旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・ソアラ(Z30型) 

120819a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120819a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120819a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120819a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120819a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120819a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年にトヨタから発売された3代目ソアラ(Z30型)です。同時期の他の高級車同様、ソアラも先代からサイズも排気量も一回り大きくなり、価格は二回りぐらい高くなりました。まさにバブリー高級車の代表的な1台でしたね。ソアラは初代、2代目ともに確かに高級車ではありましたが、一生懸命働けば下位グレードぐらいには手が届く程度のクルマでした。しかしながらこの3代目、私の記憶では下位グレードでも300万オーバー、最上級グレードに至っては確か700万オーバーというふざけた価格が付けられていたと思います。こうなると欲しいという欲望すら湧かなくなりますから不思議なものですね。

 さて、この3代目ソアラ、全身にバブリーな衣をふんだんにまとって登場しましたが、時代は右肩上がりではなく右肩下がりに突入、折からのクーペ不振も手伝って販売はあまり芳しいものではなかったようですね。普通の感覚では販売に苦戦したら苦戦の原因を軌道修正してフルモデルチェンジし、次の代で巻き返しを図るような気がするのですが、このソアラ、次の代はバブリー度にさらに磨きをかけ、高級ブランド、レクサスの一員として販売されることになりましたね。案の定、消滅していきましたが、貧乏人の私にはソアラを買う側の感覚、そして造る側の感覚のどちらもが理解できません。きっとセレブな方は貧乏人とは異なる思考回路をお持ちなんでしょうね。

 3代目ソアラの豪華絢爛なスタイルと古き良きバブリー時代を思い出したところで、今、巷で話題になっているウルグアイのムヒカ大統領が6月のリオ+20で行った演説を聞いてみましょう。



 彼のスピーチに賛同できる方、賛同できない方、きれい事だと嘲笑する方、いろいろな捉え方があっていいと思います。同様に時代が下降線を辿る中においても、4Lのソアラに3年乗ったら次は4.3Lのレクサスにしないと気が済まない方は買い換えればいいと思います。

 しかし一方で、4Lのソアラで大満足、これ以上何が必要なんだ、という方には4Lのソアラに30年でも40年でも乗り続けられる選択肢が残されている自動車産業、及び社会の仕組みであってほしいですね。どうも昨今の自動車産業は、大統領のおっしゃる『使い捨て社会』の度合いが進みすぎているような気がします。

 今、国交省は10年後には高速道路の自動走行を実現すべく研究を進めているようですが、こうなったらこの前のアナログテレビ同様、既存の自動走行に対応していないクルマはすべて買い換えなくてはならなくなってしまうんでしょうかね?まあ、もしそうなったら高速道路を走るのやめようと思います。

ソアラ・4.0GTリミテッド(Z31型)
全長×全幅×全高 : 4860×1790×1340mm
ホイールベース : 2690mm
車両重量 : 1630kg
エンジン : V8DOHC 3968cc 260PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/08/19 17:36 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(12)
初代ソアラは、仲間が所有していて(但し庶民の手の届くVR+MT)憧れたのですが、ここまで来ると勝手にどうぞになってしまいます。マルチパネルディスプレーや電子制御のサスペンション、パワーシートetc、価格が跳ね上がるのも当然ですね。昨日、娘のムーブを洗車していて気付いたのですが、バンパーとフェンダーのつなぎ目が浮いていて、手で押し込んだら元に戻りました。確か以前にも直したような気がしたのですが・・・。おそらく走行中の車体の歪みで浮いてくるのでしょう。こんな現象がこの時代にソアラに現れたら、オーナーはディーラーに怒鳴り込むのでしょうが、今の時代、ましてや軽には許されるんでしょうね。

