旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・マツダ・デミオ(DW型) 

120728a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120728a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120728a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120728a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120728a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120728a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1996年にマツダから発売された初代デミオ(DW型)です。コンパクトな車体にも関わらず広々とした車内空間を確保し、その高い実用性からマツダとしては珍しくヒット車となり、当時かなり厳しかった経営状態の改善に貢献しました。この初代デミオが提唱した『小さく見えて、大きく乗れる』というスタイルはその後のコンパクトカーの主流パッケージングとなり、現在ではホンダ・フィットを始めとする売れ筋コンパクトがその特徴をさらに熟成させていますね。

 さて、この初代デミオ、きらりと光る新技術が採用されているわけでもなく、さらに当時危機的状況だったマツダのクルマですから、人に自慢できるブランドがあるわけでもありません。しかし『小さく見えて、大きく乗れる』という新たな価値観が受けてヒットしました。

 うちにはこの次の代のデミオがあるのですが、実際に乗ってみると確かに便利です。コンパクトな車体ですから狭い田舎道でもまったく苦になりませんし、後席を畳んだ状態での積載スペースはとても広く、農業をしていながら軽トラの必要性を感じないほどです。特にこだわりがなければこの手のコンパクトカーが一台あれば実用上、まったく不足を感じませんものね。

 この初代デミオがヒットした事例からもわかるように、新しい価値観を提案し、それが受け入れられればたとえ安っぽいクルマであっても、また潰れそうなメーカーのクルマであっても売れるんですよね。今、自動車メーカーの首脳から8月にも終了しそうなエコカー補助金を延長させようという声が上がっているようですが、あの姿勢は何とかならないものでしょうかね。

 とはいえ、初代デミオが提案した『コンパクトでありながら高い実用性』という価値観がさらに進み、『コンパクトでありながら高い実用性、そのうえ低燃費で維持費も安い』という軽自動車やコンパクトカーに人気が集中するようになったのは果たして良かったのか悪かったのか。『大は小を兼ねる』ではなく、『小は大を兼ねる』になってしまったので、よほどの魅力がなければ便利なコンパクトカーから他のクルマへの買い替えなんて考える必要がありませんからね。

 現在自動車メーカーが直面している問題は、円高や少子化や若者のクルマ離れといったものではないのかも知れませんね。

デミオ・GL-X(DW型)
全長×全幅×全高 : 3800×1670×1535mm
ホイールベース : 2390mm
車両重量 : 960kg
エンジン : 直4SOHC 1498cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/07/28 16:52 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(8)
現行デミオはコンパクトカーのイメージですが、この初代はどちらかというと、当時はミニバンの「ミニミニバン」的なイメージでした。

コンパクトな車格で居住スペースを最大限に確保するコンセプト、初代デミオは現代のクルマの「スタンダード」を確立したクルマでしょうか・・・同時期の初代プレマシーにしても「コンパクト+3列」という、ウィッシュとかストリームとかがそのコンセプトを追随したかのように、この頃のマツダは、現代の「コンパクト+スペース」の奔りだったかもですね。
[ 2012/07/29 16:54 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
前回のコメント、お名前がありませんでしたが、お父さん様ですよね?改めてコメントありがとうございます。

初代デミオが出た当時、私はとある地方都市で転勤族としてサラリーマンをしており、普段の足としてミラージュアスティに乗っていました。
ラジコンヘリにお熱だったため、デミオのパッケージングにとても興味がありましたが、当時はマツダが危機的状況、おまけに私が勤めていた会社はミラージュを造っていた会社ととても深い関係があったので、マツダに乗り換えるわけにはいきませんでした。

マツダって、その後主流となる素晴らしい価値観のきっかけを作ることは多々あるのですが、その素晴らしい価値観でマツダではなく他社がおいしい思いを享受するケースが多く、マツダファンとしてはちょっと口惜しい思いがしますね。

