旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・初代ボンゴコーチ 

090208a01.jpg

090208a02.jpg
090208a03.jpg

090208a04.jpg

 1966年にマツダから発売された初代ボンゴコーチです。実はこのクルマ、商用バンではなく「8人乗り乗用車」、つまりワンボックスワゴン、それも国産初のものです。日本で初めてミニバンを市販したのはトヨタでも日産でもなく、実はマツダだったんです。
 ちょっとカタログの文面を引用します。「・・・すでにヨーロッパでは、<ボンゴコーチ>と同じタイプの乗用車が沢山あり、その有益性は高く評価されています。しかし日本では、この大きさでこれほどユニークな乗用車は、ボンゴコーチがはじめて。ビジネスからレジャーまで楽しく使える8人乗りのボンゴコーチは、これから人気の高まるユニークな乗用車です。」
 さすがマツダです。日本だけでなくヨーロッパを見ています。そして「今人気がある」ではなく「これから人気の高まる」クルマを世に出しています。この姿勢、現在のマツダとまったく変わっていませんね。
 最近では初代デミオが出たとき、まだ国内にはハイト・コンパクトと呼ばれるクルマはありませんでした。取り回しと使い勝手の良さが受けてデミオがヒットすると他社も続々と参入、一気にハイト・コンパクトだらけになり、デミオが霞んでしまいました。初代、2代目とハイト系できたデミオ、3代目は他社に先駆けてスタイリッシュ・コンパクト路線へダウンサイジング。この結果がどうなるかはとても興味深いところですね。
 さて「これから人気の高まる」ボンゴコーチを世に出したマツダ、確かにミニバン全盛の時代が来ましたが、「ボンゴ」というネーミングのワンボックスワゴンは今ありません。振り返って考えてみるとマツダはいつも時代を正確に予想し、今後主流となるだろうクルマを他社に先駆けて販売しているのですが、いざそういう時代が到来するとおいしいところは他社に持っていかれているケースが多いように思います。まあそんなところがマツダを応援したくなる部分でもあるんですがね。

ボンゴコーチ(FSAF型)
全長×全幅×全高 : 3770×1500×1700mm
ホイールベース : 2000mm
車両重量 : 895kg
最高速度 : 100km/h
エンジン : 直4OHV 782cc 37PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ

[ 2009/02/08 10:06 ] 1960年代マツダ | TB(0) | CM(2)
この頃、コスモスポーツの開発も行われていたのですね。
いま見るとフロントの造形が独特。
そういえばこの顔、思い出しました。
廃車になって、近所の畑に置かれていました。
ボロ車だったので、見向きもしませんでしたが、観察しておけばよかったです。かわいそうなボンゴくん。

『ファミリアシリーズでおなじみの<白いエンジン>搭載』
気合いを感じます。
やはり“楽しい”ってうたっています。
ボンゴは楽しいクルマなんですね。
この思想がフレンディのオートフリートップまでつながるのか。

旧車のカタログを見ていると、おのずと現代や次世代のクルマづくりのヒントが見つけられます。
時代が違う、趣味が多様化。NO!
原点回帰。
今のクルマは大切なものをどこかに置き忘れて走っているように感じるのは、私だけでしょうか。


[ 2009/02/08 23:37 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
私もまったく同感です。
旧車カタログを見ている時というのは、その車のその後の運命を知ったうえで見ている訳ですので、成功した車については成功した理由が、失敗した車については失敗した理由が分かります。本来のキャラクターから逸脱して奇をてらったものはたいてい失敗していますね。
[ 2009/02/09 15:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。