追伸
前回のステージアのブログにありました、オフ会。実は私もkurumamaniacs様の考えに賛同します。お互いの経歴や、職業が分かるとそれが頭にあり、素直な書き込みが出来なくなるかもしれませんからね。オフ会は密かな夢に留めておきます。
[ 2012/08/20 13:05 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
仰るとおり、3代目ソアラの場合、販売で苦戦したのは価格もさることながら、いちばんの理由はそのスタイルだと思います。しかしトヨタは売れていた初代、2代目の雰囲気には戻さず、売れていない3代目の路線を踏襲、拡張して4代目を世に出しました。この部分が私には理解不能なんですよね。まあ頭のよいセレブの方々の考えは私にはわかりません。
個人的には、レクサスブランドが確立した現在においても、ソアラのそもそものスタート位置だった「クラウン2ドア」が出れば結構クラウン信奉者から受け入れられると思うんですよね。「いつかはクラウン」世代は、今、退職金を貰って第二の人生をスタートしたところですからね。

オフ会の件、生意気言って申し訳ありませんでした。私自身も、正直なところカルロス様のCBXが見たくてたまらなく、新潟までクルマを走らせようかと考えたことは何度もありますが、そこはぐっと我慢。いつの日か、お会いできることを楽しみにしております。きっとその頃には寝てても新潟まで自動運転してくれる時代になっているでしょうから。アクセラでは行けそうにないので、レンタカーで新潟まで走ろうと思います。

[ 2012/08/20 20:44 ] [ 編集 ]
 このモデルのソアラは、私が結婚した頃で、到底車に投資することなどできず、存在そのものを頭の中に入れずにきた頃ですが・・・。
 「オフ会」いいですよね。今までブログの中でしか意見を交わさなかった方々が、一同に会して、私にとっても夢のようです。
 でも、待てよ。匿名であるからこそ、秘かな意見や忌憚ないことが言えるのであって、やはり個人を拝見すれば、複雑な思いもあるんですよね。
 kurumamaniacs 様やカルロス様 のように地域生活の中心になり活動されている方からすれば、私などとんでもない存在の人間に思えてしまうわけなんです。詳細を書き込めば、寂しい話になってしまうので割愛させていただきますが、当分は、ただ単に「車好きの方たちが」集うブログでいてたただければなあ。と思う人間です。
 長文になり申し訳ありません。「某Oちゃんねる」のように、匿名をいいことに他人を誹謗中傷するのは絶対いけません。それは「イジメ」と同じです。好きな題材で楽しく太平楽を奏でる。これで私はいいと思うのですが。
[ 2012/08/20 22:41 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
ネットの世界もいろいろとあって、フェイスブックのように実名、学歴、経歴を明らかにした上で、学歴や経歴から人脈を広げていくことを目的としたもの、また某ちゃんねるのように原則的には匿名で、時に攻撃対象の実名をあげて匿名の方々が誹謗中傷何でもありの書き込みを行うもの。また著名人のブログのように、実名の書き手に対して大勢の匿名の方がコメントするもの等々・・・。
どれがいい悪いは一概に言えませんが、個人的には双方匿名ゆえの遠慮がありつつ、匿名ゆえのしがらみのなさを満喫できる状態がお互いにもっとも好ましいと思います。
そんな状態で今後ともお付き合い頂けたら幸いです。
[ 2012/08/21 11:08 ] [ 編集 ]
2代目までは、日産のレパードと「スペシャリティ対決」でバブリーな時代を盛り上げていましたが、この3代目が出た時、装備や性能はともかく「あれ、これソアラなの?」と、ちょっと違和感でした。やはりこのスタイリングが起因でしょうか・・・しかも、片やその直後にライバルのレパードは、「Jフェリー」とかいうあらぬ方向に進んでしまい、バブルとともにスペシャリティも終わったかな・・・という感じでした。

とは言いながらこの3代目、スペシャリティの鉄則(?)である「ゴージャス+スポーティ」は、過去2代よりも磨きがかかっていたかもです。丁度就職直前の春休みにバイトしていた、そこそこ都内では有名な焼き鳥屋のオーナーが、この3代目に乗っていました。バイト帰りに何度か送ってもらいましたが、信号待ちから発信するときのあのカタパルト的な加速感、確かにスポーティを実感しましたっけ・・・日本の3大メーカーが競うSUPER GTの500クラスは、トヨタは未だにソアラ後継のSC430で参戦してますが、このハコレースに限っては、実力の安定感はGT-RやHSV(NSX後継のホンダの市販されない特認車両です)よりも1枚も2枚も上手です・・・