まあ、そんなマツダだからなんとなく応援したくなっちゃうんですけどね。
[ 2012/07/29 20:17 ] [ 編集 ]
マツダのスカイアクティブG/Dともに「マツダでなければできない」オンリーワンに育つことを切に期待しております。
もちろん、しぶとく煮詰めてかつてのミラーサイクルエンジンやPWS(リショルムコンプレッサー付きディーゼルターボ)のように短期で投げ出すなんてことは絶対に許しません!!
歴史的にマツダは時折意欲的な技術を生み出しても即座に中止してしまう傾向があり、では単なる思いつきに過ぎないのか?それどころか社会的責任に娶るとさえ言えやしないか?と疑念を隠せないでもありません。
そうした過去の汚点をカバーし、この国の業界に往年の声価を取り戻すべくマツダこそスカイアクティブをどう展開していくか正念場にあるのは異論はないかと思います―大企業病根深いホンダより、いやトヨタよりも、ガラパゴス化日本を救うのはマツダのようなメーカーをおいてないのだから!!
[ 2012/07/29 21:19 ] [ 編集 ]
このデミオの上級グレードにあえて黒の無塗装バンパーを装着したパッケージがあったんです。

80年代初頭に登場したウレタンバンパーは最初は黒の無塗装でしたが、トヨタの策略か、上位グレードはカラード、下位グレードは無塗装といった「差別化」の道具にされ、80年代も中盤以降は「無塗装はカッコ悪い」という常識を作ってしまいました。
かつてホンダなどでもその様なバンパー無塗装の提案をした事もありましたが、消費者の誘導された価値観はいかんともし難く、話題にはなりまでんでした。

そんな中、90年代も中盤以降になって敢えて無塗装バンパーを提案したマツダに「お!」っとなったんですが、案の定注文がないのかモデル中盤以降は廃止されたようです。

今はKトラでもカラードバンパーですからね。
バンパー無塗装もデザインの一部とは考えられないものでしょうか?
擦っても目立ちにくいのみならず、リサイクルでも有利だと思いますが。
[ 2012/07/30 10:38 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
マツダがスカイアクティブをどのように展開していくのかは本当に楽しみですね。CX-5のディーゼルにも乗りましたが、とても良いクルマでした。
次期アテンザの投入次期を前倒ししててこ入れをするようですが、個人的な予想として、次期アテンザのワゴンは同クラスのステーションワゴンがない日産あたりからも出そうな気がしています。
マツダって技術は素晴らしいと思うのですが、たまに「えっ!」と感じられる行動をしますからね。
[ 2012/07/30 12:13 ] [ 編集 ]
元はとばす様

コメント、ありがとうございます。
現在のクルマのバンパーって、バンパーを外すとクルマの形状がわからなくなるぐらい大きな部分を占めているので、無塗装で市販するのはかなり無理があるのかもしれませんね。
バンパー無塗装でラインナップされているハチロクのRCグレード、私はあれで近所のスーパーへ買い物へ行く自信はありません。
[ 2012/07/30 12:21 ] [ 編集 ]
 以前から幾度と無く、投稿した折に触れて出させてもらってる小生が乗っている「アテンザスポーツワゴン」ですが、30年後にこのブログがあれば、「マツダデミオ」を乗っている爺様でありたいと思う私です。
 この初代デミオから、レンタカーや代車で現行型まで乗ってた私ですが、代を重ねるごとに良くなっているといえるのは私だけでしょうか?
 先代の「伊藤美咲バージョン」はあまりぱっとしませんでしたが(女性よりも男性にウケル女優さんだったからかな)、現行型は結構近所でも乗ってますよ。
 もみじマークから四葉レインボーマークに変わり、30年後は何マークなのか知る由もありませんが、?マークを付けたデミオに乗っていたい人間です。だからマツダは絶対潰れないでくださいね。
 PS:その頃プリウスの名は多分無いでしょうね。
[ 2012/08/01 23:26 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
30年後、もしまだ生きていれば、私はできることなら今のアクセラに乗り続けていたいと思っています。そんな思いから、先日受けた7年目の車検では、下回りのスチーム洗浄と塗装をしてもらいました。
デミオ、私も代を重ねるごとに良くなっていると思います。クルマとしての魅力は間違いなく現行型がいちばんですね。しかしながらうちにある2代目デミオが壊れても、私は現行デミオはおそらく買いません。うちの場合、デミオは後席をたたんで出荷用に使っているので、現行デミオではちょっとその用途に役不足なんですよね。
デザインと実用性のさじ加減って難しいですよね。30年後のデミオ、もし存在しているのなら、どんなデミオになっているのか楽しみですね。
[ 2012/08/02 09:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。