旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・三菱・デリカスペースギア(HS/NS型) 

120718a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120718a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120718a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120718a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120718a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120718a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年に三菱から発売されたデリカスペースギア(HS/NS型)です。パジェロベースで開発されたミニバンということで抜群の悪路走破性を誇り、現在も多くのファンから愛されている名車ですね。ラジコン仲間の一人がこれの4WDロングに乗られており、その5メートル超の全長と2メートル超の全高から、いつも見るたびに“象”を連想してしまいます。しかしながらその方も190cm近い大柄な体格なので、彼とデリカのツーショットではまったく違和感がないから不思議です。

 さて、このデリカスペースギア、草食系男子ならぬ草食系エコカー全盛の現在、たまに街で見かけるととてもワイルドで頼りがいがありそうに思えますね。パジェロやサーフが街に溢れていたころにはそれほど感じませんでしたが、ごついRVがすっかり影を潜めてしまった現在ではスペースギアの存在感が際立っているように思います。後継のD:5もこの路線を継承してとても精悍なイメージがありますが、いかんせん、その後に追加された草食系の弟分2台の存在がちょっとデリカのイメージを崩してしまっているような気がしてなりません。もっとも、フーガやシーマも並んでいる三菱のラインナップにイメージもなにもありませんけどね。

 最近よく思うのですが、カタログ燃費の数値に特化したエコカー、これはこれでとても良いと思いますので、この手のクルマに乗り換えるのがエコだと考える方はどんどん乗り換えてその方なりのエコを追及されれば良いと思います。現在の日本の方針もその方向だと思います。

 しかしながらその一方で、現在の社会システムがかなりほころびかけており、主流派の価値観がいつ反主流派になるのかまったくわからないとても不安定なバランスの中に置かれていることも事実だと思います。

 そんな時代においては、現状のシステムの中でうまく立ち回る術を持つと同時に、社会がどんなシステムになっても生き抜く逞しさと知恵を普段から鍛えておかなくてはならないような気がします。東南アジアやアフリカ等で、何十年も前の日本車がまだ現役で使われており、部品が壊れてもバッテリーを直列に配線し、その場で溶接して修理し、また走り出してしまうという、そんな逞しさと知恵を我々も学ぶ必要があるのかもしれませんね。便利で豊かになるにつれ、自分自身で生きる力と知恵が徐々に退化し、豊かさが破綻すると同時に生きることができなくなってしまう社会って、とっても怖いですよね。

デリカ・スペースギア・4WDロング・スーパーエクシード(HS型)
全長×全幅×全高 : 5085×1695×2070mm
ホイールベース : 3000mm
車両重量 : 2090kg
エンジン : V6OHC 2972cc 185PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/07/18 16:17 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(8)
このモデル以前のイメージがスクエアで無骨な感じだったので、発売当時はどちらかというと、このデリカのイメージはちょっと丸くなった「マイルド」という感じがしましたが、確かに今、現役で街中を走っている姿を見ると決してマイルドではなく「ワイルドだぜぃ!」という感じですね。

現行D:5も、ミニバン(・・広義には1BOXという括りでしょうか?)としては個性もあって存在感が高く好感が持てますが、同じデリカブランドの弟分は、日産のNV200のOEM(D:3)、スズキソリオのOEM(D:2)と、D:5とはコンセプトが異なるモデルにも「デリカ」のブランドを付けられているのは、「兄貴」のイメージからしてちょっと違和感です・・・

さて最近は、新興国で日本の自動車メーカーがマーケットを拡大していこうという戦略が進行していますから、クルマ大国の欧米以外の諸国でも、現地アレンジされた日本車の「現行モデル」が普通に販売され、かつては富裕層的な方しか購入できなかった「クルマ」も、かなり庶民層までが購入できるまで普及しつつあるようでしょうか。

かつて、ニュースでの外国の市街地報道画像とかで、日本車の旧世代のクルマが現役で走っている映像を見ると、なんか妙にに「ワクワク」しました(特にタクシー系は日本車の旧車セダンが多かった印象です)

これから数年もすれば、そんな外国報道映像でも限りなく「現行車」に近い日本車モデルが当たり前のように映されるのですかね・・・ちょっと淋しいかも!


