトが無く後部座席の真ん中や荷室もそれなりに使えたと考察できます。
確かにkurumamaniacs様がおっしゃるように、アメリカのように大きな敷地で芝生が敷いてあり、敷地内にある車庫(当然シャッターは跳ね上げ式)から出てくれば絵になりますが、我が雪国のように高床式の家や作業場で見るセントラル(かまぼこ型)の倉庫から出てきても浮いてしまいますね。
話は変わりますが、先日東北に行ってきたときに、ラーメン屋にいるハ〇レーの集団を見ました(ハ〇レー乗りは乗っていなくても一発でわかりやすいです)。お揃いのアルファベットの威圧感あるTシャツがラーメン屋でも浮いていましたし、市役所の駐車場に止めてあるハ〇レーも浮いていました。やっぱり旬と地産地消は大切ですね。
[ 2012/09/11 14:36 ] [ 編集 ]
 このような題名で失礼します。特に「セプター」のオーナーの方には申し訳ありませんが、あくまで私の勝手な心情ですのでご容赦を。
 ダメなんですよ。私、国産メーカーの逆輸入もしくは海外向けデザインの車が(特にアメリカ製と同国向け仕様が)なんで?と言われてもうまく説明できないのですが。「キャバリエ」も「Jフェリー」もタダで新車を(ってもうないけど)くれるのなら別ですが、やはり貰ってもCOW OOWなんかに売っぱらっているでしょうね。
 コルベットスティングレーやムスタング、そしてキャデラックのような「これぞアメ車」的な車は嫌いじゃないですが、国産メーカーのこの手の車は受け入れられないんです。何かが違うと言うか・・。
 たまに海外旅行の土産で貰う外国産のチョコレート、口に入れたとたんの濃厚な味と脳みそがとろけるような強烈な甘さ、ブラックコーヒーなしじゃとても食せません。あと、PLAYBOYのヌード写真を昔見たとき、モデルさんを見て興奮するより「乳牛」を想像しました。やはり「濃すぎる」からかな。
[ 2012/09/11 18:25 ] [ 編集 ]
かつて、通勤時に最寄駅まで歩く途中のあるお宅に、このセプターワゴンのオーナーがいらっしゃたのですが、1年位前でしたか、ある日突然「ルミオン」に乗り換えられました。

オーナーの方がそれまで「旧車」としてこだわりを持って乗られていたのかは分かりませんが、ちょっとクルマを知っている者としては、その光景は結構ショッキングでした・・・

セプターが現役の頃は、米国仕様の「デッカイことはいいことだ!」的な逆輸入モデルが、国内販売モデルにも一時期ラインナップされてましたよね。例えば(?)この頃の日産のマキシマも、バブリーな豪華装備ではないにしても「大人がゆったり乗れるセダン」的な売り込みでしたが、当時の私は「ビッグセダン=高級車」という概念だったので、このコンセプトがなかなか受け入れられなかったのですが・・・

でも今思えば、この時代はライフスタイルでのクルマの「選択肢」が
豊富にあった時代でしたよね。3ナンバーの基準も変わった頃で、「大きなクルマ」を所有することがステータスだったのかも・・・