さて、ムカヒ大統領の演説を拝見しましたが「人間は発展のためではなく幸せになるためにこの世にやってきた・・・」というフレーズ、微妙です。

私も、それなりに働いてそれなりの対価をもらい家族を食わせつつも、仕事から帰宅後はビールも飲むし、タバコも吸うし・・・それがある意味自分的には「幸せ」なんですよね。ハイパー消費はしてません(もとい、出来ません!)が、消費すること自体は、生活の中で自分の存在や価値観を高める要素のひとつとして重要だというのが、個人的な感想です。消費がないと経済が回らないのは事実ですし・・・

オフ会、実は私も「いつか・・!」と思ってました(笑)
コメントでは知り得ない、皆さんといろんな会話ができるかと思うと、
ちょっとゾクゾクしますよね!

でも、それが実現できるのはこのブログの更新が止まるときだとすれば、
それはそれで、このブログの「マニア読者」としては一抹の寂しさを感じてしまいます・・・
しばらくはkurumamaniacs様発信のこのブログで、皆さんでワイガヤできれば「幸せ」かも!!

今回は話題散在、申し訳ございません。


[ 2012/08/21 21:05 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
3代目ソアラはその高性能さをフル活用して、高速道路の覆面パトカーとして活躍していましたね。当時、高速道路を走っていてこのソアラを見つけると、条件反射のようにアクセルを緩めていました。

「幸せ」の感じ方も人それぞれで、ムヒカ大統領もきっとご自分の「幸せ観」を他の方に強要する気など毛頭ないと思います。同様に、他の方の「幸せ観」も強要されたくない、とお考えになられているのだと思います。
自国の女性達が、コツコツ貯めたお金でヴィトンのバッグを買い、一生物として大切に使ってくれる生活は大歓迎だと思います。しかしながら、自国の女性達がヴィトンのバッグを10個カードで買い、その支払いのために夜の仕事を始めるようにはなってほしくないとお考えになられているのだと思います。

オフ会の件、皆様から言及していただき、これほど嬉しいことはありません。ご期待に沿えず、本当に申し訳ありません。私の考えはこれまでのコメントで申し上げた通りですので、どうか今までどおりのお付き合いをしていただけたら幸いです。
[ 2012/08/22 09:17 ] [ 編集 ]
ウーム、小生もkurumaniacs様がおっしゃるように「3代目/4代目ソアラの設計者・開発者の考えについて行けない」タチです!
いや、あのクルマが「ソアラ」ではなく「レクサスクーペ」だの「セルシオのいちバリエーション」として企画されたものであればあの方向性もありだと思う、ところが二世代かけて確立した「ソアラ」としての記号性をそのまま育てず、全く別コンセプトの「恐竜化した豪華クーペ」にソアラという名前を冠して市場に出した所がトヨタ側のボタンの掛け違いと言って良いと思うのだ。
本来ソアラというものは、クラウンのクーペ的立場であるのもさることながら「若者や中流階級がちょっと背伸びすれば買える」ということで成り立っていたものと考える―日本市場全体のポジションとしては「スカG以上セルシオ/ベンツ未満」であったことは間違いない。
それが3代目になってバブルに踊らされてか、対米輸出の戦略上か全幅1.8mに4.0リッターV8を搭載し、上は800万円弱(745万円)になんなんとする巨艦へと変身して「ベンツ300CE~560SECの日本版」的ニュアンスに変わっていったのを機にもはや「我々の考えるソアラ」ではなくなり、その証拠に市場が急に萎んでしまったのではなかろうか。
結論としてはソアラは二代目たるMZ20系までで終わったと当方は考える、やはり(良い意味での)「適度な軽妙さ」というかある種親近感こそがソアラのソアラたる持ち味だと思えてならないのだ。
トヨタもいっそBMWと提携したのを機に、BMW3シリーズクーペのシャーシにトヨタ謹製の4気筒2.5リッターハイブリッドユニットにスーパーチャージャー過給を施して「新世代ソアラ」を復活させてもらいたいと願っている―重量は1.5トン止まり、ホイールベースは2.6m以内、価格は400万円台から下で.....コンパクトネスもソアラの真髄なのだから。
[ 2012/08/27 01:08 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
今後トヨタからソアラの新型、もしくはソアラを彷彿させる車種が出るのかどうかはわかりませんが、3代目、4代目ソアラの流れというのは、完全に「バブル期の経済が正常」と考えた方の流れですね。
バブルが崩壊してもうずいぶん年数が経ちましたが、未だに「バブル期の経済は異常」だったと考える方は少数派で、政界も経済界ももう一度あのような時代を作ろうと必死になっているような感じですね。
もし「ソアラ」という名のクルマが復活するのなら、たとえそのクルマがダウンサイジングされてコンパクトなクルマだったとしても、価格はクラウン以上でしょうね。現在のトヨタのラインナップにおいては、300万円台では「ソアラ」になり得ませんから。
[ 2012/08/27 16:22 ] [ 編集 ]
先ほど仕事帰りの帰宅時、最寄駅前の交差点でたまたまこの3代目を偶然にも目撃しました!