[ 2012/07/19 22:08 ] [ 編集 ]
 今を遡ること14年ぐらい前、職場の所属する班のみんなとこの車を含め、ワゴン車数台で愛知県の日間賀島へ忘年会旅行に行きました。
 まだ、中部国際空港も出来ていない頃の「知多半島道路」を名古屋市南部から南下するのですが、2800ccディーゼルの「シャモニー」よく走りました。街乗りでも結構乗り心地がよく、安定した走りはタイヤのせいだったのかな?班の中でも若手の部類だった私は当然この車の運転手でした。
 kurumamaniacs様は地元ですからご存知でしょうが、日間賀島(ひまがじま)は漁業中心の島で「たこ」と「ふぐ」が有名で、宴の席では目の前でたこの生き造りをしてもらいました。ふぐは予算的に食せませんでしたが。でも、海水浴場もあってこれからの季節いいところです。帰路の土産は干物とえびせんべい。
 すみません、今日は車の話から脱線してしまいました。
[ 2012/07/19 23:33 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、これから数年もすれば現行の日本車が当たり前のように新興国で見られるようになると思いますが、さらに数年もすれば、中国車やインド車、またその国の現行の国産車が見られるようになると思います。
どの国も自国の自動車産業を育てるのに必死ですからね。そのときに日本車がどんな位置づけになっているのかはまだちょっとわからないですね。
[ 2012/07/20 10:54 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
県内とはいえ、私は一度も日間賀島へ行ったことはありません。いろいろなグループで旅行へ行く場合、たいてい他県へ行きますので、県内の観光地って意外と行ったことがないんですよね。
ちなみに私、中部国際空港にもまだ一度も行ったことがありません。名古屋空港は便利でしたが、セントレアは辺鄙なところにあるので、そこまで行くのに一苦労。飛行機に乗る前に疲れてしまいそうです。
[ 2012/07/20 11:13 ] [ 編集 ]
この前の型に義理の弟が乗っていたので、親近感がありますね。
確か、この代では貨物仕様の4ナンバーもなかったでしょうか。貨物でこのタイプの車両は、ハイエースとキャラバンに独占されているようですが、三菱も何とか牙城を崩そうとしていたと思われます。しかし、現場ではハイエースでないと周りの目も厳しいとか。デリカだとなおさら隅っこに追いやられているみたいですね。
[ 2012/07/20 12:39 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
デリカカーゴとして貨物仕様もありましたね。もっともほとんど目にすることはありませんでしたが。
この分野はハイエースの独壇場となっていますが、この前発売された新型のキャラバンがどこまで食い込めるのか楽しみですね。とはいえ、新型キャラバン、ハイエースとの違いがよくわかりません。
[ 2012/07/21 10:34 ] [ 編集 ]
先日、東京に行ったときにニッサンのデーラーの店頭に、ハイエースと同じ顔つきのキャラバンが展示してありました。トヨタの店頭にあっても気付く人は少ないかも(笑)。
折りしも、下記のニッサン提供のラジオドラマが好きで毎週聞いているのですが、昨日の番組内で、T社のハイエー・・・・がトップとか、今度はT社のハイエー・・・・に負けないとかの宣伝をしていました。ここまで露骨に負けを認め、比較広告を行う事は日本でも珍しいですが、結局真似なのね~。
http://www.tfm.co.jp/abe/index_pc.php
[ 2012/07/23 12:42 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
おそらくハイエースは、4ナンバー貨物の理想形なんだと思います。ゆえにハイエースがこれほどまでの民意(最近流行の言葉)を得られるのだと思います。
新型キャラバンとハイエース、ボディサイドのプレスラインぐらいしか素人の私には区別が付きません。まあプレスラインの有無でプレマシーを別のクルマとして販売しているメーカーですからプレスラインの扱いが上手なんでしょうね。

ちょっと話がずれますが、私はトヨタはあまり好きではありませんが、ハイエースだけは大好きです。子供の頃、親父が仕事で初代ハイエーストラックを使っていました。よく付いて乗せてもらっていたのですが、ある日、アクセルペダルが折れました。今では大問題になる出来事だったのかもしれませんが、当時(ウン十年前)では別にJAFを呼ぶわけでもなく、親父がハイエースを路肩に止め、車載のペンチと針金で仮固定し、そのまま一日の行程をこなしました。

全然二枚目でない親父でしたが、あの時はカッコいい親父だと思いました。このところ、本文で新興国の逞しさを・・・と書くことが多いですが、あの時の親父の器用な姿が目に焼きついているからこんなことを書いているのかも知れません。あの当時、日本も新興国でしたからね。

土地や財産だけでなく、こんな思い出や経験を残してやれる人間に私はなれるのだろうかと、自問自答の毎日が続いています。

[ 2012/07/23 21:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。