旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・パルサー(N14型) 

120831a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120831a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120831a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120831a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120831a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120831a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年に日産から発売された4代目パルサー(N14型)です。4代目パルサーといえば3ドアハッチのホットモデル、GTI-Rの精悍な姿がすぐに頭に浮かびますが、このカタログは脇役ともいえる4ドアセダンと5ドアハッチ(セダン)のもの、ページをめくっていても結構地味な内容のカタログです。

 さて、この4代目パルサー、顔だけ見ればプリメーラとまったく区別が付きません。当時、いろいろな意味でプリメーラが話題となっており、またスタイルもセダンとしてとてもバランスが取れていましたから、同じ年に発売されたこのパルサーのセダンを見ると、どうも後ろ半分が不自然に見えてしまいました。これが3ドアハッチのパルサーだととてもバランスよく見えましたから人間の感覚って不思議なものですね。まあ、メーカーとしてもパルサーのメインは3ドアハッチと考えていたようで、CM等での露出もいちばん3ドアが多かったような気がしますので、その影響もあるのかもしれませんね。

 ところで、このパルサーの5ドアハッチ、カタログで「5ドアセダン」と記載されているように、セダンのイメージの延長線上にある5ドアハッチバックですね。同時期のクルマではコロナSFやスプリンターシエロもこの系統だと思います。同じパルサーの5ドアハッチでも、次の代のN15型はショートステーションワゴンというような感じの5ドアハッチバックになっていますね。

 一口に5ドアハッチと言ってもいろいろなパターンがあり、現行車種で言えばN14型パルサーのパターンがアテンザやプリウス等、N15型のパターンはインプレッサやアクセラ等ですね。それに加えて現在売れ筋のコンパクトカーはほとんどが「ショート・ハイト・ステーションワゴン」というようなパターンの5ドアハッチです。

 1965年に日本で初めてアローラインコロナの5ドアセダンとして5ドアハッチバックが登場して以来、各メーカーからいろいろな車種が出されましたが、5ドアハッチのクルマが人気車種となることはまずありませんでした。ところが現在は、基本的に販売されているクルマの大半がパターンの違いこそあれ、5ドアハッチバックのクルマです。時代も変わったものですね。

パルサー・5ドアセダン・GTI(HN14型)
全長×全幅×全高 : 4145×1670×1385mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 1110kg
エンジン : 直4DOHC 1838cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/08/31 16:36 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(8)
パルサー、私が免許をとって購入したのがN12型のミラノX1Rでした。

昨年、なんかのきっかけでこのクルマの情報を知りたくてネットで検索したら、このブログの昨年1月のN12型のアップに辿り着き、そして記念すべき(笑)初コメント(コメントしたのは2月でしたが)・・・それ以来このサイトでのお付き合いが始まったかと思うと、なんか感慨深いですね。あらためて当事のアップと自分の初コメントを探して、懐かしく読み返してしまいました!!

さて5ドアハッチ、当時の日産ではプリメーラや逆輸入版のブルーバード(オーズィーでしたっけ)などにラインナップされてましたよね。確か、当時海外では5ドアハッチは人気モデルで、それを日本に投入しようという戦略だったのかもですが、このスタイリング、まだセダンやクーペが盛り沢山、ハッチは基本3ドアだった当時の日本車市場では受け入れられなかったのですかね。

しかし、当時から20年経った今、アテンザやアクセラのような5ドアハッチの「進化モデル」が存在しているのは、時代によるクルマへの価値観の「遷移」を感じます(私見ですが、プリウスやインプレッサは本来の「5ドアハッチ」とは、ちょっと違うような気がするのですが・・・)

見た目や装備の豪華さを競っていた90年前後では、見向きもされなかったこのコンセプトが、20年後のクルマの思想のベースに近いものになったかと思うと、まるで歴史の教科書で時代の移ろいを習っているようです。
[ 2012/08/31 23:32 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
N12型パルサーが初コメントでしたか。もう1年半以上も前になりますね。2009年1月にこのブログを始めて、早3年と8ヶ月が過ぎました。昨年の震災を機に私自身のものの考え方がずいぶん変わりましたので、震災前の記事と震災後の記事では内容に矛盾が生じているかもしれません。過去の記事をご覧になられたときに「あれっ」と思っても、軽く流してくださいね。
プリウスはトヨタもセダンとして分類しているようですね。まあこのパルサーも日産はカタログに「5ドアセダン」と謳っていますからボディタイプの分類なんていい加減なものですね。
[ 2012/09/01 14:52 ] [ 編集 ]
そうですか、あらためてこのブログのアーカイブ欄を拝見したら、確かにスタートは2009年1月でした。この頃、リーマンショックの影響で世界的に消費が冷え込み、クルマを含め日本の輸出産業もズタズタになってしまった時でしたね・・・