今回のアップの影響(笑)で、横断歩道で信号待ちの「ポールポジション」にいたその個体、歩く速度を緩めて見入ってしまったのですが、外見はおそらくフルノーマル(ホイールがスポーク系だったのでGTリミテッド?)、グリーンがかったブラックの塗装もそれなりに光沢を保っていましたし、ドライバーはそこそこ「高齢」の方とお見受けしました。私見ながらも、ワンオーナーで大切にメンテしながら乗られている「愛車」のような感じでした・・・

前回のステージア編でのカルロス様のように、オーナーがこだわりを持って今でも大切に乗られている旧車は素敵ですね。最近は街中で走っている旧車を意識的に目で追う「クセ」がついてしまいました!!

あらためてそうしてみると、なぜかさいたまは結構旧車のオンパレードに思えるのですが、
これって地域の特質?、偶然??
[ 2012/08/28 23:11 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
30年、40年となるとさすがに乗り続けるのも大変になるのかもしれませんが、少なくとも20年ぐらいは普通に乗り続けられるようになってほしいものですね。
舗装も不十分、気候も日本よりずっと過酷、という海外のある国では日本製の中古車が重宝される一方、日本ではそれほど古くなくとも乗り続けるには高額な維持費がかかってしまう・・・、なんだか不思議な現象ですね。
個人的には、この代のソアラは「まだ最近のクルマ」という感覚なので、近所の中古屋で98,000円という値で売られていたときにはびっくりしてしまいました。
まあいくら安価に手に入れたとしても、4Lの高級車を維持していくのは庶民にはなかなか困難なことですよね。
[ 2012/08/29 16:58 ] [ 編集 ]
はじめまして。

このソアラ,2代目のマーク2のクーペ的なデザインから一気にジャンプして,爬虫類というかアメ車みたいに大変身してびっくりした記憶があります。
3Lターボ+MTのグレードが残ってるのが先代の名残って感じですね。

今見るとカッコイいと思うのですが,それまでのファンには厳しかったんでしょうね~
[ 2012/08/30 02:08 ] [ 編集 ]
ろーれる様

コメント、ありがとうございます。
この代からは海外展開も念頭に置いて開発されているようですので、それまでの日本人の趣味嗜好からは外れてしまったんでしょうね。
車名のもととなった、上昇気流に乗って優雅に大空を舞うグライダー、というイメージがこの3代目には全然ありませんものね。
[ 2012/08/30 14:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。