[ 2012/09/11 21:28 ] [ 編集 ]
100人に一人もその名を知らない(と思われる)「知る人ぞ知るトヨタ車」セプターですね。
バブル崩壊直後に生を受けた同車、北米製カムリ転用のワイドボディでステーションワゴンこそサイズを生かしたボリューム感を感じて魅力的な反面、2ドアクーペって一体どんな意味があるの?てな感じだったと思います。
「大きいことはいいことだ」の文化をここ日本で味わう、これって乙な体験にも思えますが、どこか日本のインフラの中では浮いてしまって歯がゆさも感じないではありません。
かくも薄らデカイセプター、それでもアメリカ本国では♪ダットサンサニー♪(プゲラ)やトヨタ自身のカローラと同等のスケール感で捉えられており、フォード・トーラスなどより下の「ミドルクラスになれないミドルクラスもどき」といった位置づけだったことを憶えております。
あれから約二十年、我が国の路上はプリウスに席巻され、そのプリウスにしてからがあの時「ウドの大木」に感じたトヨタ・セプターとそう大差ない底面積で、「Dセグメントの大本命」を目指してリリース間近の新マツダアテンザなど全長4860×全幅1840mmという「クラウンも真っ青」の巨体で「一体どこに止めるの」な浮世離れサイズである点などなど、「グローバル化とは一体何なのか」あれこれ考えさせられずにはおりません。
[ 2012/09/11 22:33 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
このブログにカルロス様からいろいろとコメントを頂くようになるまで、私はクラウンやカローラ等に四駆の設定があることを不思議に思っていました。雪国では四駆が必需品だったんですね。
小さな日本の中でも地域によって求められる要素がまるで異なりますから、国が違えばもっと異なって当然ですね。
今は世界戦略車と呼ばれる最大公約数的なグローバルモデルを世界中で販売するのが主流になっていますが、このスタイルもどこかで限界が来るかもしれませんね。
ハーレーは、乗るときっとそこがアメリカになるんだと思います。立ち寄ったラーメン屋もアメリカ、停めた市役所の駐車場もアメリカ。ハーレーの場合、非日常として浮くことがひとつの魅力なのかもしれませんね。
[ 2012/09/12 09:12 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
このセプター、いっそのこと、トヨタマークではなくGMやフォードのロゴが付いていたほうがしっくり来るかもしれませんね。トヨタマークが付いているから「もどき」に見えてしまうのだと思います。今はOEMが盛んなので、それぞれの国向けのものは、それぞれの国のメーカー製として販売したほうが外交問題によるバッシングのリスクを避けられるような気がしないでもありません。
「乳牛」の件、こればかりはロゴを付け替えてもどうにもならない本能的な問題ですね。まあ世の中には「乳牛」じゃないとダメ、という方もおられるようですから何とも言えないですね。
[ 2012/09/12 09:28 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
「大きなクルマ」を所有することがステイタス、の時代から、現在は販売されるクルマの4割が軽自動車、の時代になりました。やがて「クルマを持たないことがステイタス」の時代になるかもしれませんね。
そうなったら困るので国もメーカーもクルマを買わせるために必死です。メーカーが必死になるのはわかりますが、国が必死になっているうちはよいクルマは世に出てこないと思います。
[ 2012/09/12 09:42 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
このセプター、確かにとても大きいんですが、ホイールベースは日産ノートとほとんど同じなんですよね。現在、国内ではプリウスが異常な売れ方をしていますが、大勢を見ると、着々と軽及びコンパクトカー中心のクルマ社会になっているような気がします。
この方向性は、クルマを使う当人にとってはとても自然な流れなのですが、メーカーからするとあまり嬉しくない流れなんですよね。
かつては誰もが「いつかはクラウン」と思ってくれていたので自然と上級車種へステップアップする流れでしたが、トヨタ自身がレクサスブランドを立ち上げ、「いつかはクラウン」という意識を人々から奪ってしまいました。
次なる「いつかはクラウン」を何とか確立しようとしていますが、思いに反して人々は軽やコンパクトカーに流れてしまいます。大変な時代になってしまいましたね。
[ 2012/09/12 10:06 ] [ 編集 ]
私もなんとなく思っていたのですが、nishiyan 様のおっしゃるとおり、海外向けの国産車って日本に入って来ると、どこか違和感がありますね。(と言いながら自分の二輪は逆輸入車ですが。)
昔、我が新潟県にも、トルコとロシアのテーマパークがあったのですが、その中から見る周りの杉林や田園風景は、興ざめでした。お察しの通りその二つの施設は閉鎖し、今ではお荷物となっています。
[ 2012/09/12 17:23 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
クルマのデザインと関係があるのかどうかわかりませんが、私は日本のジャーナリストや商社マン等が話す英語はほぼ理解できても、英語を母国語とされている方が話す英語は理解できないことが多いです。
学生時代、韓国や中国からの留学生の方が同級生にたくさんいましたが、同様に彼らが話す英語もほぼ理解できました。日本語で細かなニュアンスがうまく伝わらない場合などには私も彼らに英語で説明しましたが、彼らも私の英語を理解できていたようです。
海外向けの国産車って、結局のところ、母国語としての英語ではなく、外国語としての英語なんですよね。
[ 2012/09/13 10:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。