私が初コメした以前のブログを、あらためて幾つかピンポイントにて拝見しました。
60~70年代の懐かしいクルマカタログのオンパレードでしたね・・・特にセドグロやクラウンなどの子供の頃に憧れたモデルに出会えて感動しました。もっと早くこのブログの読者になってたら、それこそコメントしまくりだったかも!

その後、経済恐慌だけに留まらず、昨年の3.11やタイの洪水などの不測の自然災害も起きて、それこそ5年前くらいと比べても、生活自体の価値観もだいぶ変わりましたよね。このブログが開始されてから今に至るまで4年弱、もしかしたら私たちは本当に、経験し得ないような「激動の瞬間」を共有しているのかもですね・・・



[ 2012/09/02 17:33 ] [ 編集 ]
このN14型パルサーって、バブル最盛期の日産車なだけあってボディ剛性やサスペンションには感心させられるものがある反面、寸足らずでホイールベースがやたら短いボディサイズの設定などどこか「大衆車に乗る気負い」が伝わって来るのは天邪鬼な考えでしょうか。
その意味で現在小生が乗っているヴィッツ1300U-L/2004年式は全長に対するホイールベースの比率が(2380mm/3610mm)大幅に上がっており、遥かに緻密でコクのある造形に感じられるのは今世紀に入って以来国産大衆車のパッケージングが現在につながる「第二世代」に入っている証左に思えます。
Kyuusyamania様のご愛機、先代マツダアクセラは調子いかがでしょうか?我がヴィッツは目下102332km走行にも拘らずエンジンはどこかいい味を出し始め、その証拠にエアコン全開で時速100km/hから殆どタイムラグを感じさせずにガンガン加速し、燃費もエアコン+高負荷にして9.8-10km/lと年式を考えれば及第点というのはしめたものかと思います。
[ 2012/09/02 22:54 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
リーマンショックによって自動車産業に元気がなくなり、F1やWRC等のモータースポーツからの相次ぐ撤退や大規模リストラ、派遣切り等々ばかりが報道されていた頃にこのブログを始めました。
当時は私自身も「いつかはクラウン」ではありませんが、メーカーがよりカッコいいクルマを開発し、そのクルマに憧れた人が一生懸命働いてそれを手に入れる、という循環が活発になることが「元気な自動車産業」の姿だと思っていました。
しかし今はそのように考えてはいません。旧来から続く拡大一辺倒の「元気な自動車産業」とは別の形での「元気な自動車産業」像があるような気がしています。
この先自動車産業がどんな形になっていくのかはまったくわかりませんが、ひとつだけ確実なことは、「いつかはクラウン(クラウンに限らず、カッコいいクルマや高級車全て)」と考える方はずいぶん減ってしまいましたね。それどころか、「もうクラウンはいらない」という方が増えてきていると思います。
本当にここ数年はあらゆる意味で「激動の瞬間」ですね。
[ 2012/09/03 14:25 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
このパルサー、下位グレードは100万を切るものもあるのですが、全グレードが四輪独立サスなんですよね。最近出た新型オーリスのように、1500と1800でサスもしっかり差別化しているものとはえらい違いですね。
アクセラ、調子いいですよ。といっても、私の走行距離ペースだと、10万キロに到達するのは20年後になりそうなので、10万キロ走行時の状態はもしかしたら確認できないかもしれませんね。
[ 2012/09/03 14:43 ] [ 編集 ]
シルフィを終了してパルサにしろ
あとワゴンも出せ
[ 2014/04/07 16:35 ] [ 編集 ]
工藤様

コメント、ありがとうございます。
工藤様のお考え通り、日産も海外ではシルフィをパルサー名で出すこともあるようですね。
きっと工藤様と同様な思いをお持ちの日産マンもたくさんおられるのだと思います。

ただ、老婆心ながら、ネットの世界は匿名ゆえに気が大きくなってしまうのかもしれませんが、
相手はどんな人間なのかわからない世界ですので、最低限の言葉遣いは守ったほうがよろしいかと思います。
どんなに立派な主張があっても、表現方法を間違えると相手に通じないこともありますからね。
[ 2014/04/07 20:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。